ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2016年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧
ミスター・ヤタローだい!/5月RT#6
f0056476_16304420.jpg

車で走っていて、何回か見つけた!このステッカー。お遍路ステッカーでしょうか。なんか四国らしいよね。

f0056476_16314281.jpg

高速に乗る前にどっかでお昼ごはんを食べようということになり、安芸市で。ここも初めての場所。
ネットで「ここは匂うぞ」という食事処を探した結果、「廓中(かちゅう)ふるさと館」って処に「掻き揚げちりめん丼」ってのがご当地グルメ1位に選ばれたというのを見つけ、「じゃっ、それを」と。安芸市っていうと太平洋沿いをイメージしてたんだけど、ナビによるとどんどん山の方に向かってる。周りが田んぼの中にありました。
結局、食べ過ぎのために胃が重くなっていた私、弟は釜あげちりめん丼を、母とおばちゃんは食べる気十分で掻き揚げちりめん丼を。断然、母の方が美味しそうだった。写真の釜揚げちりめん丼もとっても美味しいんだけど、ここに来たら掻き揚げちりめん丼をぜひ。「揚げ」か「釜」かで「揚げ」の勝ちだな。
で、入口にここ周辺のマップがあったので、見てたら、えっ、岩崎弥太郎の生家がすぐ傍にあるぞ。NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で、香川照之演じる「ドロドロの弥太郎」をすげーなーと観てたので、これはちょっとどんな処が興味があり寄ってみた。

f0056476_1651162.jpg

f0056476_16513422.jpg

写真2点『NHKフォトギャラリーより』
なんか役者の気迫も凄かったけど、シチュエーションがそれに輪をかけて凄まじかったね。

f0056476_16552556.jpg

テレビよりも立派なおうちだったです。三菱が手入れしたんだと思います。カフェなんかもあったりしてちょっとびっくり。それがなかなか素敵なカフェで……。その隣りで売っていた「お芋の砂糖がけ」を母とおばちゃんはしっかり買ってました。「おいすぃ〜〜」と絶賛してました。
で、おうちにはテレビに出てた土間があった。瓦当には、きっちり三つの菱形マークがありました。ここから、世界の三菱が生まれたんですね。三菱にぜんぜん関係はないけど、なんか感動。庭の飛石が、北海道、本州、四国、九州になっていましたねぇ。弥太郎の子供の頃からの野心を感じた。
ドラマの撮影はここではなく、東北にここと良く似た家が見つかって、そこで撮影したとのこと。そして、三菱の重役になった人は、ここに必ずお参りに来るということ。それがちょっと「ほほぅ」と思った。

f0056476_1752068.jpg

弥太郎さんの銅像を背中に、では高松に戻ります。
1泊2日のロードトリップ、かなかな内容の濃い、美味しいものもいっぱいの旅だった。
来年も元気にまた母と母の親友と、こうして旅ができることを祈る。
弥太郎さん、こんな処でお会いできるとは思ってませんでした。どうか、私達にお金が貯まりますように。

おしまい。
by machikogunji | 2016-06-29 17:09 | ロードトリップ | Comments(1)
舐めててごめんよ北川村マルモッタン/5月RT#5
f0056476_9521660.jpg

「帰り道、高知通るから、モネの庭、寄る?」と運転手。
私にとっては、モネの庭はフランスにしかあり得ない、何で高知にモネの庭やねん。ドイツ村とかアメリカ村とかハウステンボスとか、極端に言うと東京ディズニーランドとか、そういう類いのテーマパークってやつですか、喰わず嫌いです。でも、判ってるんです、行ったら結構楽しいこと。で、モネの庭「マルモッタン」に寄った。はっきり言って、来てよかった。素晴らしかった。ガーデニングの参考になった。ってーか、ここで草木の世話をしている方々に敬意を表したい気持ちでいっぱいになった。思うだけではいけないので、ちょうどテレビで見たことのあるここの責任者っぽい髭の麦わら帽子のおじさんがいたので、声をかけさせていただいた。「素晴らしい!」と。言わずにいられなかった。
メディアとかのふれこみは「モネの庭を再現したガーデン」って事ですが、なんかもうそれを越えたような気がする。真似から次の段階にいっちゃってる。
植物は、素直です。育てるには愛情が必要だと思ってます。溺愛っていうんじゃなく、時には遠くからじっと見つめてあげることも必要だし、そこで困っていたら助けてあげる……命あるモノの育て方の基本なんだろうな。ここの草花木達は、それに応えて育ってましたよ。

