ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
さぬきうどんよりコシの強いパスタ
f0056476_8465862.jpg

風邪で更新遅れました。がんばって遅れ取り戻します。
うちの家では、異常に麺を食べる。旦那は大の蕎麦好きで、夕飯の最後はほぼ冷たいお蕎麦です。メインの料理がフレンチだろうと、中華だろうと、韓国だろうと最後は蕎麦で締めたがるのだ。おかげで、料理終わってホッとしているのに、またして湯を湧かし、出汁を作り、ネギを切る自分がとっても不憫に思うことがよくあります。こんなんで、蕎麦はうちの常備食。いろいろ日系スーパーで買ってきたり、日本の友達が持ってきてくれたりするんだけど、茹で具合で、結構いい線まで持ってけるってことがわかってきた。

でも、パスタはそうはいかない。ニューヨークには途方に暮れるほどの種類のパスタが存在するわけだが、いったいどれが旨いのか、いろいろ試してみたが、落ち着いたのが「Barilla」かな。シコシコ感がうちの家風に合ってます。これもうちの棚にいつも置いてあります。

でも、たまに食べたくなるのが、コレ!「ベネデット・カヴァリエーリ」のスパゲッティー。恐ろしいほど主張のあるパスタですよー。まっ一度試してみる価値、あると思うよ。なんたって、茹でても曲がらないほどのコシの強さ。「ベネデット・カヴァリエーリさん、ここまで、コシ入れるかっ」てなほどのシコシコです。

パッケージを読んでみると、1918年から、すーと同じやり方で、南イタリアはプーリア州で、プーリア産デュラムセモリナを100%使って、長時間練り込み、ブロンズの型に流し込み、低温で長時間乾燥させたというものらしい。おじさん、こだわってんだよなー。前にブルータスで、麻布かどっかのお洒落イタリアンの店が、このパスタを使っていて「幻のパスタ」なんて言ってたよなー。イタリアでも手に入らないらしいよ。

それだのに、ニューヨークでは「バルドゥッチ」でも、「ウイリアム.ソノマ」でも、「ディーン&デルーカ」でも、いつでも売ってるよ−ん。これじゃあ「幻」じゃーないじゃん。一束、この青いパッケージで6〜7ドルぐらいで売ってるので、パスタ好きはぜひ一度試してみてね。私は太いスパゲティーが好きで、買うのは決まってこれなんだけど、今日はウイリアム・ソノマにフエタチーネ系しかなかったので、試しに買ってみました。週末にでも、料理してみます。その他エンジェルヘアー系のも売ってたので、誰か試してみてください。
# by machikogunji | 2006-02-08 08:30 | おみやげ | Comments(2)
バーグドルフのディスプレー
f0056476_2475497.jpg

今日は朝から、MOMAで来週から開催される建築の展覧会のプレスプレビューに、藤森愛実さんと一緒に行ってきた。藤森さんは、日本の「美術手帖」や「ヴォーグ」等で最新のニューヨークのアートシーン情報を書いているベテラン・アートライターだ。常に美術館やギャラリーを駆け巡り、大物アーティストのインタビューもそつなくこなす、腕ききのライター。っていうと、ゴッつい人のように聞こえるが、小柄でとってもキュートな女性なんですよ。藤森さんの説明付きでぐるっと作品群を見て、世間話をちょっとして、私は帰ったんだけど、彼女は11時から行われるキューレターからの作品説明のため、また会場へ。つかの間の再会だったんだけど、とっても充実した時間が過ごせた。ありがとう。

このへんに出て来た時に、必ず見るのが57から58丁目のフィフス・アベニュー沿いにあるバーグドルフ・グッドマンのディスプレーだ。超かっこいいです。「ニューヨークにいないとコレは見れないな。住んでてよかった」といつも思ってしまう。1つのウインドーに必ず1つのドラマがあるのだ。ストーリーがあるのだよん。すご。すごーく完成度が高いっす。そして、とっかえひっかえ変わる。その上、タダで見れる!タイムズスクエアのロウ人形館の1万倍いい〜。去年の年末のも良かったよなー。一度「いったい誰がいつ、どうやって作ってるんだろう」と疑問になって、会社行かずに朝から見張ってたことあったなー。下働きのお兄ちゃんやねーちゃんに混じって、かっこいい女の人が登場してテキパキと指示してさっと消えて行ったけど、あの人がきっとディレクターなんだろうな。ある時は飲み屋でさんざん飲んだ後、ふとあのディスプレーが見たくなって、夜中の2時頃、ガラスにへばりついて、「すげー。うゎっ。げーっ。」とか言いながら、座り込んで見てたこともある。

