ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
皿鉢(さわち)料理をば。
f0056476_23584410.jpg
母上、もう少しで83歳になります。
で、家族がだいたい揃ったGWであったので、
ちょっと早いけど、うちでみんなで晩ごはん。
お誕生会ってことで。
先々日も、みんなうちに集まってごはん食べたので、
今日はドカンと大皿に刺身だの寿司だのおかずだのを盛り込んだ
高知の郷土食「皿鉢料理」を作ってみたよ。
この大きな一皿と、あとは唐揚げ1kg 揚げたぜ。
イカ墨パスタはウケてました。
みんなからの母へのプレゼントは、母が希望した体重計。
以前のものは使い過ぎて、年月が経ち過ぎて、
いつ計っても58kgで動かないらしい。
要は壊れてるのよね。

で、みんなで計ろうってことで、6人が各自計量。
全員予想よりデブだった。大笑い。
なごやかな、よい晩ごはん会でありました。











# by machikogunji | 2017-05-07 00:08 | Comments(1)
モーニングうどん@大喜多・観音寺
f0056476_23471919.jpg
甥っ子が京都から帰ってきてるので、
家族一緒に遠出のモーニングうどんっす。
わざわざ、息子に旨いうどんを食べさせたいと、
弟様、高速に乗っての遠征。
ってのも、いつも行くうどんバカ一代、観光客で
朝はよからとんでもないことになってるので、
まぁ、地元としてはゆっくり食べたいので、
「どーだ、うどん通を名乗る都会の方々、
ここは知らないだろ!こんにゃろ」
ってことはありませんが、ここ、美味しいよ。
細麺なれどもしっかりとした麺。
奥の部屋で、おとーさんと息子さんがうどん踏みしてますから。
息子さん、踏みながらスマホ見てるゲラゲラ。
で、ここは出汁が旨い。カツオが効いてる。
それと、細巻きがうまいの。
机の上の食べ放題お漬けもん、今日は古漬けでしたポリポリ。
ざるうどんの中と、天かけ半分、
朝から食欲ありんす。

f0056476_23472562.jpg





# by machikogunji | 2017-05-06 23:57 | 朝めし | Comments(0)
具た〜〜っぷりのトムヤンクン。
f0056476_21075388.jpg
ちと汗ばむような気候になってきたね。
日中あっつ〜。
これからの瀬戸内は、お昼より夕方が蒸し暑くなる。
そのため、夕方に買い物なんぞ行ったらとっても疲れるわけで。
早め早め、午前中にそういう家事的な事は済ませたいもんだ。
で、トムヤンクンなんぞ作ってみた。
これからの季節にいいねぇ。
アメリカにいた時は、ブーム的にタイフードの店が増えてた時期で、
ドロドロの店からお洒落な店までいろいろ選択の余地があり、
テイクアウトもデリバリーもできるしで、2週間に一回は食べてた。
トムヤンクンなんて簡単にお手頃に食べれてたんです。
しかし、しかし、
四国・高松………、タイ人いるのかね、
ほんまタイフードを気軽に食べさせてくれる所がないのだよ。
そうなれば、自分で作るしかないわけで、
でもタイの食料品店もないし、あるとしたらカルディーみたいな店にちょろり。
それならばインスタントで旨いのないかと探し探し、
無印良品のはちょっと高いし、他に見つけては試してみたものの、
ちょっと違う方向だし、
なかなか好みのものがなかったのだが、今日試しに買ってみたのは
かなり美味しかった。うちら夫婦の好みでした。
ヤマモリって会社の「トムヤンクン・キット」。
トムヤムペーストと、凄いのは「コブミカンの葉」が別パックで4、5枚入っている。
まず、コブミカンで出汁をとって、
その後ペーストとか野菜とかを入れるという作り方になってました。
うちでは、トムヤンクンを作るの時の絶対お約束は
「たっぷりの海老」「ヤングコーン」「パプリカ」
「玉葱」「茸(今日は椎茸)」を入れること。
それに「緑豆春雨」も今日は追加。
そして、大量のコリアンダー。庭になんぼでも生えてきてるのがうれしいな。
ってことで、これでレストランに行かなくても、
けっこういい線のトムヤンクンができたぞ。









