ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2014年 02月 ( 87 )   > この月の画像一覧
アルカージー爺
f0056476_22141932.jpg

今回、イリメニ湖での釣行を指南してくれたアルカージー師匠。生粋のロシアの人でした。
アメリカは好きじゃないそうです。爺さんはウラジオストック生まれ。だから海の魚の事もよく知ってました。
この湖を愛しているそうです。73歳。ここで好きな釣りをし続けるんだそうです。
この人に会えた「縁」を私は一生大事にしたいと思います。
釣りやっててよかったとつくづく思った。そして涙が出そうになった。
f0056476_2144911.jpg

通訳の人に入ってもらっての会話だったわけですが、釣り好き同士で通じるものが山ほどあり、「あぁ言葉だけじゃないな」とも思った。
ウォッカを飲んでからは、もう2人でキャーキャー言った。でも押さえておきたいことはちゃんと聞いてきた。
今年のこの異常な温暖について聞いてみた。
「寒くないのは、爺さんにとって良い事か悪い事か」
「悪いことだ。湖が乾き過ぎる。雪が残ることで、湿気が残り、魚や草や木が潤い春につながるんだよ。だから雪が降らないのは困る」。爺さんはずっと農場をここでやってきた人だ。この辺りの自然の循環のことは誰よりも知っている人だ。その人がこういうのだ。ロシアにはロシアの魚がいて植物がいて、厳しい自然の中でもその環境に適応して育っていくわけだ。人も同じなんだろうな。
f0056476_215220100.jpg

ここでの釣りの「好条件」を聞いてみた。「南風が吹く時がいい」とのこと。今日は南風ではなかった。
f0056476_2221819.jpg

f0056476_225715.jpg

「釣りってのは、釣れる日もある、釣れない日もある。それが釣りだ」と一言。この言葉は正しい。そう思って今まで私も釣りをやってきた。
大丈夫よ、そういうことにこだわりはないの。たくさん魚が釣りたくてここに来たんじゃない。ロシアの釣り師達がいったいどういう処で、どういう考えで、釣りを楽しんでいるのかが、一目でいいから見たかったのだと伝えた。「おまえ、変な奴だな」と笑ってたけど。はい、私はへんなおばさんです。
f0056476_21592698.jpg

すると、師匠にあたりが。「魚が回ってきたぞ。おしゃべりばっかりしてないで、おまえの竿もチェックしろ」。
f0056476_2215569.jpg

「ほれっ、俺の竿に来たぞ。小さいけど釣れたぞ。おまえが見たかったイリメニ湖の魚だ」
f0056476_2234129.jpg

f0056476_2241237.jpg

「逃がすか?」
「いや、食べる。どうしても食べたい。」
(つづく)
by machikogunji | 2014-02-28 22:12 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
セッティング。
f0056476_2175753.jpg

竿、ニューヨークで使ってるのより、より簡単、より明確。
f0056476_2181838.jpg

竿先にセルロイドが付いていて、伸縮するので、それを調整する。糸は5パウンドぐらいかな。日本製のサビキを持ってってたけど却下される。ロシアのやり方で良しと。
f0056476_21123477.jpg

師匠の年季の入った手作りの道具入れ。頑丈に作られている。
くれたよ、最後に。
「こんなんいつでも作れるから、持って帰れ」と。涙が出そうになった。一生の宝にしたい。
うちに帰って中を見たら、師匠の竿も入っていた。針も、穴の氷をすくうおたまも。
f0056476_21155493.jpg

この道具箱は、典型的なロシアの釣り師のオールドスタイルの道具箱です。年配の人達は、みんな氷に穴をあけるドリルにこの道具入れを引っ掛けて、肩に担いで氷の上を歩いている。木製ですが、頑丈にするためにブリキを打ち付けている。
f0056476_21161625.jpg

釣りする時はこの上に座って、椅子代わりにします。
手袋は必ず4本指と親指の2つに分かれたミトンです。5本の指に分かれた手袋はすぐに指が冷たくなってしまうので、必ずこのミトンを使うそうです。借りて手を突っ込んでみましたが、なるほど、この方がダントツに暖かかった。
by machikogunji | 2014-02-28 21:19 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
ここ掘れ、ワンワン。
f0056476_2035683.jpg

氷、20センチ以上は張ってました。マニュアル方式でグリグリと穴開ける。
f0056476_2036142.jpg

アイスフィッシングでこれはどこも一緒ね。
f0056476_20362188.jpg

周りにも何組かいたので、この辺りがポイントらしい。
f0056476_2036465.jpg

師匠が浅いからって言ってましたね。
by machikogunji | 2014-02-28 20:44 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
ハラショーと叫んでみた。
f0056476_20242487.jpg

空を見上げて叫んでみた。

ハラショ〜〜〜〜〜〜!!!

