ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
ガラスのシュガーポットとプチ醤油差し
f0056476_0124236.jpg●ガラスのシュガーポットとプチ醤油差し
摩耶ちゃんから、またまたいただいてしまった。こんな素敵な物。京都の花背にある「工芸はなせ」、摩耶ちゃんのお父さんちのものです。
シュガーポットには、きれいな金の線模様がぐるっと入っています。スプーンも素敵。形がとてもシンプルで美しい。砂糖がキラキラとってもきれいに見えます。
2本の金線が入ったお醤油差しは1人用。それはそれはかわいい手のひらにちょこんと収まるほどのサイズです。もう、「素敵」の一言に尽きる。
私の好きな大阪の和食器さん「ようび」のウエブサイトで、この前たまたまこの醤油差しを見つけて「あれも素敵だねえ」なんて言ってしまったのがいけなかった。わざわざ持ってきてくれたんです。うちのごはんはお醤油必須のものばかりなので、さっそく今晩から使わせていただきます。ありがとう。
# by machikogunji | 2006-04-04 00:13 | いただきもの | Comments(1)
砂肝串焼き
f0056476_0633.jpg

うちは本当によく焼き鳥を作る。本日は、きのうミツワで買っておいた「地鶏の砂肝」をさっと茹でて串に刺し、塩を振って焼いた「焼き鳥」です。和辛子で食べるのが旨いんです。
f0056476_061935.jpg

後は冷奴。これが美味しい季節になってきましたよね。具をいろいろ変えて食べると飽きない。今日は茹でモヤシを下に敷いて、トッピングはネギとシソ。豆腐はうちの常食だな。白米替わりに豆腐を食べてます。
f0056476_064394.jpg

ミニ・パクチョイが少し残ってたので、ガーリックでフィッシュボールと一緒に炒めた中華風のおかずも一品作りました。今日もその後はざる蕎麦です。蕎麦食べ過ぎってよくないのかな。誰か知ってたら教えてください。
# by machikogunji | 2006-04-03 00:07 | 和食 | Comments(0)
未来のおにぎり
f0056476_2325341.jpg

今年も、ニュージャージー州パターソンにある職業訓練高校「パサイックカウンティー・テクニカル・スクール」の「日本語クラス」の「おにぎり講習会」にアシストで行ってきました。ジョージワシントン・ブリッジから車で30分ぐらいの丘の上にある学校です。隣にあるウイリアム・パターソン大学と、この高校で日本語クラスの先生をしている佐藤麻衣子ちゃんのアシスト(といっても、料理係)のボランティアとして、興味津々の「おにぎり講習会」に参加してきました。麻衣子ちゃんは横浜生まれのおしゃれな、それでいて熱血教師です。お母さんは、日本のアンティークの着物の生地を使ってタピストリーなんかを作る作家で、妹さんは某航空会社のスッチー、旦那は元歌手のアメリカンという、なかなかすごい顔ぶれのファミリーを従えてます。ずっとハーレムのフレデリック・ダグラス高校で、やんちゃなガキどもと強力な父兄を相手に、本人いわく「毎日が戦い」という日々を見事任期終了までこなし、最近ニュージャージーの学校で教鞭を振るうようになった次第です。彼女の強力なパーソナリティーとユニークな授業内容は生徒の心をガッツリ掴んでおり、去年の暮れ、日本のテレビ番組「情熱大陸」で紹介されたんだよ。すごいね! 偉いね! っていうと、すごい奴だと引いてしまいますが、普段はとってもおしゃれなセンス抜群の料理好きなおもろいオバハンです。夫婦喧嘩の話がおもしろ過ぎるぞ! 夫婦揃ってお笑い系です。

f0056476_23254298.jpg●日本の食文化体験「おにぎりを作ろう」
さて、今日の麻衣子ちゃんのクラスは恒例の「おにぎりを作る」お料理教室です。この日は学校中が興味津々で、講習中、同校の生徒や教師を始め、隣の大学教授、はたまた州の教育委員会の人まで覗きにきます。そのくらい「日本食」にみんな興味があるみたいです。
麻衣子ちゃんが朝から炊いた「ごはん」と私の作った「おかず」をまん中に、海苔、塩、ラップ、おかか入り醤油を並べてセットアップ。授業の始まりです。



f0056476_130651.jpgまず、英語教師のリサ先生が揃えてくれた、5種類の「お箸」から好きなのを選んでもらって「MYお箸」を生徒にプレゼント。みんなうれしそうに選んでました。

