ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2012年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧
黒いサンドイッチ
f0056476_13553791.jpg

今日は朝から晩まで、コンピューターと睨み合いをしていて、ぜんぜんお腹が空かない空かなかったので、晩ご飯は軽く。冷凍庫でキンキンに冷えたコレを少し。いや、キュッと2杯ほどショットグラスで。
f0056476_13591033.jpg

朝作っておいた黒パンの胡瓜と卵のサンドイッチ。それにスライスハムを少し。朝ご飯のようだ。いや、朝から酒は飲まないか。
by machikogunji | 2012-05-30 14:03 | 洋食 | Comments(0)
壷焼き肉じゃがの味@Brighton Beach
f0056476_2155490.jpg

JFKでスペースシャトルを拝んだ後に、海辺のハイウェーをぐるりと回り、ブルックリンのブライトンビーチへ。ロシアで使う携帯電話のことがよく判らないので、電話屋で直接ロシア人に聞いてみようと。前回自分の携帯を持ってったら予算以上に料金が高かったので、同じ失敗をしないために念には念をです。おばさんなのでこういうことにめちゃくちゃ弱いんです。結局いろいろ話を聞いてみると、現地で安い携帯電話&SIMカードとプリペイドカードを買うのが一番安上がりということが判った。ってことで電話の悩みは解決。ちょうどお昼となったので、ごはん、ごはん。ブライトンビーチもよく通っていると、だいぶんどこに何が売ってるかとか判るようになり、ウロウロする範囲も徐々に拡大している。ちょっと文字も読めるようになってきた(意味は判ってないし、会話にはほど遠いが)ので、ますます楽しいぞ。
メインの高架下の商店街をちょっとはずれた横町に、なんかでっかい壷がキャナピーの上に乗っかっている。なんじゃココは?と寄ってみると、小さな食堂。人気があるようで、狭い店の中はいっぱい。ちょうど1組食事が終わって出てきたので、とりあえず入ってみることに。
f0056476_345725.jpg

「VARENICHNAYA」って名前の店で、店名にもなっているロシアの茹で餃子ヴァレニキがウリのよう。ロシアというかこれはたぶんウクライナ系のお店だな。ヴァレニキよりも小さな餃子「ペリメニ」や、クレープに具を入れて四角く折りたたんだ「ブリンツ」もあり。みんなこれらを目当てに来てるようだ。
メニューを見てると、コーカサス地方の料理もけっこうあった。私はどちらかというとそちらの方が好きで、ここは軽くスープでいいかなと、まだ試したことのなかったグルジアの名物スープ「ハルチョー」を頼んでみた。これはお米とラム肉、トマトや野菜を煮込んだピリ辛の具沢山スープ。けっこうこってり系のスープだと聞いていたが、ここのぜんぜんそんなことなかったな、美味しい。ごはんが入ると安心するのはやっぱり私がアジア人だからなかな。スルリと完食。スープは他に、ロシアの定番「ボルシチ」、ウズベキスタンの煮込みうどん「ラブマン」、本家はトルクメニスタンだけどここのはウズベキスタン・スタイルのあっさり系肉と米とじゃがいもと香草(トマトは入ってないのでスープは緑色系)のスープ「シュルパ」があった。どこがどうウズベキスタン・スタイルなのかは今度注文した時に聞いてみようっと。それと、ロシア方面で夏に食べるスープ「オクロシュカ」ってのも書いてあったんだが、まだ始めてないとのこと。日本人が「冷やし中華始めました」という貼紙をみて「あぁ夏だな」と思うのと一緒なのかな、このスープ。食べてみたいぞ。って感じで、なかなかスープ系に強いお店だ。
f0056476_3321982.jpg

もう1つ、店頭に高々と飾られてある、あの壷の食べ物はぜひ食べてみたかったので、お店の人に聞いてみると(ここの店主のおばあちゃん、めちゃくちゃ美輪明宏にそっくりです!!髪型と色(黄色じゃないけどシルバーなので光の具合で黄色に見える)からメーキャップ、あの眉毛の形までそっくり)、「ジャルコーエ」ってやつで、豚肉とじゃがいも、玉葱を一回炒めてから壷に入れてオーブンで温めてるんだそうだ。日本的に解釈すると「壷焼き肉じゃが」ってところだな。いい感じじゃん。即オーダー。ジャルコーエってのがこの壷なんだそうだ。こんな感じで登場。薬味には青葱とロシアお約束のディルがかかってます。これっ、おいしっ!!ほんまに肉じゃがや。むしゃむしゃいけます。醤油とみりんなしなのに肉じゃがの味にちゃんとなるのねとびっくりした。これもまさこ姫と2人でスルリと完食。
f0056476_332076.jpg