f0056476_20511368.jpg

みんなもハラショ〜〜〜。

f0056476_19512045.jpg

湖上をしっかりと踏みしめてみた。

f0056476_19535796.jpg

あまりにも、はしゃぐ私に、親爺、凍る。
by machikogunji | 2014-02-28 20:24 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
氷上のロシア紳士。
f0056476_237101.jpg

来ちゃったよ、イリメニ湖。北緯58度 東経 31度。(北緯58度はカムチャッカ半島とかアラスカ湾とかおんなじ)だから、寒いはずだのに、今年は超異常気象で温かい。ってもマイナス5度ぐらいかな。

面積982 平方キロメートル。琵琶湖よりか大きいっす。で、これまた何かすごいのが水位によって、 733平方キロメートルから、なんと2090平方キロメートルまで変動するらしい。ってのも、この湖には五つの川が流れ込んでいるわけ。で、湖から水が流れ出ていくのは、この5つの川以外のヴォルホフ川だけ。この川は、ヨーロッパで最大の湖「ラドガ湖(飛行機からよく見える)」に流れ込み、そこから今度はネバ川を通ってフィンランド湾に出て行くそうだ。

師匠の選んだ場所は、ここへ来る時に通った車がいっぱい停めてあった場所とは違い、「もっとどんどん奥に行け」って、運転手「え〜〜〜っ、こっから道って道がないんすけど……」と。師匠強気「日本車の四駆だろ。行ける行ける。文句言わずにどんどん行けっ」と。いやぁ、素敵な日本車ドロドロねっ。

おっ、車が数台停まってる。ここね、師匠のおすすめ場所は。完全に常連組だけのポイントって感じ。

f0056476_010833.jpg

あっ、人がいる、遠くの方に。さぁ、各自荷物持って、あの辺まで行くぞ〜〜。
f0056476_0202058.jpg

……氷ツルツル……、進まない。師匠と弟子、スタスタ行っちゃって、どんどん小さくなっていく。待って〜〜〜〜っ。ここで迷子になったら絶対家に帰れん。……誰も待ってくれずスタスタ行っちゃったぁ。
f0056476_0141072.jpg

なんかおじさんとすれ違い、何となく愛想笑いを振りまいてみたら、反応が。ニコッと笑ってくれた。普通のロシア人笑わないのに、釣り師は笑う〜〜〜ぅ。感激。そして素敵ないでたち。ロシア人的釣りのいでたち。すてき。惚れてまうやんか〜〜。本日のベストドレッサー賞はあなたに。
そんなこと言ってる間に、また遅れをとってしまった。みんな歩くの早過ぎ。
f0056476_0102439.jpg

あと、ちょっと。(つづく)
by machikogunji | 2014-02-28 20:23 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
行くぞ釣り。
f0056476_19564922.jpg

2月20日
5:30AM うちを出る。少し雪。さすがに夜明け前は冷える。
f0056476_19512261.jpg

5:40AM ゴリコフスカヤ地下鉄駅。ここまで来ると早朝出勤の人達がいるね。例の長い長いエスカレーターで潜る。地下鉄は24時間とはちゃいます。夜中は動いてません。日本と同じ。
f0056476_19514740.jpg

5:55AM ネバ川を潜って1つ目の駅「ネフスキー・プロスペクト/血の上の教会出口」。ここで通訳してくれるカオリちゃんと待ち合わせ。
f0056476_19521250.jpg

6:00AM カザン聖堂横の駐車場で4人落ち合う。世界遺産の前だわさ。ここから車で出発。
f0056476_19525022.jpg

旧市街を抜けて、ハイウエイに入ったら、ここから道、ずっとまっすぐ。ズーッとまっすぐ。ペテルブルグを南下してモスクワ方面へ。どんどん建物がなくなって白樺の森を抜けていく。普通の日の朝なのでトラック多いな。ハイウエイに乗ったらアメリカと一緒ね。ガソリンスタンドも一緒。
f0056476_1953185.jpg

1時間半ぐらいで、サイドに車止めてタバコタイム。1服が旨い。だんだんいつもの釣りモードになってきたよ。
f0056476_19533187.jpg

夜が明けてきたが、曇りでどんより。ってかこの街の冬は晴れ上がることは滅多にないそうだ。厳しい。あと1時間半走る。運転うまい。
両サイド白樺ばっかなので、白樺についてバカな質問投げてみた。
「白樺の葉っぱって葡萄の葉っぱのように食べれんの?」
「聞いたことないな。でもメイプルシロップのように木に穴開けて、シロップをとるんだ。それをジュースにして飲むってのはあるよ」
「その採りたての白樺の蜜ってどんな味なの」
「涙の味がするんだよ」。
涙の味…………、ロシア人ってみんな詩人かと………、その表現にえらく感動した。


