ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2014年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
世界の中心で鯛釣り。
f0056476_035659.jpg


帰国して三日目にして、早速、海釣り行ってきた。ニューヨークのノリで着込んで行ったら、めちゃくちゃ暑かったぞ。いやぁ、気候が全く違います。この時期にこんなんだったら、間違えなく真冬でも釣り行けるなぁ。厳寒の釣りは、身に浸みて体験してたので、この温暖な気候になんか気持ちがほっとしたってのが第一印象でした。

4人で庵治港出発。したかと思ったら、ある漁船の横に船を付けて、まず餌の「活きた小エビ」をたっぷりと仕入れて、ちょっと沖の稲毛島(いなぎしま)辺りで、鯛釣りやろうってことに。この庵治漁港近辺は、「世界の中心で愛をさけぶ」って映画ご存知かしらん、その映画のロケ地でして、その中に登場した「夢島」ってのが、この白い灯台のある無人島「稲毛島」なんですね。

f0056476_23205139.jpg

向こうに見えるは、大島、豊島、小豆島、兜島とか……、さすが瀬戸内海、島だらけ。風景だけ見てても飽きない。大西洋とかのオフショアで何にもない海だけのところでの釣りとは全然ちがうね。
まぁ、こういう処だから、浅いんだろうと思ってた私が浅はかであった。水深30メートルってことは、おっとっと100フィートぐらい、深いのねずいぶん。そしてみんな細い柔らかい竿、細い糸、小さな針。………繊細だなの釣り………実に日本的であるのだ。アメリカの大ざっぱな釣りで慣れ親しんだ自分、これからいろいろ勉強することありっすな。

f0056476_23351933.jpg

今日は大潮で、潮回りも良くないという悪条件だったんですが、船長をしてくれたおっちゃんは地元育ちで、くまなくこの辺の海を知ってるからこそ、そこそこ釣れたわけで、ありがたかった。
小振りですが「鯛」っす。どんな感じのところに鯛がいるか、潮の感じはどうか、釣り方等……1日かけていろいろ教えてもらった。めちゃくちゃ面白く、そしてためになった。潮がいい時に再び挑戦させてくれるという約束までさせてもらったぞ。

f0056476_23481839.jpg

今日の釣果はこんなもん。小鯛、ベロコ、メバル。桜色の鯛、美しかった。

f0056476_23573366.jpg

f0056476_23581669.jpg

f0056476_23574482.jpg

うち帰って、母と晩ごはん。2人で料理して、今日はまずベロコと鯛1匹を焼いて、あとは酢漬けにして「小鯛の押し寿司」を明日作る予定。

f0056476_02411.jpg

あっ、海の上で食べたお昼ごはんのコンビニ弁当も旨かったっす。
by machikogunji | 2014-10-26 00:04 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(11)
ゴンズイさん、お初にお目にかかります。
f0056476_1484116.jpg

高松の有名な漁場「庵治」。ここの「庵治石」は世界的にも有名です。イサムノグチのアトリエも近くにあったり。そこで採れる「ちりめんじゃこ」、めちゃ旨い。このちりめんじゃこは、京都のちりめん山椒に使われている。きめの細かい素晴らしいちりめんじゃこだ。大根おろしとスダチで。また大根が旨い。こういうのを贅沢と言うんだね。今日のビールのあて。

f0056476_1495036.jpg

で、時差ぼけが昨日よりひどく、夜眠れないので、朝3時頃、コンビニで珈琲を買って、チャリを飛ばして(妹のお古のママチャリっす!いただきました!)、近所の西浜港に海の様子を見に行った。

漁船はまだ帰ってきてなかったので、高松港の赤灯台辺りまで、またチャリ飛ばす。新聞で「アオリイカがポツポツ釣れている」というのが気になってたので偵察ってわけです。で、…………誰もおらん。防波堤にも誰もおらん。諦めて帰ろうとしたら、遠くでおっさんの話し声がするのでそちらに行ってみたら、フェリーの横で釣りしてたので、近寄って声をかけてみた。「おはよーございます」……、って今3時半、早過ぎる挨拶だな。
釣れてないようなので、暇だったのか、3人で1時間ぐらい岸壁に座ってたばこ吸いながらここら辺の最近の釣りの話を。……アオリイカは今年はさっぱりダメとのこと。でも、この辺のアオリイカの特徴やポイントなんかを事細かく教えてくれた後、「しかし、おねーさん、あんたこんなにはよから元気やね」と言われた。「いやそーでもないですよ」ぐらいで止めといた。まさか前日25年振りに故郷の高松に引き揚げてきたなんて話をしてもしょーがないし、アオリイカとは何の関係もないし、語るだけ野暮ってもんで、そんなことはする気もないわけで。
「おねーさん、イカ釣り好きなん?やった事あるの?」の問いにも「えっ、まぁ。」で。あくまでも高松での釣り、謙虚にスタートしたい。心は燃えてますが、ハハハッ。

