ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
貝尽くしな3月。
f0056476_22051730.jpg
3月に入って、うちの食卓に上った「貝」は、
「白ミル」「アサリ」「赤貝」「タイラギ」と
貝好きとしてはうれしい事なんだが、
日曜日に高瀬町にある産直(JAじゃない方)で、
出張魚屋に遭遇。
野菜を買いに行ったにもかかわらず、
貝、買っちゃった。
本ミル貝です。これは、瀬戸内の方じゃないと、
めちゃくちゃ高価な貝。
でも、さすが瀬戸内海で採れるとあって、
安かったんです。大きいの3個で1000円。
野菜代節約してこっちに投資。
夜、試しに1個食べてみることに。
殻開けて、身をとって、
さっとお湯に通して、水で〆て
皮剥いて、表面をお掃除。
これで下準備終了。
さすがに、本ミル貝、うまいわ。
うま〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!
あと、2個、明日も食べよっと。

ところでミル貝って、
「海松貝」って漢字で書くんだね。
「海松」で「ミル」。
そういう名前の海藻があるそうだ。
それをこの貝が好んで食べるので、
「海松貝」、ミル貝と呼ばれるそうだ。
ちなみに、海松という海藻、
茹でて食べる地域もあるみたいだ。
いつか、試して食べてみたいもんだ。












# by machikogunji | 2018-03-19 22:23 | Comments(0)
ツ〜ク〜シ〜!発見!

f0056476_21593610.jpg

キャハ〜〜ッ、つくし採ってきたぞー。
この前、絶対確信してた場所が、整備されてしまっていて、
つくしを発見することができず、
がっかりしていたんだが、
うどん屋の近くで、母が
「つ〜く〜し〜!」と叫ぶので、
ふと見ると、

f0056476_21395240.jpg
ギャ〜〜〜、つくしが遠目からでもわかるくらい
はえてるではないか。
f0056476_21400230.jpg
もちろん、母と弟と3人で、つくしピッキングです。
10分で100本ぐらいの収穫。
まぁ、ちょっと食べるだけでいいので、
欲張らずに………で、100本かよ。ですよね。

うちに持って帰って、母がハカマ取りをしてくれて、
私が料理。
2度ほどアク抜きをして、
さっと醤油とみりんで薄味で炊いて、
卵は、ゆるめのスクランブルエッグにして、
味付けしたつくしをからませた。
色合い鮮やか、超うれしい春の一品。







# by machikogunji | 2018-03-19 21:54 | 旬・季節もの | Comments(1)
モーニングうどん@三好うどん
f0056476_22565862.jpg
今朝のモーニングうどんは、ちょっと遠征してます。
どうしてかって言うと、
春休み突入のため、
「うどんバカ一代」がいっぱいで行列できてたから、
じゃっ、まだ行ったことない所に
行ってみまひょかってことで。
三豊市の高瀬ってところののどかな田舎にある
「三好うどん」へ。
最近、三野町からこの場所に移動したんだそうだ。
初めての店ってことで、注文したのは。
「かけ」と「ざる」。
この両者をまず食べれば、
そこのうどんの感じ、
出汁の感じが「冷」と「あつ」で
わかるからね。
f0056476_22570977.jpg
質実剛健」なうどんであった。
出汁はイリコがばっちり効いていて、
それでもって甘ったるくない。
若夫婦、実に真面目にうどんに向き合ってるなぁ。

f0056476_22571820.jpg
店先の暖簾にマリメッコ、中の椅子の座ぶとんにマリメッコ。
これはずいぶんとびっくりした。
うどんとマリメッコの組み合わせってのが面白いね。
柄のドットが、うどん玉に見えてきたわ。
兎に角、美味しかったです、とっても。
ごちそうさまでしたん。