f0056476_9523953.jpg

何年か前に、ニューヨークのブルックリンにある植物園だったかブロンクス植物園だったか忘れてしまったが、モネの絵を再現するというイベントがあり、見に行き、とてもがっかりしたことがあった。
なので、モネの庭の再現は2回目。ニューヨークよりはるかにここの方がよかった。わかんない、その時の気持ちの持ち用であるのかもしれないけど。

f0056476_9523067.jpg

高校時代、私は断然現代アートが好きで、昔の印象派の絵にはさらっさら興味がなかった。ところが、何かの時にモネの「日の出」を見て、いいなぁと思い、思い切って大きな画集を買った。今でも実家のどこかにあると思う。それからニューヨーク在住中にmoMAで、「睡蓮」を見た時は感動した。まぁその時、睡蓮の絵の前で逆立ちして見てるおにーちゃんに感動したってのもあるけど。そして、そのうち、フランスにモネのスタジオと庭があるってのを知り、ぜひ一度行きたいと思っていたが、叶わないうちに(フランスすら行かなかった)日本に帰ってきちゃった。で、高知の北川村のモネの庭ってことになった。ここなら、高松から2時間半ぐらいで行ける。ゆっくり見れる。これで充分じゃないかと。

f0056476_9564062.jpg

季節ごとに訪れてみたいなぁ。どうなってるのかなぁ冬とか。
まぁ、素敵なお庭でありました。寄ってよかった。

PS:この記事を書こうと思ってマルモッタンのサイトに行ったら、5月にカフェと手作り工房が火事で閉鎖になっていると記載されていた。ガーデンやフラワーハウスは大丈夫だったようだ。よかったよかった。
by machikogunji | 2016-06-29 10:32 | ロードトリップ | Comments(1)
朝さんぽ@内妻海岸/5月ロードトリップ#4
f0056476_1483031.jpg

f0056476_1484060.jpg

f0056476_1484727.jpg

f0056476_1485250.jpg

f0056476_1491487.jpg

おはようさん、太平洋。
波の音が大きいことに感動。
by machikogunji | 2016-06-28 14:11 | ロードトリップ | Comments(0)
ワイルド「海賊焼」をば/5月ロードトリップ#3
f0056476_13381121.jpg

牟岐町のお宿に着いて、一風呂浴びて、さてと、晩ごはん。
ギャ〜〜〜〜〜〜ッ、大菩薩峠の延長かと思った。あそこの喫茶店の印象が強過ぎて。
徳島・海部郡の名物「海賊焼」、またの呼び名を「残酷焼」。

f0056476_1338234.jpg

活きてるアワビ、サザエ、大アサリ、ホタテ、イセエビ、車エビ、烏賊をお部屋で炭火焼ざんす。
インドアBBQだな。

f0056476_13385321.jpg

4人で黙々と焼きまくり。お酒は、来る時に買った「鳴門鯛」と「すだち酒」。必死で食べましたわ。

f0056476_13384437.jpg

あっ、前菜の刺身もこの通り。いやー、豪快さ、満喫しました。バタンキューで寝た。


f0056476_13582344.jpg

お宿:民宿しらきや/徳島県海部郡牟岐町内妻海岸 民宿の域を越えた民宿 nice!
by machikogunji | 2016-06-28 13:54 | ロードトリップ | Comments(0)
カリスマ喫茶店「大菩薩峠」/5月ロードトリップ#2
f0056476_13252932.jpg


