ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
<   2015年 01月 ( 72 )   > この月の画像一覧
医者のソーセージって。
f0056476_2243340.jpg

22日目お昼ごはん:ドクトルスカヤ・ソーセージ

ソ連時代から、ロシア人が大好きなソーセージだってーので、食べてみた。
直訳すると「医者のソーセージ」。
本当に医者が考え出したんだろうか?「体に良い低脂肪ソーセージ」だとロシア人は信じている。
世界一般論としては、ソーセージ自体が「何が入っているか判らない」と疑問視されているけど……
まっ、いいや、喰っちゃえ喰っちゃえ。

f0056476_2213171.jpg

確かに、焼いても脂が出てこない。
……あっ、いけない、なんだっ、真空でパッキングされた包装を剥いだにもかかわらず、中の1本1本が、「オマエ、このビニール剥がさないで焼くなよ」的、ピッチピチの薄いビニールで覆われている。にもかかわらず、「私、このビニール剥がさないで焼いちゃった」をやってしまった。老眼でよく見えねーんだよ。教訓、ロシアのソーセージ、ビニールに気をつけろ」。

で、食べてみたら、あぁ、とってもフニョッとした歯ごたえってか、歯ごたえはないな。塩分は一人前だな。どっちかって言うと魚肉ソーセージの感じだな。あっさりしてて、ちょっと食べるにはいいな。
なんとなく「体にいい」感はあるかも。

3本もペロリと食べたのは美味しかったらからでしょう。

他にもマロチュナヤ、リュビーテリスカヤ、ルースカヤってな、ロシア庶民の定番ソーセージってのがあるらしいので、ドクトルスカヤを食べ終わったらまた買って試食してみようと思います。
トライはしますが…………あー、かまぼこ食べたいかも。
by machikogunji | 2015-01-31 22:32 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
洗濯劇場「ざくろの色」
f0056476_20221311.jpg

2日に一回のペースで。
f0056476_21304516.jpg

洗濯。1時間ぐらい洗濯している間に、ロシアとその近隣諸国の映画を観ることに。
名付けて「洗濯劇場」。
この私の専用椅子に座って観る。

本日は、グルジア生まれのアルメニア人、カルト的人気監督のセルゲイ・パラジャーノフの「ざくろの色」。
洗濯の時間が決まっているので、今日は前編だけ。ハマるとキリがないので。
f0056476_21442671.png

f0056476_21452173.png

f0056476_21445145.png


18世紀のアルメニアの詩人の生涯をオマージュを捧げたっていう映像の詩。
これ観てゴダール先生、価値観変わったらしい。
これ、変わるわほんまに。ものすごい映像だわ。
ぶっとびました。
こんなの観たら、普通の晩ごはん作りにくくなったわ。

f0056476_21452179.png

YOU TUBEで「The Color of Pomegranates」で出てくるので、興味のある方、ぜひどうぞ。

明日も無理矢理洗濯したくなった。
by machikogunji | 2015-01-31 22:00 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
タイっぽく。
f0056476_19433159.jpg

★22日目朝ごはん:タイ風ピリ辛春雨やさい鍋、ごはん、コーヒー。

コリアンダーのきれいなのを昨日見つけたので。ロシアでは「キンザ」と呼ばれていて、中央アジア系の人はフレッシュなのをよく使うが、冬にはなかなかきれいなのが店頭に並んでなかったりする。なので、うちの近所のスーパーはもっぱら「コリアンダーシード」もしくは「乾かしたコリアンダーの葉」。昨日は、ニタッとするぐらい奇麗なのがあったので、こういう時は、モジモジ使わないで、しおれないうちにチャッチャと使おうと思う。

………コリアンダーの葉っぱで喜んでいる自分に笑える。

ついでに見つけたのが、タイのトムガーカイの顆粒パック。ココナツミルク入れてまで作るのは面倒くさいってか、ここではココナツミルクあんまり売ってないし、高いので、普通のスープっぽくした。インスタントの顆粒だけじゃ美味しくないので、自分流に味は直しましたが。

