ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
お気に入りブログ
カテゴリ:行ってきたゾ!( 174 )
森の様子@KITOKURASU
f0056476_10554578.jpg
三寒四温ってやつですよね。
春一番吹き過ぎだよね全国的に。
そういう言いながら、森の中は春めいて来た。
だいたい、「森に行こう」という気持ち自体が、
自分の気持ちが春めいているってことですね。
日差しが心地よい。

f0056476_11035960.jpg
木材屋さんが経営しているカフェなので、
無理がないよね、森の中にあっても。
季節折々の木々の風情を楽しめるよね。

f0056476_11064591.jpg
f0056476_11072602.jpg
f0056476_11074182.jpg
いつもいい時間をありがとう。
@キトクラス








by machikogunji | 2018-03-09 11:08 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
デ・レーケ堰堤に憶う @徳島・大谷川
f0056476_03393341.jpg
2月に徳島・脇町に行った際に、どうしても見ておきたかった堰堤。
石積好きとしては、かなりのポイントの高い処なんですよ。
大谷川にあるデレーケ砂防堰堤です。
明治初期の砂防堰堤としては最大級のもの。
石積で作られてます。
日本の土木遺産にも選ばれているんだけど、
これを見に訪れる人は少ないだろうなぁ。
明治時代に、日本の土木技術をオランダから伝えた人
「ヨハニス・デ・レーケ」って人がいるんですが、
本を読んで、感動しちゃって、ってーいうか、
デレーケの生き様に胸打たれるものがあったんです。
まぁ、うちらも海外が長かったり、
旦那がロシアで和食の技術を4年間ですが、
現地の人達に教えたりしてたわけで、
何となく、そういうのがあってね。
まだ2月だったので、川の水も少なく、
堰堤の近くまで行けて、いろいろ見れてよかった。
明治の頃には、新しい世の中になって、
外国からいろいろな技師、博士とかが日本に来て、
その技術や研究を伝えてるんです。
そういう人達の貢献があって、
今の技術国・ニッポンがあるんだろうなぁ。
f0056476_11540652.jpg
車で、母と弟を待たせてたんで、
時間は少ししかなかったけど、
とても印象に残る地でした。
春になると、ここにはデレーケの出身国
オランダにちなんだチューリップが咲き乱れるそうです。







by machikogunji | 2018-03-01 03:40 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
カーリーのパッションを頂きに @徳島・脇町
f0056476_02180905.jpg
毎年恒例の、假屋崎省吾氏のお花の展覧会。
「うだつの町」、徳島県の美馬市脇町にある
江戸時代の藍の豪商の屋敷
「藍商佐直吉田家住宅」に
あふれんばかりに活けた、この土地の草花。
パッション感じるわ〜、カーリーさん。
f0056476_02180106.jpg
f0056476_02174797.jpg
f0056476_02175276.jpg
f0056476_02174260.jpg
f0056476_02175626.jpg
f0056476_03314958.jpg

超派手なアレンジメントも多々あったんですが、
私としては旧家の造りとお花がうまーく解け合ってるなと思った
写真をのっけました。
大振りな木の枝とかをふんだんに使ってたんですが、
假屋崎さんがイメージしたものを、
この近辺の山にボランティアの人達が採りにいくんだそうです。
地元の人達との共同制作なわけですね。
いいよね。