国道55号線。鳴門から阿南市へ。おやつの時間となったので、ちょっと一服。
前々からぜひ一度行きたかったというか、見てみたかった、徳島のサクラダファミリアとまで呼ばれる、カリスマ喫茶店「大菩薩峠」。ネーミングからして、普通じゃない。徳島には大菩薩峠はないからね。でも「大菩薩峠」。
すんげ〜〜〜〜っ!!! 1966年から十数万個のレンガをオーナーの島りきた氏が自ら焼いて、いまだ作り続けているんだってさ。かれこれ今年で50年ね。ガウディーより凄いかも、だって1人でやってるらしい。
まぁ、語るよりも見てください、行ってみてください。超おすすめ。
私はミックスジュースを飲みましたん。美味しかったです。コーヒーは濃いよ。

f0056476_13261028.jpg


f0056476_13264234.jpg


f0056476_13265894.jpg


f0056476_13271123.jpg


f0056476_13272759.jpg


f0056476_13274050.jpg


f0056476_13275082.jpg


すげー処でお茶しちゃったな。面白かった。


[徳島新聞からの抜粋]
喫茶・大菩薩峠
阿南市福井町土井ヶ崎115-10
島利喜太氏設計・施主。
1966年ごろ着工、71年10月10日オープン。主棟は鉄骨造りにレンガ積み。工作室やブリッジの回廊、トイレは木造。オープン後も手を加え続け、いまだに完成を見ていない。省略……店内を飾るテーブルやイス、カウンターなどの調度品もすべて島氏の手作りである。
by machikogunji | 2016-06-28 13:31 | ロードトリップ | Comments(0)
まずは鰻で腹ごしらえ/5月ロードトリップ#1
f0056476_10332873.jpg


5月の話になっちゃうんですが、毎年恒例の「母の親友大阪から来て四国を一緒にトリップ」に同行してきました。

メンバーは、運転手:弟、ずっと飲んで食って喋って居眠りしているおばあちゃん2名、その補助とトリップアドバイザーってことで私も同行。

行くまでの企画が大変。だいたい毎年、伝えているにもかかわらず一日違ってホテルとってたりとお決まりのバタバタ。

あと、天候。今回は熊本の地震の影響で愛媛県南西部もけっこう揺れたため、当初計画していた「足摺岬・宇和海方面」は断念。行き先を四国でいうと右下部分「香川から海岸線を抜けて徳島そして高知方面まで1泊2日の旅」ってーことにした。

去年は愛媛県の内子→八幡浜→宇和島→佐田岬ってーのにしてみて、とっても楽し面白かったので、今年も結構マニアックな旅に仕立ててみた。ってーか、82歳のおばーちゃん2人、何事にも興味津々、そしてよく食べてくれ「あなたが選んでくれた処だったらどこでも付いて行くわよ」というので気は楽だった。どこに連れて行ってもあまりにもはしゃぎすぎる女子2名であった。ばーさんがじゃないね、女学生だね、ありゃ。

2人を無事うちの実家まで連れて帰った翌日、ほっとしたのと足の具合がよろしくないうちの母の補助でくたびれて一日寝込みましたが。まぁ、よかったよかった今年も行けて。

今回のコースは、
「高松でモーニングうどん朝食→鳴門で昼ごはん→阿南のカリスマ喫茶店でコーヒー→牟岐町の民宿で晩ご飯して1泊→「宍喰」で日本のサーフィンをみる→阿南に戻り昼食して面白そうな処に寄る→高松」。国道55号線の旅です。
インターネット事前と車の中で思いついたら調べて、「ここ、匂うな」と第六感を働かせて決めた行程です。なので、一貫性はありませんが、業者のツアー旅行じゃないので、かなりその場で決められる余裕はたっぷり持ち合わせた旅にしてます。道の駅があったら寄るとか、地元のスーパーマーケットに寄るとか、まぁ、食べ物がどーしても中心になっちゃうんですけどね。ばーさん達、野菜やご当地のもの買うの大好きだからね。

では、出発。Let's 55!

