ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2012年 07月 ( 68 )   > この月の画像一覧
芹とごぼうのマヨごま和え
f0056476_157013.jpg

今日の前菜。香りのいい組み合わせは、芹(韓国マーケットより)と牛蒡(中華マーケットより)のマヨ胡麻和え。牛蒡は千切りにしてしっかり茹でてます。芹はさっと。マヨ胡麻ってのは、マヨネーズとタヒーニを合わせてます。牛蒡が茹であっがたら熱いうちに出汁醤油を少しかけて味を滲み込ませてとくといいです。
f0056476_22278.jpg

鰹のタタキ。美味しかったので今日も食べた。これは冷凍のものなので、解凍して切る時、3面とも全部炙ってるのだが、けっこう冷凍ヤケしてることがあるので、1面は表面を包丁で削った方が美味しいく柔らかく食べられるってのが判ったわ。
f0056476_264045.jpg

シシトウの焼きびたし。韓国スーパーできれいな小粒なのがあったので買ったんだけど、ん〜〜〜っ、辛いのがあり過ぎ。3つに1つが辛いぞ。ドキドキしながら食べるのもなんだな。
by machikogunji | 2012-07-31 02:09 | 和食 | Comments(0)
クイーンズ漫遊記
f0056476_1528232.jpg

フラッシングで飲茶を食べた後、メイシーズの横にできた中華モールへ行ってみた。噂には聞いてたけどでかい。地下はいろいろなタイプの小店が入った飲食スペース。なんか大きな木の器や金盥に入った鍋料理が流行ってるんだろうか。みんな食べてたぞ。1階奥はスーパーマーケット。魚介類のコーナーがなかなか充実してた。野菜もきれいだし。ここもでかい。2階は若い子の洋服屋が連なる。3階は1フロアーが中華レストランになっていて飲茶が食べれるみたい。なんか日本のイオンとか似てる雰囲気。しかしこちらの方が人々に活気があるんじゃないか。中国パワー炸裂だ。

その後、パリス・バゲットっていう韓国系のパン屋が入ったビルへ。この店もいつ行ってもよく流行ってる。ペーストリーはもちろんのこと、ドラ焼きやカステラまで売ってます。

そして、お次は車で移動。Bowne St.沿いにあるインドのヒンドゥー寺院を見学。ここの建物はちょっとすごい。まさにインドって感じなんです。一般の人も入れるので寺院の中へ。入り口で靴を脱いで、中に入ると信者の人が熱心にお祈りしてました。邪魔にならないようにそっと寺院内を回り、地下にある大きな食堂でマンゴーラッシーを飲もうと思ったんだが長蛇の列で断念。

レアな韓国料理店が店を連ねる、ロングアイランド鉄道のマレーヒル駅一角を通り、今度は食糧の買い物に、ユニオンSt.の韓国スーパー「Hマート」へ。いろんな所にHマートありますが、私はここのこじんまりした店舗が好きなんです。買い物し易い。で、ここでしか買えないものを物色、野菜はノーザンブルバードの中国スーパーで。新鮮な野菜が韓国スーパーのほぼ半値で買えるもんねここじゃ。
f0056476_1623929.jpg

帰り道、イースト・エルムハーストの31Ave.沿いのモールの中にある、私のお気に入りベーカリー「Cannelle Patisserie」でお茶。ここ、安くて美味しいケーキで人気なんです。おじさん、おばさんが圧倒的に多いんです。もれなく私もおばさんだし。フランボアーズのショートケーキ、美味しいのよね。

で、家に戻ってきた。このコース、後輩気に入ってくれたようだ。クイーンズは奥が深いっす。
by machikogunji | 2012-07-30 16:09 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
飲茶
f0056476_13485524.jpg

久しぶりに飲茶です。後輩と行ってきたんですが、顔馴染みのウエイトレスさんに「あらっ、今日は息子さんと一緒?」って。親子に見えたようでムカツきましたで。「ちゃうわよ、友達よ」と思いっきり肩を叩いてやったぞ。
f0056476_13494640.jpg

いつもより1時間行くのが遅かったので満員。よく流行ってるなぁ。
f0056476_13501498.jpg

頼むものはワンパターンですが、後輩にとっては新鮮なチョイスだったみたい。
f0056476_13505295.jpg

たっぷり食べて、今からクイーンズ漫遊の旅に。
by machikogunji | 2012-07-30 14:55 | チャイナタウン | Comments(0)
鰹タタキと納豆奴
f0056476_12522490.jpg