次に私の自己紹介。ものすごい早口で、しかも日本語でベラベラーと話したんだけど、みんなすごいね。判るんだよ。まだ1年ぐらいしか日本語を習ってないのに、なんとなく理解してる。1つでも自分の知ってる単語が私の口から出てくるのを超集中して聞いている。見逃さないね、奴らは。そして勘がするどい。「主婦」と「シェフ」をラップみたいにかけてテンポよく言うと、特に興味を持って喰いついてきたよ。おもろい。「私、45才なのよね」と言うと、「ナイス・バディー」と返ってきて大笑いになったのはよかったよ。

ってな感じで、おふざけはほどほどにして、麻衣子先生が「お箸の持ち方」「おにぎりの説明」「握り方」を、私が「今日のおかずの魚のすり身の団子・照焼きソースがらめと、卵焼き2種(普通と抹茶入り)の説明と作り方」を解説して、さあ実践。

手を三角にしてフワッと握ること、海苔は赤ちゃんにオシメをするようにそーっときれいに巻くこと、お箸は手前に横に並べるのが日本式で、フォークを置くように縦にしない、縦にするとそれは韓国式になる、またお箸通しで摘むのは死人の骨取る時にしかやんないので、決して人前でやっちゃだめetc……なんていう、日本のスタイルや慣習を麻衣子先生が実に上手に教えていく。「おかずの魚の団子は突き刺さずに、お箸でつまんで取るように!」というと、必死でやってました。

さて、自分達でにぎった「おにぎり」の味はいかが? 「お米の香りがとってもいい」「海苔は苦手だ。はがしていい?」「いや、うまいよ。海苔だめじゃ、おまえ寿司食べれないぞ」「家族にも食べさせたいんで持って帰っていい?」「もう1個ちょーだい。腹いっぱいになんねーよ」など、みんなうれしそうにパクパク食べてました。おかずも全部空きました。こんな調子で、2セッション行い、無事終了。来週は、みんなスクールバスに乗って「ミツワ・デビュー」です。お天気いいといいね。

この高校は、ノホホンと高校生活をエンジョイしてる生徒達の学校ではありません。パターソンという地域の教育レベルは大学への進学率も20%、高校を卒業したら社会人として働く子供達が大半です。この学校へ通う子供たちもその準備のために、さまざまな技術を身につけようと真剣に取り組んでいます。中には、この高校に通いながら、毎日アルバイトをして、親や家族を食べさせている生徒もいます。調理科では、シェフを目指す子供達のために裏方から全てのことを教え、彼等にカフェテリアを運営させています。お遊びではなく、料理を仕事としてこなす訓練を日々養っているのです。現実の生活を目の当たりに見てきている彼等にとって、遠い日本の文化や食べ物はどのように見えるんでしょうか。異文化を学ぶことで子供達は「一度、日本に行ってみたい。見てみたい。学んだ事を試してみたい」と目をキラキラさせてうれしそうに麻衣子先生に言うそうです。桜の下で、自分のにぎった「おにぎり」を食べる日がくるといいね。

うれしいお知らせがあります。同校の日本語プログラムは今期は20人の生徒でしたが、生徒の口コミで来期はなんと80名の生徒が応募しているということです。まだ受け付けを締め切ってないので、もっと増える可能性大です。私の国「日本」をアメリカの子供達が知ろう、学ぼうとしていること、おばさんとってもうれしいよ! そして誇りに思いました。麻衣子先生もこの反響にはびっくり、うれしそう。さあ、先生、フンドシの紐を締め直して、来学期も子供達の未来のために「おにぎり」にぎってよ! がんばれ〜!
# by machikogunji | 2006-04-02 00:08 | 行ってきたゾ! | Comments(3)
紅白・鮪と烏賊でちょっと1杯
f0056476_1334157.jpg