とりあえず、大阪からバスで来たおばちゃんを「バカいち」のうどんで歓迎。おばちゃんざるうどんと天麩羅食べてた。

まずは国道11号線で鳴門まで。ここで昼ごはん。徳島ですから、当然「鰻」。この前、徳島市郊外の「丸ちょう」で鰻を食べたんだが、衝撃的に旨かった。おやじさんのノリが志村けんに似てたのもウケた。で、調子に乗ってまた鰻。この日は、鳴門駅前のめちゃレトロな通り抜けの飲み屋群の出口にある「岡」って店へ。

f0056476_12114157.jpg

新しめのお店。とってもすっきりして綺麗。風格はないけど、若夫婦がやってるのは今後の鰻屋界には嬉しい事だと思う。鳴門市の瀬戸町って処の「うな弘」っていう鰻屋さんがご実家らしい。独立されたんだね。
鰻の箸置き、いいね。

f0056476_12114921.jpg

国産の鰻。カリッとした焼き上がり。タレは辛口系、全体的にとても上品。ごはんは徳島県産コシヒカリ100%ってことだ。

徳島でお約束の「鰻」なランチでした。さて次、行くよ。
by machikogunji | 2016-06-28 10:47 | ロードトリップ | Comments(0)
鯛の刺身とか。
f0056476_1093687.jpg

朝から鯛を1匹おろす。母はお昼に、旦那は夜に食べるってことで。今日もプリプリでございました。
本日何をしたかって言うと、洗濯フル回転。一日中洗濯といっても過言ではない日であった。
早く梅雨明けてくれぃ。ほんまに。
by machikogunji | 2016-06-28 10:12 | 和食 | Comments(0)
万願寺とうがらしの揚げ浸しとか。
f0056476_1839982.jpg

土曜日、庵治町に釜揚げシラスを買いに行った帰りに、八栗のJAで母と思いっきり野菜を買ったので、そのオンパレード。
万願寺とうがらしって、京都だけじゃないんですね、全国区らしいね今は。で、香川県でもしっかり作られてるのね。それ買って、インゲン、茄子と一緒に素揚げして出汁に漬けた「揚げ浸し」を。うまっ。切らないで1本勝負したので、なかなか迫力ありだった。ガブリと食べるのが美味しかった。作り置きしとこうとたくさん作ったど、美味しくて完食。

f0056476_18385117.jpg

丸進冷蔵で、シラスと一緒に買った「地元の海老の茹でたん」。そのまんま剥きながら食べた。旦那には剥いてあげましたぜ。愛ってやつですかガハハッ。5匹だけ、あとは自分だけで食べた。

f0056476_18391565.jpg

豆腐が期限切れ寸前だったので、麻婆茄子豆腐をば。あっさり気味で、自分としてはパンチが効いてないなと思っていたけど、旦那にも母にもウケた。料理とはわからないものだ。

f0056476_1839042.jpg

〆は冷麺。私は今日これが食べたかったのだ。一時、アメリカで冷麺ばっか作って食べてた時期があった。日に日に辛くしていってた。けど、こちらで買った冷麺セット、辛くない。キムチは鶴橋のものを大阪のおばちゃんが送ってくれたもの。あんまり辛くない。全体的にもっと辛いのが食べたかった本日の冷麺。これも母と旦那にゃウケていた、この辛さで。
by machikogunji | 2016-06-27 18:53 | 和食 | Comments(0)
沈下橋を渡る@吉野川/6月ロードトリップ
f0056476_14283210.jpg

今朝はモーニングうどんじゃなくて、朝マック、超お久しぶりのパンケーキとハッシュドポテト。たまに食べるとマックも美味しいもんだ。朝7時。

「今日はちょっと徳島県へ抜ける県道2号線をドライブしよう」
「はいはい、どこでも。徳島、鰻が美味しいよ」
「今日はもう外食したから、本日の外食はなしだよ」
「えっ、マックって外食に入れるの」
「入れる」。
「…………………」。

ってことで、アイスクリームは有りってことで。

香川県大川郡の「みろく温泉」前の JAに寄り、いろいろ野菜や花を………見る。見るだけ……昨日、母と散々野菜や花を八栗のJAで買ったからね。
ここは「トマト」が凄い。質も良く、安い。箱買いできるぞ、この値段じゃ。また母を連れて来ようってことで。母はトマトの前を素通りできないおばあちゃんです。トマト大好き。長生きできてるのもトマトのお陰と思っている人。たぶん喜ぶ事でしょう。

で、その先から2号線に入る。

去年、旦那が四国に住み始めての初ドライブは、すごい道だった。四国山脈越え。自然、半端ない自然。山、谷間、川、湖、全部揃ってた。後で判ったんだけど、この時の道「439号線」、「酷道ヨサク」と呼ばれる、秘境ドライブ好きの人達の間では、「日本で最後の密峡を走る国道」なんだそうだ。めっちゃ、面白かったが、車ごと谷に落ちるかと何回か思った。

