ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2016年 01月 ( 62 )   > この月の画像一覧
フキノトウの天麩羅とか。
f0056476_22145924.jpg

年に1回ぽっきりの「蕗の薹の天麩羅」を揚げた。摘みたてらしく茎の切り口もきれい、つぼみ具合もふっくらと。私はこのフキノトウを揚げる時は、まず水分をきっちり取って、つぼみを丁寧に外側に開いていって、丸い芯に少し包丁で切れ目を入れて、芯のある方に水溶きしていないただの粉の天麩羅粉をまぶし、裏は水溶きした天麩羅粉にさっとくぐらせて、裏を下にして油の中に落としてます。鮮やかな新芽の緑色をなるべく残したいからね。
あと、レンコンとカボチャ、それに魚のキスも揚げてみたよん。
お皿の上にパッと花が咲いたみたいで、楽しっ! ほろ苦い新芽の味は、もう春だね。
そう言えば、うちの表の梅の花が咲き始めたし。

f0056476_22335897.jpg

前菜は、カツオのタタキと貝割れ大根の辛子醤油和え。何気に辛醤油って美味しいよね。
by machikogunji | 2016-01-31 22:34 | 和食 | Comments(0)
八朔とウォッカのカクテル。
f0056476_9102022.jpg

久しぶりにカクテルを作った。八朔(はっさく)が出始めたからね。
普通のミカンは絞ってストレートのオレンジジュースが美味しいけど、この八朔は、お酒入れた方が美味しいね。スカッと爽やかにキュッと。ウォッカは、好きな銘柄グレイグース、それと八朔搾った果汁、これに氷入れてシェイクシェイク、思いっきりシェイクして、ギンギンに冷たくして、最後に炭酸ちょっと注ぐってなカクテルを作ってみた。おいちっ。

f0056476_21594294.jpg

6個で100円は安いよな。

f0056476_21595262.jpg

うわっ、思ったよりもぜんぜんジューシーだったわ。
by machikogunji | 2016-01-31 22:10 | デザート | Comments(0)
サザエさんな3日間。
f0056476_06449.jpg

なんか、この数日間、私は、とあるマンションの一室のピアノの前にずーっと座っている。
気分転換にバルコニーに出て、煙草を吸う。
高松の静かな夜空が綺麗だなぁ。

f0056476_07294.jpg

ショパンを弾いてるわけでもなく、ズージャを転がすように弾いてるのでもない。だいたい、そんなに指が動きません。
で、何をしてるかというと「サザエさん」のテーマ曲を多重録音するために、必死でコピーしている。

人からの「頼まれ事」なんだが………引き受けるんじゃなかった…とは、もう遅い話で、引き受けてしまった……ってーか、引き受けざるを得ない理由があったわけで。

何か人から頼まれた時に、引き受けてしまったら、その時点で後悔することは止めている。
嫌だ嫌だと思っていたら楽しくないので。
「よーし、おばさん2人でやっちゃえ、やっちゃえ」ってーのが、今回の心情。

今日で3日目。夕方から夜遅くまで、従兄弟のユミちゃんと必死で、何の知識も経験もない「多重録音」とやらを電子ピアノのマニュアルを読みつつ、パーツごとにコピーし、音色を作り、音を重ねては失敗……も一度ね………また失敗……指がもつれてまた録音消してやり直し………とかを延々とやっているわけだが、どこかで終わりにしないと、人生を「サザエさん」に捧げてしまいそうで…………3日目の夜遅く、やっと何とかできた。

おぉ、おばさん2人でもここまでできるじゃないかっ!やりゃぁ、何とかなるじゃないかっ!
変に清々しい気分になった自分が面白かった。

f0056476_065342.jpg

この3日間の夜、ここで食べたもの:鮭フライ定食、豚のピカタ定食、うどんすき、お好み焼き、からすみ、ビール6本(一日2本づつ)、酒1合、モロゾフのチーズケーキ、シュークリーム、生クリームの入ったパイ、珈琲10杯。

さぁ、うちに帰って、旦那のごはんの用意をしなくちゃ。

帰りの自転車漕ぎながら、ペダルを回すリズムに乗って、「サザエさん」の曲が終わる事なく、頭の中でグルグルと流れてた。空耳、当分、消えないだろうな。

次回はないと思うけど、今度は最初からちゃんと断ろうね自分。(笑)
by machikogunji | 2016-01-31 10:16 | 今日は何の日? | Comments(0)
山から採ってきてくれた椎茸とか。
f0056476_2354269.jpg

高松市の風景ってのは、讃岐平野に小山がポコポコあって、ため池もポコポコあるっていう、朝靄がかっかた日には、ちょっとミニ中国の墨絵っぽい感じなんですが、それをどんどん西に向かって行くと、四国山地がどんどん迫ってきて「おぉ、山じゃないですかちゃんとした!」とちょっと感動したりもする。去年の暮れあたりに、そちらを訪問することがあって、その山々をじーっと見てて思った事は、「この山には絶対おいしい茸があるにちがいない」「山葵とかもあるだろうな」。
で、茸情報としては、「松茸あるらしい」ってのと「椎茸めちゃくちゃ美味しいのがあるらしい」ってことが判った。食べてみたい!……そう思って数ヶ月。
願いは叶うもんだ。「採りたての椎茸ってのが一度食べてみたい」という願いだったんですが。

これがその椎茸です!