台所のペンキを塗りながらオリンピック観賞のおとなしい日を過ごす。しかし、冷蔵庫に食糧がなくなり、ちょっと日本食を買いに。立派な冷凍タタキを買う。木綿豆腐と納豆も。インドの八百屋に寄り、大根と里芋も。これで2日は持つだろう。
f0056476_12581197.jpg

この冷凍の鰹タタキはよく買っている。こちらの海でカツオ捕まえるのは運まかせだからなぁ。マグロ釣りに行くとたまに引っかかるようだけど。四国育ちなんで、高知のタタキで育ったもんな、どうしてもこのくらいの季節にはタタキが食べたくなるの。ちょっとだけ解凍して、包丁で袋ごと半分に切り、半分は冷凍庫に、半分を食べることに。今日は思いっきり食べるぞ。袋から出し、ペーパータオルにきっちり巻いて解凍。皮を下にして切り分けて、ネギ、醤油漬けのにんにく、生薑で食べる。あっ、タマネギのスライス忘れた。けど、旨い旨い。大根とキュウリで作ったツマを横に添えて。
f0056476_1354695.jpg

冷や奴の上に納豆を載せて、大豆+大豆なおかず。
f0056476_1381851.jpg

それと、胡麻おにぎり。
体操、内村君に何が起こったんだろう。会場のピンクピンクがいけないのかなぁ。オリンピック前に、NHKで彼の体にいろいろ器具や線をつけて、自衛隊の飛行機の模擬シュミレーションみたいなのに乗せたりして、科学的というかそういうやり方で体のメカニズムを探っていた番組を見たが、今となってはなんかそれが痛々しく思うのは私だけか。団体戦、頑張れ。
by machikogunji | 2012-07-29 13:20 | 和食 | Comments(3)
ロシア・五つの自分土産(4)
f0056476_5283456.jpg

酒です。ウォッカです。今回はご当地ウォッカ、買ってみました。これ、よく売れてました。安いっす、ほんまに。まるでトレジョのワイン価格です、普通に。小さい瓶にしました。持って帰るの大変だし、飲み過ぎないためにも。味的にはそりゃベルーガとかが全然おいしいですが、普段飲むのにいいかなっていう味でした。
ボトルデザインは、ペテルブルグ名物の、ネヴァ川に架かる橋が、夜中に次々と上がっていくやつです。跳ね橋ってやつですが、最後の夜に見に行ってきました。橋が上がるのはニューヨークでもマイアミでも珍しいことではないので、「それがどーした」系で見に行ったんですが……、ひどく感動しました。バックの風景が違う。この町、夜のライトアップ、根性入ってます。
f0056476_5335349.jpg

美し過ぎです。旦那のアパートはネヴァ川を渡ったパトログラーツキー島なので、跳ね橋の背景には、それはそれは美しいエルミタージュ美術館のライトアップされた姿、遠くにイサク聖堂、手前にはスパースナクラヴィー教会なんかがもろ見える。
f0056476_652023.jpg

歴史的景観地区のネヴァ川沿いには大きな建物ってのは全くないので、左右に文句なく広がる夜景が見えるんです。それを背景に真夜中に跳ね上がる橋がひとつになって眺められる。こりゃ絶景ですな、どう考えても。しかし、それを見るための夜のツアー観光のバスが家の近くの川沿いにずらりと並び、いい場所は観光客でいっぱい。「夜」「岸壁」「ライト」「人々」…、景観は別として、これどっかで体験してるな、しかもけっこうよく……、あっ、イカ釣りだっ! エルミタージュを前にしてイカ釣りを思い出してしまった自分はロマンチスト失格だな。ひょっとしてこの川に、この灯りにイカが寄ってきてたらどうしようと、思わず水の中を覗き込んだ自分が情けない。ってか、イカ中毒が治ってないぞ北の果ての国にまで来て。
f0056476_6491181.jpg