なんかこの爽やかな味、久しぶりな気がした。
コリアンダーた〜っぷり載せて、レモン絞って、ごはんに、汁ぶっけて食べた。
by machikogunji | 2015-01-31 19:53 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
ボンゴレっとか。
f0056476_7482660.jpg

★21日目晩ごはん:豚肉サラダ、ボンゴレ・フェタチーネ、ワイン、ウォッカ。

ポークチョップ用の豚肉の骨を外して薄切りに。下味つけて焼いたのをトッピングにサラダを。
旦那用はトマト抜き(トマト食べ過ぎて嫌なんだそうだ)。

f0056476_74904.jpg

自分用は、トマト有り。しっかし、今日買ったトマト固っ。きゅうりよりも固かった。

f0056476_7494865.jpg

日本から持ってきてた「アサリの水煮缶詰」を開けた。アサリさん、お久しぶり、ごきげんよう。
2缶も入れたので、たっぷりアサリが入ってます。
ニンニクをスライスしてゆっくり火を通したガーリックオイルも作ったので、味はばっちり。
by machikogunji | 2015-01-31 07:57 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(1)
白菜の白粥
f0056476_1942958.jpg

★21日目朝ごはん:白菜の白粥、梅干し、お茶、コーヒー。

今日は動くよ。晴れたから。
…………それにしても、風邪引かないな自分。けっこう寒い土地でもイケるんじゃないかと、ちょっと思った。……よく食べて、よく寝てるもんな。
by machikogunji | 2015-01-30 19:43 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
クワス飲みながら。
f0056476_19202634.jpg

家でオタクが2日も続いている。外に繰り出す前に、いろいろ調べものをしてからと思っています、寒いからね。
飲んでますクワス。ロシアのコーラ。でも原料が黒パンでそれを発酵させて作ってるってのがアメリカとは違う。真冬ですが、部屋は恐るべきあったかいので、窓ちょっと開けてます。

f0056476_19201183.jpg

調べものに行き詰まったら、YOU TUBEで、ロシアの古い映画観たり、日本のお笑い観てます。日本では、ほぼテレビを観てなかったのだけど、外国にいると、こういうの観ると面白い。1人でゲラゲラ笑いたい日もある。外に出ると笑えないですから。

今、どうしても見ときたい「絵」ってのを探してます。リカルド・バスミっていう人の絵です。ロシア語のサイトにはかなり詳しい事を書いている人がいる。2年前に一度この人の絵を見て一目惚れしたんで、こちらに来たら探してぜひもう一度見てみたいと思ってました。

この人の絵の「色」と、サンクトペテルブルグの街の「色」が恐ろしく同じなんです。
今度まとまったら紹介します。

ロシア、画家の幅が広い。まったく広い。
by machikogunji | 2015-01-30 19:41 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(1)
つくねハンバーグとか。
f0056476_647142.jpg

f0056476_6373276.jpg

20日目晩ごはん:
焼き野菜とレタスのサラダ、スクリューパスタとレッドパプリカのサラダ、鶏つくねハンバーグ・青首大根のおろし添え、鉄火とサーモンの細巻、ビール、ワイン。
by machikogunji | 2015-01-30 06:51 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
ソーセージと野菜と卵の炒め物とか。
f0056476_18411650.jpg

f0056476_18415324.jpg

★20日目朝ごはん:ソーセージと野菜と卵の炒め物、レタスのサラダ、ごはん、お茶、コーヒー
by machikogunji | 2015-01-29 18:43 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
酢鶏とか。
f0056476_642915.jpg

