ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2017年 09月 ( 52 )   > この月の画像一覧
肉からの流れで。
f0056476_09202137.jpg

昨日の「肉」からの流れで、本日はカレーうどん。
肉のあまりに玉葱と青梗菜を追加、
うどんを入れてカレー味で煮込む。
白ネギは高いので入れなかったら、
旦那に「反則」と言われた。
ほっとけ。







by machikogunji | 2017-09-28 09:23 | 和食 | Comments(0)
お誕生日おめでとう肉。
f0056476_09170946.jpg
お誕生日おめでとう肉です。
横は、マッシュルームです。
肉は、オリーブ牛です。
旦那のバースデーなのに、母が一番はしゃいで、
一番肉をたくさん食べてたって話。
週末に弟夫婦が、また祝ってくれるらしい。
お誕生会好きの家族なのであります。
やれやれ。

あっ、そうだっ、お誕生日おめでとさん!





by machikogunji | 2017-09-28 09:19 | 洋食 | Comments(0)
間に合った。
f0056476_08431086.jpg
ライトカバー完成。
ライトが入るように棚のピッチを変えた。
ガラクタを全部出して、ついでに掃除。
いらないものは捨て。
額の歪みを徹底的に平行にしたり…。
ライト、うまくポジションに納まった。


f0056476_08432116.jpg
本日は旦那のお誕生日。で、これはプレゼント。
と言っても我が家のインテリなので共有なんですが。
ライトの骨組みは、旦那が結婚する前から持っていたもので、
ようやく、今頃、このような形で落ち着いた。
アメリカから帰って来る時、捨てなくてよかったなぁ。
ってことで。
肩がこった。





by machikogunji | 2017-09-28 09:16 | モノ | Comments(0)
すだち終盤。
f0056476_09233850.jpg
スダチがそろそろ終わりなので、焼酎に絞り込むのを一袋残して、
あと全部ジュースを絞った。
作ってほぼ飲んでしまった残りの「発酵すだちシロップ」に
混ぜ合わせて、私のジュース用に。
結局300個近くあったスダチ、あと10数個で終わり。
単に絞る他、コンフィチュール、発酵シロップ、普通のシロップ、すだち塩等、
無駄なく全て使った、食べた、飲んだ。
すだち塩は、たくさん保存しているので、
これからまだまだ活躍する見込み。
あんだけ、当たり前のようにピシャピシャ使ってたんだけど、
残り少しになると、とっても名残惜しい。
すっかりスダチがうちの食生活の一部になってたんだなぁ。
これから晩秋になると「柚柑(ゆこう)」、
年末あたりからは「橙(だいだい)」、
そして春の気配が伺える季節になると「ブラッドオレンジ」が出る。
一年中柑橘に囲まれ、柑橘で季節を感じれることに
感謝する。




by machikogunji | 2017-09-28 09:15 | 旬・季節もの | Comments(0)
邪魔しないでくださいお猫さま。

f0056476_00210291.jpg
ランプシェードを制作中。
子猫が邪魔してなかなか進まない。
4面中、やっと3面完成。
光を入れてみた。






by machikogunji | 2017-09-26 00:24 | モノ | Comments(1)
ビールモード。

f0056476_00111592.jpg
レンコンを普通に使うのがなんだか嫌で、
こんなん作ってみたよ。
レンコンと茄子と白菜の中華肉味噌炒め。
豆板醤で、けっこうスパイシーにしたぜ。
なぜならば、今日は北海道限定のサッポロクラシックの
ビールがあるから!
わざわざ北海道から買ってきてくれたお友達に乾杯!

f0056476_00155151.jpg
今宵はビールモードだったので、
旦那の好物、手羽先も焼いた。焼いてあげた。焼いてやった。
それと、ジャンボニンニクってーの、蒸し焼きにしたわさ。
これって、アメリカで言うエレファントガーリックのことかなぁ。
あまりニンニク臭くなく、
ホクホクして美味しいね。







by machikogunji | 2017-09-26 00:19 | 中華 | Comments(0)
アナゴの漬け焼き。
f0056476_00083363.jpg
地元のアナゴ。こりゃ旨いよ。
タレは、いつも行く焼き鳥屋「半助」のタレっす。

f0056476_00252256.jpg
鯛をおろした頭と骨でスープ。
焼き茄子と大根菜が入ってます。
スープの旨い季節になってきたねぇ。









by machikogunji | 2017-09-26 00:10 | Comments(0)
茄子とポークとイワシとオリーブのラグーとか。
f0056476_00004287.jpg
慌てて作ったビールのつまみ2つ。
鯛と胡瓜の生姜醤油和えと、
葡萄と柿と生ハムのオリーブオイル和え。


f0056476_00015414.jpg
なんと、「デチェコ」の缶入りを見つけたので、思わず5缶も買ってしまい、
こりゃ、一生懸命パスタ食べなきゃだわと。
茄子とポークとイワシとオリーブのラグー(残り物寄せ集め)を
ペンネで。