茸に関しては、アメリカにいた時に、廻りにキノコマニアのアメリカ人が数人いたので、「どういう処にキノコがあるか」「あった時の特別の感動」「食べた時の特別の美味しさ」ってのを話してもらったことがあった。どっちかっていうと私は「魚派」なので、でも、魚でも同じこと、「どういう処に魚がいるか」「釣った時の特別の感動」「その魚を自分で捌いて料理した時の特別の美味しさ」……これ同じことね。

まずは、人が採ってきたものでもいいので、「美味しいキノコが食べてみたい」という思いを今晩叶えられたことに感謝。

キノコと言ってもいろいろあるよね。代表はマツタケみたいに世間は言うけど、私はどっちかっていうと「シイタケ」派だ。マツタケは一度、これもアメリカでだけど、シアトルのキノコ採り名人の元に、出張でシアトルに行くという後輩にわざわざ時間を取らせて、「秘密のマツタケの場所」に同行させて、飛行機でわんさかそのマツタケを持って帰らせ、しかも機内持ち込み(飛行機の中がものすごい匂いになったらしい)でニューヨークの私の家まで持って来させ、連日「マツタケ大宴会」ってのをやったので、気が済んでるんです。あの幻のマツタケ宴会以降、すっかりマツタケというものが遠い存在ではなくなり、あまりにもマツタケ食べ過ぎて、たぶん人生でマツタケ食べる量が決まっているなら、とっくにその量をオーバーしただろうと確信しちゃったので、もういいのマツタケは。

アメリカでは他に「トランペッット」「オイスター」等を始め、世界三大きのこと言われる「ポルチーニ」「モリーユ」、そして「シャントレル」に限っては、キノコ名人が採ってきたのを食べちゃったし。あっ、トリュフも白も黒も喰ったしなぁ。でもトリュフの味は結局馴染めなかったってのがあったなぁ。どう考えても極上のカツオ節の方が上だと変な確信をいだいてしまったし。

こんだけいろいろ食べても、私の心の中には、「日本に帰った暁には、ぜひ立派な採りたての椎茸をただ焼いただけで食べてみたい」という思いがあったのでございます。

f0056476_22545472.jpg

今日、食べた椎茸は、弟の知り合いの方が、趣味で作っている椎茸です。この前、ある人とお酒を飲んで、最近食べた美味しいもんは何?っていう話題になった時に、その人が目をウルウルさせて「あんな美味しい椎茸食べた事なかった」と語ってくれたのがこの椎茸なんです。喋るのがとっても上手な方で、もうそれはそれは横で聞いてて、刺身が椎茸の味に感じるほど、この椎茸のことを語ってくれました。うっとりと聞いてました横で。それを見てた弟が、この椎茸栽培やってる方に会う機会があって、その時に「実はこれこれこうで、うちの姉が死ぬまで一度、機会があれば、そちらの椎茸を食べたいと申しておるのですが」と話したら、「いや、そんな」とおっしゃいつつ、「では」ってことになって、車で秘密の椎茸場所に行って、何個かちぎって「私のために!」採ってきてくれたっ!(涙!涙!涙!」。

そして、本日の晩ご飯、そっちのけで、椎茸を丁寧に丁寧に炙り焼きにして、めでたく私の胃の中に納めさせていただいた次第。あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、うめ〜〜っ、し〜〜〜〜たけ〜〜〜。
旦那さんにも、ちょっとお裾分けしてあげたくないけど、やっぱりあげるべきかなと、本日最大限の優しい気持ちを出して、焼いてあげたら「ウメ〜〜〜〜〜〜〜ッ、なんじゃこのし〜〜〜けっ〜〜〜!」ということに。真夜中に奇声をあげて椎茸食べてました。あ〜〜〜おいしかった。ごちそうさまでした。

f0056476_23194168.jpg

弟が椎茸と一緒に持って帰ってくれた「蛸めし」。これがまた旨いっ!
この蛸飯については、また長々のストーリーがあるので、次回食べる時にまた語らせていただきます。

本日の夕飯、途中で作るのやめて、焼き椎茸と蛸飯となったのでした。
by machikogunji | 2016-01-30 11:45 | 和食 | Comments(0)
濃いめな感じの甘酢鶏団子とか。
f0056476_1642063.jpg

ちょっと濃厚に、鶏の揚げ団子とピーマンの甘酢がらめを。ビールをグビッと飲みたかったのだよん。
鶏の挽肉(お年を召した母に食べ易く、夜遅い食事の旦那の消化を考えて……とか言ったりして)に玉葱みじん切りと卵と酒・醤油・胡麻油、塩、片栗粉、それに多めの白胡椒でよーく練って、スプーンで丸めてキツネ色手前ぐらいまで揚げてます。
ピーマンは、残った油で「油通し」をさっと。フニャッとなるとまずいので、半生ぐらいで丁度かな。
あとは甘酢ダレでからめて、火を止めて最後に胡麻油をちょっと入れて光沢出してみました。