今日は、それに比べると緩やかで穏やかだな2号線。名付けて良いですか、「紫陽花ロード」。野生の紫陽花がすごかった。ここはお薦め。

目的地は「吉野川市」。サウンズグッドな感じで、ここを決めたんだそうだ。初めての場所。以前、この市の近くの「うだつの町・ 徳島県美馬市脇町」へは、華道家の假屋崎さんのエキシビジョンを観に行った。ここも素敵な町だった。あぁ、徳島、好きです!一番好きなポイントは「鰻屋が多い」ってことなんですけどねハハハッ。

f0056476_14263490.jpg

ここでだ、吉野川のドライブですんごく面白いのは、いろんな橋が川にかかっていること。その中でも興味をそそるのが「沈下橋」。川の水が多い時には隠れてしまう橋がたくさんある。徳島ではこの沈下橋のことを「潜水橋」と呼ぶそうです。高知県の四万十川とか仁淀川にも、この沈下橋がいくつかあるようなんですが、高知はちゃんとネームプレートとかもしっかり付けて、道路標示もあるみたいなんですが、徳島は…………ない。ってーのが特徴だと、沈下橋ファンからのご意見。………なるほど………、今回も、見えているのに、どうやってその橋までたどりつけばいいのかがわからず、探したぜ。
今回、「渡ってみようよ」と訪れたのは、吉野川市に入ってすぐの、青いトラスがものすご〜く素敵な橋「阿波麻植大橋」の東側すぐ、善入寺島(日本で最大の川の中の無人島なんだそうだ)の南側の「学島橋」と、北側の「香美橋」。どちらも、憧れ♥の沈下橋だぞ〜。
学島橋の真ん中で。水がきれ〜〜〜〜〜〜、ここ〜〜〜。

f0056476_14264890.jpg

なんて素晴らしい光景だろう!感激。THE YOSHINO RIVERって感じです。

吉野川をはさんだ、吉野川市と阿波市には、他に5つの橋がある。
あと一つの沈下橋「川島橋」、片方だけに吊りがある日本でも珍しい「岩津橋」、形箱桁橋「瀬詰橋」、丸い波形のトラスが可愛い「阿波中央橋」この橋の欄干の端にある太い柱はイサム・ノグチの作品なんだそうだ。曲線のアーチが綺麗な「西条大橋」がある。調べてみるとどれもユニーク、まるで橋のミュージアムですよねココ。次回は、本格的に全部回りたいなぁ。

PS:うなぎ屋も見つけました。また今度。
by machikogunji | 2016-06-27 18:29 | ロードトリップ | Comments(0)
釜揚げしらす買いに「庵治」。
f0056476_12104240.jpg

f0056476_12104691.jpg

大好きな漁港「庵治港」っす。久しぶりに来たよ。釣りしにじゃないんだけどね。

f0056476_1215482.jpg

この時期は、いつものアソコへアレを買いに行きます。いつも/香川県のシラス漁解禁にちなんで。アソコ/庵治町の丸進冷蔵。アレ/釜揚げシラス。

f0056476_1234724.jpg

フレンチシェフの三國です。………うそ、ここの若大将です。………似てる。
ちょうど、冷凍しちゃう前の「詰め」をしてたところなんで、冷凍前の一番おいしい状態のシラスを買う事ができた。ラッキー。
表で干してたら、それをつまましてもらうのが、最高に旨いんですが、今朝はいまにも雨が降りそうだったので、やってなかった。またの機会に。

f0056476_1234050.jpg

なんか、めちゃくちゃファンキーな感じのおじさんもい。シルバーのロングヘア、シャツみどり。この辺には石のアーチストがたくさんいるから、この人もそうなのかなぁ。

f0056476_1282527.jpg

丸進号、フル活躍。

さて、当分、酒のアテはこのシラスですな。当分じゃないな、すぐなくなってしまうもんな。写真はまた。
by machikogunji | 2016-06-27 12:09 | 旬・季節もの | Comments(0)