ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
ペンキ塗り。
f0056476_00085848.jpg
カリフラワーのタブレに紫ににんじんを加えたら、
まぁ、きれいな色になったわ。
ビーツ入れたような感じ。
しかし、コールラビのグリーンがすっ飛んだ。
これで食べ切り。


f0056476_00085969.jpg
天気がいいので、午後から、一仕事。
庭のテーブルとベンチのペンキ塗り。
深緑に白が混ぜて塗ったのだが、
思ったよりも白くなっちゃった。
まっ、いいか。
写真よりか、もっと濃い色なんだけど、
何でこう写るのかな。はて?
ペンキが余ったので、その辺にあるものも塗っちゃった。
きれいになったテーブルに花でも。

 

お昼、母を迎えに病院へ。
1人で行ったんだから、1人で帰ってきて欲しいのだけど、
「お天気いいから、公園で弁当でも食べよう」
と言うので、まっ、それもいっかと。
結局、郵便局と文房具屋に付き合わされ、
やっと公園に。
家の近所の機関車のある公園で、
子供の頃、毎日ここで遊んでた。
梅雨時に、ここ2年、母と杏の落ちた実を
拾いまくってる(競争相手なし、しいて言えば鳥かな)、
公園です。
今年は、ものすご〜〜くたくさん花が咲いてる。
あぁ、6月が楽しみ。
それまで、母も元気でいてもらわないと困る。

f0056476_00085934.jpg
満開だった、さざんかも、
桃や桜に華やかさを譲り、

f0056476_00085837.jpg
木の下で、最後の美しさを披露してた。
これもまた綺麗。

なんだか、今日の写真、どれもピンクっぽいよね。













# by machikogunji | 2018-03-15 00:27 | 風景 | Comments(0)
コノシロの酢〆と、イカナゴの釜揚げ。
f0056476_22151428.jpg
冬のコノシロって美味しいよね。
この前、一度、魚屋のおばさんから買ったら、
鯖よりも美味しかったので、もう一度。
太っているのを買った。
太いからって買っても、お腹に子を持ってるのに当たったら、
身は美味しくないので、ここは賭け。
お腹を開けてみたら…………、
はい、ただのおデブだって正解!
f0056476_22183267.jpg
ウロコ取った状態。
コノシロ、ウロコたくさんありです。

f0056476_22202327.jpg
3枚におろして、塩をガッチリして、
今日は1時間半〆て、
それから、酢洗いして、塩を取り、水分拭いて、
新しい酢と昆布で、1日半〆ました。
しっかり〆てますぜ。
こんくらい〆ても、
この時期のコノシロ、味が濃いので大丈夫。

f0056476_22261240.jpg
コノシロの酢〆と、
今年初もんのイカナゴの釜揚げです。
うまいっ!











# by machikogunji | 2018-03-13 22:28 | NY/日本釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
なんとなく肉じゃが。
f0056476_22112661.jpg
なんとなく肉じゃがが食べたかったので、
冷蔵庫に残ってた、
牛肉の細切れと、鶏肉ミンチ、
にんじん、玉葱、赤玉葱の切れ残しで
何気に作ったら、何気に旨かった。
こういうの、気合い入れないで作ると旨いよね。








# by machikogunji | 2018-03-13 22:14 | 和食 | Comments(0)
タコ入りカりフラワーのタブレ。
f0056476_21552399.jpg
「タブレ」っていう、パセリのサラダでクスクス入りのものを、
よくアメリカにいる時に食べてたんですけど、
今日は、クスクスの代わりに、いただきもののカリフラワーを
細かく刻んで作ってみた。
ってーのは、日本で売ってるクスクスって粒が小さ過ぎると思ったので。
アメリカだと、いろんなサイズがあって、
このサラダには、イスライエルクスクスっていう
マスの卵(イクラよりかは小さい)ぐらいの
大きめのクスクスが売られていて、
それを使って作ってた。
いただきもののカリフラワーは、ちょっと変わったもので、
枝分かれしてる部分が非常に細かく、
よーし、これでクスクスっぽいの作ってみようと思い挑戦。
茹で加減がポイントね。固ゆでです。
海外では、カリフラワーを
生でサラダで食べる人結構おりましたよ。
初めて見た時は、ずいぶんとびっくらしましたけど。
食べてみると「おぉ、ぜんぜんOKじゃん」と。
なので、固く茹でても平気な私です。
カリフラワー自体の甘味も残って歯ごたえもあり、
なかなかイケます。
でも、新鮮なものでなくてはいけない。
茎も葉っぱも刻んで一緒に茹でてみた。
で、赤玉葱、パセリ、にんじんを細かく刻んで、
一緒に混ぜて、塩、レモン果汁、オリーブオイル、胡椒で
味付けして、できあがり。
タコは、前日の刺身用を少し残していたので、
これも細かく切って、混ぜ込んでます。
なかなかオツなタブレになりました。