# by machikogunji | 2017-05-05 21:31 | アジア | Comments(1)
超レアな漬けもん。
f0056476_13044547.jpg
香川県の伝統野菜である「万葉(まんば)」ってご存知?
高菜の仲間で、濃い緑のすごく大きい葉っぱの野菜です。
葉っぱは、冬頃が美味しいシーズンで、
うちの母なんかは
「霜が降りてからじゃないと美味しいマンバには出逢えない」
って言います。
春先になると、このマンバに菜の花系のお花がつくの。
その写真が上です。
ぱっと見、花ブロッコリーかなって感じですが、
ちゃんと「マンバの花」とあったよ。
マンバの葉にはアクがあり、料理をする前に下茹でしてから使うので、
花と茎にもニガみがある。
「それがね、美味しい秘密で、これを漬けもんにすると最高なのよね。」
と、バイトの先輩ハマちゃんが教えてくれた。
「へぇ、食べた事ないわ。そんなに美味しいなら作ってみるわ」ってことで、
作り方を教えてもらった。
さっと湯通ししてアクを落として、塩と呼び水で漬け、
水があがってきたら再度塩をして柔らかくなるまで重しをして漬ける。
非常にシンプル。

一週間経ってできあがり、ハマちゃんに。
「そうそう、この味、この味」と喜んだの巻。









# by machikogunji | 2017-05-05 16:17 | Comments(0)
肉ときどき。
f0056476_12334214.jpg
魚が続いておったので、ときどき肉ってことで。
ここ数日は肉食です。
焼いた手羽中をチチチッと歯でしごいて、
ビール飲みながら食べる連休。

f0056476_13034879.jpg

少しのステーキを旦那と分け合って……、あっ、母もほしいそうで、
結局私のをあげました……。
よく肉を食べるばーさんだなぁ。


f0056476_12383756.jpg
つまみに、うちで揚げたフライドポテト。
自家製は油もきれいなので美味しいね。
それとタコのアヒージョ。
パセリがグングン育つので、消費しきれないため、
電子レンジで乾燥させて砕いて保存しております。
毎日一握りを摘み取り、葉を小さめにちぎって(茎は除くこと)
水分とって、ペーパータオルの上に広げて、
うちの電子レンジ600Wで3分半ぐらい。
カサッとしたら出来上がり。
袋に入れてモミモミして砕くのがなんか楽しい。
3分半の手間ですが、
育ち過ぎて枯れてゆくパセリを見てるよりは、
気分がいいよ。
地味なパセリの人生を全うさせた気分。

f0056476_12435101.jpg
連休前半は、庭の机のペンキ塗り替え。
マーサ・スチュワート系のくすんだエメラルドに配合してみた。
まぁまぁいいじゃないのって感じ。涼しげ。

隣りのじーさんがくれた
お寺サイズの銅の線香入れを植木鉢にするごとく
ペンキ塗り。
ライトブルーだけで、下の赤銅色が出るくらいに軽く吹き付けた。
まぁまぁいい感じ。合掌。

鉢植えだったものを地植えに。
死んだと思ってた葡萄の苗が蘇った。2年目にして地植え。
裏の菜園(というほどでもないが)に、今年用の苗を植えた。
赤、黄色のピーマン、トマト数種、胡瓜は1苗だけ。
去年たくさんできて大変なことになったからねぇ。
ハーブは、バジルとセージ、カモミールを追加。
ディル、みつば、タイム、コリアンダーは、
去年の種が飛んでいたのか、勝手に芽が出て、順調に育っている。
しかし、隣りが保育所なので、ボールが畑を直撃すること多し。
それに負けずに育ったものだけが、
うちの食卓にお目見えするということになる。
がんばって、植物達!

あとは、掃除に勤しんでいる。洗濯もね。
冬のものを片付け、夏用にいろいろ入れ替え。

親戚や知人がひょいとやってくるのもゴールデンウイークらしいね。
お茶ぐらいは飲んでってもらってる。

連休開けから、いろいろまた忙しくなる(遊びが)。
月曜日には、東京からヨットで九州の天草までクルーズしている
友達の旦那がいよいよ高松に来る。
高松まで奥さんの方も駆けつける予定。宴会が楽しみだ。
面白い話が聞けることでしょう。

そして18日には、釣り遠征に行くことになってる。
そのための準備も進めないとな。

なので、連休は、おとなしく、いい子にしている次第。















# by machikogunji | 2017-05-05 12:59 | Comments(2)
みかんに負けてられまへんがな。
f0056476_11205399.jpg

みかん王国である四国に住んで、素晴らしいことは、
年中「柑橘」があること。
香川になきゃ、徳島、高知、そして愛媛に行って、
季節季節の「香り」を楽しむってのは、
楽しい遊びであります。
それぞれ、味も水分も違うのが、これまた面白いところ。
すっぱさの何もいろいろ段階があり、
それを何にうまく使おうかというのもまた楽し。
旦那の晩酌には、この一年間、
うちで絞った柑橘ジュース&焼酎というパターンが
続いている。これからも続くだろうな。
おかげで風邪をひかなくなったってのは本当の話。
f0056476_11211343.jpg