★19日目晩ごはん:しめ鯖もどき、炭火焼の野菜(テイクアウト)、酢鶏、ごはん。

旦那がテイクアウトしてきた炭火焼の野菜、うわっ、ホワイトアスパラが入ってる!
こういう珍しい野菜は、一般にはなかなか流通しておらず、レストランに行かないと食べられないのがこの国の状況です。レタスやサラダ菜類もしかり。
その中でも、何が一番レストランじゃなきゃ食べられない、いや、ロシア人が「レストランに行ったらぜひ食べたいもの」ってーのが、大きな海老。大きいって言っても、ブラックタイガーぐらいの大きさ。日本やアメリカのスーパーじゃ、冷凍のこういう海老はゴロゴロ売ってますよね。ここはないです。小さい、たぶんあれ甘エビの種類じゃないかな、それのめちゃく小さいのが主流。火を通したら見えないくらい小さくなる。海老を味わうどころじゃない。海老どこっ?て感じです。
なので、旦那の勤めるレストランでも、一番出るのは海老なんだそうだ。みんなあのプリッとした食感を味わいたいみたいで、ボイルするよりグリルした方がお好みだとか。でも丸ごと海老出すレストランは高級の店、普通は海老を縦に2つに切って、「見た目数増し」が多い。
そして、もう1つ、ロシア人にとっての海老は「背中がクルンと丸まっている」のが条件。わざわざ丁寧に背中を伸ばしたりしているのは海老じゃないと。海老はクルンッが好きなのだ。

f0056476_1953579.jpg

旦那は「炭火焼野菜」は店の従食でよく食べているので、私の作ったごはんを食べたいということで、再リクエストのかかった「酢鶏」を作った。
前回と同じく、パプリカと玉葱は素揚げにして、キクラゲと揚げた腿肉に甘酢を絡めて、最後に火を止めて胡麻油を入れて混ぜてできあがり。
玉葱、パプリカはどこのスーパーにも売っているわけで、旦那は庶民派指向でございます。

「毎日の食費をなるべく安くあげろ」「隣りのスーパーにあるもので上手にやりくりして下さいよ」を毎朝出勤前に必ず私に言います。
それなりに努力しているので、こちらに来て食費はかなり押さえられてます、今のところ。
どこかで爆発するかもしれませんが(笑)。
by machikogunji | 2015-01-29 18:36 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)
〆鯖をば。
f0056476_6291194.jpg

スーパーにこういうものがあった。生サバを輪切りにしてオイルマリネしたものだ。
f0056476_629532.jpg

パックから出して、つなげてみたら、こんな感じ。皮の具合から、穫りたての新鮮なサバを即時にマリネ液に漬けてパックしてるとみた。ロシアでみたサバの中じゃ、上物だ。日付をみると去年の12月の下旬に作られている。
f0056476_63021100.jpg

あくまでもマリネされてるんで……どっかなぁ、マリネ液には、胡椒、マスタードシード、フェンネルシードが入ってるもんなぁ、香りは抜けないだろうなぁ……。
でも、やってみましょう。
たっぷりの酢で1時間ぐらい〆てみることに。
f0056476_6304878.jpg

皮を最後に剥いで、でけましたで、〆サバ。見た目は悪くない。最初に山葵醤油で口に入れたら、おっ、いいじゃないか!と思いましたが、その後、やっぱりマリネ液の香辛料の味が口に広がってくる。………ロシアの味だ……。
旦那も一緒のこと言ってましたねぇ。「目の付けどころはよかったな。けど、食べた瞬間はいいけど、その後、マスタードシードやらフェンネルシードの味が、口の中に広がるな。ただ、解決方法がある。
それはね、口に入れてすぐ飲み込め!」 だってさ。
そこまでして〆サバにするこたーないよね。普通のロシアの味で食べた方が無難だという結果に。

生魚、やっぱりこの国では、サーモンが一番使い易いな。サーモンはスモークしてなく、ただの塩水で〆だだけのものがパック売りされてるので、それを使うのが一番いいな。

こちらに来る度に、こういう「なんとか日本っぽい味にならないかな」と一工夫をするわけですが、かなり難しいことは作れば作るほどわかってくる。

案外、考え込むより、パッと思ったことを料理する方が、美味しくできるってのも、4回目のロシア訪問でわかってきたかも。
by machikogunji | 2015-01-29 18:02 | ペテルブルグ/2015冬 | Comments(0)