by machikogunji | 2017-09-26 00:08 | 洋食 | Comments(0)
ちょろりと小豆島。
f0056476_22303979.jpg
知り合いご夫婦と、ちょろりと小豆島。
雨模様だったが、レンタカーだったので大丈夫。
草壁の醤油屋さん訪問。
これが実に楽しかった。
今回は、有名処2軒だったが、
島には20軒余の醤油屋さんがあるらしい。
ちょくちょく醤油屋巡り、してみたいなぁ。
f0056476_22341644.jpg
昔の醤油瓶が、ポップ過ぎるぜ。

f0056476_22363894.jpg
アドバタイジング、素敵すぎ。
f0056476_22402455.jpg
醤油袋の染まり具合がこれまた素敵。
f0056476_22413764.jpg
醤油豆ソフト、ごちそうになりました。
意外に、濃厚なキャラメル味ってかんじ。



f0056476_22390696.jpg
こちらでは、ばっちり醤油の説明と味見をさせてもらった。
コシノジュンコブランドの醤油にはおったまげ。
f0056476_22394402.jpg
ロゴ、いいね。
f0056476_23005569.jpg
ランチはここ。
f0056476_22400233.jpg

あー、知ってる、ここ、大先輩によるブランディング。
とってもお洒落やのぉ。

海沿いを車で走っていると、
距離感が、なんかスタテンアイランドに似てる気がした。
後日、調べてみたら、小豆島の面積153km²、
スタテンアイランド152km²。
へぇ、ほぼ同サイズだったのね。

次回は、醤油屋の続き、素麺屋で手延べってるところ見たいなぁ。
かどやの胡麻油工場、ものすごく気になるし。













by machikogunji | 2017-09-25 23:43 | ロードトリップ | Comments(0)
宇高国道フェリーの五色おにぎり。



f0056476_23291767.jpg
いま、小豆島行きのフェリーの船中。
あぁ、遂に出逢えたこの弁当。
知る人ぞ知る、
と〜〜ってもマニアックな弁当なんです。
昔、高松と本州を結ぶ交通手段は船だった。
瀬戸大橋ができる前までは。
JR宇高(うこう)連絡船、もしくは、宇高(うたか)国道フェリー。
これがメジャーなものだった。
その2つには名物の食べ物があった。
宇高連絡船は「うどん」。
宇高国道フェリーは「五色おにぎり」。
どちらも今ではもうないが、
「連絡船うどん」は、今のJR高松駅横にそういう名前で出店している。
しかし、明らかに、あの連絡船の甲板で食べた味とは違う気がする。
一方、宇高国道フェリーの「五色おにぎり」は消えた。
とばっかり思っていたら、
友人が、他の路線、小豆島行きのフェリーでまだ売ってるぞと。
え〜〜〜〜、食べた〜い。
しかし、なかなか小豆島へ行く機会がなかった。
「今度なにかで小豆島へ行く事があったらぜひ食べたい」と
心の片隅の「食べ物予定表」にしっかりと書き込んでいた。
で、本日、小豆島へ行く機会があり、
フェリーに乗って、一番に売店に走った。
1個だけあった。本当にあった。

f0056476_23293326.jpg
高松で育った私ぐらいの年齢の人は、子供の頃、
宇高国道フェリーってのは、
飛び抜けて近代的でお洒落で憧れであったと思う。
JR連絡船のように入口がドカンと開いて、
ダダダーッと人がものすごい勢いで乗り降りするんじゃなくて、
飛行機みたいにタラップを一人一人が上がっていき、
そこにスチュワーデスのような制服、
ミニスカートにショルダーバッグ姿のおねーさんが、
チケットを切ってくれて
乗船するってーのも格好よかった。
デッキには水槽があり、優雅に魚達が泳いでいた。
BGMは、なぜか年中ハワイアンっぽい曲だったような気がする。
夏は、生バンドの納涼船がこれまたゴージャスだった。
JRとは全く異なる設備とサービスだったんです。
その中で子供達に人気だったのが、このおにぎり弁当。
五色台を現した五種類のおにぎり。
その横になくてはならない練り梅パック。
おしんこ、肉団子、こんにゃくが串に刺してある。
おにぎりには一つ一つビニールラップが当時からしてあった。
子供にとっては、普通の駅弁に比べると雲泥の差で、
こちらが賑やかで楽しく見えた。

今日、五色おにぎりのパッケージを開ける時、
「昔の面影が、さて、どこまで残っているのだろう」と
不安に思った。
しかし、このおにぎり弁当を作っている玉藻商事さん、
裏切らなかった。
当時とほぼ同じだった。
感激。
食べながら、この船によく乗せてくれた、
今は亡き叔母や祖父、父との船旅と、
彼らのニコニコした顔を
思い出した。







by machikogunji | 2017-09-23 00:13 | 外ごはん | Comments(1)