ジュース絞りは毎週のお仕事になったなぁ。
他、料理にひと絞りしたり、
ドレッシングにしたり、
皮はマーマレードにして、周りに配ったりで、
捨てるところなし。
しかし、「マメさ」は必要よね。
いただいたり、買ったりのみかんみかん。
時には大量にキッチンを埋める事もある。
どうしてって、人から頼まれるから。
「みかんあげるからジュースにして」とか。
おっしゃ〜〜、任せとけ〜〜と気合いを入れて。
みかんに負けてられまへんがな。

追記:この前、愛媛の南予地方に行った時に、
この季節外せない「河内晩柑」をぜひ食べてみたいと、
探したんですが……ない。
で、お店の人に聞いたら、
「このへんじゃ、河内晩柑という名前じゃないよ。
愛南ゴールド、御荘ゴールドって名前だよ。各地区の出荷先で名前が変わるの」
ってことだった。記録しておこう。聞いてみるもんね。
このミカン、異常に美味しい。

黄金柑ってのは、あんまりってかほぼ流通には出てない、
とても小さなユズぐらいの柑橘。
しかし、小さいながらめちゃくちゃジューシーで香りがいい。
で、こりゃ絞って焼酎で割るしかないっしょってことで、大量買い。
手で剥いて、一口で食べられるんですが、うちではマメさを発揮して
ジュースにした。
希少価値がとっても高い珍しい、
現地に行かなきゃ手に入らないみかんだったわ。



で、みかんみかんの合間に、
f0056476_10595969.jpg
イチゴが大量にきたりするわけで。
コンフィチュールにしたり
(なんかジャムより粒が丸ごと残って作り手としてうれしくなるのだ!)
f0056476_11011471.jpg
シロップをラムとソーダで割ったりしたりして。
結局、酒を混ぜるわけです。かわいくないねぇ、あっ、
パウンドケーキとかも作りましたねぇ。
ケーキはこの一年、パウンドケーキ一筋にしてますけん。
難しいケーキは作れないのだガハハ。

f0056476_11064291.jpg
そして、今朝、お隣さんから、サクランボもらった。
気になってたのよね、路地の塀越しに見えるさくらんぼが
日に日に赤くなってたの。
「鳥と人間のどっちが先に実を穫るか勝負なの」とのこと。
去年は鳥に負けたらしいお隣さん、
今年は早々と穫っただんそうだ。
さて、これは何にするべきか、考えなら、つまんでいたら、
ほぼなくなった。
まっ、それはそれで一番美味しい食べ方ね。

これからはスダチが出るねぇ。楽しみ。














# by machikogunji | 2017-05-05 10:57 | 旬・季節もの | Comments(0)
夜のメバル&アジ釣り@庵治沖
f0056476_20420484.jpg
「行きますか?」ってーことで、もちろん行ってきました釣り。
「7時ね」と言われ、てっきり朝だと思い、6時過ぎに家の前で竿持って、仁王立ちで待てどくらせどピックアップがこない。
電話したら、「今日の夜7時出航」やて。はい、12時間間違えて、大笑いじゃ。
で、夕方ちゃんと定時に迎えに来てくれて、行ってきました夜釣り。
お昼はものすごい突風が吹いたりで、どーすんの今晩と思ったんだけど午後8時には風なし。静かな海になっていた。見上げると満天の星。船での夜釣りは、何年振りだろうか。もう釣りよりも、この星降る夜夜空の下で、船に乗っているというだけで、満足気分。ありがとう、誘ってくれて。
f0056476_20524709.jpg
今日の釣り場は、岸からすぐの岩場。仕掛けは鯖皮の付いたサビキ。私の竿は短いので、サビキも短くってことで。狙いはアジとメバル。どっちかっていうと私はメバルが食べたいため、メバル狙いで。他3名はメバル釣りには結構行って釣ってるので、アジ狙いってことで。
f0056476_20570328.jpg
ポイントを変えつつ、アジとオキソメバル(黒メバル)がポチポチと釣れたぞ。ガシラじゃなくて、ちゃんとメバルちゃんね。小さいのはアメリカ人並みにちゃんとリリース。また大きくなって帰ってきてね。平均して25センチ前後で、こりゃ充分刺身とれるねってサイズ。引きが良くてなかなか面白かったなぁ。餌付けたらもっといけたかもね。この日はサビキのみでの釣行だった。午前1時半には潮が止まっちゃうのでその前に竿納。あーーーー、楽しかったなぁ、夜遊び。
f0056476_21080303.jpg
私は合計5匹のメバル。あとのものも持って帰っていいよってことで、3匹追加、それとアジに混じって釣れた小鯖を1匹。
タンクに生かして泳がしてた魚を全部見事に〆て(ここいらあたりが日本人の釣りの後処理の素晴らしいところ。ちゃんとばっちり絞めるという作業を怠らないもんね。アメリカ人だと水に入れっぱなしかビニールに入れておしまい)氷たっぷりのクーラーボックスに入れて持って帰った。かなり冷えたので、家に帰ってひと風呂浴びて時計を見たら3時半。その後爆睡ね。