この日が最終日、気温も高く、お天気もよくて、
母がたいへん喜びました。
f0056476_03321302.jpg








by machikogunji | 2018-03-01 02:37 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
進水式ってすごいぞ。
f0056476_23284933.jpg
瀬戸内沿岸に住んでるので、造船所ってのは、
日常の風景の中にあり、
タンカーや貨物船なんかも珍しくないんだが、
じゃぁ、その船をめちゃくちゃ間近で見た事あるか?
ってことになったら、造船所のフェンス越しであった。
モーニングうどんに行く際に、
いつも気になっていた「四国ドック」。
フェンスの向こうでいつも大きな船がいる。
「ぜひ、中に入って、見たいものだ」と、
こちらに帰ってきてずっと思っていた。
で、メイルしてみた。
するとすぐ答えが返ってきた。
「当社のホームページで進水式の予定を掲載してます。
一般の方も見れますよ」と。
え〜〜〜〜っ、そーだったのかぁ〜〜〜。
それから、しつこくチェックはしてたものの、
用事があったりして行きそびれてたんだが、
遂に2月12日に行ってきた。
祖父の家の近くなので、
造船所あたりの地理にはやたらと詳しいわけで、
9時の進水式会場集合前に、
対岸の怪しいホテル街の空き地から、
タグボートが出て準備を進めてるあたりからチェック。
大きな貨物船もいいんだが、
このタグボートってのがこれまた魅力的。
小さいながらも、ものすごい馬力があるのよね。
ニューヨークでは年に1回、このタグボートのレースとかがあって、
それを見に行ったこともあり、
もう大興奮、1人で。
9時過ぎに、四国ドック構内にチェックイン。
おぉ、けっこう人来てる。
みんな一眼レフのカメラ首からかけてる。
私はいつものスマホだけ。
でも、ちゃんとオペラグラスは持参。
f0056476_23292053.jpg
f0056476_23291474.jpg
目の前で見る貨物船は、とてつもなくデカかったぞ。
2年前にロシアのサンクトペテルブルグで、
砕氷船に乗船(動いてなくて博物館になってる)した時の
興奮が蘇ってきたぞ。
今回の貨物船は、38500トンの
梱包されていない穀物や鉱石、セメントなどの
「ばら積み貨物」を輸送する
「バルカー」と呼ばれる種類の船。
船の重量が38500トンではなく、
これは積み荷の重さが38500トン乗せられるってことなんだそうだ。
船自体は、7000~8000トンぐらいらしい。
しかしデカイわ!


f0056476_23290800.jpg
さすが進水式。紅白の幕、ちゃんと貼ってるし、
くす玉もある。BGMは、軍艦マーチっぽいやつで、
放っておいても盛り上がってしまう、この雰囲気。
某会社のお偉いさん方は、お付きの人達を従えて、
特設設置した櫓で待機。
めっちゃ寒い日だったんですが、皆さん薄着でスーツ姿。
私は、南極探検隊に負けない重装備で寒くはなかったけど、
おじさん達、寒かっただろうなぁ。
ユニクロのパッチはいてるのかなぁ、余計な心配。
9時半。
君が代と中国国歌が流れ、
ちょうどオリンピックの時だったんで、
なんか自分が表彰台に登ってる気分になったのは、
私と、隣りの子供連れのおとーさんだけか。
この船の現場監督みたいな人の号令(英語)で、
いよいよ船のトリガーが外され、
巨大な船が、お尻の方から、
あれよっと言う間に
海に滑り込んでいった。
ほんと、これ、あっと言う間。
目の前で〜〜〜巨大な貨物船が〜〜〜スルスルと〜〜。
はい、これで進水式おしまい。
で、急いで、チャリンコで、港に出て、
船の様子を。
f0056476_23285584.jpg
いやん、ほんまに海に浮かんでるわん。
くす玉から出たリボンが海風に舞いながら。
f0056476_23290179.jpg
あー、面白かった。
こんなの初めて見たので、もう大感動。
この催し、年に1、2回かと思いきや、
2、3ヶ月に1回はあるらしいよ。
ってことは、今度は、もっと暖かくなった4月か5月かしらん。
四国ドックのホームページ、要チェックです。
絶対また行くぞ!
だってうちからチャリンコで15分ぐらいのところで、
こんな感動的な事やってるんだもん。
ちなみにこの催し、無料です。
四国ドック、すてき過ぎる。










by machikogunji | 2018-03-01 00:13 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
四国霊場#87/長尾寺
f0056476_23083099.jpg
このお寺に、力餅大会ってのが、昔からあって、
正月についた大きなお餅を
どこまで抱えて歩けるかを競う催しがあるんだけど、
昔、私のじぃさんが優勝したことがあるらしく、
歴代優勝者の名前を刻んだものがないか、
ちょっと見に行った。
結局見つけられなかったんだけどね。
近くもなく遠くもない、この八十八カ所の一寺には、
たぶん子供の頃に来ていると思うのだけど、
記憶にない。
こうして大人になって訪れると、
なかなかいいもんだ。
f0056476_23084761.jpg
境内のクスノキがすごく大きくて、
この寒い季節に青々と葉をつけていたのが印象的だった。
樹齢が相当いってるんだろうなぁ。
大きい木を見上げると気持ちがいい。

f0056476_23192325.jpg
今朝のモーニングうどんは、池戸の多田製麺所。
もっちりしたうどんで、出汁も軽やかな味で好み。
ここの巻き寿司はかなり美味しいよ。
1本買って、風邪で寝ている旦那のお土産にした。












