ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
カテゴリ:旬・季節もの( 332 )
遅出のブラッドオレンジで。
f0056476_02203980.jpg
香川県産のブラッドオレンジ。品種はタロッコ。
今年はずいぶんと遅い時期に出てきた。
すっかり諦めていたら、先週、見つけた。
大量に買い込み、
まずは、ジューサーで絞って、
ジュースがぶ飲み。残ったのは夜にカクテルじゃ。
ウヒョヒョヒョ。
皮はすべてコンフィチュールにしたぜ。
料理に使えるように、甘さ控えめ。
砂糖を白糖使わないで、
余っていた、三温糖、ザラメ、きび砂糖を
使ったので、
なんか色がちょっとブラウン系になっちゃったな。
まっ、それでも赤さはちょっとは出てるよね。
うんうん。
f0056476_02270366.jpg
風味に色気を出すために、
ブルックリン産のバーボンウイスキー、
ドボドボ入れてます。
それとクローブもね。











by machikogunji | 2018-03-29 02:26 | 旬・季節もの | Comments(0)
ツ〜ク〜シ〜!発見!

f0056476_21593610.jpg

キャハ〜〜ッ、つくし採ってきたぞー。
この前、絶対確信してた場所が、整備されてしまっていて、
つくしを発見することができず、
がっかりしていたんだが、
うどん屋の近くで、母が
「つ〜く〜し〜!」と叫ぶので、
ふと見ると、

f0056476_21395240.jpg
ギャ〜〜〜、つくしが遠目からでもわかるくらい
はえてるではないか。
f0056476_21400230.jpg
もちろん、母と弟と3人で、つくしピッキングです。
10分で100本ぐらいの収穫。
まぁ、ちょっと食べるだけでいいので、
欲張らずに………で、100本かよ。ですよね。

うちに持って帰って、母がハカマ取りをしてくれて、
私が料理。
2度ほどアク抜きをして、
さっと醤油とみりんで薄味で炊いて、
卵は、ゆるめのスクランブルエッグにして、
味付けしたつくしをからませた。
色合い鮮やか、超うれしい春の一品。







by machikogunji | 2018-03-19 21:54 | 旬・季節もの | Comments(1)
ダイダイよ、しばしのさよなら。
f0056476_22413956.jpg
いろんな柑橘が出回ってますが、うちは冬の間、
この橙(ダイダイ)にすっかりお世話になった。
晩酌の焼酎のソーダ割りに欠かせなかったのがこの果汁。
たまにはお酒を入れずにソーダだけで割って
グビグビ飲む事もありです。
ダイダイの季節、この十数個で最終。
スダチが出始めるまで、いろいろ種類を変えながら、
それでもジュースを絞りますよん。
ダイダイ→八朔→晩柑→スダチ→柚柑(ユコウ)→ダイダイ
この順番が定着したかな。
四国には、私のまだまだ知らない種類の柑橘が
たくさんあるので、
用途に合わせて使っていきたいもんだ。
去年作った、スダチ塩、スダチのコンフィチュール、
今年作った伊予柑マーマレードは
ヒットだったので、今年も何かそういうの
作って保存して、年中柑橘のある食卓を目指したい。
ダイダイの果汁をひと冬、ずっと飲んでいたら、
夫婦共々、大きな風邪は引かなかった。
ビタミンC、えらいっ!

f0056476_22414352.jpg
さぁ、この簡素なジューサー(使い心地、片付け心地最高!)で、
最後のダイダイジュース作るぞぃ。







by machikogunji | 2018-03-18 22:53 | 旬・季節もの | Comments(0)
うわっ、海苔の収穫って!
f0056476_12363250.jpg
あったかかったので、
この日は、海っぷちのスーパーマーケットに
自転車漕いで買い物に。
買い物の後、近くにある
小さな公園、通称「マイアミ公園」で、
缶ビールの小さいの飲みながら沖を見たら、
友達の海苔船がでてたので、
「おぉ、今日も頑張ってるな」と思いつつ、
じーっと見てたら、
すごいことになるんですね、海苔の収穫って。
f0056476_12363860.jpg
左が船の先端で、右が後部。
後部から段違い平行棒みたいな鉄パイプが、
水中の海苔の網を引っかけて、持ち上げる。
すると網に海苔がジャングルのように引っかかって
上がってくる。
f0056476_12364212.jpg
この通り、船、海苔に覆いかぶされてしまうのね。
な、なんだ、これは!
知らない人が見たら、鯨か恐竜にしか見えない。
こうして海苔を穫るんだね。
友達が「もう真冬なんてめちゃくちゃ寒いで。
海水で全身びしょびしょ。」
重労働だと言って意味が判ったわ。
なんか凄過ぎて、1時間ぐらいずっと見てた。
おつかれさんです。
4月ぐらいまで、この作業が続くのね。
f0056476_12364769.jpg
帰りに港に寄って、そういう船がいないかと探してみたら、
いました。
これですね、海苔の船。
趣味で釣りは呑気でいいなと、
プロの漁師さんの仕事振りを見て、
つくづくそう思った日であった。
もちろん、1時間もこの海苔取りを見てたので、
ごはん作るのは大幅に遅れてしまった。