って、思い出多いバーグドルフのディスプレー。本日のは、今、ブライアント・パークでやってる「ニューヨーク・コレクション」のデザイナーをフューチャーしたシリーズです。それと、見過ごしてはいけないのが、58丁目沿いの2つのウインドー。バレンタインデーにちなんで、チョコレートとロリポップキャンデーをテーマにひとひねりしたディスプレーで、とってもかわいいよ(写真上2枚)。ななめ前にある工事中の建物は、今話題のトルーマン・カポーティが世紀の大パーティーを催したという史実もすっかり廃れてしまい、どこかの金持ちに買われちまったプラザホテルだ。なんかとっても寂し気です。(*足元、馬のウンチに注意しながら見てね。)

f0056476_4104946.jpg

          オマケ:フィフス沿いの宝石店のディスプレー。
# by machikogunji | 2006-02-07 02:45 | 風景 | Comments(2)
スーパーボウルの夜
f0056476_16532021.jpg

アメリカの国民的イベント「スーパーボウル」の夜、ぜんぜんこれとは関係ないパーティーが、SOHOの佐々木健次郎爺のロフトであった。佐々木さんは在米30年を上回るアーティストだ。素敵な奥さんがいるのに「最近もてなくなった」といつも言っている。本日の面々は、某ローカル新聞の副編集長から華麗なる転職を果たし、晴れて径絡指圧師になった阿部さん、アーティストでありコンピューターの達人である小島さん夫妻、「ブルックリン焼」の素敵なぐい飲みをみんなにプレゼントしてくれたフォートグリーン在住の若手陶芸作家夫妻、ジュリアード音楽院でジャズピアノを学ぶ女の子とサックスプレーヤーのカップル、パラリーガルのチズルさん、山頭火ラーメンの立ち上げで最近ニューヨークに来た伊藤君夫妻、60年代の日本のネオダダの中心的人物、升田金平さんとよしこさん夫妻、主宰の佐々木さん夫妻と、ただの酔っぱらいのうちら夫婦。お料理はいつものごとく、金平さんが買い出しからすべてこなしてくれた。金平さんのお料理は、本当にいつもいつも創意工夫があり、その上おいしい。毎回、彼オリジナルの品々がずらーっとテーブルにならぶ。
f0056476_16534932.jpg

本日のメニュー:エビと野菜の生春巻き、活ダンジネス・クラブの丸茹でと法蓮草のカニみそ和え、里芋のポテトサラダ、甘エビと千切り山芋のわさび和え、イカと豆腐の生姜炒め煮・ハラピニオンソース添え、ローストダック・ねぎ・香菜をはさんだ上海ブレッド、活はまぐりのスパゲティ−。

法蓮草をカニみそで和えるなんて、普通思いつかないよなあ。それと里芋でポテサラもすごいアイデア。各料理につくタレがこれまた旨い。金平さん、ごちそうさまでした。

f0056476_17523274.jpg

こんなにおいしいお料理をみんなに食べさせてくれ、チビチビとバドワイザーを飲みながらニコニコしてる金平さんは、実はただ者ではないのです。1960年代に、日本で起こった芸術革命「ネオダダ」のぶっとびアバンギャルドなアーチストとして世を圧巻させた人なんです。自分の布団から引っぱり出した綿を床に拡げ、真ん中にオシッコをした作品「帝国ホテル」には、これまたぶっとびのアーチスト篠原牛男氏もぶっとんだらしいです。体中に電球を巻き付けて銀座を徘徊し、カップルに遭遇するとその電球を彼等めがけて投げ付けた伝説の「電球マン」は、何を隠そう金平さんなのです。今もちょっと飲み過ぎると、立ち上がって金平式芸術論を熱く語ってくれるんですが、横で奥さんのヨシコさんが「ハイ、ドー・ドー」と膝を叩くと、しょうがなしにイスに座ります。が、またちょっとして立ち上がって、またヨシコさんに「座んなさい」と叱られます。その横で佐々木さんは、ぜんぜん別の芸術論を隣の人と熱く語ってます。これまた、立ち上がって手にグラスを持ちあつくなっています。若者はその「パワー」に圧倒され「はあー」とか「ふむ、ふむ」と引いています。今年のスーパーボウルは、スティーラーズが勝ちましたが、佐々木邸では、芸術談義に花が咲き、老人たちの大勝利の夜とあいなりました。
# by machikogunji | 2006-02-06 18:36 | | Comments(1)
役に立つ料理用語辞典
f0056476_3391724.jpg