by machikogunji | 2018-01-28 23:21 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
塀のない庭@本楽寺・徳島



f0056476_15121955.jpg
雨の日、もしくは、冬に行きたかった場所。
いやぁ、素敵だったぁ。
借景が吉野川ですよ。


f0056476_15150932.jpg
徳島の美馬市にあるお寺、本楽寺。
重森三玲のお弟子さん、斉藤た忠一さんの石組みだそうです。
塀を取っ払って、借景に吉野川ってーのが大胆ですごい。

f0056476_15150532.jpg
門前の塀が迫力。

f0056476_15150198.jpg
敷石のモダンさにも感動。

四季折々の風景をここから見たいもんだ。
また行きたいね。

石庭好きにはたまらんね。


2018/01/10












by machikogunji | 2018-01-19 15:25 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
市場でアート。
f0056476_13551635.jpg
うちの近所、高松市の中央卸売市場・加工水産物棟の倉庫で、
水谷一氏のエキシビジョンがあり、行って来た。

f0056476_13551826.jpg
2ヶ月間、茜町に滞在して作品作りをされたそう。
この空間、またぜひ、こういうコンテンポラリーアートの
発表の場に使われてほしいなぁ。
けっこうかっこいい空間です。

f0056476_13550612.jpg
「高松アーティストインレジデンス2017」が
バックアップしてるんですって。
面白かった。






by machikogunji | 2018-01-19 14:03 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
千年オリーブでご利益狙う。
f0056476_07224199.jpg
高松に来た友達をチャリで港まで連れて行き、
いきなりフェリーに乗せて、
ショートトリップするってーの、
かなり喜んでくれることが発覚。
着の身着のままで乗るので、
いくつも名勝を回ったり、
予約したレストランで過ごすってことは
できませんが。
今回、港から入ってくるフェリーを見て、
よし、コレに乗ろうと乗船したのは、
まぁ便数も多く、大きい船の
「小豆島・土庄行き」。
島までは、約1時間。
売店、絨毯の間、とかもあって
とっても快適で立派なフェリーです。
甲板に上がって、オレンジ色の煙突で記念撮影。
インスタ映え!
運良く、船に1個か2個しか仕入れのない
「五色おにぎり」もあり、
五色台見ながら食べた。

瀬戸内海の景色を見ながら、ウトウトしながら。
おっ、着いたぜ、小豆島。
コマメジマって読みませんからマリコさん、
アズキジマでもないんです、
ショウドシマですから。

料理家のマリコには、港の一画にある
「かどや」の胡麻油工場をぜひ見学してもらいたかったのだが、
さすがの正月、お休みだったので、また今度。
じゃっ、どこにしようかと案内所へ。
カウンターのパンフレットがいくつか。
で、見つけたのが、立派なオリーブの樹。

「これ、見に行こうか」ってことで、
ちょうど待ってた路線バスに乗り込み出発。
丘の中腹で降ろされて2人っきり。
丘を上り始めたら、左右にオリーブ畑。
上りつめたところに、
f0056476_09100710.jpg
うわーっ、樹齢千年のオリーブの樹。
樹の前に佇む、イランからの観光客。
あら、まりこだった。
2011年にスペイン・アンダルシアから
海を渡ってここに持ってきたそうだ。
小豆島でしっかり根を下し、
新芽を息吹き、昨年は16410粒もの実をつけるまでに成長し、
2016年から一般公開されるようになったそうだ。
この植樹に携わったのが、
プラントハンターの西畠清順君なのね。

f0056476_09234637.jpg
f0056476_09235893.jpg


f0056476_09242523.jpg
冊もなく、案内版に「優しく触ってあげてください」って
書いてるのにはびっくりね。
で、まりこと2人、優しく触ったり、見上げたり、覗き込んだり、
挙げ句の果て、地べたに寝て見上げてみたりもした。
なんかパワーを感じたなぁ、千年オリーブの樹。
最後に手を合わせて、
「オリーブ様オリーブ様、今年も美味しいオリーブの油や実が
私のおくちの中を潤わしてくださいますように」
とお願いしてきた。


f0056476_09310308.jpg
とても清い気持ちになれた
小豆島束の間の旅であった。













by machikogunji | 2018-01-19 08:01 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
元旦・アラーキーとグェンさんを観に。
f0056476_06355744.jpg
平成30年がやって来た。
1日1日、おせちをいただき、旦那からお年玉をいただいた後、
マリコと電車に乗って丸亀へ。
今年も猪熊玄一郎美術館参り。
ここは1日開館してます。素晴らしい。