夕飯は旦那だけ。遅い時間のお昼だったらしく「あんまりたくさんいらない」とのこと。私はボランティアの帰り、麻衣子先生と一緒にニュージャージーのミツワで「ジャンボ海老フライ御膳」を全部たいらげ、夕飯は抜き。だってすごいボリュームあるんだもん。12ドルでこれはすごい。
旦那はミツワで買った、鮪ブツと烏賊刺身。烏賊は刺身用を2杯買い、3つの料理を。ゲソとエンペラはさっと炒めて醤油と七味、山椒を振って。身は普通に刺身と、イカそうめんに。烏賊はやっぱり新鮮な生に限る。刺身用にすでに切って売ってるのは、光沢を出すために味醂系の人工調味料を塗っているものが多い。変な味がするので避けてます。歯ごたえもなんか変。寿司屋でもこのイカを使ってるところはけっこう多いのでご注意を。って頼んだ後じゃ、遅すぎるか。鮪はかいわれとシソの葉を入れて、わさび醤油でさっと和える。今日の鮪ブツは美味しい。ピンポーン。あとは盛り蕎麦。
# by machikogunji | 2006-04-02 00:05 | 和食 | Comments(0)
冷麺ともちもち餃子
f0056476_8573485.jpg

今日はもうポカポカ陽気。午前中、用があってフラッシングへ1人で車を飛ばして行く。いつも車で渋滞のフラッシングまでの道路だけど、平日の午前中10時過ぎはなぜか、グランドセントラルのハイウエーもガラガラで、アストリアから10分ちょっとでフラッシングのメインストリートまで行ける。こんないい天気に1人でドライブするといいねえ。思わずスピード出ちゃいます。
用を済ませて、今日は休みでうちでまだ寝ている旦那に昼ごはんをテイクアウト。フラッシングにある韓国と中国の小さな洋服屋や食べ物屋が1軒のビルに集まった「フラッシング・モール」にある、おばさん3人でやってる食堂で、韓国冷麺と一口サイズの茹で餃子「マンドゥ」を買って持って帰った。
f0056476_857546.jpg

私はこのおばさんたちの食堂が好きで、フラッシングに1人で行った時はここを利用するんだけど、ここの冷麺はおいしいよ。家庭の冷麺って味です。カウンターだけの店なので、おばさんたちがどうやって料理するのか良く見えます。冷麺は包丁1回も使わず料理しちゃいます。おもしろいよ。ここのを見よう見まねで私も家で冷麺作る時、包丁なしでやるようになった。
茹で餃子のマンドゥは、目の前で小麦粉をこねて皮を作って、日本の餃子の包み方とは違ったやり方でホイホイ包むのを見ることができます。それをお湯で茹でて、できたてのアツアツを出してくれます。これがすごーくおいしい。具から出たスープが皮の中にたっぷり詰まっていて、ショーロンポーみたいな感じ。サイズも小さいので、パクパクいけます。3種類15個ぐらいで約7ドル。モチモチです。帰り、車の運転しながら5つぐらい食べてしまったのだ。
f0056476_8581989.jpg

f0056476_8584115.jpg夕飯は、フラッシングで買ってきた食材で。手羽先の塩焼きは、かなりガーリックきかせて少し漬け込んで焼きました。豆苗のおひたしも、このところ定番です。そして、焼そば。この前、私が風邪を引いてしまった時に、旦那が非常食用に買ってきてた「しまだ屋の焼そば」に、ミニちんげん菜、フィッシュボール、ネギと、思いっきりモヤシを入れて作りました。焼そばにモヤシ入るとすごくおいしくなるよね。あとはビール、ビール。こんなあったかい日にぁあ、もちろんビールでしょ。そうです。今晩のごはんも、またしてビールのつまみ系にしちまったのよね。
明日はニュージャージーの高校に「おにぎりの握り方」を教えにボランティアでいきます。去年も友人の高校教師である佐藤麻衣子ちゃんのアシストで、この高校でおにぎりを、それとハーレムのフレドリック・ダグラス・ハイスクールで細巻きの作り方を教えたんですが、これがすごく面白かった。みんなうまいんだよね。今年も行ってきまーす。
# by machikogunji | 2006-04-01 09:00 | アジア | Comments(0)
アッパーイースト「どんぐり」の御馳走
f0056476_7452654.jpg