新しい料理本を買った。本っていっても、ただの料理本ではない。用語辞典なのだ。
その名も「韓国料理用語辞典」。私の場合「英語の辞書」より役に立つ。この本は日本経済新聞社から出ており、韓国の食材、メニューが、なんと1100語も各食品別、料理別にハングル文字、発音、日本語での読み方、詳細付きでまとめられている。

以前、買った「中国料理用語辞典」(これも日本経済新聞社刊)が、チャイナタウンに行った時にヒジョーーーに役に立っているので、韓国版も私にとってはお宝モノになることまちがいない。この2冊があれば、ニューヨークでのお買い物、お食事が断然楽しくなるよ。っていうよりも、ハマります。
 
料理に関する本で、このたぐいのモノは、英語版でけっこう面白く、つっこんだのあるよ。「アメリカフードの歴史」とか、「全米の食べ物フェスティバルを季節ごとに紹介した本」とか。リクエストがあればどんどん教えます。みんなでおいしいものを食べて、物知りになろうね。
# by machikogunji | 2006-02-05 03:37 | モノ | Comments(1)
虫よけドライフルーツを作ろう
f0056476_4214226.jpg

これ、なんでしょー?
いつも楽しいパーティーを開いてくれる海老原家の次男坊が幼稚園で作った「りんごの虫よけ」です。ニューヨークの冬の代表的果物「りんご」に、マーケットとかで売っているドライハーブの「クローブ」をプチプチ刺し、湿気のない所で日に日にカラカラになるまで乾かして作ります。クローブには防虫効果があるので、これを置いとくとコックローチも逃げてくれます。りんごの甘い香りとクローブのスパイシーな香りが混ざってとってもいい匂い。カリカリにドライになるまでは、ちょっとこんなのでいいの?果物くさったんじゃないの?という姿になるけど、カビさえ生えてなきゃ、これも行程の1つ。
f0056476_4365763.jpg

「りんご」でできるなら「みかん」でもできるだろうと、八百屋で買って失敗した超すっぱいみかんで今日、新しいのを試作。丸ごとと輪切りでやってみました。部屋のライトの傍に針金でぶらさげて、後は待つだけ。光にみかんのオレンジが透けてちょっといい感じ。誰か、他のフルーツでやってみてください。
# by machikogunji | 2006-02-05 01:20 | モノ | Comments(1)
ポルトガルの鰯スパイス焼 バルサミコ&醤油ソースがけ
f0056476_2351955.jpg

うちの近所の魚屋には、必ずイワシがある。ギリシャ人街だからね。アメリカでは、イワシは捕れないので、主にポルトガルから送られてくる輸入もんです。そのため鮮度にこだわるのはちょっと無理ですが、焼いたり煮たりするのには、まっ、いいでしょう。

日本では節分にイワシを焼いて、そのにおいと煙で鬼を追い払うっていう風習があります(大阪では丸ごと巻寿司を無言で食べるってのがある)よね。て、ことで、ニューヨークには鬼のような人が多いので、うちでも、そいつらを寄せつけないようにと鰯を焼いてみました。

ギリシャ人のイワシの食べ方は唐揚げが主流。近所のギリシャ飯屋に行くと、どこもイワシがメニューに並んでおり、前菜としてこの唐揚げを食べるんだけど、量がはんぱじゃない。お皿に山盛りでてきます。10尾以上はのっかってます。いくらイワシ好きでも、こりゃ、ちょっと多くない?

