ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
お気に入りブログ
進水式ってすごいぞ。
f0056476_23284933.jpg
瀬戸内沿岸に住んでるので、造船所ってのは、
日常の風景の中にあり、
タンカーや貨物船なんかも珍しくないんだが、
じゃぁ、その船をめちゃくちゃ間近で見た事あるか?
ってことになったら、造船所のフェンス越しであった。
モーニングうどんに行く際に、
いつも気になっていた「四国ドック」。
フェンスの向こうでいつも大きな船がいる。
「ぜひ、中に入って、見たいものだ」と、
こちらに帰ってきてずっと思っていた。
で、メイルしてみた。
するとすぐ答えが返ってきた。
「当社のホームページで進水式の予定を掲載してます。
一般の方も見れますよ」と。
え〜〜〜〜っ、そーだったのかぁ〜〜〜。
それから、しつこくチェックはしてたものの、
用事があったりして行きそびれてたんだが、
遂に2月12日に行ってきた。
祖父の家の近くなので、
造船所あたりの地理にはやたらと詳しいわけで、
9時の進水式会場集合前に、
対岸の怪しいホテル街の空き地から、
タグボートが出て準備を進めてるあたりからチェック。
大きな貨物船もいいんだが、
このタグボートってのがこれまた魅力的。
小さいながらも、ものすごい馬力があるのよね。
ニューヨークでは年に1回、このタグボートのレースとかがあって、
それを見に行ったこともあり、
もう大興奮、1人で。
9時過ぎに、四国ドック構内にチェックイン。
おぉ、けっこう人来てる。
みんな一眼レフのカメラ首からかけてる。
私はいつものスマホだけ。
でも、ちゃんとオペラグラスは持参。
f0056476_23292053.jpg
f0056476_23291474.jpg
目の前で見る貨物船は、とてつもなくデカかったぞ。
2年前にロシアのサンクトペテルブルグで、
砕氷船に乗船(動いてなくて博物館になってる)した時の
興奮が蘇ってきたぞ。
今回の貨物船は、38500トンの
梱包されていない穀物や鉱石、セメントなどの
「ばら積み貨物」を輸送する
「バルカー」と呼ばれる種類の船。
船の重量が38500トンではなく、
これは積み荷の重さが38500トン乗せられるってことなんだそうだ。
船自体は、7000~8000トンぐらいらしい。
しかしデカイわ!


f0056476_23290800.jpg
さすが進水式。紅白の幕、ちゃんと貼ってるし、
くす玉もある。BGMは、軍艦マーチっぽいやつで、
放っておいても盛り上がってしまう、この雰囲気。
某会社のお偉いさん方は、お付きの人達を従えて、
特設設置した櫓で待機。
めっちゃ寒い日だったんですが、皆さん薄着でスーツ姿。
私は、南極探検隊に負けない重装備で寒くはなかったけど、
おじさん達、寒かっただろうなぁ。
ユニクロのパッチはいてるのかなぁ、余計な心配。
9時半。
君が代と中国国歌が流れ、
ちょうどオリンピックの時だったんで、
なんか自分が表彰台に登ってる気分になったのは、
私と、隣りの子供連れのおとーさんだけか。
この船の現場監督みたいな人の号令(英語)で、
いよいよ船のトリガーが外され、
巨大な船が、お尻の方から、
あれよっと言う間に
海に滑り込んでいった。
ほんと、これ、あっと言う間。
目の前で〜〜〜巨大な貨物船が〜〜〜スルスルと〜〜。
はい、これで進水式おしまい。
で、急いで、チャリンコで、港に出て、
船の様子を。
f0056476_23285584.jpg
いやん、ほんまに海に浮かんでるわん。
くす玉から出たリボンが海風に舞いながら。
f0056476_23290179.jpg
あー、面白かった。
こんなの初めて見たので、もう大感動。
この催し、年に1、2回かと思いきや、
2、3ヶ月に1回はあるらしいよ。
ってことは、今度は、もっと暖かくなった4月か5月かしらん。
四国ドックのホームページ、要チェックです。
絶対また行くぞ!
だってうちからチャリンコで15分ぐらいのところで、
こんな感動的な事やってるんだもん。
ちなみにこの催し、無料です。
四国ドック、すてき過ぎる。










by machikogunji | 2018-03-01 00:13 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< なんか貝、食べまくり系。 ロードアイランド風クラムチャウ... >>