ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
<   2010年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧
かっぱ巻
f0056476_152656.jpg

かっぱの細巻きが食べたくなったので、ちょちょっと旦那をおだてて巻いてもらった。サーモンを〆たのも紫蘇と一緒に巻いてもらう。こっちでおいしいかっぱ巻きってのはなかなか食べられない。もうどこでも巻物の売ってるアメリカだが、もうその巻物は一人立ちしちゃって、アメリカの食べ物になっちゃってきているんじゃないかなぁ。ベーグルの具であるスモークサーモンやクリームチーズを巻物にしちゃったなんてのは普通だし、ソフトシェルクラブの天ぷらを巻き込んで足をニョキッと見せたスパイダーロールもけっこうポピュラーだし、刺身いろいろ混ぜて巻いたレインボーロールとか、まぁ言うとキリがない。偏見持たずに食べるってのが必要で、けっこう美味しかったりするだよな、この手の巻物。でも、かっぱの細巻きっておいしいよ、やっぱり。かっぱ、鉄火、かんぴょう巻きははずせない私の好物なんだよね。
f0056476_1454414.jpg

旦那が春雨スープを食べたいというので、巻き寿司を作ってくれたお返しに作った。今日はとっても粗食でしたねぇ。
by machikogunji | 2010-11-30 14:56 | 和食 | Comments(2)
ターキー太巻きっ!?
f0056476_14115523.jpg

シアトル在住の大姉御の姐さんがサンクスギビングデーに焼かれた、ものすごいネーミング「ターキーの太巻き」 の写真を送ってくれた。な、な、なんや〜〜っ、七面鳥の太巻きって〜〜っでびっくりこきました。いやん、ちゃーんと「トスカーナ風」っていうステキな響きのネーミングがあるじゃないっすか、姐さん。しかし、いつもながら大胆です。けっこう今年は2人で大胆くらべもしましたが、最後に1本取られてしまいました。
ねーさん、普通はサンクスギビングにゃターキー丸ごと購入ってのが脚本通りだというのに、馴染みの肉屋に行って部分買い、そして「ターキーブレストを1.5センチの厚さにしておいて~」と頼むんだそうですが、今年はご自分でやらざるを得ずで、大変だったらしいです。 ターキーブレスト1.5センチ伸ばしの技、ごくろうさんです。スタッフィングは、パンチェッタ、セロリ、玉ねぎ、スイートポテトブレッド、 香草はセージとタイムのみと、香草をごちゃごちゃ入れずにすっきりと仕上げるところが姐さんらしい。天板には、やはりパンチェッタ、玉ねぎ、ニンジン、セージ、タイムを敷き詰めて、さっきの1.5センチターキーブレスとにスタッフィングを敷いてグルグルと太巻きにしてタコ糸で縛りあげた「太巻きターキー」を載せて、バターを載せてひっくり返しながら焼き上げるんだそうです。このターキーの良いところは「ほんっとに、食べやすい」ってところ。
ターキーを捌く時、ささみの大きさにびっくり仰天したそうです。それをブレストからはずさないようにすんのが難しかったとのこと。 ターキーが安くなったので、今度作ってみよっと。
by machikogunji | 2010-11-30 14:04 | 洋食 | Comments(2)
たこ焼き粉でエビ天
f0056476_17173948.jpg

たこ焼きの粉で海老の天ぷらをしたら、おっ、意外や意外、こりゃイケる! フワッとして味もしっかりついてるし、お好み焼き粉で揚げるより、断然こっちですね。七味塩と辛子酢醤油で食べたら、なんか商店街の中華料理屋のえび天を彷彿させる味なのよね。
by machikogunji | 2010-11-29 17:22 | 中華 | Comments(0)
タコ焼き風イカ焼き
f0056476_177937.jpg

釣ってきたイカがまだ少し冷凍庫にあるので、解凍してさて何を作ろうかと。よーし、タコ焼き器でイカ焼きだっ。
f0056476_1764847.jpg

ソースかけて食べたら、タコ焼きとそんなに味は変わらなかったなぁ。いくらでも食べられる。そして食べ過ぎ。
by machikogunji | 2010-11-29 17:12 | 和食 | Comments(0)
ボックヴルスト&グリュイエールチーズドッグ
f0056476_9193162.jpg

これっ、ランチに食べたかったんだよね。このあったかいバゲットサンドが作れるようになったのも、アストリアでも毎朝焼き立てのバルサザールのバゲットとクロワッサンを売る店が近所にできたからねぇ。よーく売れてますよ。店の人に「とってもうれしいことなんだけど、何でここでバルサザールのこういうの売ってんの?」って聞いたら、「君がマンハッタンまで買いに行かなくていいようにしただけだよ」ときた。おぬし、言うのぉ。座布団2枚! いや、クロワッサン2つ! 気を良くして、それからよく買い物の時に買う機会が増えた。で、昨日作ったキャベツとボックヴルストの煮込みがあるので、今日もバゲットを買い、グリュイエールチーズを買って、マッシュポテトにチーズを練り込んだのをたっぷり挟んだ「ボックヴルスト&グリュイエールチーズドッグ」を作り、ワインと一緒にランチだぜ。うちに来た人達にもふるまった。
by machikogunji | 2010-11-29 09:48 | 洋食 | Comments(0)
ボックヴルストとキャベツの煮込
f0056476_1315127.jpg

先週キャッツキルの友人の家に行った時、朝ごはんで美味しいソーセージを食べさせてくれた。あまりに美味しかったので、帰りに彼女に売ってる処を教えてもらいお土産に。ボックヴルスト(Bockwurst)っていう、仔牛の肉を使ったドイツの伝統的なソーセージで、デラウエア川を隔てたペンシルベニア州のホーンズデールとう町の肉屋さんで作っているらしい。子牛のひき肉と一緒にポーク、セロリ、リーク、レモン、パセリ、チャイブ、スパイス、水を加えて羊の腸に詰め込んだもので色は白い。
f0056476_1323820.jpg