# by machikogunji | 2018-03-18 23:09 | 朝めし | Comments(0)
ダイダイよ、しばしのさよなら。
f0056476_22413956.jpg
いろんな柑橘が出回ってますが、うちは冬の間、
この橙(ダイダイ)にすっかりお世話になった。
晩酌の焼酎のソーダ割りに欠かせなかったのがこの果汁。
たまにはお酒を入れずにソーダだけで割って
グビグビ飲む事もありです。
ダイダイの季節、この十数個で最終。
スダチが出始めるまで、いろいろ種類を変えながら、
それでもジュースを絞りますよん。
ダイダイ→八朔→晩柑→スダチ→柚柑(ユコウ)→ダイダイ
この順番が定着したかな。
四国には、私のまだまだ知らない種類の柑橘が
たくさんあるので、
用途に合わせて使っていきたいもんだ。
去年作った、スダチ塩、スダチのコンフィチュール、
今年作った伊予柑マーマレードは
ヒットだったので、今年も何かそういうの
作って保存して、年中柑橘のある食卓を目指したい。
ダイダイの果汁をひと冬、ずっと飲んでいたら、
夫婦共々、大きな風邪は引かなかった。
ビタミンC、えらいっ!

f0056476_22414352.jpg
さぁ、この簡素なジューサー(使い心地、片付け心地最高!)で、
最後のダイダイジュース作るぞぃ。







# by machikogunji | 2018-03-18 22:53 | 旬・季節もの | Comments(0)
ニシ貝の殻出しって楽しい。
f0056476_01011878.jpg
今日のおつまみ作りは、ちと手間をかけてみた。
ってか、このニシ貝、大好物なんだけど、
やっぱり活きてるのを買わないと、美味しくない。
で、元気そうなのを買ってきて、
味付けて茹でて、殻から、金串を使って、
ヒュッと出す作業を。
けっこうコツがいります。
私、この作業、けっこう好きなんです。
うまーく全部ちぎれずに出した時の満足感。
天下をとったような気持ちになるのは、バカだよね。
今日は全部成功。ガハハハ。
f0056476_01012945.jpg
義妹から、松前漬けセットを貰っていたので、
茹でて殻から取り出した貝をスライスして、
切り昆布、切りするめと一緒に、
夜まで出汁に漬けておいた。
f0056476_01013321.jpg
今日の晩ごはんの前菜。
ニシ貝とイカの松前漬け風、
ニシ貝の肝の煮付け、
小女子の釜揚げ。
酒がすすみます。












# by machikogunji | 2018-03-18 01:10 | 和食 | Comments(0)
小女子の釜揚げぶっかけごはん。
f0056476_00465612.jpg
私の朝ごはん。
小女子(こおなご)の釜揚げぶっかけごはん。
これがすこぶる旨い。
今、うちの方ではこのイカナゴの小さいもの「小女子」が
最盛期を迎えている。
時期は短いのよね、このサイズの時は。
イカナゴの釘煮はもっと小さく、
これをSとすると、小女子はM、
Lサイズのイカナゴは、大人の指の長さまで成長する。
S、M、L、食べ方が違うんです。
私は、釜揚げが一番好きで、
このサイズは醤油で。
もっと大きくなると辛子酢醤油で食べるのが好き。
このぶっかけごはん、
毎日食べても飽きません。





# by machikogunji | 2018-03-18 01:00 | 和食 | Comments(0)
お好み焼きにおける相違。
f0056476_00280346.jpg
母は、脚が弱くなっているとは言え、
よく食べ、よく喋り、
最近は自転車から歩行補助の手押しカートに変えたんだが、
よく歩くようになった。
歩くってことは元気の源だ。
歩けるうちはどんどん歩いてもらいたい。
それに付き添う私はくたびれるが。
2人でウロチョロしてます。
そして、最近問題なのが、「俳句」。
なんか常に「俳句」のことを考えているようで、
うちで夜遅くまで、季語辞典だの辞書を引いては、
俳句を作りまくっている。
彼女のモットーは、
「実際に見たり触れたりしないと、
いい俳句はできない」だそうだ。
そのため、あそこの桜が見たいとか、
山の景色を眺めたいとか、
弟と私が降り回されている。
まぁ、それがエネルギーになるなら良しとしよう。
あと、レザークラフトの教室も
まだ2つ持っており、
お弟子さんに送迎してもらって続けている。
まぁ、老人だが忙しくしている。
で…………、
ごはん作りをあんまりせず、
それはもっぱら私の役目となった。
2年前までは、しっかりとごはんを作っていたが、
最近は、「おでん」と「煮物」ぐらいしか
みんなに作ってくれない。
あとは、うちのごはんができたら
私が届けている状況。
…………まっ、いいか。
さて、今日は
「お好み焼きが食べたいわね」というので、
作った。
母好みの、卵がたっぷり入った固めのやつ。
私は、柔らかいふわっとしたのが好みだが、
母は固いのが好みなんだそうだ。
それは知らなかったな。


