ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
夏休み#2/伊吹島(2)
f0056476_1092575.jpg

宴会の合間に、ちょっと島散策。坂道は、この日は暑さと湿気がきつ過ぎるので、また秋にでも。港に戻って沿岸にあるイリコ工場へ。シーズンまっただ中で操業してた。どういう流れでイリコを作っているのかが判りめちゃくちゃ嬉しい。前々から興味のあったことで、庵治町の「しらす」に続く「第2弾魚の加工現場勝手に見学ひとりツアー」だった。ウキウキ。取材じゃないので、謙虚に、そしてあくまでも邪魔にならないように忙しい時間は外して、勝手にカメラ向けることもしたくないし…って感じで、ちらりと写真撮ったり歩いたりしてきた。

f0056476_1095354.jpg

見えますか、小さな船。カタクチイワシ穫ってんだろね。あそこあたりにイワシのたまる「ホール」があるんだろうか、興味があるんだよね、ホール。
f0056476_1083673.jpg

イワシ漁は普通3隻でするらしい。2隻で漁をして、もう1隻は速攻で島のイリコ加工工場に魚を運ぶそうだ。なので、運搬船は、めちゃいいエンジン付けてるらしい。ヘタするとパワーボート級だったりして(イカナゴ漁で聞いた事ある)。イリコは鮮度が命って言いますもんね。
幸運にも、イワシ漁から帰ってきた船が、工場正面に設置されたドックに戻ってきて作業をしているところに出くわした。
これが独特ってか、面白い。
魚をポンプで吸い込むんですね。ドックから工場に直結のポンプで魚をブヒョ〜〜ッと一気に工場の作業場に移動させるんですね。

f0056476_1084974.jpg

これが海に面した工場の正面に設置されたドック、すなわちイリコ専用の船着き場。このドックは今日は使われてないみたいで、おっちゃんが釣りしてました。ちょっと海に出っぱってて釣り場にもってこいね。まぁ勝手にやってたら絶対怒られるって感じですが………やってみたい。

f0056476_10104675.jpg

加工工場の外見。こういう工場が、北浦港の周りに密集してて、これが四国の沿岸からも見えるんです。なんか要塞みたい。他の島にはなかなかない風景です。

f0056476_10111996.jpg

ポンプで吸い込まれたカタクチイワシは、一気に茹でる。その作業をしてるところを見たんですが………大変な作業です………めちゃ暑そう。ガンガンに業務用扇風機を回しながら作業されてました。その後、蒸籠に揚げられ、乾燥させてイリコに仕上げる。時期的にイワシの大きさが変わるのに従い、乾燥時間も違うということだ。

なるべく魚が活きてるうちに漁場から運び、一気に蒸して乾燥させるので、伊吹島のイりコはまっすぐベロンとしておらず、波打ったような形になっているのが特徴ね。漁場から加工まで30分以内ってのが「伊吹島のイリコ」のお約束なんですって。

いつも何気に使ってる伊吹島のイリコですが、こうやって島に来て作業みたら、なんか感動しちゃいました。香川県は「うどん、うどん」とばかり言ってますけど、うどんにこの伊吹島のイリコの出汁で1セットなんですよね。イリコがなくちゃあの出汁は出ない。なので価値としてはうどんと五分五分なわけです。香川のうどんの味を追求したいなら、やっぱ一度はこの伊吹島のイリコができるまでの行程を見てもらいたいもんだ。それでもってあなたは真の「讃岐うどん通」となるのだ!
by machikogunji | 2016-07-31 15:08 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
夏休み#2/伊吹島(1)
f0056476_9452578.jpg

夏休みに行きたい処、ウィッシュしてると声がかかった。
観音寺の大将率いる、異業種なんだけど、面白い人軍団の仲良し組「チームG」の親分から「ねーちゃんも来るか」の声がかかり、「行きまーす!」ってーことで、めちゃ行きたかった島「伊吹島」に行って参りました。その上「夏休み魚介類大宴会」に参戦してきました。

朝8時頃、高松駅で久しぶりにロッテリアの海老バーガーなんぞを朝飯にいただき、予讃線で観音寺駅へ。各駅でボチボチ行くのもいいですね。車窓からの夏の風景が最高。やっぱ鉄道はいいよ。アイスコーヒー飲みながら気分は小学生ですな。昔は高松から観音寺までは、瀬戸内沿岸ず〜〜っと「塩田」だったんだよなぁ。塩水がザーザーザーとものすごい音がしていたことを思い出したなぁ。