友人の処では焼いたのを食べたが、今日はキャベツが丸ごとあったので、ザクッと4つに切り、このソーセージと一緒にゆっくりと数時間煮込んでみた。とてもあっさりしたソーセージなので、どんどん食べられちゃうなぁ。キャベツがまたトロリとしてていい感じだ。もっと買っとけばよかったなぁボックヴルスト。
by machikogunji | 2010-11-28 13:04 | 洋食 | Comments(0)
鶏ばらし
f0056476_794120.jpg

普通のドタバタ暮らしに戻った。鶏丸をおろすのって、日本じゃめったにやらないと思うんですが、こっちじゃよーくやるし、こりゃ海外に住んだならできなきゃいけないことなんじゃないかと思います。けっこう面白い。ささみが奇麗に取れたらかなりうれしくなるってもんなんです。魚のどっちがおろすのが難しいかよく聞かれますが、これは別物でしょうねぇ。ちょっとだけ魚かなぁ。私個人は鶏の方がおろすの遅いです。関節にナイフを入れておろすんですが、やはりいくつかおろして骨がどこでどうなってるのか把握しないときれいにおろせない、これは魚と同じ。まぁ、慣れりゃどっちもどっちなんだろうな。

1羽おろす時は、レッグ(足)、ブレスト(胸肉)、ウイング(手羽)、ネック(首)、ヘッド(頭)、それとスープ用のボーン(骨)にばらせるのだが、そこからレッグをタイ(足の上)とドラム(足の下)に、ウイングも関節で上と下に分け(精密に言うと手羽先がwing、手羽元はdrumetteというそうです。日本で言うチューリップになるところ。シアトルのいずみ姐さん、教えてくれてありがとうございます。)、プレストからテンダー(ささみ)をはがして、胸骨から軟骨を取り、しっぽの部分のボンチリも取り、タイからソリレスも取っちゃいます。はいバラバラになりました。初めてやった時はかなりの感動もんです。みなさん、挑戦してみてください。
f0056476_7355480.jpg

レッグの肉を骨からはずして包丁で叩いてミンチにして、軟骨も砕いて加えた、鶏のつくね、美味しいですよ。
f0056476_7373042.jpg

ふんわりと卵でとじた親子丼も美味しいです。
by machikogunji | 2010-11-28 07:38 | 教室 | Comments(1)
小布施の栗
f0056476_67629.jpg

日本のお土産といただいた「小布施の栗」。正月まで取っておこうと思ったんですが、無理でした。
ニタニタしながら缶開けてしまったぁ。日本の栗の立派さは、やっぱり世界1だと思いますねぇ。ごちそうさまでした。
by machikogunji | 2010-11-28 06:09 | いただきもの | Comments(1)
宴会たけなわ
f0056476_534479.jpg

うぉっ。この芋焼酎旨かった! 日本からのもんです。
f0056476_4573389.jpg

まず、焼酎で始まった、今年のサンクスギビング宴会は、友人宅でポットラックパーティーってことに。ポットラックってのは、それぞれが料理を持参で集まるパーティーのことで、こちらではよーくある宴会のパターンなんですが、集まるメンツ6名のうち3人がプロのシェフなんで、困ったことになるわけよ、こういうの。気を衒ったものはこういう時はダメです。さりげなーくがいいわけです。チカラ入れると返って変なことになりますから。
前菜オンパレード。前菜っていうか、酒のアテですねぇ。いいですねぇ、これだけ揃ってたら。何酒だって飲めちゃいます。焼酎、ビール、日本酒、ワイン。全種類飲みました。
前菜:アボカドの冷やし茶碗蒸しウニ・イクラのせ、鴨焼き漬け、ミステリアス芋、焼きキャベツごまダレ添え、もずく他……。今回のみんなの共通点は誰一人して自分の作った料理の味見をしてないってこと。なんちゅー肩のチカラ抜いた料理の数々。それがね、どれもめちゃ美味しかったんですから。味もうまーく馴染んでいて、いわゆる「ド辛い」というものは何もなし。実にいい感じの味付けでした。すごいんだから、みんな。
f0056476_5151336.jpg

今日の敢闘賞は学生のジュンヤ君が作った餃子だったな。美味しかったです。「愛情」がこもってましたね、全料理の中で一番。どこで覚えたのかこのレシピをと訊くと「実家の母がいつも作ってくれる味を見よう見真似で」なんだそうだ。こういうの、いいねぇ。しっかり息子が母の味を海外で作れるようになってるってのは。ホノボノよね。就職のため彼は日本に今月帰る。国に帰っても、がんばるのだぞニッポN男児!

★続きを見る……。
by machikogunji | 2010-11-28 05:39 | 外ごはん
TGDay朝飲茶
f0056476_4334874.jpg

サンクスギビングデーの朝、フラッシングで飲茶。このところ外食が続き、今日の晩ご飯も、明日も外食となる、まさに私の胃は「ご馳走と酒の日々」。どこかで、一息入れとかないと後が怖いことになる。そういう時にいつもの飲茶を挟むと、落ち着くんです。いつものものを食べ、
f0056476_4375273.jpg

やはりご飯ものが欲しくなる。旦那はハスの葉で具入りの糯米を包んで茹でたロウマイカイ。
f0056476_439896.jpg

私は中華粥。
周りは、この休日に家族の元に集まった中国人達で満席だった。みんな和気あいあいでいい光景でした。
by machikogunji | 2010-11-28 04:41 | チャイナタウン | Comments(0)