f0056476_06422681.jpg
アラーキーの写真展やってます。
これはかなり大きなエキシビジョン。
f0056476_06421884.jpg

f0056476_06422236.jpg
f0056476_06425019.jpg
展示された写真の一枚一枚の向こう側に
荒木さんが写真を撮っている様子が
頭に浮かんだ。
止まった画像の奥で荒木さんが動いているのだ。
私はたぶん、
荒木さんの写真よりも、
写真を撮る荒木さんが好きなんだと思った。
作品から感じた彼にとっての「死感」は、
私とは違う気がしたので、
作品自体に共感はなかった。
彼の追求する姿勢には感銘した。
若い頃に、彼の写真を見て、
心が揺さぶり、都会のエネルギーをたくさんもらった。
でも、いまは私自身の方向が違うんだろうな。
荒木さんの「修羅的」パワーが
いまの私には重過ぎた。


f0056476_06575452.jpg
グェンさんこと猪熊玄一郎の
(勝手に私が親しみを込めてグェンさんと呼んでるだけですが)
作品を見ていると、優しい気持ちになれる。
何度もここの美術館に足を運んでいるが、
いつもホッとした気持ちで帰ることができる。
もちろん、苦悩をいくつも乗り越えてきた人であることは、
今までシリーズで展示されていた各時代の作品を観て
わかってきた。
マチスやピカソを追求し、苦悩し、
その向こうに自分のスタイルを見いだせた人なのも
わかってきた。
でも最終的には「穏やか」なのだ。
いつも作品の横に、
グェンさんが新聞に掲載したコラムの文章が貼られている。
その文章がこれまたいいのだ。
同じアメリカに長年いて、この人までに
モノや人や動物を見つめられなかったのは、
やっぱりアーティストと凡人の差なんだろうなといつも思う。
f0056476_07133584.jpg
さて、まりこはどう感じただろう。
美術館の中では、お互い別行動で観賞している。
お互い邪魔なしで観賞するのは、いいことだ。

f0056476_07155559.jpg
美術館を出た後、丸亀城へ2人で散歩。
石垣の素晴らしさを観賞。
お城の裏を降りて、お堀沿いを椿の道に。
歩きながら、さっきの美術館のことを
2人で話しながら。

とてもいい時間。
まりことじゃなきゃ過ごせない時間。

寒かったけどね。















by machikogunji | 2018-01-19 07:19 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
胡麻油の「かどや」工場見学に行くの巻。
f0056476_00195222.jpg
友人に、IKEAのカーテンを頼んだら、
なんと神戸から届けに来てくれた。
超恐縮。でも嬉しい。
彼女とはニューヨークからのつきあいで、
年に数回会ってるんだけど、会っても会っても話が尽きないの。
この夏には、旦那さんと、ヨットで高松に立ち寄ってくれた。
そういえば、そのヨットを停めていた高松マリーナの事務所、
数日前に泳いでどっかの島からやって来たイノシシ君に
荒らされて大騒ぎになってたなぁ。あら大変。
せっかく来てくれたんで、私のおすすめの
超ディープな居酒屋にご招待。
さんざん飲んで食べて喋って酔って、
ホテルの場所が2人で判らなくなってしまったゲラゲラ。

f0056476_00264230.jpg
2日目は、フェリーで小豆島へ。
今回は醤油屋巡りじゃなくて、胡麻油の「かどや」の工場見学。
彼女、めちゃくちゃいろいろ工場見学行ってる人なんで、
じゃぁ、どうよ、胡麻油ってのはなかなかないよってことで。
めっちゃ、楽しかったです。
いろいろ行程を説明してもらって、
試食させてもらって、お土産付き。
予約さえしとけば無料です!
これも大きな魅力。

f0056476_00314789.jpg
小豆島フェリーに乗ったら外せない、
幻のおにぎり「五色おにぎり」も
食べたよん。
半日、有意義に過ごせました。

小豆島、見所いっぱいあるね。
時間があったら、「猿」見たかったんだけどね。
この前、猿のボスが替わったばっかりなので、
今度のボスはどんな顔してるのか見たかった。










by machikogunji | 2017-12-04 00:34 | 行ってきたゾ! | Comments(3)