ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タイルフィシュのばら寿司
f0056476_1094162.jpg

桃の節句。英語で「ガールズ・デー」。ああ、情緒もヘチマもない言い方。近所の人に「今日はジャパンはガールズデーだから、寿司を食べる」と言ったら、「はっ。何ソレ!
ギャルの日か。そうか、じゃあ、今日はジャパニーズレストランに行くと、ギャルが横に座ってくれて、なんかサービスしてくれんのかな。」と喜んでたので、「そうだよ。オメーら、みんなで行ってみな。お寿司出てきたらウエイトレスが、お箸で口まで運んで食べさせてくれるよ。決して自分で食べちゃいけない。そんなことししゃぁ失礼にあたる。食べさせてくれるのじーっと待つんだよ。」とだけ答えておきました。日本食レストランのウエイトレスの皆さん、ニタニタして寿司が来ても食べない奴がいたら、お箸で鼻をつまんでやってください。

f0056476_1172961.jpg

 (マンハッタン、ロックフェラープラザの和菓子屋「源吉兆庵」のウインドーの雛飾り)

朝からいきなりこんな会話で始まった「ひな祭り」。旦那の風邪、バイトの打ち合わせにもめげず、昨日の夜仕込んでおいた「ばら寿司(うちの方ではこう言います。関東は五目ちらしってのかな。関西で「ちらし」というと刺身が乗ってるものを連想すると浪速っ子が言うてました)」を朝からせっせと作ったのであります。椎茸など、足りないものもアレコレありますが、「卵に抹茶を入れて2色の錦糸卵」「色紅を少し混ぜ過ぎて、ちょっとサイケなレッドになってしまった酢レンコン」「さやえんどう」とトッピングはかなり力量不足。酢飯の具にいたっては、にんじんとレンコンのみとドシンプルでございます。地方、家庭によって混ぜるものはいろいろ違うと思うんだけど、四国の実家の母は、これにサイコロに切った里芋が入り、おばあちゃんのにいたっては、高野豆腐、ちりめんじゃこ、昆布の千切りが入ります。トッピングには双方、穴子とコノシロ(関東で言うコハダ)が散らしてありました。

タイルフィッシュとは?
私はコノシロの代わりにタイルフィッシュを昆布で締めた酢漬けを乗せてみました。このタイルフィッシュは、こっちの寿司屋で「甘鯛」で出てきます。日本の甘鯛には3種類、白、赤、黄があり、赤甘鯛は関西では「ぐじ」と呼んで冬場の御馳走です。今日使ったものは、日本産ではないのは確か、一般の魚屋でこの季節出回っている「黄甘鯛」に属するモノかと思います。全体的に薄いピンクに包まれて、黄色い斑点が鮮やかでした。1匹5パウンドぐらい(体長約50cm)で、20ドルちょい、私が買う魚では格段に高価なものだけど、捨てるところなし。粕漬け、味噌漬け、酢の物、焼き、煮物と、どれもそれぞれおいしいですよ。切り身でも売ってます。
f0056476_2123585.jpg

………………………………………………………………………………………………………………

# by machikogunji | 2006-03-04 00:42 | 和食 | Comments(2)
おとなしく精進料理
f0056476_11195249.jpg

カブの葉とニンジンの煎り豆腐
旦那の風邪、一晩で治らず。熱も引かず。さすがに食欲がなさそう。本人は食べたいという意志はあるが、どうにも体がついていかない。なので、本日は「お粥」と、「肉無し料理3品」のつつましやかな食事でありました。

昨日、「ターニップ・リーフ(カブの葉)」をヌカ漬けにしようと買っておいたのを変更、さっと茹でて水気を絞り、細かく切って油で炒め、木綿豆腐をちぎって混ぜ、ダシと醤油と味醂で汁気がなくなるまで炊いたもの。これ、うちの田舎では「けんちゃん」と言います。たぶん「けんちん汁」とかの「けんちん」が訛ったものだと思うんだけど、私が風邪をひいたら消化にいいからと母が作ってくれた「病人食」です。母は必ず「マンバ」という地元の菜っ葉を使って作ってくれたんだけど、アメリカでは「スイス・チャード(chard)」とか「ケール(cale)」がこの「マンバ」によく似てるので、菜っ葉を炒め煮にする時はよく使います。ゴツゴツした深緑の葉っぱで法蓮草の親玉みたいなの、八百屋にもスーパーにも必ず置いてあります。冬場が旬なのかな。今日は、それよりも、ちょっと柔らかそうだった(でも、日本のに比べると比較にならない)カブの葉で。これ、とっても新鮮だったようで、すごくいい香りがしてました。

