ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
カテゴリ:洋食( 700 )
ラムと一緒に。
f0056476_11101449.jpg
ジョージア国立舞踊団を観てきたので、チケット譲ってくれた人へお礼の食事。
メインがラムだったんですが、他にもそれっぽいの作ってみたので記録。

#ビーツサラダ
香川県ってビーツ、けっこう農家さんが作ってるんですね。商店街の水曜朝市で手に入るってことが判明。玉が小さくて葉が多いってことは、葉っぱが「売り」なのかな。でも生のビーツがこうも簡単に近所で買えるとは思ってもみなかった嬉しい事。キメが細かくて甘くて美味しい!きゅうりとトマトは大きく切って、レタスと輪切りの赤玉ねぎ。茹でたビーツのせて。意外に合うのがシーザードレッシング。サワークリームが日本はめちゃくちゃ高い!しかもあんな少ない量では話にならんので、このドレッシングで代用。これにマヨネーズ足したの、ロシアの人が食べたら、たぶん美味しいと喜ぶと思う。

#サリャンカ
酸味のあるスープです。酸味は、お酢でも柑橘果汁でもいいと思う。ピクルスの汁を使うと本場っぽい味になる。うちはスダチとカボスの果汁で代用。ラム肉の端切れ、ビーツの葉っぱ、にんじんを炒めて煮込んでます。あっちの人はきゅうりのピクルスのみじん切り入れてたので、私はキュウリの古漬け入れてます。発酵食品入れるのが味に深みを出すんだと思う。

#ヒンカリ
ジョージアの大きな茹で餃子。
これは前々から1回作ってみようと思ってたんだけど、やっとこの日挑戦したわ。皮のモチモチ感がうまくいくかなと躊躇してたんだが、旦那に言わせると「こりゃほぼ現地で食べたのと変わらないデキ!」と珍しく褒められた。
実は、この皮、「讃岐うどん」と同じ作り方。強力粉と水と塩、それに自分の理屈で油を少し足して、捏ねて捏ねて、足で踏んで、練り上げた。包み方は古い記憶を思い出しつつ。
具はラム肉と玉ねぎと香菜とディル。包んだてっぺんはハサミでスパッと切り落とすのがあちら流。それをたっぷりのお湯で茹でるんです。
ヒンカリの皮と讃岐うどんがこんなところで結びつくとは!1人ニタニタしながら作ったわ。
サワークリーム(スメタナ)を付けながら食べるんですが、私はこの食べ方はあんまり好みじゃないんで何も付けず。具にしっかり味つけてるから大丈夫。旦那と客人はラー油醤油だったわね。

#ハチャプリ
ジョージアのピザパン。
これは研究の余地ありの出来だったなぁ。修行が足りん。まず生地だが、最初ピザ生地で作ってみたら、これは食感がぜんぜん違った。次にナンの生地が近いんではとやってみたが、これも違う。結局、これはパン生地だなとホカッチャの生地で再挑戦したら最も近くなった。チーズは流石に日本中探しても本場の「イメルリ」ってのはないだろうし、高松にゃチーズ専門店ってのはないから、スーパーで溶けるチーズ数種とチーズフォンデュ用のレトルトパックを使った。どうしても船形の「アジャリ風」ってやつを作りたかったんだがこれじゃダメね。半熟卵を乗っけて、パンをちぎりつつ絡めて食べるのが本格的なんだが、パンのちぎれ具合が悪く、ふわっとした感が感じられなかった。味的には悪くないんだが。

ってー事で、久しぶりに「考えて作る料理」をしたら、頭が痛くなったぜ。ガハハ。






by machikogunji | 2018-11-29 11:09 | 洋食 | Comments(0)
久しぶりラム塊を料る。
f0056476_12413873.jpg
ラム肉の塊が近所の中華八百屋で手に入るようになったので、買ってみた。
肋骨の部分。なかなか「羊」感満載。
しかし、海外のようなラムに合う、ハーブやスパイス、簡単に手に入らないし、ここは四国島、ワールドワイドの本格的なものは入手困難。
で、近所の3軒のマーケットに行ってみた。ジーさんバーさんに人気の保守的な店、海外ものを取り扱う店、なーんでも幅広く売ってる店の3軒。その気になれば、それなりに揃ったよ。