久しぶりのゴージャス外食。
会社勤めの頃は鬼のように外食をしていたけど、ここ4、5年本当に家でごはんを食べるようになったよな。私の回りもそういう友達が多く、みんな10年ぐらい前は、新しくできた店や話題の店、総なめに行ってたんだけど、最近、皆さん、今まで散々喰いまくった経験を生かして、うちでお料理して食べている。年齢的なこともあるんだけどね。ガバガバ食べれないくなっている。まだ、お酒も朝まで飲むのはもう無理です。あれっ、普通飲まないか朝までなんて。若い人があそこのフレンチ、そこのイタリンといろいろニューヨークのレストラン楽しんでるのを聞きます。私は言いたい。
若者よー、胃腸も若いうちに、いろいろ食べまわりなさいませ。
食べようと意欲が湧く時が人生の花盛り、どんどん喰えよー。
40過ぎたら、徐々に和食中心の生活になる。外食もやっぱりおいしい和食ってことになるんだよな。しかもちゃんとした和食。
じゃあ、どこへ行くか。アッパーイーストの「どんぐり」、いいですよ。お茶の伊藤園がやってる客席26ほどの小さなレストランですが、おいしいよ。毎月曜日の夜時、うちに襲撃に来る加川君がエグゼクティブシェフをやってるんですが、いつもおいしい季節を盛り込んだきれいなお料理を出してくれるぞ。ほれっ。
f0056476_7455053.jpg

今日は、おまかせコースを2人前。この春、日本に一時帰国するはずだったのに、旦那の都合で没ってしまった、日本の春の旬の味を逃してしまったというくやしい思いをしていた今日この頃だったので、ここの料理で仇を取ってやろうと、贅沢なコースを選んだのだ。でも、しっかり仇取れました。すごく食べたかった若筍を始め、きく芋、ほたるイカ、小蕪、鴨にボタンエビ…と季節を盛り込んだ料理が、素敵な器に少しづつ盛られて次から次へと出てきます。私の一番好きなのは、加川君がいつも「こんなの簡単っすよ」と言いつつ、いかに手をかけて作っているかを長々の説明してくれる自慢の「胡麻豆腐」と、それを揚げた「揚げだし胡麻豆腐」です。今日、一緒に行った摩耶ちゃんも、「とってもおいしい」と喜んで食べてましたねえ。私、この胡麻豆腐2品だけで、熱燗2本は軽く飲めます。お刺身の盛り方も、加川君の人格からは考えられないほどセンスいいです。メインの鴨のローストのタレには、実山椒がさりげなく入ってましたよね。ピリッと味、決まってましたよ。ごちそうさまー。機会があったら、みなさん行ってみてください。ニューヨークで一番しっかりした日本食を食べさせてくれます。座席数が少ないのと、とっても人気の店なので要予約。
f0056476_746718.jpg

その後、ミッドタウンのトミゾーさんのお店「トミジャズ」で、うちの旦那も合流。摩耶ちゃん、加川君、うちら夫婦で今日のおいしいお料理を称え、1杯ひっかける。摩耶ちゃんから教えてもらった、今日本の若者の間で流行っているというラム「マリブ」で「マリブオレンジ」なんていうかわいいカクテルをオーダーして、おばさん「あらまぁ、おいしいじゃない!」とツルッと飲み干し、「すいませーん。モナコもう1杯」と言ってしまい、「おいおい、おばさん、モナコじゃないだろ。マリブだろ」と全員に笑われてしまいました。はい。久しぶりの外食、やっぱり楽しかったです。みんなで談話の途中、摩耶ちゃんがこの前くれた銅製のやかん、反町隆史も持っているということ。と言うことは、松島菜々子も使っているってこと、うちと同じやかん! きゃー。
# by machikogunji | 2006-03-31 09:08 | 外ごはん | Comments(1)
もも肉のチリソース&冷や奴てんこ盛り
f0056476_0173174.jpg

オーガニックの鶏の足、2本で2ドル弱。今日の買い物はコレだけ。後はあるもので、出たこと勝負の料理。鶏はおろして、骨と皮はスープにして、後でチリソ−スに使う。身は塩、コショー、刻みにんにく、しょうゆで揉んで浸けておく。今日はパン粉の代わりの「ライスパウダー」に、水の代わりの「ビール」を入れて衣を作り揚げてみたら、大成功。こりゃいけます。とっても、サクッとカラッと揚がりました。一度試してみてね。余ったビール飲みながら料理できるし。
さて、本日のポイントは「タレ」にあり。大量のネギのみじん切りが入っています。かなり大量ですよ。あとはショウガもガーリックもみじん切りが入ってます。最初この3つを軽く炒めていい匂いがしてきたら、ケチャップ、酢、砂糖、醤油、塩、豆板醤、さっき作っておいた鶏のスープ、これらを混ぜてひと煮立ちさせて、揚げた鶏にからめました。市販のチリソースよりもパンチがきいてて、切れのいい味。ちょっと豆板醤を多めに入れて辛めにしました。私はもうこれとゴハンだけで充分です。
f0056476_0174679.jpg