by machikogunji | 2018-03-09 12:49 | 旬・季節もの | Comments(0)
まりこのおみやげ。
f0056476_12372733.jpg
なんやかんやと、まりこ帰京っす。
あーさみしぃ。
楽しかったね、今年もまた。
で、お土産をいろいろ物色してましたが、
今回の一番土産は、
「猪熊玄一郎作の三越の旧包装紙のデザインと
地元『しま秀』のコラボの海老せん」。









by machikogunji | 2018-01-19 12:36 | 旬・季節もの | Comments(0)
クリスマス2017
f0056476_13040556.jpg
拾ってきた冬の木々で「クリスマスデコレーション」ってとこかな。
f0056476_13040958.jpg
母との散歩が多かった12月なので、偶然に遭遇。
どっかの家でモミの木を植木屋さんがバッサバッサ切ってたのを
まとめてもらってきた。
うちの庭にもちょっとだけ冬でも元気な草花があるので
それも使ってます。

f0056476_13041783.jpg
これは毎年恒例の飾り。
シロクマ親子と赤い木の実。
今年は、猫2匹をブラッシングした時に出る「毛」を
手でこよって丸くして作る
小さな小さなフエルト玉を
雪に見立てて、このジャーに放り込んでます。

f0056476_13042293.jpg
イブの夜には、義妹がチーズフォンデューを作ってくれた。
これめちゃくちゃ美味しかったです。
母、食べ過ぎ。酔うからこれ。








by machikogunji | 2018-01-18 13:13 | 旬・季節もの | Comments(0)
おせち。
f0056476_12193784.jpg
今年も、母を隊長に、おせち料理できました。
今年も「今年こそは作らない。もう作れない」と
言っていた母が、やっぱり一番張り切って作ってました。
今年は、一回で食べきれる量にしようと、
食材の買い込みを半分の量にしてます。
その分だけ丁寧に作れたと母。
20種類以上、かまぼこ以外はオール手作り。

f0056476_12241442.jpg
盛りつけは、甥っ子と、年末年始うちで3年連続年を越している、
まりこちゃんが担当。
2人ともおせちの盛りつけは初めてってことで、
真剣にやってました。
大変よくできましたっ!






by machikogunji | 2018-01-18 12:26 | 旬・季節もの | Comments(0)
オリーブやおまへんで〜〜。
f0056476_14193704.jpg
今日は、朝はよから、200個のギンナンの、
殻を割り、
煎り、
熱湯に漬けて薄皮をはがし、
ちょっとローストして、
スパイスソルトをふりかけて。
までしました。
この後、オリーブオイルに漬けますです。
めちゃくちゃ、臭いです、私。
秋の香りですね。
ゲラゲラ。

ここまでできたら、200個が170個になっていました。
30個……つまみ喰いを……。
午後から鼻血が出るかも。









by machikogunji | 2017-11-07 14:23 | 旬・季節もの | Comments(1)
ご立派、鳴門れんこん。
f0056476_23342554.jpg

f0056476_23344519.jpg
徳島の勝浦町に、出始めの「柚柑」買いに行った帰り、
ずーっと気になってた「れんこん畑」の風景。
うふふ、見つけたわよ、「れんこん直売所」。
あるんですね、そういう所が。
で、ご立派なれんこんゲット。
今まで見たれんこんの中で一番立派だった。
素晴らしいかな鳴門れんこん!







by machikogunji | 2017-10-13 23:38 | 旬・季節もの | Comments(0)
すだち終盤。
f0056476_09233850.jpg
スダチがそろそろ終わりなので、焼酎に絞り込むのを一袋残して、
あと全部ジュースを絞った。
作ってほぼ飲んでしまった残りの「発酵すだちシロップ」に
混ぜ合わせて、私のジュース用に。
結局300個近くあったスダチ、あと10数個で終わり。
単に絞る他、コンフィチュール、発酵シロップ、普通のシロップ、すだち塩等、
無駄なく全て使った、食べた、飲んだ。
すだち塩は、たくさん保存しているので、
これからまだまだ活躍する見込み。
あんだけ、当たり前のようにピシャピシャ使ってたんだけど、
残り少しになると、とっても名残惜しい。
すっかりスダチがうちの食生活の一部になってたんだなぁ。
これから晩秋になると「柚柑(ゆこう)」、
年末あたりからは「橙(だいだい)」、
そして春の気配が伺える季節になると「ブラッドオレンジ」が出る。
一年中柑橘に囲まれ、柑橘で季節を感じれることに
感謝する。




by machikogunji | 2017-09-28 09:15 | 旬・季節もの | Comments(0)