1日目は、肉にスパイスや調味料を擦り付け、ビニール袋に入れて、一晩冷蔵庫でゆっくりしてもらう。


f0056476_13055214.jpg
2日目、低温調理を開始。マリコがプレゼントしてくれたANOVA、スマホで操作できて大変便利。だいぶん使い方や温度、時間設定も慣れてきたので気軽に使えるようになったよ。主に肉の下処理に使ってる。
今回はバキュームパッキングして、70度で3時間に設定。

f0056476_13124927.jpg
ここからは鉄のフライパンでじっくりと焼いていった。コーカサスの香り漂う骨付きラムできあがり。サイドに茹でたカーシャ(蕎麦の実)添えて。うまいよ。

f0056476_13182823.jpg
スープに低温調理した時に出たラムのジュースと、高松で農家さんが作ってる讃岐産ビーツ他、野菜いろいろ、カボスで酸味を出した「ソリャンカ」というスープも作ってたので、

f0056476_13223329.jpg
翌日は、残りのスープに、これまた残りのラム肉を入れて、カレールウを加えて、ラムカレー。
いやー、ラム好きにとっては至福の2日間であった。




by machikogunji | 2018-11-24 12:40 | 洋食 | Comments(0)
レッドパスタ。
f0056476_19363954.jpg
うちのごはん、朝はうどんが多いんだが、夜はメニューが決まらないとパスタ率多し。
トマトソースのレッド系が多いなぁ。
パスタの種類を3、4種類揃えておけば、レパートリーの幅が広がるよ。
この日はケッパリっていう、マカロニの親分みたいなやつ。

f0056476_19230637.jpg
カサレッチェっていう断面がS字型のショートパスタも定番。
この日はトマトと野菜とチキンストックでミネストローネ風のスープにカサレッチェを一緒に。

f0056476_19254127.jpg
スパゲティーは細いより太いのが好み。
デチェコかバリーライブが多いな。
1.9mm、好きっす。
この日は、ソーセージを主張したナポリタンでした。

f0056476_19591423.jpg
今年の夏は、庭で「大玉トマト」の栽培に挑戦した。大玉って育てるの大変だったが、30個ぐらい収穫までなんとかこぎつけたので、
f0056476_20023076.jpg
待望のトマトソースを作り、

f0056476_20035634.jpg
ラザーニャなんぞも作った。甥っ子と一緒にバカでかいのを作って家族全員でガッツリ食べたのもいい思い出。








by machikogunji | 2018-11-16 19:44 | 洋食 | Comments(1)
メスクランサラダのアクセントは蛸とビーフ。
f0056476_19200355.jpg
こちらでは、なかなかメスクランサラダの大きなパックが手に入らないのよね。
たまに見つけると買います、とりあえず。
そして、家族で勢いよく食べてます。
でも、ただ葉っぱを食べるだけじゃ飽きるので、アクセントつけてるよ。
この日は、瀬戸内海のタコ。茹でてます。
今年タコが不漁だったらしい。タコが不漁な時は、ワタリガニがよく漁れるんだって。
確かに、いつもより出回ってる気がする。
だから今年はタコは貴重。サラダとして分け合って食べてます。

f0056476_19215782.jpg
こちらはビーフステーキ&メスクランサラダ。
いい肉はステーキのみでバシッと焼いて食べるのが美味しいに決まってるけど、安い薄めのステーキはマリネして焼いて、削ぎ切りにして、こうやってサラダとして食べてます。
この日は、アジアンっぽく、レモングラス、フィッシュソース、にんにく醤油、柑橘果汁(この日はカボス果汁)でマリネして焼いてます。
こうすると安いステーキ肉旨しっ!






by machikogunji | 2018-11-12 19:19 | 洋食 | Comments(0)
豆腐ハンバーグにラタトゥーユ赤ワインソース
f0056476_19151676.jpg

今日は、母が俳句教室に通うコミュニティーセンターの文化祭、再従姉妹が通う大学祭に母を連れて行き、午後からノコギリ出して日曜大工に勤しんだので、夕飯はザザッと。

豆腐と鶏挽肉のハンバーグ・ラタトゥーユ赤ワインソース。わさび菜とキュウリのサラダをワンプレートでドカンと。





by machikogunji | 2018-11-03 19:14 | 洋食 | Comments(0)
ばーさん達へのステーキランチ。
f0056476_02134997.jpg
数年振りに母の友達が来るので、
「なんか、お昼作ってよ」と言われ、
リクエストを聞くと、
「軽い感じのステーキ」だと。
怖いな80越えの老人は。
で、「サガリ」でハンガーステーキを作ってみた。
筋を取って、柔らかーく。
味付けは、ガーリック醤油。
サイドは、茎若布の炒め煮と、
菜花と糸こんにゃく入りキャロットラペで。
ずいぶんと手間がかかるランチ作りだった。
ごはんも少しもち米を入れて、ふわっと炊いた。
好評につき「ビールがよく進んだ」とのこと。
お昼ビールですか、ばーさん達。
これが健康の秘訣らしい。
見事に完食。パチパチパチ。