f0056476_2037213.jpg

ノブゴロドに到着。街ですここは。街を抜けて道は続く。相変わらず白樺。古い小さい教会がポツポツあったりする。外観は荒れているが、中は素晴らしいところが多いとのこと。
私にゃもう分からないローカルの道に入る。学校はわかったが、他にたまに出て来る建物は、何だか分からない。工場なのか、ゴミ捨て場なのか、廃墟なのか……こういう荒れ方はあまり見たことなかったな。もひとつローカルの道に入ってからは家すらなくなった。ひたすら続く荒野
突然光りを放つでっかい平屋の建物が出て来た。
「あれ、何?」「きゅうり工場」。胡瓜のハウス栽培ね。でかいの一言。

11:00AM 師匠の家に到着。「うちでお茶飲むか?」ってんで「はい、飲みます」。
4人でぞろぞろお邪魔する。犬、猫、じいさん、古い家……コマが揃い過ぎに感動。
f0056476_2114045.jpg

じいさん、一目見た時分かったよ。これは間違いない釣り人だって。
さて、この雪のない中で果たしてアイスフィッシングはできるのか。と、不安であったが、じいさんの目見て「こりゃやらせてくれるな」と確信持った。その予感は当たった。

「おまえか、アメリカから来た日本人ってのは。よー来たな。で、釣りやりたいんか」
「はい、氷の上でやってみたいっす」
「で、やった事あるの、釣り?」
「はっ、ちょっとは」
「ふ〜ん。今年はあったか過ぎるぞ。雪ないし」
「分かってる。でも、ロシアの人が冬、どんなところで、どうやって釣りをしてるのかだけでも見たい」
「ふ〜ん、けったいな子やな。ほな連れてったる」
「釣れなくてもいいです、見たいから」
「それじゃ、釣りやないやろ、釣らないと。たくさん釣れるか、ちょっとしか釣れんかはあるけど、釣れるよ」
「どんな魚が?シシャモはいるの?」
「ここにはシシャモはいない。どんな魚かって………ほい、これじゃ」
と窓際から持って来て机にバランと広げたのが、この魚でした。
f0056476_21204427.jpg

「じゃっ、とっととお茶飲んで、行くぞ」。
(つづく)
by machikogunji | 2014-02-28 20:22 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
ロシア23日目朝ごはん(完)
f0056476_1711286.jpg

ロシア、最終日朝ごはん:お粥さん、梅干し、塩昆布、日本茶。


f0056476_17124197.jpg

f0056476_171427100.jpg

こちらに来て、1日目から23日目までの朝ごはんをブログに淡々と揚げてきました。
ロシアに来てまで、なんだこりゃと思われた方も多々いらっしゃるでしょう。
でも、毎日見てくれた方が1人でもいたら幸いです。

うちら夫婦にとっては、とても大事な時間であったな。何を食べるかとか、何が美味しかったというのではなく、2人で朝、ごはんを食べるということは何よりも「至福の時間」でありました。

ここがニューヨークであろうが、ロシアであろうが、日本であろうが、こういう時間をまた共に過ごせますように。

ごちそうさん。 お粗末さんでした。
by machikogunji | 2014-02-28 17:25 | 朝めし | Comments(5)
羽根付き焼きペリメニなんぞを。
f0056476_1155010.jpg

ロシアの餃子「ペリメニ」。どこでも売ってるし、誰もが食べている。普通は茹でるんですけど、焼いちゃだめなこたーねーだろっと、羽根付きで焼いてみた。これっ、おいしっ。
f0056476_11584821.jpg

タコとマーシュのセビーチェ。
f0056476_15124171.jpg

もう帰るので、とっておきの「静岡の鰻」を。この鰻、日本からニューヨークへ、ニューヨークからロシアへって、長い旅をしてきた鰻様です。やっぱ美味しいね、日本の鰻。
by machikogunji | 2014-02-28 12:03 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
ピローグでも。
f0056476_11365825.jpg

ロシアのパイ「ピローグ」を食べに。今日のは、酸っぱいシリーズ第2弾「キウイ」を。甘酸っぱくて美味しかったなぁ。エスプレッソと一緒に。
f0056476_11502562.jpg

チョコ味もなかなかイケた。満足だわ。
by machikogunji | 2014-02-28 11:46 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
ロシア23日目朝ごはん
f0056476_17484870.jpg

ほうれん草を大量に買ったので、新しいうちに使っている。まっ、おひたしが一番美味しいけどね。

23日目朝ごはん:鶏ベースのスープにキクラゲ、ほうれん草、玉葱を入れたライスヌードルスープ。ちょっとベトナムのフォーっぽい味付けにしてみた。
by machikogunji | 2014-02-27 17:56 | 朝めし | Comments(1)