f0056476_11201950.jpg

ズッキーニの炊いたん
アメリカのナスは皮が厚くてえぐ味があり、中身は種が多くて煮るとすぐドロドロになるよね。そう、ナスの煮物には向いてない。ジャパニーズ・ナスといって売ってるのは、まだいけますが、それでも中の種が多く、日本のナスには遠いです。私は普段「ナスの煮物」が食べたくなったら、ズッキーニを買ってきて代用してます。ナスを炊くのと同じやり方で作ります。ちょっと水っぽいですが、っま、これならOKって感じかな。中まで味を染み込ませるには、一度炊いて火を止め、ちょっと置いてさまします。そしてもう一度炊く、こうすると味がしっかり染み込みます。煮物、炊きものは、このやり方でやるといいですよ。

f0056476_11204270.jpg

ごぼうのキンピラ
キンピラです。私は細くてシャキッとしたのが好きです。このシャッキリ感を出すための方法として、あらかじめ材料を水でさらしておきます。油で炒める時、ぐっと油の温度を上げといて、一気にザーッと入れてます。この音にいつもネコが飛び上がります。うちの場合は、さっと炒めてシャッキリ感を出すのではなく、けっこう炒めてシャッキリを出してます。っていうのは、いったんゴボウは油を吸い込むと自分の水気を外に出します。なんでも炒めて少ししたらフライパンにジュワーッと水が出てくるでしょう。その水分が蒸発するまで炒めるんです。そしたらゴボウは今度、吸い取った余計な油分を外に出し始めます。ここまで炒めるとキンピラがカラッとできあがります。この応用が餃子の焼き方なんですってば。今度、餃子焼く時、詳しく話しますね。さて、カラッとできたキンピラは、温かい時よりも冷めた方がシャッキリします。不思議キンピラ。
# by machikogunji | 2006-03-03 12:42 | 和食 | Comments(1)
缶入りパスタ「DE CELLO」
f0056476_923223.jpg今、ニューヨークのブログ主婦の間で噂になっている缶入りパスタ。「どこに売ってるの」とか「あそこで見た」という情報が飛び交ってるようです。私もこの缶欲しいなと思っていた矢先、旦那の病院に付き添いで行った帰り、薬を買うために入ったニュージャージーの「フード・エンポリウム」のパスタコーナーに、ず、ず、ずらーっと並んで売ってたよ。お値段は2.99ドル。これ、写真で見るのよりずっといいです。青が鮮やか。こりゃいいわ。何でもある日本でも、ひょっとしてまだないかも。おみやげにいいかも。
# by machikogunji | 2006-03-03 11:20 | おみやげ | Comments(0)
風邪克服ステーキ
f0056476_12192275.jpg

旦那、風邪で寝込む。でも、食欲あり。だって、「ステーキが喰いたい」っていうんだもん。高熱にもかかわらず、夕飯は「ガーリックばりばりステーキ」となった。「風邪は食べて直す」というのが我が家のモットーで、私も風邪っぽくなった日にゃあ、食べたいものをしっかり食べてる。そうすれば、7割方、翌日はけっこう治ってるんだな、コレが。食べたいモノはどうも栄養になるみたいだ。

本日のステーキは、刻みガーリックを思いっきり入れた醤油味。旦那はこの上に大根おろしをこれまた山盛りかけて食べてました。つけ合わせは、ヨーロピアンレタスって名札に書いてあったフリルふりふりのチコリっぽいやつ。シャキッとしてます。そして、ニンジンとダイコンのグラッセ。厚い輪切りにして一度茹で、顆粒コンソメ少々と蜂蜜、塩、バターでコトコト煮ます。「えっ、大根も」と思うでしょ。そう、大根もいっちゃいます。今の時期の大根はおいしいので、こうやっても違和感ないですよ。あとは、冷蔵庫に残っていたレンコンをスライスして水でさらして油少々で揚げ、パラパラ塩を振ってチップスにしました。イモの替わりです。旦那は、薬を飲んでいるのでお酒はなし。私はもちろんお酒あり。しっかり食べました。これで明日よくなるといいね。
# by machikogunji | 2006-03-02 12:42 | 洋食 | Comments(2)
鯖遊び・上級編「棒寿司」
f0056476_14204934.jpg