あと、パンが面白かった。この記事を書いた後日、イスラエル在住のブログを通して知り合ったsarahさん(sarahさん、すごい人っす。ものすごく勉強されている。これからもいろいろ教えていただきたい。勉強したいっす。)が、きちんと調べてくださった結果、このパンは、ブハラ・ジューイッシュの人達が食べる伝統的なパンであると判明。私は「ウズベクスカヤ・レピョーシカ」と簡単に書いてしまったので、もう一度調べてみたら、あぁ、これは一言では語れないと。もともとブハラ・ジューイッシュの人達のパンであるのだが、歴史を溯る事2世紀半ですか。めちゃくちゃ簡単に言うと、ブハラ・ジューイッシュの人達が食べ続けてきたパンが、歴史と共にウズベキスタンの人達と共有するパンになっていき、そしていろいろな形に進化したようです。総称してレピューシカってことで括ってるようです。ほんと一言では言い切れない、この地域には「食文化の歴史」が渦巻いてるんです。しかし、今回のパンは、典型的なブハラ・ジューイッシュのトラデイショナルな形をビシッと守った形のパンであったようだ。ってことは、その場ではなーんも知らず、丸ごとは無理なのであらかじめ半分にしてもらって食べた次第。「ぷっくらでかなりの塩味。真ん中に剣山のような針状のもので花柄を押してから焼いてるのがかわいい。欲しい、これっ、面白い。ロシアに行って探してみたい料理器具のリストに入れとこう。」と軽くまとめてしまったの。パンの歴史ってすごいかも。味よりも歴史背景に興味そそられます。sarahさん、ありがとう。
このように、アメリカでロシア料理と看板提げてるお店、奥が深過ぎだなぁ。ロシアだけじゃないのね、どこも。ロシア料理というもの自体の存在があやふやなのは最近判ってきた。フランス風あり、アジア風あり、アラブ風あり、いろいろなものが重なり合ってるんですね。興味はますます深くなる一方です。
★VARENICHNAYA:3086 Brighton 2nd St., Brooklyn
by machikogunji | 2012-05-30 03:54 | 外ごはん | Comments(3)
おつかれさまでしたっ、スペースシャトル。
この前、旦那をJFK空港に見送りに行く時、ボケッと車の窓から外を見ていたら、なななんとっ、スペースシャトルらしき物体が格納庫にいたわけよ。他の飛行機とは確かに違うその姿、何か神々しいオーラを出してました。偶然なんで、うちら夫婦の驚きも並じゃぁなかった。
で、あの光景が目に焼き付いてて、ほんじゃぁ、も一度この目で見に行こうと、まさこ姫と一緒にJFKへ。もういないかもしれないなぁとも思いましたが、まっ、そこは運。クイーンズ方面からヴァンウィック・ハイウエーを抜け、空港の入り口を少し走るとロングタームのパーキングの向こうに確か見えたはず。わっ、いましたっ!!! どこのEXITで降りて脇道に出るかは判らないので、とりあえず右手にシャトルを見ながら通り越し、ターミナル1を抜けてもう一度空港入り口の道路に戻る。今度は、ちゃんとロングターム・パーキング方面の出口を下り、脇道に進めたぞ。あとは一直線。ガソリンスタンドを越えた辺りで、ギャ〜〜〜ッ、遠くに見えてきたぞシャトルが〜〜っ。とりあえず曲がれるところを右折したら、運良く駐車場があった。車を止めてフェンスに走り寄る。おばさん2人猛ダッシュだ。
f0056476_1049774.jpg

うわ〜〜っ、真正面にスペースシャトルが見える。絶景。
f0056476_10535757.jpg

きゃ〜っ、シャトルこっち向いてるっ!
こうなると、もっと近くから見たくなるんです、人間の欲望のひとつなんでしょうか。
f0056476_10581348.jpg

見学の場所替えです。もっと近くにいい場所見つけたんで。ほ〜ら、今度はサイドからもっとディテールが見えます。手前のアスファルトの塗装が割れてるのが、なんか妙に気分を盛り上げてくれた。「月とか火星ってこんなのかしらん」と知らぬまに自分が「若狭さん」になった気分……ちゃうがな、コラッ……。
f0056476_1162853.jpg