エルミタージュ美術館サイドだけ跳ね上がったトロイツキー橋。半分のこちらサイドはそのままなので、(といっても橋は真っ二つに割れている状態)地元の中学生ぐらいかな、みんな自転車で夕涼みにきて何やら楽しそうにおしゃべりしてました。向こうにはリチェイヌイ橋が両方上がり、空には三日月のお月さん。午前3時頃の光景です。
面白かったことを一つ。地元のガキンチョ達、さすがにどの橋が何時に跳ね上がるかよーく知っており、橋の上がるちょっと前に警官が車両を封鎖するバリケードを張る直前に、暴走族風バイク軍団が、観光客の集まる中を思いっきりエンジンふかして自慢のバイクで突っ走るんです。直線コースなんで、かなりスピード出してるの。もう観光客にヤンヤヤンヤの大受け! 警察は見て見ぬ振りなのか、捕まえない。寛大なのよね。バイク側もむちゃはしてないの。だから警察と暴走族、いい関係なのかな。これ、かなり面白かったです。ペテルブルグの白夜の観光の一つにぜひ入れてもらいたいもんだ。
by machikogunji | 2012-07-29 06:32 | ロシア趣 | Comments(0)
シーバックソーンの生ジュース
f0056476_482995.jpg

旦那の職場には「従業員専用ベリージュース」ってのがあるんだそうだ。従業員は、この生ジュースを好きな時に好きなだけ飲めるらしい。旦那も職場に着くとまずこのジュースを1杯飲んで仕事を始めるんだって。ずいぶんと健康的になったもんですな。自分で栄養とか管理しないと病気になっちゃうと自覚したみたいだ。気温が下手すると−30度いっちゃうという冬場に備えて抵抗力を付けとかないと、めちゃくちゃ怖いロシアの病院(一回健康診断に大学病院に行かされて、その暗さと建物と医療器具の古さに驚愕したらしい)に連れてかれるのを本気で怖れてるみたいだ。生ジュースはこの季節は2種類あるそうだ。一つは真っ赤なベリーのジュース。飲ませてもらったが、数種類のものが入っていてさらっとしてあっさりしている。ジュース作り専門の人がいるだけあって、さすがに既製のものとはお話にならないぐらい美味しい。甘すぎずすっぱ過ぎず絶妙。
もう一つってのが、この深いオレンジ色のジュース。使われてるベリーはシーバックソーンて言うものです。このシーバックソーン(sea buckthorn)、ロシア語でオビルピーハ(облепиха)っす。発音これでいいのかは胡散臭いですけど。日本にゃ北海道辺りでちらっと作ってるところあるみたいですけど、一般的ではないベリーです。これってものすごい栄養価があるベリーみたいで、果物で唯一オメガ3が入ってるらしい。ビタミンも豊富。「ミラクルベリー」と呼ぶ人もいるらしい。旦那の周りのロシア人は口を揃えてこのシーバックソーンを褒め称えるそうです。で、どうやってジュースにするんだとジュース作り専門家のおにーさんに旦那が聞いたところ、採れる時期にたくさん採って、渋みがあるからそれを冷凍しとくと、甘さも増して渋みも取れるんだそうだ。そして、それをジューサーで潰して漉すとのこと。
どうしても飲みたかったので、旦那に持って帰ってもらい飲んでみると、ウヒョーッ、濃いぞ!そしてなんとも言えない美味しさ! 以前、パック入りのものをニューヨークで飲んだことはあったのだが、独特の癖がある味で、私は大丈夫だったけど、友人はだめだったってことがあったんだけど。この生のジュースはめちゃくちゃ美味しいやん。ぜんぜん既製のとちゃうやん。なんかマンゴージュースっぽい方向性の味と粘りかな。この粘りは果物から出る油脂で、シーバックソーン油ってのも売ってましたよ、フツーに。いやぁ、ロシアじゃとってもポピュラーなものなんですねコレ。そして栄養価の高い優れたジュース、旦那さん、毎日ぜひ飲んで丈夫な体を作ってくださいね。今度この木の実の冷凍があるかどうかロシア人街に探しに行こうと思ってます。あったらまたブログに載せますね。高くないといいのだが。
f0056476_441197.jpg

by machikogunji | 2012-07-29 04:41 | ペテルブルグ/2012夏 | Comments(1)
ロシア土産・ちょっとオモシロ番外編
f0056476_3491544.jpg