翌日の夜、その次の日にかけて釣った魚でお料理っす。
f0056476_21141676.jpg


まずは、小さめなメバルと小鯖を小麦粉つけてディープフライにして、玉葱、赤ピーマンと一緒にお酢とレモン果汁でマリネ。メバルと小鯖のエスカベーチェっす。前菜に。

f0056476_21183472.jpg
刺身っす。まっ、庵治沖のメバルがどんな味かがダイレクトに判るのがやっぱ刺身かな。
うまっ!見た目、けっこういかつい顔したメバルさんだが、身はこんなに真っ白で繊細なお味。
この前のヒラメより美味しいかも。身の締まりようが抜群ね。クセのない清らかな味がした。
醤油とおろし生姜、レモン(スダチがあったらもっといい)と塩で食べたぞよ。


f0056476_21235575.jpg
王道の「煮付け」。これ絶品。文句なく美味しい。筍があったんで、これも一緒に煮付けて木の芽を。
参ったなぁこの旨さ。やっぱ釣った魚は美味しいね。



f0056476_21232457.jpg
翌日は、昆布〆に。この昆布〆も大正解。まだ身の弾力は損なわれてなかったわ。エクセレント!




f0056476_21274718.jpg


もう一品。タコ、海老、イカと合わせてセビーチェに。これまた旨いよ。メバル、何でもイケる魚だよね。揚げてもよし、煮てもよし、刺身もOK、洋風仕立てもバッチリ。どーやっても旨いね。釣りに料理に、数日、楽しませていただきやした。













# by machikogunji | 2017-05-03 21:34 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
夜の港。
f0056476_21312918.jpg
@高松市庵治町江の浜漁港








# by machikogunji | 2017-05-03 21:34 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
#5 土佐へ…。また来るぜよ。
f0056476_18140881.jpg
西土佐の久礼の大正町市場は、
相変わらず元気だった。
f0056476_18171733.jpg
大正町の海辺で泳ぐ鯉のぼり。

f0056476_18180921.jpg
また来るぜよ、土佐。
太平洋。

f0056476_18201922.jpg
おまけ。







# by machikogunji | 2017-05-01 18:18 | ロードトリップ | Comments(0)
#4 土佐へ…。タタキ絶品。
f0056476_17544765.jpg
黒潮町で見つけた鰹のたたき専門店でお昼。
注文すると、おじさんが、どっかからカツオを1本持ってきて、
f0056476_17565981.jpg
おおきなテーブルでまず捌く。
冷凍じゃないよ、生だよ。
朝、揚がったやつだって。
f0056476_17582404.jpg
内蔵見たら鮮度がわかるよね。
私なんて横でにおいを嗅いだりしたけど、
OK、こりゃ鮮度抜群だわ。

今回、大発見。
普通カツオのタタキって、
藁を燃やしたものすごい炎の中にぶち込むイメージだったけど、
違うんだね。
おじさんはプロだ。カツオによって藁の量と時間を決めてた。
おじさん、このカツオには藁を軽く一握りのみ。
火を付けて、さっと炙って終わり。
ほんまにちょっとだ。
でも、炎はワッと大きくだ。

f0056476_18022695.jpg
厚く切って、岩塩をふりかけて、ニンニクのスライスと玉葱つけて、
はい、お待たせ。
め〜〜〜〜ちゃ〜〜〜く〜〜〜ちゃ〜〜〜
うま〜〜〜〜〜い。
ちなみにカツオの刺身も注文したが、
タタキには勝てないな。

あんだけちょびっと焼いただけだのに、
藁のスモーキーな香りといい、カツオ自体の味といい、
もうパーフェクト。
今まで、かなりカツオに関しては
旨いの食べてきたと思ってたが、
これ一番だった。ダントツ。

文句無し、旨かった。











# by machikogunji | 2017-05-01 18:06 | ロードトリップ | Comments(0)