で、喋っている間に、おっさん、こういう魚を釣りました。
「ゴンズイ」っていうそうだ。とぼけた顔をして髭が生えてます。尾びれに締まりがなく、スーッとフェイドアウトした系の体つき。ナマズの一種なんだそうだ。背びれと胸びれに毒を持つ棘があって、刺されるとひどい事になるので、頭はすぐにナイフで切り落とした方がいいそうだ。で、「持って帰って食べるか」と言ってくれたが、結局海に戻しましょうということになった。

帰ってきてしょっぱなの瀬戸内の魚、ゴンズイだったね。瀬戸内には400種類ぐらいの魚が棲息している。これからどんな魚に会えるか楽しみだ。
そろそろ瀬戸内の夜が明ける。

さぁ、家帰って一寝入りしよっと。
by machikogunji | 2014-10-24 14:52 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)
とりあえず、タコとハマチで。
f0056476_6103885.jpg

f0056476_612931.jpg

f0056476_6135558.jpg



夜、四国・高松に到着。仕事帰りの弟が空港まで車で迎えに来てくれていた。ありがたいね。ここから当分、弟に日本での生活の支えになってもらわないと、なんせ25年のアメリカ生活で、ボケてしまってますから。日本での生活の風潮?一般常識?言葉遣い?世の中の仕組み?………とどこまでも続く???にどうやって対応、順応していったらいいのか………???まっ、何とかなるやろと自分に言い聞かせるのが最初の一歩のような気がする。

エコノミーの日乾びた機内食を、疲れで、美味しいとか美味しくないとかさえも思わずに流し込んだっきり、何も食べてなかった。大雨の成田から高松までのジェットスターで、缶ハイボールを一気飲みして、ニタッとして独り言で「プッヘ〜〜〜ッ」て言ったら、隣りの座席の同年のサラリーマンにギョッとされたってのは既にあったけど。

弟ととりあえず明日からの、それと、これからの事の軽いミーティングってことで、実家の傍にある老夫婦が営む、瀬戸内の魚を出すいぶし銀のような小料理屋「まつおか」へ寄る。高松らしくタコにハマチで。

で、弟が「ねーちゃん、土曜日に紹介したい親爺さんがいるので、釣り行くか?」と。

きゃ〜〜〜〜〜、もう釣り!!!!!! もちろん行きます。

高松に帰って来て2時間後にもうこのような話が降ってきたねぇ。

第2章、間髪入れずに、始まりましたで。
by machikogunji | 2014-10-23 06:15 | 外ごはん | Comments(9)
魚を持ったホームレス。
f0056476_21301236.jpg

長年住んだアパートを引き払ったので、飛行機に乗るまでホームレスである。ホームレスだが、釣った魚を持って近所の友人宅へ。ごはんを作ってもらおう。
f0056476_21585082.jpg

f0056476_21591066.jpg

1件目は、イカ刺、ゲソ唐揚げに始まり、
f0056476_212133.jpg
ブラックフィッシュしゃぶしゃぶ、ブラックフィッシュたたきに薄造りで酒盛りをしてもらった。

f0056476_2213528.jpg

最後の夜は、ブルックリンの親友宅で。
イカ隊長のクレちゃんの料理。イカ一夜干し。
f0056476_225152.jpg

それとブラックフィッシュのカルパッチョ。
f0056476_2224893.jpg

私もイカぴり辛胡麻和えなぞ作る。ニューヨーク最後の日に、まだイカの皮を剥いている自分に笑たわ。
f0056476_226425.jpg

f0056476_2275210.jpg

f0056476_2273367.jpg

そして最後にクレちゃんによるアメリカン・ステーキをドンッと。
パーフェクトな焼き加減で、思う存分食べた。

f0056476_229523.jpg

これで私の25年のニューヨーク生活、おしまいおしまい。
あー面白かった。悔い無し。
by machikogunji | 2014-10-21 22:10 | 外ごはん | Comments(12)
最後まで釣りだったぜ。
f0056476_23272837.jpg