f0056476_00283479.jpg
いかにも固そうなお好み焼きでしょ。

今まで、柔らかく、柔らかくと作ってたのに
そういうことだったのか。
最近、いろいろ母に食事を作ると、
いろいろと文句とまではいかないが注文が多い。
ハーブを入れないでくれとか、
油が多いだとか………まぁ、いろいろ。
あーめんどくせー。
嫌になる日、多々あるが、
「あの時、どうして母の食べたいものを
食べさせてあげなかったのか」と後悔する日を
なるべく作りたくないので、
頑張ります。
がんばれ、自分。






# by machikogunji | 2018-03-18 00:46 | 和食 | Comments(2)
穴子の白焼き
f0056476_22262131.jpg
大きなアナゴを1本買い。
冬の地元の穴子は脂が乗っててすこぶる旨い。
今日はきちんと串を打って焼いた。
串、なかなか通らね〜〜〜。
すべるすべる。
f0056476_22262640.jpg
4人でちょっとづつですが。
さすがに旨いわ。
あ〜〜〜1本1人で食べたかったなぁ。







# by machikogunji | 2018-03-15 22:33 | NY/日本釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
小さいゲタの瀬戸内式食べ方。
f0056476_22340898.jpg

ゲタっていう魚の小さい小さいやつです。
今朝、魚を買いに行ったら、
おばさんが、おまけで一袋くれた。
おばさん、ぼやいてました。
「みんなこの魚の食べ方しらんけん。
アンタはここの子やから知っとるやろ、おいしん」。
知ってますとも。
子供の頃、さんざん、食べてましたから、ゲタ。
ゲタとは、この辺の呼び方で、
別名「舌平目」。
はい、あの舌平目である。
英語で言うならSOLE。
履物………見た目そのまんまじゃん。
手のひらで握りしめられる超ミニサイズ。
「こんなの、身がぜんぜんなくて食べられない」と
思うのは……甘い。
そういう魚が美味しいのよん。
唐揚げにしました。
鰭がパリッパリになるように、
ゆっくり長く揚げるのがコツ。
これをね、チキンウイング食べるように、
骨を歯でしごいて食べるんです。
めちゃ美味しいからコレ。
ただ慣れないと、この食べ方はできません。
これをリズムに乗って、次から次へと食べれたら、
それは真の瀬戸内人です。
f0056476_22210833.jpg
これが生の状態。
頭こそどけてくれていたが、魚らしい形してない魚だよね。
背の皮は、おばさんが剥いでくれていたので、
真ん中に食べ易いように包丁で切れ目を入れて、
揚げるのよん。
冷えると身がもっと取り易くなるんだけど、
やっぱり揚げたてがうまいね。







# by machikogunji | 2018-03-15 22:24 | NY/日本釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
厚め厚めのきゅうりもみ。
f0056476_22065215.jpg
昆布酢〆しておいたコノシロ、1枚だけ残しておいたのは、
このきゅうり揉みを作るため。
食べたかったんだよなぁ、これが、なんでか。
うちのきゅうり揉みは、胡瓜をけっこう厚く切る。
厚く切って、塩しといて絞るわけだけど、
厚みがあるとパリッとした食感がはっきりするのよね、
時間が経っても。
コノシロは、これ自体が美味しかったので、
薄く切らずにこれも厚め。
あー、食べて気が済んだ。





# by machikogunji | 2018-03-15 22:10 | 和食 | Comments(0)