中華街のいつもの豆腐(3つで1ドル)に何も手を加えず、今日は冷や奴で。そのかわり、ドーンと薬味をてんこ盛りに載せました。茹でキャベツと大根の漬け物の千切り、天かす、薄焼き卵、チャーシュー(先週作ったローストビーフを醤油漬けにしといた)、手作り紅しょうが、そしてネギとゴマ。醤油をぐるりっとかけて食べます。賑やかな豆腐です。本当は今日、ひと足早い「冷し中華」を作ろうと、日系マーケットに行ったんだけど、「中華三昧」も「島田屋」もまだ売ってなかったので、豆腐で代用してしまっただけの料理なんだけどね。
# by machikogunji | 2006-03-30 00:18 | 中華 | Comments(0)
6ルームのそら豆
f0056476_1403831.jpg

f0056476_141073.jpg

今日の最高の部屋数は6ルームでした。なんてきれいに緑色だこと。粒も日に日に大きくなっている。
f0056476_1411880.jpg

# by machikogunji | 2006-03-29 01:44 | 旬・季節もの | Comments(1)
こっぽり「おばんざい」
f0056476_136568.jpg

風邪気味。いかん。いかん。外出から帰ったらウガイもしてるし、手洗いもきちんとしてるのに、だめだねえ。食欲がないとはめずらしいこと。あるもので、おばあさんの家のような夕飯。旦那は、あらかじめインスタントの鍋焼きと焼そばを買ってきてたので、それも合わせて食べましたけど、日本のインスタント製品はおいしいよ。すごい。進化を感じます。たまには食べなきゃと思ったよ。
さて、うちのメニュー、魚は鮭塩焼き、甘鯛の粕漬け。豆苗のおひたし胡麻和え、大根と胡瓜の漬け物のしょうが和え。それとゴボウのきんぴら。それと麺類ってとこです。いやー、朝ごはんみたいだなあ。旦那はつまみがたくさんあるんで喜んでたよ。
# by machikogunji | 2006-03-29 01:37 | 和食 | Comments(0)
春の江戸前料理に挑戦!
f0056476_4593953.jpg

●どじょう鍋
中華街に活きの小さなどじょうが出ていた。「♪はーるになれば、どじょっこだだのー、ふなっこだーのー♪」なんて唄があるし、こりゃいいやと買って帰ったはいいが、とっても新鮮で、ボウルの中で、どじょうニョロニョロムニョロニョロ状態。ボウルから飛び出るのでざるに代えて、もうどじょうすくいのノリだ。「厄介なことになっちまったよ。」と買ったことを後悔したけどもう遅い。たったと喰っちまえーっと、甘辛のタレを作り、ゴボウをたーくさん鍋に敷き、その上に動くどじょうをダバーッと載せて火にかけグツグツ。最後に卵でとじました。浅草の「駒形どぜう」ってわけにはいかないながらも、中国系のどじょうは、やっぱりどじょうの味がした。お酒かなり入れて臭みは押さえたけれど、日本のとはさすがに違う。でも、このクセのある料理と日本酒は抜群の相性ですな。さすがに2人で鍋いっぱいは食べられなかっけど、「今度、日本に帰った時に、これがどじょう鍋と言われるおいしいのを食べに連れていってあげまよう」と旦那から確約が取れたのでよかったよかった。

f0056476_459583.jpg

●深川丼
もう1つは、深川丼。これは東京の郷土料理であります。アサリの剥き身と、汁に味噌を少し混ぜた出汁をかけて食べるって素朴なもので、江戸時代からの名物料理どそうです。去年もこの春先に作って、とってもおいしかったので、今年も挑戦。貝もプリプリで、出汁もばっちり、御飯も炊いて、ネギも散らして、ほら、こんな春らしい丼ぶりになりました。
そして一口。
ジャリッ。貝にばっちり砂が入っている。あれも、これも。深川丼、撃沈です。旦那がっかり。気の毒なので、アサリの砂噛みそうなところを1個1個取り除いてみたけどダメ。結局、アサリをどけて、ネギと汁だけの丼ぶりになってしまった。あっはっはっ。いつもは砂をかまないのに、今日に限って1時間は砂抜きをしといたんもかかわらず、思いっきり砂が入ってたんだよね。大振りな貝を選んだのも失敗の要因の1つだったんだろうな。 残念。無念。


# by machikogunji | 2006-03-28 05:32 | 和食 | Comments(0)