仲間4人で釣り。@シネコック
キャー、波荒過ぎで、水が濁ってるんで、全員一致「釣れる気しない」ということで、場所移動。
お写真はダントツの釣りバカ野郎、ブラックフィッシュの神と3人ぐらいで言っているじゅんちゃん。あっ、逆行で顔見えないじゃん。まっ、「神」ですからいいか。

f0056476_23294559.jpg

今日はここで日没まで踏ん張ることに。みんな、今日も一緒に水辺で遊んでくれてありがとう。もうこれが最後かと思ったら、さすがに辛いっていうか、絶対1匹は大きいの釣らねばとプレッシャー。

f0056476_23325796.jpg

みんなどんどんでかいの釣っていく。名人アキちゃんも素晴らしい。彼はこれから若手ニューヨークの日本人釣り師のトップの座を駆け抜けて行く人です。がんばれ〜〜〜〜〜。

ただでさえ、岸から釣るブラックフィッシュは「合わせ」が難しいのに、名人達「小鯛」を釣るようにポンポンあげていく技、あきれたわ、旨過ぎて。

f0056476_2343537.jpg

みんなのバックアップのおかげで、最後の私のブラックフィッシュ。釣れたぜ………、転びながらも(「まちこさん、何してんですか一人で」と転んでも竿を握りしめて格闘している私を、3人ゲラゲラ言いながら見てるだけ。暖かくも冷ややかな眼……本当に優しい人達です!見せ物やないから私)、岩に入ってしまったのをギャーギャー言いながら引きづり出してのお魚獲得。あ〜〜〜〜〜〜面白かったぁ。満足じゃ。

f0056476_23323045.jpg

背にうける素晴らしい夕陽ですが…………ちらっと見ただけで感傷に耽る暇なしで、日没まで4人で竿を振り回してた。ほんまに色気のない「おっさん度抜群」の釣りってーのが楽しいのよ。引っ越し疲れ、まるっきり吹っ飛びましたわ。………数日後が怖いけどね……。

f0056476_23483155.jpg

日没後、まぁここまで来たらモントークでイカ釣りっしょ。クレ・イカ釣り隊長と第二部始まり。

f0056476_2350997.jpg

数カ所のポイントでボロボロ釣れるので、ダラダラ朝の6時までやってました。釣果130杯ほど。ブラックフィッシュに始まって結局朝まで竿を振っていたので、手がしびれてきて、竿納。
いやぁ、やっちゃったね、この歳で、また「徹夜ハードコア釣行」。こんなことをしたり、会社止めてマイアミに釣りで移り住んだりした、アホでお茶目なニューヨークの釣り人生の25年目、秋のイカ釣りを最後に終止符を打つ。

はっきり言って大満足、悔いは1つもあらしまへん。釣りやってよかった。はっきり言って人生観変わりましたから。そしてこれからも続けます、死ぬまで。

ニューヨークの釣り関係の皆さん大変お世話になりました。ありがとうございました。
釣りし過ぎて死んだ師匠、ありがとうございました。釣りしながら夜空に手を合わせました。
私に釣られたお魚さん達、ありがとうございました。

そして、何より、私の釣り好きを理解してくれ、いつでも「よし、気をつけて行ってこい。美味しい魚釣って来い」と送り出してくれた旦那に感謝します。ありがとう。

しかし、ここで終わりではないのよねぇ。

ここからまた第二弾が始まるのだ〜〜〜〜。

ウキウキする。きゃーどーしよ〜〜。


2014年、10月の三日月の奇麗な夜、海に向かってニタニタしている自分が怖い。

地球に海があってよかった。
by machikogunji | 2014-10-20 00:02 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(2)
こんなところで見れるなんてだ。
f0056476_22521462.jpg

この季節になると、ケープコッッド辺りでは、サンクスギビングデーのディナーには欠かせないクランベリーの収穫が行われ、その大量の実を池で洗うため、「真っ赤なお池」が見れるんです。アメリカ的風物詩の1つ、それをずっと何回も計画立てて見に行こうと試みたんですが、旬のもんで、ちょっと大問いので、なんやかんやと叶わなかった。

f0056476_2332210.jpg

で、マンハッタンのミッドタウンに、銀行等の最後の手続きをしに行った際、ロックフェラーセンターの広場で、なんとその光景が見れちゃって、めちゃくちゃうれしかった。

f0056476_2334741.jpg

まさかね、見たかった、心残りだったもんが、こんなところで見れるなんて。嬉し過ぎ、小さいことですが、この場に及んではね。

f0056476_23132744.jpg

地下鉄への帰り道、バーグドルフグッドマンのウインドー。年末のディスプレー、今年はもう見られないのが残念だわ。10数年間、この辺で仕事をしてたんで馴染みやったんで、その頃はここの窓見るとなんか気持ちが落ちついてたんです、昔。

今日はヂィスプレー製作中に出くわして、どうやって組み合わせていくのか、その作業をじ〜〜〜っと30分ぐらい見れた。これも珍しいことです。作業を30分もじーと見てるおぼさんってのも珍しいですが………。それほどここのディスプレーに私は価値観を持ってましたんで。

f0056476_2383485.jpg

ウインドー越しに、働くおにーさん(たぶんおネーやと思うけど)と記念撮影。
さよならバーグドルフグッドマンのウインドー。
by machikogunji | 2014-10-19 23:07 | 風景 | Comments(1)
オニオングラタンスープ。
f0056476_1312642.jpg