新しいコンピューターがめちゃくちゃサクサク動くので、ロシアへ行った時の事をもう少し更新することにした。しかし今時のコンピューターはここまでサクサク動くんだな。長い間知らなかった。みんなに言うと「フツーだ」と言われた。フツー……、そうだったのか。i-phoneを握りしめて寝なくてもよくなったわ。といっても私のは3Gですが、まだ当分これで頑張るつもり。
で、ロシアで一緒だったマサコちゃんのお土産はコレ。アパートの横にあるしけたスーパーマーケットで見つけた「激しいコップ」ですが、今の時代となっては、この方々も安売りのシロモノのガラスコップにこうやって貼り付いてらっしゃるだけの存在になっちゃったのね。買う時、どっちにしようか迷ってたので、おばちゃんに「どっちがいい人でどっちが悪い人なの?」と訊いてみたら、前方がいい人で、後方がとっても悪い人だと言っていた。あなた、判ります?この人たちのお名前。前方の人はロシアに旅行した事ある人であれば、ロシア中のあちこちにこの方の銅像があるので、さすがに顔、覚えちゃいますよね。一体、この人の銅像、ロシアにいくつあるのか誰か調べてもらいたいな。
f0056476_413110.jpg

こちらは、ペテルブルグの旦那んちがあまりにもガランとしてるので、冷蔵庫にペタペタとカードとか貼って賑やかにしてきました。ちょっとロシアチックなのを選んだつもり。剥がさないでね、よろしくです。
by machikogunji | 2012-07-29 04:04 | ロシア趣 | Comments(1)
ハラブレッド
f0056476_3245841.jpg

オリンピックばっか見てます。こちらはNBCが独占の放映権を持ってるので、USAチーム中心のプログラムになってるので、日本チーム全てを見ることはできないんだけど、それでもサッカーとかはリアルタイムで流してたので、しっかり見れた。感動した。今日はぜんぜん普段見ない、見たことのない「乗馬」を見ながらの遅い朝ごはん。う、うまの鬣がフェルトのボンボンみたいでめちゃくちゃかわいいやん。傍で見てみたいもんだ。ジーッと画面を見てるが、笑えるほどルールがわからんな。まぁいいか。ラフな格好の好きなアメリカ選手も乗馬の時はあのかっちり・きっちりした格好をするんだろうか。カウボーイの格好じゃ怒られるのか。こういう競技は各国の民族衣装でやってもらいたいな。しかし、いい馬なんだろうな、サラブレッド。偶然に今日のパンはハラブレッド。なんかうまくゴロの合ったパンだったなぁ。ラップかっ。と、一人つっこみな週末のお昼。
by machikogunji | 2012-07-29 03:43 | 朝めし | Comments(0)
ハーブいろいろペペロンチーノのたらこと水菜和え
f0056476_2425158.jpg

お昼ごはんに、昨日いろいろなフレッシュハーブをもらったので、それでパスタ。
オリーブオイルでハーブとガーリックととんがらしを炒めて、香りが立ったら取り出します。茹でたパスタの汁を少し入れ、思いっきり混ぜて乳化させ、
パスタをからめる時に、ほぐしタラコと生の水菜を一緒に加えて軽く混ぜてできあがり。すぐできます。
f0056476_247015.jpg

香り抜群。いいお昼ごはんだわ。
by machikogunji | 2012-07-28 02:49 | 洋食 | Comments(0)
ベロンベロンって。
f0056476_0535283.jpg

魚屋に面白い魚がいました。絶対わたしが買うと思ったのでしょうか、店主すごくお薦めしますが、買いませんでした。店主「これは刺身にはできないゾ」って、そんなんわかっとるわ。ダツの一種でしょうね。ギリシャ人店主いわく「スープにすると最高だぞ」と。新しいチャイニーズの店員さんは「蒸して食べると最高だぞ」と。だいたいこの線ですよね、各国の人たちの意見て。ここにイタリア人が加わると、「トマトとタマネギでベイクすると最高だぜ」ということになるんであろう。
うちに帰って調べてみると、日本のダツとは違うみたい。サンマとかサヨリもダツ目の魚なんだということが分かった。調べてみるもんだな。で、この魚の学名は「ベロンベロン(Belone belone)って言うそうだ。ベロンベロンって…。あたしじゃないですよ。
by machikogunji | 2012-07-28 01:01 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)