by machikogunji | 2018-03-29 02:20 | 洋食 | Comments(0)
鯵のブラッドオレンジ甘酢あんかけ。
f0056476_02064103.jpg
大きな「鯵(あじ)」を買ったはいいけど、
脂のノリが良くなさそうで、
焼いちゃったらパサパサになるだろうから、
一口大に切って、唐揚げ粉つけて揚げ、
玉葱とにんじんのチリソース&甘酢あんを絡めてみた。
ブラッドオレンジを大量に購入してたので、
果汁も入れてみた。
思いも寄らぬ、いい感じの味になりましたん。



by machikogunji | 2018-03-29 02:13 | 洋食 | Comments(0)
ポークスペアリブなんぞを。
f0056476_01515797.jpg
中華風のポークスペアリブを作ってみた。
まず、焼き目をつけて、
その後、大根と一緒にコトコトと煮てます。
一日中うちにいたので、
たまにはこういうゆったり作る料理なんぞも。
ナツメとドライ竜眼入り。
ストンと骨から身が落ちるのがツボだね。






by machikogunji | 2018-03-29 01:57 | 洋食 | Comments(0)
タコ入りカりフラワーのタブレ。
f0056476_21552399.jpg
「タブレ」っていう、パセリのサラダでクスクス入りのものを、
よくアメリカにいる時に食べてたんですけど、
今日は、クスクスの代わりに、いただきもののカリフラワーを
細かく刻んで作ってみた。
ってーのは、日本で売ってるクスクスって粒が小さ過ぎると思ったので。
アメリカだと、いろんなサイズがあって、
このサラダには、イスライエルクスクスっていう
マスの卵(イクラよりかは小さい)ぐらいの
大きめのクスクスが売られていて、
それを使って作ってた。
いただきもののカリフラワーは、ちょっと変わったもので、
枝分かれしてる部分が非常に細かく、
よーし、これでクスクスっぽいの作ってみようと思い挑戦。
茹で加減がポイントね。固ゆでです。
海外では、カリフラワーを
生でサラダで食べる人結構おりましたよ。
初めて見た時は、ずいぶんとびっくらしましたけど。
食べてみると「おぉ、ぜんぜんOKじゃん」と。
なので、固く茹でても平気な私です。
カリフラワー自体の甘味も残って歯ごたえもあり、
なかなかイケます。
でも、新鮮なものでなくてはいけない。
茎も葉っぱも刻んで一緒に茹でてみた。
で、赤玉葱、パセリ、にんじんを細かく刻んで、
一緒に混ぜて、塩、レモン果汁、オリーブオイル、胡椒で
味付けして、できあがり。
タコは、前日の刺身用を少し残していたので、
これも細かく切って、混ぜ込んでます。
なかなかオツなタブレになりました。







by machikogunji | 2018-03-13 22:10 | 洋食 | Comments(0)
日曜はタコよん。
f0056476_20064005.jpg
週末は、車で行く買い物の都合上、
「水ダコの刺身」と「プリプリなレバー」を
ゲットできる。
これさえあれば、旦那はご機嫌だし、
他のメニューを考えなくていいし。
毎日のごはん作りは、けっこう大変なわけで、
こういうお決まりの日があってもいいでしょ。
ってことで、今日は野菜がたくさんあるので、
いろいろ手でちぎって、タコのカルパッチョ。
刺身用に切ってあるのを買うのだけど、
包丁の腹でバシッと叩くと、
キュインッといい感じに身が締まる。
今日もバシバシッ。
f0056476_20291709.jpg
変型ニラレバ。
ニラは焦げるの嫌だから、レバーと別々のフライパンで、
ソテーしてます。
レバーは、いつものごっつい鉄のフライパンを
熱々にしといて、マリネしたのをジャッと瞬間焼き。
レバーステーキのやり方ね。
それを皿の上で合体。
クレソンをまず敷いて、その上にニラ炒め、
そして、焼きたてレバー。
ワインに合うよ。


今日は、午前中、買い物の後、車で、
「ツクシが生えているであろう某所」に
行ってみた。
……土地が整備されてしまっていて、なかった……。
お墓詣りもして、帰宅。
午後からは、3.11震災の事を思い、
辛い気持ちでいた。
あまりにも切なくなり、テレビは消した。









by machikogunji | 2018-03-11 20:41 | 洋食 | Comments(0)