朝、エルムハーストのマーケットに「貯まった小銭をマシーンに入れて両替」に行ったら、75ドルにもなってうれしかったので、隣りの贔屓のベーカリーで、ニヤニヤしながら朝ごはんの「オニオングラタンスープ」を。ニヤニヤ。
f0056476_1331598.jpg

ここの秋になったら出るコーンスープ味の「コーンマフィン」が1個だけ残っていたので、それも買う。マフィンは滅多に食べない自分だが、これだけは食べるのよね。うまっ。

午後から荷物が出る。あとは身の回りのものを片付けて……って。ここからが私の場合大変。…………トランク2個無理。あぁ、昨日宅急便ですでに3箱出したところなのに………問題は………ぎりぎりまでやろうとしている釣り道具だ。
by machikogunji | 2014-10-16 01:41 | 朝めし | Comments(0)
瀬戸内からの釣り便りが。
f0056476_1463348.jpg

f0056476_1472579.jpg


後輩から、こんな頼りが来ました。

「こんにちは、お久しぶりです。瀬戸内はこれからはアオリイカやマルアジやマルハギなどですが今年は少し釣れにくいかも?(笑)イイダコは釣れてます。(笑)また、宜しくお願い致します。」

えっ、アオリイカ! イイダコ! まずここからでしょうか、来週から。

その前に、今週NYの海をもう一度。ブラックフィッシュ、ケンサキイカに。

釣りは続くよ、海がある限り、どこでも、いつでも……。
by machikogunji | 2014-10-15 01:48 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(2)
友達差し入れのブラックフィッシュとか。
f0056476_23444818.jpg

あと一週間。
キッチン用品もしまったので「デリバリー」「外食」か「差し入れ」でごはんを食べております。

釣ったイカやブラックフィッシュは「丸投げ」で近所の友達に。本当に周りの友達が引っ越しを真剣に手伝ってくれてありがたい限りです。もう何をどうするか、私なんか頭が回らず、友達がうちに来て「状況把握」してくれて、それに従って動いているという………。

向かいのアパートに住む友達にブラックフィッシュをあげたら、えらい凝ったお料理を届けてくれたので、引っ越し手伝ってくれた友達と晩ごはんに。

ブラックフッシュのセビーチェ。あぁこの魚、こうやって食べると美味しいですね。身がしっかりしてるから、食べ応えがします。味、抜群。

f0056476_23494451.jpg

ブラックフシッシュ・フィレのココナッツフレークをまぶしたピリ辛のソテー。きゃー、凝ってますねぇ。これも美味しい。

最後まで自分の釣った魚をこうして食べられることに感謝します。

もう一回釣りに行く予定(えっ、あと一週間だというのに……です)なので、またみんなで食べれたらなと。

今日は、友達が雨の中、わざわざ「おやつ」とか「カレーライス」とかを差し入れてくれた。うちの食器の量がどんなもんであったのか知ってる友達なので、ガランとした部屋を見て「頑張ったね」とお褒めのお言葉。……てか、やらなきゃ帰れないからねぇ。

f0056476_23582659.jpg

近所のギリシャ料理屋で、ちょっと1杯。甲イカ(こちらではセピアって呼びます)のグリルマリネ。いつも釣ってるのは甲が入ってない槍イカとかケンサキイカなんですが、このイカも厚みがあって美味しかったです。あんだけ釣ってるのにまだイカを食べる自分……。

f0056476_005797.jpg

チャコールでグリルしたタコ。このギリシャ風グリルだこは、ニューヨークでいろいろ食べた中でも美味しいものでした。レモンをギュッと絞って食べるんですが、これは高松に帰ったら、ぜひ自分でタコを釣って、この感じに料理して食べようと思ってる。
by machikogunji | 2014-10-15 00:04 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
フォアグラの奈良漬け巻@SHINBASHI
f0056476_12551258.jpg

友人達が晩ごはんに招いてくれたので、マンハッタンへ。
釣り友のクレちゃんが、「美味しかったぜ」と教えてくれた「フォアグラのコンフィの奈良漬け巻」を食べてみた。「フォアグラ」「奈良漬け」………わっ、美味しいっ!


f0056476_1304646.jpg

うちに帰ったら、ブリッジポートの「赤髭」ケビン先生から、今年最後のダリアのプレゼントが。「寂しくなっちゃったお部屋の彩りに」って。それと手作りパスタソースも一緒に。ありがたい限りだ。
by machikogunji | 2014-10-12 13:03 | 和食 | Comments(2)