# by machikogunji | 2018-03-13 22:10 | 洋食 | Comments(0)
揚げ出し牡蠣豆腐。
f0056476_21440252.jpg
あー、この冬はよく牡蠣食べたなぁ。
って、毎年よく食べてますが。
地元の牡蠣は生食には向いてないので、
火を通して料理してるんですけど、
火を通す前に、ひと手間かけると、
ずいぶんと味わい深くなるってーのがわかって、
ちょっと工夫するようになった。
生の牡蠣をきれいにした後、
水分を取って、軽く塩をして、
昆布〆にしとくの。
それから、鍋とか茹でるとか焼くとかすると、
グ〜〜〜ッと牡蠣が美味しくなる。
火の通りも変わるような気がする。
仕上がりもふっくらするような気がする。
f0056476_21440761.jpg
この日は、豆腐に片栗粉つけて、
フライパンでジワジワと
厚揚げ豆腐にして、
半日ぐらい昆布で締めた牡蠣と、
その時の昆布を出汁に入れて、
そーっと煮て、
一度、牡蠣を他の器に移しておき、
牡蠣を煮た出汁で揚げた豆腐を煮て、
最後に牡蠣を一緒にも一度さっと煮てます。
あっ、白ネギを大きく切ったのも、
その時に入れてます。
これ、美味しいよ。








# by machikogunji | 2018-03-13 21:54 | 和食 | Comments(0)
日曜はタコよん。
f0056476_20064005.jpg
週末は、車で行く買い物の都合上、
「水ダコの刺身」と「プリプリなレバー」を
ゲットできる。
これさえあれば、旦那はご機嫌だし、
他のメニューを考えなくていいし。
毎日のごはん作りは、けっこう大変なわけで、
こういうお決まりの日があってもいいでしょ。
ってことで、今日は野菜がたくさんあるので、
いろいろ手でちぎって、タコのカルパッチョ。
刺身用に切ってあるのを買うのだけど、
包丁の腹でバシッと叩くと、
キュインッといい感じに身が締まる。
今日もバシバシッ。
f0056476_20291709.jpg
変型ニラレバ。
ニラは焦げるの嫌だから、レバーと別々のフライパンで、
ソテーしてます。
レバーは、いつものごっつい鉄のフライパンを
熱々にしといて、マリネしたのをジャッと瞬間焼き。
レバーステーキのやり方ね。
それを皿の上で合体。
クレソンをまず敷いて、その上にニラ炒め、
そして、焼きたてレバー。
ワインに合うよ。


今日は、午前中、買い物の後、車で、
「ツクシが生えているであろう某所」に
行ってみた。
……土地が整備されてしまっていて、なかった……。
お墓詣りもして、帰宅。
午後からは、3.11震災の事を思い、
辛い気持ちでいた。
あまりにも切なくなり、テレビは消した。









# by machikogunji | 2018-03-11 20:41 | 洋食 | Comments(0)
サザエさんとブラジリアンチキン。
f0056476_23322746.jpg
ちっちゃなサザエ。
これをいかにしてボリューム出して、
今日のビールのつまみするか……。
かまぼこで量増し。
出汁吸ってくれるし、食感も言わなきゃ貝っぽいし。
これも技のひとつとしよう(笑)
サザエは茹でて、中身を取り出し、
適当に切って、蒲鉾も切って、
出汁で炊いてます。
かまぼこ、えぇ仕事してくれてるわ。

f0056476_23541836.jpg

チキンはブラジル産。
母なんかは「味が」とか「信用性」とかで
買わないが、私は時々買います。
ハラールなのよね、このチキン。
安くて、けっしてまずくないと思う。
ほらっ、こんなにいい感じにグリルドチキンできたよ。