料理は、いたってシンプル。唐揚げしたイワシにレモン果汁をバンバンにかけ、オレガノもふりかけて、最後にオリーブオイルをドバドバかけてできあがり。ちょっとしつこい味です。

なので、うちでイワシを料理する時は、和洋折衷にします。唐揚げにはせず、内臓もつけたままでスパイスをふり、ノーマルに塩焼きにします。アメリカ人にとって魚を内臓入りで焼くという行為はかなり引くところがあるようです。「このハラワタがおいしいのよ」なんて言うと、悪魔よばわりされかねない。でも家で作るわけだから、もちろん内臓ありですよねー。

f0056476_235063.jpgイワシにふるスパイスは、メリーランド州の名産「オールドベイ・スパイス」が実にアメリカっぽくていいかも。これはメリーランドのチェサピークで捕れる「ブルー・クラブ(ワタリガニ)」用にできたミックス・スパイスなんですが、何の魚にも合うよーん。パッケージが渋いので、料理しない人もとりあえず、キッチンの渋いインテリアになります。ニューヨークでは、魚屋には必ず売ってるし、大きなマーケットにもほぼ置いてあるので試してみてね。青いパッケージのオリジナルの他、グリーンは、ガーリック&ハーブ、レモン&ソルトなんてのもあるから、お好みでどうぞ。

イワシを焼いてる間に、つけ合わせの「タマネギのオリーブオイルソテー」を作りましょ。ざく切りにしたタマネギをオリーブオイル、塩、コショウでゆっくりゆっくりアメ色になるまで炒めるだけ。変に味付けしない方がいいよ。

ってのは、オリーブオイルをイワシに直接かけると、とってもギットリして油っぽくなっちゃうので、このタマネギを、焼いたイワシの下に敷き、イワシがうっすらとタマネギに使ったオリーブオイルを吸う程度が、おいしく食べるコツ。

●バルサミコ&醤油ソース
レモン果汁とオレガノなんかをパラパラッとかけて食べても、とってもさっぱりしておいしいんだけど、もう1つとってもおいしい食べ方を紹介。NYでお菓子教室を開いている浅田ひろこちゃんが教えてくれたバルサミコビネガーと醤油を煮詰めたソースをかけるとぐっと味の幅が広がります。このソース、なんでも合うんっだよ。お肉にもいいし、グリルした野菜にもいいし。せひ、お試しあれー。
# by machikogunji | 2006-02-04 22:02 | 洋食 | Comments(2)
隅におけないクイーンズ・センター・モール
f0056476_16541215.jpg

今週は、買い物しても税金がつかない、タックスフリー週間なので…ってことでもないんだけど、友達のSさんとツルんで、クイーンズ・センター・モールに行ってきた。

まずは腹ごしらえ。「フォレストヒルズに日本人の経営する魚屋があり、その店内で寿司をにぎってくれる店がある」という噂を聞いていたので、そこへ寄り、お好みで10貫程にぎってもらい、ビールを飲んだ。ご主人はかなりユニークなキャラでよく喋る人だった。

再び電車に乗り、マンハッタン方向に少し帰り、クイーンズ・センター・モールに行った。数あるショップの中で、あるじゃん、おもしろいもの! それは……。(続きは次のページ)
# by machikogunji | 2006-02-03 13:59 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
お菓子屋のような石鹸デリ「LUSH」
●お風呂で旬を楽しもう

f0056476_3214769.jpg
店内が、まるでお菓子屋のような石鹸屋「ラッシュ」。ボディーショップなんかに比べると、もっと「こだわり」と「おもしろ発見」ができます。とにかく、かわいい! ありとあらゆる、しかもユニークなネーミングがつけられたソープをはじめ、入浴剤、バブルバスボール、固形のシャンプーなど、どうしても長湯になってしまいそうなグッズがてんこ盛り。前ペ−ジの写真もその中の1つで、野菜とか果物を入れる八百屋の木箱にいろんな香りが並んでいて、材料、効能、賞味期限までついてまるで生鮮食料品のノリ。顔面パックなんかは、ベン&ジェリーみたいなアイスクリーム風のパッケージに入っている。1個売りもあるけど、切り売り、計り売りなんてのもあるよ。これはチーズ屋っぽいよな。
f0056476_3155251.jpg