あっ、それと、新しい煎り胡麻を買ったので、残ってたやつ全部かけた。

f0056476_15581389.jpg

クレソン、レタス、生の小蕪、それと、最近よくスーパーで日本にみかんに並んでがんばって売っているイスラエルとかアメリカ産のグレープフルーツと文旦のハイブリッド「オロブランコ(イスラエルではスィーティーって言うんだってよ)」1個分皮剥いて入れてます。蕪は深く皮剥いて、塩ちょっととこのみかん剥いた時に出た果汁をふりかけてちょっと置いてから使うとしんなり、でも中はパリッとって感じになって「ええやん、この感じ」ってことになるよ。

……で、……こういう分厚い皮のみかんの剥き方が、皮をザクッと包丁で剥いて、実も包丁でペロッと剥がし剥きという手荒いアメリカ式のやり方を平気でやってる自分に気づく。はえーんだよな、この剥き方は!ギャハ。

そうだそうだっ、安いローストビーフ買ったら、かなりまずくそのまま食べるのはちょっと辛かったので、サラダに混ぜましたん。しかし、平均して、市販のローストビーフにもれなく貼り付いている「ソース」ってどうしてここまでまずく作ってしまってるんだろう。……と思いません?肉はそこそこ安いの買ってるから、まっ、こんなもんだろっと納得いくが、そのソースをかけると決定的に美味しくなくなるってのは困ったもんだ。今度買った時に、このソースの救済処置を考えてみるね。……時間あったら。
by machikogunji | 2016-01-29 16:24 | 中華 | Comments(1)
クレソン・サンドイッチなんかを。
f0056476_1631941.jpg

クレソンのいいの、高松であんまりないんですよね………なんで?なんで?
今朝、こんな処でこういうしっかりした香りのいいの売ってたのかっ!って発見。
久しぶりにあの香り、あの苦み、あのパリパリッ感。やっぱし、クレソン好っきゃわ〜。
よく見ると……葉っぱの形がちょっと今まで食べてたのと違うなぁ。クレソンにもいくつか種類があるのかなぁ。香川県にどっか栽培してるとこがあったら訪ねてみたいもんだ。

お昼、ローストビーフ、ハム、卵、オニオンスライスで、クレソンたくさん入れて、サンドイッチ。
by machikogunji | 2016-01-28 17:02 | 洋食 | Comments(0)
生海苔、炊けたで。
f0056476_23445999.jpg

生海苔、炊けたで。めちゃ磯の香りがして、うまっ。

f0056476_23451076.jpg

母作、しっぽくうどん。あったまる。週末まで、従姉妹に、ちょっと変な頼まれ事をされて、それに集中するため、忙しくなってしまった。音楽なんですけど………弱ったなぁ。
しっぽくうどん食べて、出かけます。
by machikogunji | 2016-01-27 23:50 | 和食 | Comments(0)
TOMOだち参上。
f0056476_23365289.jpg

私の大好きなお菓子をNYから届けてくれた人。

f0056476_2337927.jpg

一緒にごはん食べた夜、うちでジェットラグによる一瞬爆睡状態に入ってまする。
遠いとこから、高松が一年で一番寒い日に、来てくれて(笑)、ありがとう、TOMOさん。

翌日、別れ際、タクシー見送りながら、半泣き。
by machikogunji | 2016-01-27 23:39 | | Comments(2)
蒸し焼きオイスターとか。
f0056476_13451649.jpg

殻付きの大きな牡蠣40個、貰った。さぁ、どうやって食べようか。

f0056476_13445891.jpg

牡蠣の大きさと数に負けない中華鍋を高知の知人に貰っていたので、実家の台所に初登場させ、どんどん牡蠣を蒸し焼きに。家の中が「牡蠣小屋」化してました。ほとばしる牡蠣のいい香り、たまらんです。で、ちょっと殻が開いたのをナイフでこじ開けて、母と立ち食い。ワイン飲みつつ。
醤油垂らす必要もなし。もう牡蠣の持ってる塩分だけで充分の美味しさ。レモンもいらないし、付け足す味は何にもいらない。そのまんま、めちゃくちゃ美味しい牡蠣でした。

f0056476_1354843.jpg

仕事の帰りが遅い旦那には、そんな夜中から牡蠣を焼くわけにはいかないので、身だけ取り出して菜花と一緒にオイスターソース炒めを。
結局3人でペロリと40個食べてしまっただ。
by machikogunji | 2016-01-27 13:56 | Comments(0)
ラムシャンク、骨外し。
f0056476_2345640.jpg

ラムシャンク、肉がトロトロになっだので、骨を外しました。付いてたら迫力あるんですけど、普通に晩ごはんとして食べるだけなので邪魔。

f0056476_2345120.jpg

さてと、できあがりで、晩ごはんに。ワイン飲みながら、旦那とかなり食べてしまったわ。こういう味は数ヶ月に一回は欲しいもんだ。
by machikogunji | 2016-01-26 23:10 | 洋食 | Comments(0)