ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2018
・冬ヒラメ2@庵治沖(2/9)
・冬ヒラメ@庵治沖(1/20)

★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY/日本釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
お気に入りブログ
元旦・アラーキーとグェンさんを観に。
f0056476_06355744.jpg
平成30年がやって来た。
1日1日、おせちをいただき、旦那からお年玉をいただいた後、
マリコと電車に乗って丸亀へ。
今年も猪熊玄一郎美術館参り。
ここは1日開館してます。素晴らしい。

f0056476_06422681.jpg
アラーキーの写真展やってます。
これはかなり大きなエキシビジョン。
f0056476_06421884.jpg

f0056476_06422236.jpg
f0056476_06425019.jpg
展示された写真の一枚一枚の向こう側に
荒木さんが写真を撮っている様子が
頭に浮かんだ。
止まった画像の奥で荒木さんが動いているのだ。
私はたぶん、
荒木さんの写真よりも、
写真を撮る荒木さんが好きなんだと思った。
作品から感じた彼にとっての「死感」は、
私とは違う気がしたので、
作品自体に共感はなかった。
彼の追求する姿勢には感銘した。
若い頃に、彼の写真を見て、
心が揺さぶり、都会のエネルギーをたくさんもらった。
でも、いまは私自身の方向が違うんだろうな。
荒木さんの「修羅的」パワーが
いまの私には重過ぎた。


f0056476_06575452.jpg
グェンさんこと猪熊玄一郎の
(勝手に私が親しみを込めてグェンさんと呼んでるだけですが)
作品を見ていると、優しい気持ちになれる。
何度もここの美術館に足を運んでいるが、
いつもホッとした気持ちで帰ることができる。
もちろん、苦悩をいくつも乗り越えてきた人であることは、
今までシリーズで展示されていた各時代の作品を観て
わかってきた。
マチスやピカソを追求し、苦悩し、
その向こうに自分のスタイルを見いだせた人なのも
わかってきた。
でも最終的には「穏やか」なのだ。
いつも作品の横に、
グェンさんが新聞に掲載したコラムの文章が貼られている。
その文章がこれまたいいのだ。
同じアメリカに長年いて、この人までに
モノや人や動物を見つめられなかったのは、
やっぱりアーティストと凡人の差なんだろうなといつも思う。
f0056476_07133584.jpg
さて、まりこはどう感じただろう。
美術館の中では、お互い別行動で観賞している。
お互い邪魔なしで観賞するのは、いいことだ。

f0056476_07155559.jpg
美術館を出た後、丸亀城へ2人で散歩。
石垣の素晴らしさを観賞。
お城の裏を降りて、お堀沿いを椿の道に。
歩きながら、さっきの美術館のことを
2人で話しながら。

とてもいい時間。
まりことじゃなきゃ過ごせない時間。

寒かったけどね。















by machikogunji | 2018-01-19 07:19 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< 千年オリーブでご利益狙う。 まりこの肉祭り >>