機体の前部に記された「NASA」って字を肉眼で確認できた時は、こりゃほんまに天にも登る気持ちでしたっ!
あ〜っ、めちゃテンション上がったひとときだったな。私達と同様に、このスペースシャトルを見に来ていたチャイニーズ夫婦の話によれば、6月中はここにシャトルはいるはずで、7月4日のジュライフォース(独立記念日)に合わせて、マンハッタンのチェルシーにあるイントレピッド海上航空宇宙博物館に運ばれるそうです。NASAからJFK空港までは、4月末にジャンボジェット機の上にこのスペースシャトルをだっこ状態で乗せて飛んできたんですが、その風景をマンハッタン上空で見た人もけっこういらっしゃるようですが、私、不覚にも何をしてたか忘れましたが見逃してしまいました。見たかったなぁ。博物館にはどうやって運ぶんでしょうか。どなたか情報を知ってる人、ぜひ教えてくださ〜い。その場を去る時、一言なんか自然にスペースシャトルに向かって、今までの功績に敬して「おつかれっした〜〜」と声をかけた自分にちょっと照れましたけど。改めてもう一度、おつかれさまでした、スペースシャトルさん。
by machikogunji | 2012-05-28 11:28 | 風景 | Comments(2)
とんかつ
f0056476_995817.jpg

やな天気だ。釣りに行こうか行くまいかと悩んでいたら、どしゃぶりの雨が降り始めた。ロングアイランド方面、夜になっても道が混んでるとラジオ。……やめた。友達には悪いことしたなぁ。ちょっと降ってる方が釣れるなんて言っちゃってたから。まっ、6月始めのロードアイランド遠征を待っててちょーだいね。
気を取り直し、晩ご飯を作る。一人トンカツだいっ! トンカツって、揚げてる最中の味見のひとかけらが一番美味く思う。
f0056476_9244837.jpg

モヤシと香菜のサラダを横に付けて、ではできたてのところをいただきます。
by machikogunji | 2012-05-28 09:25 | 和食 | Comments(0)
スパニッシュ・マッカレルの味噌漬け
f0056476_8525593.jpg

スパニッシュ・マッカレル(さわら)の味噌漬けが、めでたく漬かったので焼く。これがあると、やっぱごはんは炊きたてを食べくなるなぁ。きゅうりもみと冷や奴も付けて、なかなか上等なランチであったな、地味にうちで過ごす連休初日のお昼ごはん。
by machikogunji | 2012-05-28 09:02 | 和食 | Comments(0)
望郷のサワラ
f0056476_17232297.jpg

今日の夕飯は日本酒を1杯、コップ酒で晩酌。そういう気分にさせてくれるおかずを作った。
f0056476_17501697.jpg

「こりゃ立派。」と思えるサワラ(鰆)が魚屋に。魚屋の親爺さんも超オススメであったので、一人なのに1本買い。半身は味噌漬けに。明日の夜には食べられるだろう。半身はタタキと酢〆に。この魚は身が割れ易いので、丁寧に、でも一発でスッと下ろさないといけないの。最近買った長めの包丁の出番。タタキは皮を剥がして網の上でバーナーで表面を焼き、氷水に入れて冷やして作る。焼く前に塩して、焼きがまだらにならないように表面にお酒を塗り付け、さっと焼けるように油を手にまぶしてそれを魚に塗り付け焼いた。お皿に千切りの胡瓜を敷き、タタキを並べて、葱、生姜、醤油漬けのにんにくをまぶし、ポン酢。最後に爽やかな味になるようにレモンを絞ってます。これがスダチだといいんだけどなぁ。
こんな料理を作ったのも、母との電話で「瀬戸内海の鰆が今おいしい」と言われて食べたいなぁと思ってたから。田舎のは釣り立てなので刺身で食べるパターンが多い。それと、味噌漬けは最高。この時期になると「サワラの味噌漬け用」の味噌があっちこっちで売られるの。一度、その味噌をアメリカに持って帰ろうと手荷物にしてたら成田で取り上げられたという痛い経験を思い出した。
f0056476_17514845.jpg

こちら酢締めにしたサワラのきゅうりもみ。
サワラと言えば、もう1つ思い出がある。釣りが高じて、仕事もやめてマイアミに少し住んでいた時は、毎日サワラが釣れた。そのサワラは今回料理したスパニッシュ・マカレルじゃなく、キングフィッシュって呼ばれるやつなんだが、まぁあの頃は良く釣れた。お金がぜんぜんなかったので、毎日、島の海辺に借りてたアパートのベランダで、夕飯といったらこのサワラでタタキを作って食べていた。ほぼ自給自足状態の食事ってやつで。ほんと毎日毎日食べてたなぁ。この魚が釣れる時、糸がいきなりジジジジーッと沖に向かって出て行くあの感覚はまだ覚えてます。実に面白かった。いい思い出です。
f0056476_1759189.jpg