f0056476_8323617.jpg

観音寺駅の改札でると、親分Gがお出迎えで、用意しといてくれた車で港まで。JRの駅と港まではちょっと距離があるのね。でも車なくても歩いて行ける距離ね。で、港から伊吹島行きフェリーに乗船。お〜〜、このフェリー、アメリカの釣りの乗合船とおんなじだ〜〜。見た目もサイズも。ただ竿置きがないだけ。初めてこのフェリーに乗った気がしなかった。なんか懐かしい感じ。ぜんぜん観光船ぽくなく「島の人の足」的な雰囲気がいい。島まで20分ぐらい。もっと乗っていたかったなぁ。

f0056476_9413761.jpg

島、上陸。伊吹島の真浦港、こんな感じ。素朴。漁師さんの小型船がすらり。
f0056476_8345767.jpg

そして原付バイクがずらり。50ccのやつね。噂には聞いてましたが、この島の「足」はほぼバイク。車よりバイク。ってーのは、港に揚がった途端「急な坂」です。この島「急な坂」だらけ。そして道が細い。路地並みの幅しかないのね。車は道幅で無理。自転車は坂で死ぬ。歩きは距離行けない。なのでバイクなんですね。あっぱれ。ここで教訓「瀬戸内の島は断然原付バイク」ってことです。原付の免許とってから旅してください。

f0056476_84313.jpg

さて、港からすぐの民宿「春日旅館」で、いきなり真っ昼間からの「ランチ宴会」が次のフェリーの来る、そしてこれが最終便である夕方5時までの宴がスタート。ほんまいきなりスタートってか、何をしてもよしの自由な宴会で、食べ尽すのもよし、おしゃべり&討論も良し、子供達は表でこの島にたくさんいる猫達と遊んでよし、坂を登る気のある者は勝手に島巡りしてよし、昼寝もまた良し……と素敵すぎるパーティーなわけで、これ最高。

f0056476_902543.jpg

f0056476_903427.jpg

大広間には宴会の料理が次々と運び込まれてきた。
で、本日のメニューを記録しときます。この島近海で揚がる魚介類だけで構成されてます!
刺身思いっきり大皿で5テーブル分(鯛、さざえ、マナガツオ、赤貝等)、茹でたシャコ大盛り5テーブル分、大スズキの煮付け、ゆでダコ丸ごと、タコ飯、大スズキのあら味噌汁、地海老の掻き揚げ、5テーブル分魚介類の網焼き(サザエ、かます、イカ、アナゴ)、ビール、持ち込みの地酒、ワイン飲み放題。
f0056476_9274792.jpg

私的には、前菜でイリコの原料になる小イワシの天麩羅が、この島らしく、そしてすばらしく美味しくナンバーワンだった。
by machikogunji | 2016-07-31 09:32 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
うどんに氷に。
f0056476_23445011.jpg

「最近モーニングうどん食べてないの?」の聞かれるんですが、
食べてます、相変わらず。この週末も「たもや」朝、出動。
暑いんで、「冷やかけ」1.5人前っす。MY箸を持ってって、無料鯛ちくわの天ぷらをゲットしてます!@たも屋本店。

f0056476_23475865.jpg

かき氷も、よく近所の通称「扇町喫茶」という夏だけの昔懐かしい雰囲気の店で食べてます。
あー、夏だね、本格的に。
by machikogunji | 2016-07-25 23:50 | 朝めし | Comments(0)
私の瀬戸内島企画

f0056476_1973069.jpg

瀬戸内海の島の数は600余。有人島は160だという。
今まで行った瀬戸内の島。橋で越えたってのはなしね。
男木島(香川県高松市)、女木島(香川県高松市)、沙弥島(香川県坂出市)、与島(香川県坂出市)、豊島(香川県小豆郡)、小豆島(香川県小豆郡)、直島(香川県高松市)、淡路島(兵庫県)、興居島(愛媛県)、中島(愛媛県)、鹿島(愛媛県)、大三島(愛媛県)、宮島(広島県)。
え〜〜〜っ、こんだけ! そうです、案外近所の島しか行かないよね。それも子供の頃がほぼ。海水浴で、遠足で、ちょっと探検で。大人になっては、アートってことで直島ぐらいだな。
あっ、思い出した、あと小豆島にエンジェルロードっていう素敵な名前のついた処があるんだけど、引き潮の時に島が繋がって歩いて行けるの。昔は、そこにバカ貝がたくさんいて、潮が引いたら家族で取り巻くってた通称「バカ貝んとこ」。弁天島、中余島、小余島、大余島が繋がります。あそこは子供の頃よく行ってた。エンジェルロードとは………うまく言ったな笑。