いい鯖売ってたので2匹買って、「棒寿司」に挑戦してみました。
こりゃ手間だね。骨だけはずして身を切らずってのは難しいね。背ビレはどう処理したらいいのか不明なので、ハサミで切っちゃいました。バッテラ用の箱を使わず、ラップで巻いたら少々ゆるくなってしまった。味は悪くないのだが、容姿がいまイチだったなあ。研究の余地、大いにありあり。2本作ったうちの、見栄えのいい方1本を大の鯖好きの友達にプレゼントしようと思てたんですが、都合でお届けできなくなり、うちの晩飯になってしまいました。まだ、ニューヨークの寒鯖は出回っているので、近いうちにまた作ってお届けしますね、さくちゃん。
# by machikogunji | 2006-03-01 14:19 | Comments(2)
熱燗・コップ酒で、カキ鍋だーッ。
f0056476_1554650.jpg

さみーーーっ。今日はさすがのチャイナタウンの路上の八百屋も早々に店閉めだったな。そりゃ、立ってらんないだろうよ、一日じゅう道端に。昨日のブログで「春です」なんて書いたけど、この寒さはないだろ。では一句。簡単に春は来こないよニューヨーク。どうしてくれんの、うちのアパートにはもう南の方から小鳥が飛んできて、昔の換気扇の通風構に巣作り始めてんのに。氷っちゃうよ。

こんな日にゃあ、鍋しかないだろ。鍋、鍋、鍋、熱燗に鍋だーーーっ!!!! 本日の具は、すべてチャイナタウン。大根、たけのこ白菜、えのき茸、しらたき、そして主役は大ぶりの牡蠣。出汁は昆布をさっとくぐらせて、白味噌多め、赤味噌控えめの合わせ味噌。野菜としらたきを先に入れてグツグツ煮込む。旦那が風呂からあがってくるのに合わせて、牡蠣とネギを入れ、グツグツグツ。土鍋ごと食卓へ。蓋をあけるとフワーーッと味噌のいい香り。やっとあったか気分になってきた。熱燗、コップ酒、吉幾三の世界に突入だい! 自分達がニューヨークに住んでることを完璧に忘れてます。いいんです、これで。何もこんな日にロック聞きながらマックのチーズバーガーとフレンチフライ食ってなくても。締めは焼きおにぎり。春よこい。早くこい。
f0056476_15564229.jpg

# by machikogunji | 2006-02-28 16:03 | 和食 | Comments(1)
Wポークのにんにく玉葱ソテー・フェタチーネ
f0056476_1302138.jpg

私は何を隠そうイスラム教じゃないので、おいしく豚いただきます。今日、スーパーでソテー用の豚肉が5枚で3.50ドルととっても安かったので、そして、あまりにもきれいなピンクの肉色に誘われて購入。冷蔵庫にベーコンが残っていたので、これも使ってダブルポークとなりました。それに、これまたうちに残っていたフェタチーネのパスタと合わせて作ったのがコレ。名付けて「Wポークのにんにく玉葱ソテー・フェタチーネ」。はっきり言って余り物パスタですが、豚さんと相性のいいものばっかり入ってるので味はすこぶる旨いっす。赤ワイン、ガブ飲みで食べちゃいました。赤ワイン飲む時、料理にも赤ワインを、白ワインを飲む時は、料理にも白ワインを入れると、お酒がますますおいしく感じるんですね。酒ってすごい。

材料は、ソテー用の豚肉、ベーコン、パスタ、玉ネギ、ガーリック、赤ワイン、顆粒コンソメ、塩&コショーです。豚肉以外は、家にあるものなので今日はとっても安くついたよん。