サイドにつけたクレソンは、地元産。
この時期、クレソン、おいしいよね。
柔らかくて、甘味があって。
農家のおばちゃんから買ったので、安く分けてもらえた。
ソテーした菜花もいただきもの。
これがまた新鮮で美味しかったねぇ。

今日も天気が良かったので、買い物の帰りに、
海辺に行って、海苔の収穫作業ずっと眺めてました。
あれ見てると、嫌な事やややこしい事、忘れられますな。
今日は向こう岸の中国地方がよーく見えたわ。
海の色がすこぶるきれいな水色だった。








# by machikogunji | 2018-03-10 23:45 | 洋食 | Comments(0)
ローカルフードだぜ、イカチチの甘辛煮。
f0056476_15375533.jpg
やっとブログ記事が昨日まで分、追いついたわ。嬉し。
昨日は、ちょいマニアックなおかずを作った。
魚屋のおばさんが、すっご〜〜くいい「イカチチ」を
格安で持ってたので、それを買ってみた。
イカチチってなんだ?ってことになりますよね。
イカの乳、イカの父ではありません。
イカチチとは、瀬戸内沿岸でも、一部の地域しか食べない、
商品としては売っていない、イカの内蔵の部分です。
だいたい紋甲イカのものなんですが、
イカの♀の卵巣の横に付いていて、卵嚢を作る「卵抱腺」です。
説明だけすると、
ちょっと気持ちのよいものではないかもしれませんが、
うちら瀬戸内の食通は、この珍味を好みます。
味は、「濃いイカの旨味」をもった
ニチッとしたチーズのような味わいです。
生で食べるってのは聞かなく、
茹でたり、炊いたりして料理します。
スーパーでもたまに見かけます。
まぁ、こちらに来た時は、ぜひ一度食べてみてください。
旨いっ!
写真の白いものがそれです。
今回は、量増しするために、コンニャクと蕾菜と芽キャベツと一緒に
甘辛く煮付けました。
旦那には馴染みのないイカチチなんですが、
「なんじゃコレ、旨い、旨い」とやたら食べてたな。
ちょっとずつ、マイナーなローカルのものを
教え込んでますぜ。覚えてね。









# by machikogunji | 2018-03-09 16:03 | 和食 | Comments(0)
パンチの効いてないヤムウンセン。
f0056476_15314618.jpg
商店街で、とてもいい野菜を週末に売りに来る、
おばちゃん姉妹に出逢った。
で、調子に乗って、野菜をたくさん買ったら、
食べ切れそうにないので、
モミモミして量を減らせるヤムウンセンを作ってみた。
庭で間引きした「エンドウ豆」の花を捨てる気になれず、
せめて食卓のお皿にでもと飾ってみた。
かわいいじゃないか。

f0056476_15314287.jpg
ヤムウンセンは、旦那に合わせて辛過ぎないように、
母に合わせてフィッシュソースは控え目にして作ったら、
パンチが効いてなくてちょっとアタシ的には
軟弱なものができてしまったわ。







# by machikogunji | 2018-03-09 15:37 | アジア | Comments(0)
麺、近況。
f0056476_14322120.jpg
春夏秋冬、週末は、モーニングうどん、食べておりますが、

f0056476_14332630.jpg
「期間限定・生そば」なんてのが出ていたら、
浮気して食べてみたりもしてます。
出汁が「うどん用」なので、ピンとこない味ですが。
先月は、珍しく「ラーメン」も食べました。
たまに食べると美味しいです。
しかし、すぐうどんの生活に戻ってしまいます。
ここで暮らす「うどんな運命」を感じます。



f0056476_14361871.jpg
たまには、夫婦で遠出をして食べることもあります。
注文の方向性がぜんぜん違う夫婦ですが。

以上、ここんとこの麺に関しての近況でした。







# by machikogunji | 2018-03-09 14:38 | 朝めし | Comments(0)