あっ、屋島って、一応「島」だって言う人がいるんですけど。あそこへは最近水族館におもろいアシカがいるんで、旦那と3回行った。

まぁ、屋島入れても入れなくても、20島に満たないわけで、こりゃ行ってない部類に入りますね。全部で600島、有人島だけでも160島あるわけですから。

で、今年中に、ちょっと気になってる島には、積極的に行ってこようと思ってます。
そのリストをば紹介。………興味ある人いますかね?いないだろうなぁ。瀬戸内芸術祭とかあんまし興味ないんで。順不同であります。どこが一番というわけじゃありませんのであしからず。どこも私にとっては魅力があるんです。

1. 伊吹島
2. 津島
3. 大島
4. 粟島
5. 牛島

どれも香川県の島です。まずは近場から攻めます。

1. 伊吹島/ここは前から興味があった。「いりこ」の島です。ここのいりこでうちの味噌汁が成り立っています。遠くからの見た目が普通の島とはちょっと異なっていて、いりこの加工工場がぎっしりと見える。どんなになってるのか行ってみたいとずっと思っている。

2. 津島/ここは年に一回だけ(毎年8月4・5日の2日間のみ)この島に架かる橋が開放されて津嶋神社へと繋がります。子供の守り神の神社です。予讃線の駅「津島ノ宮駅」もこの日だけ開きます。幻の駅です。夜に灯りが灯っている情景が見たい。去年、なんやかんやで外してしまいました。今年こそ。
f0056476_16515170.jpg

写真/香川県情報誌「さぬき野」より。
f0056476_1765972.jpg

写真/津島神社サイトより。

3. 大島/国立ハンセン病療養所「大島青松園」のある島。大島青松園を訪ねて、ハンセン病への理解を深めたいです。この島でも瀬戸内芸術祭が行われるので、ちょっとその風景も見たい。それとうちの家の近所にある真行寺さんがこの島に所以があるということで。このお寺の歴史も知りたいから。

4. 牛島/昔からの知り合いの尊敬するねーさんが民宿をやっているので、そっと行って驚かしたい。会えると40年ぶりとなります。

5. 庄内半島の島/浦島太郎を探しに!

ってーのが、私の今年の夏の「瀬戸内島企画」です。ご同行してくれる人いたら募集中。
by machikogunji | 2016-07-25 17:09 | 行ってきたゾ! | Comments(3)
手前味噌猫。
f0056476_1512450.jpg

瓶の中が、このところのお気に入り。


f0056476_15121251.jpg

色的にも、丸まってるのも、
オマエはミソか。

手前味噌猫。MOMO。
by machikogunji | 2016-07-25 15:14 | | Comments(0)
夏休み#1/リョースケの夏@レクザムスタジアム
f0056476_1443311.jpg

私が夏休みってのもなんですが(年中夏休みみたいなもんだもんな)、一応、この夏に「やりたい事」「行きたい処」ってーのを企ててます。
で、その初回は、「甥っ子のせがれの野球の試合を観る」ってーのがありました。
甥っ子の名前「リョースケ」って言います。リョースケの試合に毎回欠かさず応援に行く「叔父」に同行して、長年地元不在のため一回も行ったことのない「レクザムスタジアム」という球場に行って応援してきた。私が子供の頃には、高松市役所のド真ん前、高松のド真ん中に「高松球場」ってのがあったんだが、今はちょっと遠くになっちゃいました。南に山、北は瀬戸内海です。なかなか風光明媚な球場でこぎれい。もちろん売店にはうどんあります(笑)。
アメリカ在住の時には、結構メジャーリーグ観に行ってたんですが、それはそれ。ビール飲みながら、一流の球場で一流の選手のプレーを観るってのももちろん悪くないですが、それはそれ。
甲子園を夢見て、野球に打ち込んできた「日本球児」達の一生懸命なプレーを地元で観るってーのも、これはすごい魅力的なことだ。ましてや、身内が出るわけで、そりゃ、叔母としてはめちゃくちゃ楽しい。しかも母校でもあるってーのが。私はしっかりと不良女子高生であったため、校歌とか応援歌なんて行くまでなーんにも思い出さなかったんだけど、おっとっと、行ってその場でみんなが歌ってるの聞くと、こりゃびっくり、覚えているもんなんですねぇ、ほぼ40年ぐらい前なのに。不思議。

f0056476_14434210.jpg

この試合は、香川県下40校のうちのベスト8を賭けた、「まぁまぁやるやんうちの母校」って試合だったんですけど、結果5−6で負けちゃったんですけど………よかった……実にすがすがしくよかった。ってーのが感想。自分がどう思うか知りたかったんだけど、案外素直に感動してしまった、すがすがしさに。………まさに自分にはかけらもないこの「清々しさ」ってーやつにやられた。メジャーリーグ観に行っても、この「スガスガ」はないですから。ガムや噛み煙草でクチャクチャしながらプレーしてますから。「売店にビール売ってんの?」と叔父に聞いたら怒られました。「おまえ、高校時代から一環して不良やなぁ」と、ぬるい麦茶のペットボトル渡されました。
思い出しもしなかった母校の校歌とか応援歌、みんな歌ってるの聞いたら思い出したってーのにも、自分にびっくりした。ほぼ40年前ですよ、しかもそんなに歌った事もないし、ましてや思い出したことすらなかったのに。最後には、一緒に歌ってる始末。なんてことでしょう!