 初めて行った人は「これって、どうやって使うんだろう」と、かなり困惑してしまうと思いますが、そんな時はこの店が出してるフリーの新聞「ラッシュ・タイムス」がカウンターあたりに置いてあるので、いったん店を出て、ベンチに座って読んでみるといいよ。超ていねいに、使い方とか商品の説明をびっしり書いてます。しかも、イラストや4コマ漫画で説明してるので、英語オンチの人でもだいじょーぶよ。この新聞はかなり「優れモノ」です。

 私の興味をそそったアイテムは、まずどう見てもアイスクリームやマカロン系のお菓子にしか見えない、まん丸の「Bath Ballistics」。あれっ、この感触、ナチュラルヒストリー・ミュージアムの売店にあるドライ・アイスクリームに似てる! これは、お風呂のお湯に入れるとシュワシュワッと溶ける入浴剤。中に花びらやプチプチに砕いたハーブやドライフルーツなんかが入っているんだよね。あんまり甘ったるい香りは苦手な私としては、シトラス系、ハーブ系がいいな。「サクラ」なんてのもあるんで、家のお風呂で「みかん湯」や「さくら湯」なんて季節モノの「湯」をアメリカ流の香りで楽しめます。

詳しく知りたい人はまず、ここのサイトに行ってみて。これがまたよくできてるんだよね。最初の画面で十数ヶ国のランゲージを選べるようになってます。日本にもあるんですね。各国によって商品はすこしずつ違うみたいだよ。こっちにあって、あっちにないってのもまた楽し。今はバレンタインもののハートとかピンク系の季節限定商品がたくさん揃ってて、これもまたどれもキュートです。

マンハッタンには34ストリートとアッパーに1軒づつお店があるそうですが、こんな素敵な店が、なぜ、クイーンズのこのモールにポツンとあるのかがハテナだし、クイーンズも捨てたもんじゃあーりませんと、ちょっとうれしくなった。

■ Lush
 Queens Center Mall
 718-699-8969
 http://usa.lush.com

# by machikogunji | 2006-02-03 03:05 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
私はチャイナ生まれの「ミソ・プリティー」
f0056476_3411340.jpg

クイーンズ・センター・モール第2弾は、1階の「アーバン・アウトフィッターズ」で見つけた、すごーくイケてるコスメグッズです。何がイケてるってネーミングでしょ。
「Miso Pretty」よーするに「かわいいお味噌ちゃん」な訳です。このキャラクターの味噌娘が展開するアイテムは、たとえ肌がかぶれようと、ノリが悪かろうと、私にとってはマックスファクターやクリニークよりもワンランク上をいくコスメです。
f0056476_3494936.jpg

あら、味噌娘さん、アメリカから本国へプロペラ機で一時帰国かしらん。こちらは、トラベルキットです。JALやANAの中国行きビジネスクラスで、ぜひこのトラベルキット採用してください。旅がいちだんと楽しくなるはず!
f0056476_35178.jpgf0056476_3513066.jpgまあ、これはブックタイプのアイシャドーですね。ひとつ間違えると、とんでもないお化粧になっちゃいそうな色合いがウキウキ・ドキドキ・ゲロゲロ。右はファンデーションかしら。真っ赤な太鼓橋をスクーターでわたり、その上、中腰で運転するなんて、味噌娘はとってもオテンバなようです。絵柄が上にいくほど無気味になってきます。真っ暗なお空がとっても幻想的です。でも背景のツバメはすがすがしく飛んでます。

なお、この商品はチャイナタウンには売ってません。アーバン・アウトフィッターズだからしゃれてるんでしょーけど。もったいない。
# by machikogunji | 2006-02-03 02:33 | モノ | Comments(0)
ふわっとトロ
f0056476_15355142.jpg

旦那の帰りと一緒に、お刺身と焼酎がくっついてきた。「質素な夕飯」が「ゴージャスな宴」に変わった。猫2匹もウヒョウヒョ言っている。おまえら良く知ってるなあ「御馳走のにおい」。
本日の献立:
刺身「鮪トロ」「赤身」「かんぱち」「蛸ぶつ切り」
ミニ・チンゲン菜のにんにく炒め
チャイナタウン産フィッシュ・ペーストをフライパンで揚げ焼きにした「薩摩揚げ」
ぴょんぴょん舎の「盛岡冷麺」
お酒は焼酎「神の河」をロックで。
# by machikogunji | 2006-02-02 15:57 | 和食 | Comments(0)