作り方
1. 塩とコショーをよくした豚肉と、玉葱のみじん切りをボウルに入れ、カノーラオイル(別になんのオイルでも可)、赤ワイン、かくし味に醤油適量を加えて30分ぐらいマリネしとく。
2. 30分経ったら、豚肉だけ取り出して別の皿に入れておき、残ったマリネのタレに、コンソメを少し入れて鍋に移し赤ワインを足して煮詰める。
3. フライパンにオイルとガーリックの薄切りを入れ、香りが立ってきたらベーコンと豚肉を入れて、中まで火が通るように焼く。
4. 良い感じに焼けたら、肉を包丁で適当な大きさに切り、フライパンに再度戻して、煮詰めておいた玉葱ソースを入れてからめてできあがり。
5. パスタはあらかじめ茹でておいて、豚肉を取り出した後のフライパンに残っているソースと肉汁と一緒にからめながらさっと炒めて、皿に盛り付け、その上に豚肉、ベーコンを乗せ、最後に玉葱ソースをドバッとかけたら「Wポークのにんにく玉葱ソテー・パスタ」が、ハイできました。

うちでは、ベーコンは、ちょっとお高いが知れてるので、カナディアン・ベーコンを使ってます。あまりしつこい油も出ず、味をしょっぱ過ぎず、日本のロースハムのような感じです。
# by machikogunji | 2006-02-27 13:53 | 洋食 | Comments(1)
フレッシュ・ホワイト・アスパラガス
f0056476_1018143.jpg

週末はとっても寒かったけど、夕方の6時になっても陽が沈まなくなったってことは春? 八百屋には、ホワイト・アスパラガスのきれいなのが、まだちょっと高いけど(と言ってもこんなにきれいなのが1束3ドルほど)、並び始めたってことは……春ですよ、春、春。ア−ティチョ−クも並んでたし。

f0056476_10183594.jpg初モノ好きの私としては通り過ぎることができず、思わず買っちゃいました。普通のアスパラと比べるとお高いですが、マンハッタンでも、みずみずしく、先っちょが折れてないのに出逢うのはほんの少しのシーズンだけ。天下のホールフードのも鮮度はまあまあだったもんな。

よーく洗って、同じ長さに切り揃え、ピーラー(皮剥き)で先を折らないようにそーとなでるようにして、下から半分ぐらいの部分のスジを削ります。立ててやると折れやすいので、まな板に寝かせてやった方がいいよ。きれいに掃除ができたら、ひたひたの水にコンソメと塩少々を入れて、弱火で柔らかかくなるまでゆっくり煮ます。

おしゃれに食べるならハランデールソースなんかを作るといいんですが、うちは、これにキユーピーマヨネーズをかけて、喫茶店のサラダ風に食べてます。日本じゃ、めったに食べれないフレシュ・ホワイト・アスパラガズ、このシーズンまとめて食べちゃお。
# by machikogunji | 2006-02-27 10:17 | 旬・季節もの | Comments(1)
おちゃめな「チビ丸・玉豆腐」
f0056476_45415.jpg

f0056476_4255322.jpg

江戸時代から日本に伝わる豆腐料理法に「豆腐を丸めて作る」ってのがあり、ちょっとやってみたら、「あらっ、まぁ、かわいいっ!」ってことになったので紹介します。

豆腐百珍
今からざっと200年前、江戸時代の天明の世に、庶民の間でベストセラーになった料理本「豆腐百珍」ってぇのがあり、その100種類の料理を再現した料理本が新潮社から出てるんです。これが実におもしろい!豆腐好きには欠かせない1冊だよ。
その本には、豆腐を小さな丸い状態にして作った「釈迦豆腐」ってのと、「あられ豆腐」と名打った、どちらも木綿豆腐をチビ丸にして油で揚げた一品が出てたんだけど、私は、冷たい「冷や奴」と、あったかい「菜の花風そぼろ豆腐」を作ってみた。上の写真がそれです。なんか、かわいいでしょ。

金ザルでグルグル
作り方は、今日も簡単です。作る前は「これって時間がかかるにちがいない。かかり過ぎたら途中でやめて卵でとじて喰っちまおう」と半分あきらめてやってみたら、おもしろいほど豆腐の形が丸くなったのでご安心ください。実証済みです。
f0056476_440761.jpg

まず、用意するものは、木綿豆腐(私はチャイナタウンのいつもの1ドル豆腐でやって成功したのだ)と、目の細かい金ザルのみ。ザルは竹でもやってみたが、豆腐の角が取れるのに時間がかかり過ぎで却下)。