f0056476_14434923.jpg

「リョースケ、18歳の夏」が終わった。泣いてたらしい。あぁ、いい涙だねぇ。最高の涙だよ。小、中、高校と野球一筋できたもんなぁ。
さて、明日から受験勉強、がんばれよ。
今日はありがとう「THE 青春」!
by machikogunji | 2016-07-25 15:07 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
美味・地元の海老ちゃんの乾煎り。
f0056476_1433829.jpg

出汁醤油をちょっと入れて、活きたままの海老を乾煎りにする。これが一番私の好きな食べ方。
できたてよりも、ちょっと置いた方が旨いのよね。味が沁みて。

f0056476_1443087.jpg

今日は、剥いて、春雨サラダにトッピング。ビールのおつまみ。
by machikogunji | 2016-07-25 14:07 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
桃カレーとピクルス。
f0056476_1346214.jpg

ビーフカレー。カレー作りはワンパターンっす。しっかりたっぷり玉葱を炒める。その時にカレー粉で炒める。その後、カレーペーストを使う。赤ワイン、醤油漬けのスライスにんにく、インスタントコーヒー、ハチミツ、リピリンソース、フルーツはお約束。こんな感じのもんを入れます。チキンを使う時はグリーンカレーにしちゃってるな。今日はビーフざんす。そして今日のフルーツは「桃」、はいピーチちゃん。いい仕事してくれました。外国にいた時はマンゴーとかパパイアを使ってたけど、これって日本じゃ高過ぎる。桃なら何とか。「甘くなっちゃうでしょ」とか言われますが、ジャム作ってるんじゃないんで、カレーなんで、そんなに甘くはならないよ。隠し味にフルーツですからね。桃とカレー、いい相性だと思います。間違っても、うちら夫婦の相性よりもいいです(笑)。

f0056476_13475691.jpg

カレー作ったので、ピクルス開けます。卵が楽しみ!

f0056476_13481175.jpg

おぉ、手作りピクルスうまいっす。でも母には無理ね。ハーブとかスパイスダメだからね。らっきょうだけ食べててもらいましょう。ゆで卵にしっかり味を付けたいと、かなり酸っぱめに濃いめにピクルス液を作ったんだけど、以外と卵って味がしみ込むのね。もちょっと甘くて薄くてもよかったかもね。いろいろ改良の余地ありなピクルス。
by machikogunji | 2016-07-25 14:01 | 洋食 | Comments(0)
ねばねばカルボナーラなんぞを。
f0056476_7253339.jpg

今日の午後は「女子大生の日」ってか、従兄弟の娘っこが来る日だわさ。
ご昼ごはんは「ネバネバ系」の好きな彼女に
by machikogunji | 2016-07-25 13:26 | 和食 | Comments(0)
「ミ」の鍵盤が上がらないぞ。
f0056476_715524.jpg

急遽、大将に、うちにやって来た電子ピアノの修理をお願いした。
「ミの鍵盤が上がって来ない……」「じゃぁ、開けてみなきゃいけないなぁ」「1人じゃ無理」「ほな、行くわ」………なんて優しい大将だろう。朝から来てくれた。

f0056476_741520.jpg

予め、昨晩YouTubeで「上がらない鍵盤の修理の仕方」を勉強してみたけど、やはり「ギター作りの職人さん」は違うね。直すには、丁寧に「なぜそうなるか」っていう事を検証しなきゃいけないのね。「とりあえず」ってのはなしね。ネジの取り方から全然違うね。慎重だ。

f0056476_78118.jpg

f0056476_781928.jpg

原因は「小さな埃」だった。長年、倉庫で眠っていたピアノ、そりゃ埃もたまるわ。しかし、年式は古いが、埃以外はとても良い状態だった。あんまり使ってなかったみたいだ。大将は、いろいろ検証しながら「日本製の素晴らしさ」にちょっと感動してた。ネジ一つに左右があり、各部位も、ものすごくきっちりとできているんだね。マジで感動。

で、「ミ」の鍵盤、直りましたっ!
あとは、弾く人の努力次第で、このピアノの値打ちが変わってくるわけで………、どこまで昔の「感覚」を取り戻せるかですね。バネ指でただでさえ指が縺れる自分だが、目標は高く持ちたいもんです。

大将、どうもありがとうございましたっ!
by machikogunji | 2016-07-20 07:25 | | Comments(0)