これは料理教室でもみんなに教えている「タヒーニ」で作る豆腐。
f0056476_180466.jpg

〆に、黒ごまと白ごまのおにぎりを。あーっ、いい晩ご飯でした。
by machikogunji | 2012-05-26 18:01 | 和食 | Comments(2)
プチトマトのアプリコット甘酢漬け
f0056476_18332451.jpg

先週、サワーアプリコット酢を作ったので、それにはちみつを加えて、湯剥きしたプチトマトを漬けてみた。買ったプチトマトをどうしても一人で食べきれないので、こうすると、おやつ代わりに食べられるし、
f0056476_185861.jpg

霜降りにした魚と一緒に、夏っぽい野菜(焼き茄子、空豆、エンドウ、フェンネル、きゅうり)に添えるのもいい感じ。緑の葉は胡瓜の若葉です。
by machikogunji | 2012-05-26 16:03 | 旬・季節もの | Comments(1)
焼酎と焼鳥
f0056476_18193622.jpg

今日は昼から、ロシアのVISAの申請のためマンハッタン。使っている旅行会社は、もろロシアのエージェンシーで、問屋街の毛皮屋の上階にある。お世話になってるアナスタシアさんは優秀な人で、何事にもテキパキと対応してくれて、ほんと助かります。最近マンハッタンでゆっくりと時間を過ごすってことをしてないので、今日は西30丁目からあっちこっち寄りながら、今晩夕飯を食べる約束をしている東64丁目まで歩いた。夕飯のひとくち目のビールを美味しく飲むためです。今日は湿度がかなり高かったし、よーく歩いたので、ビールめちゃくちゃ美味しかったぁ。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2012-05-24 19:06 | 外ごはん | Comments(0)
小エビの唐揚げむすび
f0056476_1804513.jpg

女子3人で晩ご飯を食べながら、夏の旅の会議。テンションあがります。ペーパーワークをせっせとしてたので、ごはんは簡単なもので。小エビの唐揚げを作って「天むす風」に。天麩羅粉が切れてたので、唐揚げ粉で作ったんだが、なかなか美味しかった。揚げたての海老を炊きたてのごはんでにぎるのは、しかし熱かった。
f0056476_1884954.jpg

おかずはデリバリー。ちょっと前に「美味しい鶏の唐揚げ、どっかにないかなぁ」と言っていたら、あるあるってことで教えてもらった36Aveの駅前にあるタイ料理の店。いい機会なので試してみたら、こりゃ旨いっ! こりゃ町内NO1だわっ! 衣がめちゃくちゃカリッと揚がって、日本の中華料理屋の味に近し。いいもの教えてもらったわ。
f0056476_18141787.jpg

私は勝手に「タイ料理の美味しい店は、ソムタム(グリーンパパイヤの辛いサラダ)でキマる」と思ってるので、これも頼んでみたら、大正解でした。アメリカ人に合わせた味じゃないところがいい。
by machikogunji | 2012-05-24 18:16 | 和食 | Comments(0)
芹のグルジア風冷パスタ
f0056476_6554492.jpg

グルジア共和国にこんな料理はないとは思いますが、フネリ・スメリというスパイスが大量に余ってるので、それを使って昼ごはん。一緒にランチ食べる人がアルメニア人だったので、非常に納得してくれる郷愁を感じる味だと褒めてくれた。ハハハッ、思いも寄らぬコメント。最近やたらこのスパイスを使ってるんですが、NYで手に入りにくいとあって、ロシア人街のマーケットの肉売り場のショーウインドウにあったやつをあるったけ買って来たという欲張りなことをしたので、料理教室に惜しげなく使っても(1袋55セントなんですが…)、人にあげたりしても、まだ余ってる。となりゃ、グルジア料理に使うだけじゃ始末できないので、何にでも使ってやろーじゃーねーかと頑張ってる次第。で、けっこう何に使っても、このスパイス合うのよね。ちゃんと説明すると、このミックススパイスは一体何のスパイスの複合なのかってーと、バジル、コリアンダー、マジョラム、とうがらし、黒胡椒、サフラン、セロリ、パセリ、チャービル、ミント、ベイリーフ、フェネグリークが入ってる。なんて複雑なミックスだこと。なーんかアジアの香りがするのよね。今日はペンネを茹でて、そこにマヨネーズとゆで卵とみじん切りのタマネギ、そして多めのフメリスネリを加えて、最後に茹でた芹を加えて和えてます。そーだ、これもグルジア系料理の決め手「胡桃とディルとオイルのペースト」も入ってます。こんだけ入れてどんな味かと言えば、地味なんです。ぜんぜん何かが飛び出した味ではないんです。均整がとれた味になるから不思議なんです。
by machikogunji | 2012-05-23 07:20 | 洋食 | Comments(0)