チビ丸の作り方
まず豆腐を大きめのサイの目に切る。ほら、味噌汁に入れる具合の切り方で、やや気持ち大きめの方がいいかなってサイズです。これをそっとザルに入れ、あとは水を貼った大きめのボウルにザルごと豆腐を漬けながら、丸を描くようにグルグル回すだけ。うちのシンクは狭いので、私はチョロチョロ水道の水をザルに流し込みながらやったけど、これもうまくいったよ。5、6回まわすと、もう角が丸く取れてきます。調子に乗ってドンドン回してみよう。ほれっ、こんなに丸くなります。所要時間は3分ぐらいかな。コツは最初に豆腐をきちんと、縦も横も幅も同じように真四角に切っておくこと。それと小さく切り過ぎてもうまくいかない。こんなとこです。あとは、水気をペーパータオルで取って、器に盛り付けて、刻みネギと生姜かワサビをチョイとてっぺんに乗せたら、いつもと違った冷や奴「チビ丸・玉やっこ」のできあがり。

「菜の花風そぼろ豆腐」
あまりにも次々と丸い豆腐玉ができるので、ついついたくさん作ってしまったので、もう一品作ってみました。水を切った豆腐を少しだけ油を入れたフライパンに入れて、弱火でコロコロころがします。お酒ちょっととみりんとしょうゆで、あんまり豆腐に色が付かない程度に味付けします。卵に砂糖とかくし味に塩をちょっとだけ入れて煎り卵を作り(緑色は、抹茶の粉を少し混ぜました)、さっきの味付けした豆腐と混ぜてできあがり。ちょっと手間ですが、お客さんなんかが来た時に出すと、「きゃっ、これなーに?」ってことになりますよ。色合いも春らしいので、私気にいってます。このチビ丸・玉豆腐、どんどん応用編を考えて、ちょくちょくブログに登場させますね。
# by machikogunji | 2006-02-26 04:55 | 和食 | Comments(3)
できたて御飯で「マグロアボカ丼」
f0056476_494041.jpg


f0056476_419651.jpg昨晩、友達が「ブックオフで買った古本、もう読んだのであげるよ。」と我が家に置いてった「寿司屋のかみさん うちあけ話」を読んだら、がぜんマグロ丼が食べたくなったので、今日のごはんはコレ。
いいマグロにこしたことはないんだけど、サイフに相談したら「高いのダメ」って返ってきたんで、日系マーケットで「マグロ切り落とし(5ドル)」を買う。しかし、この安マグロがとびっきりおいしくなるんだよな。ヘッ、ヘッ、ヘッ。この丼ぶりモン、うちらの回りじゃ大ウケの一品です!! 御飯さえ炊飯器で炊いとけば、火を使わなくっていい訳だから、忙しい時にも、面倒臭い時にもバッチリっすよ。

材料は、安マグロ(切り落としでケッコー毛ダラケ。高いのはお刺身で食べりゃあいいの。)、アボカド、しょうゆ、ミリン、わさび、海苔、飯。まずは、マグロの水気をペーパータオルできっちり取り、同割りのしょうゆとミリンに漬けといて、いわゆる「ヅケ」を作っておき、後はアボカドを剥いてザク切りにしとくだけ。

ポイントは、炊きたてのホカホカ御飯
これがこの料理の命です。酢飯にする必要なし。普通に炊いた御飯でよし。でも、炊きたての御飯にしてね。ジャーで黄色くなったんじゃだめよ、だめだめ。材料を用意したらテーブルに並べ、御飯が炊けるのを待つ。
さあ、炊けたらちょっくら蒸らして、丼によそおって、アボカド、マグロ、たっぷりの海苔を乗っけて、わさびじょうゆをトロンとかけて、ヘイお待ち!!! マグロアボカ丼いいっちょ上がり!!! みんなで食卓を囲み、炊きたて御飯をウズウズしながら待つという行為が食欲をグワーンとそそる、脳の反応を生かした料理なんだよ、これ。エルブジの料理のように化学反応を応用した「知的にこねくり回したお料理」を高い金払って食べるのもいいかもしんないけど、アツアツ御飯だけで日本人的旨さの反応が直接出る、こういう料理、私好きなんです。
# by machikogunji | 2006-02-25 04:06 | 和食 | Comments(4)