ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2010年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
焼きソーセージ
f0056476_17332345.jpg

明日の夜、キャッツキルの麓で友人の旦那さんの50歳の誕生会があり、そのごはん担当になっているので、今日は一日中台所で仕込みをしてた。で、晩ご飯作る暇もなく、冷蔵庫にあったソーセージを焼いてそれを晩ご飯とした。キャストアイアンのスキレットで焼いたら、外はパリッと中はジューシー、そして食べる時にプチッと皮が弾けるのって美味しい。ソーセージの横はケチャップと辛子、それと、ワインです。
by machikogunji | 2010-10-30 17:40 | 洋食 | Comments(0)
キング・オブ・マッシュルーム
f0056476_195536.jpg

シアトルで松茸狩りをしてきた友が、段ボールに1箱分、それと「シアトルの茸狩りの話」を土産に持って帰ってきた。こんな大量の松茸を見るのは初めてだった。もう、家中が松茸の香り。今年はシアトルは松茸が豊作だったみたいだ。採れない時はシーズンに4本だけってこともあるというのに、今回3人で200本ぐらい採れたんだそうだ。「一体、どこにどのように松茸が潜んでいるか」とか「シアトルの松茸狩り名人の技」とか、まるで私まで松茸狩りに行った気分になってしまったほど、いろんなことを話してくれた。面白過ぎ。
f0056476_17403127.jpg

こんなに松茸がうちにあることは、たぶん後先ないので、ちょっと今日は、こういう時にしかできない贅沢きわまりない料理を作った。まずは、松茸のフライ。無造作に切って、衣をつけて揚げるという、なんと大胆不敵な料理なんでしょ。これが、めちゃくちゃ旨いんです。ここちよい歯ごたえがたまらない。とんかつソースと辛子、それと、山葵マヨネーズを少し付けて食べるんですが、とんかつソースの味にぜんぜん負けない、この松茸の風味には大感動。
f0056476_1749076.jpg

そして、こちらは「松茸うどん」。これも思い切った料理ですが、もう香りムンムン。すだち果汁を少しかけて、七味をかけて食べた。さっと出汁で火を通した松茸ってのも、これまた激ウマ。
松茸でお腹いっぱいになった。
さて、本格的松茸料理は、火曜日にってことで、今日の試食会終了。
by machikogunji | 2010-10-29 17:52 | いただきもの | Comments(0)
鴨とトリュフソースの和風リゾット
f0056476_5464487.jpg

お昼、家で食べる時はだいたい余りものですね、そんなもんですよね、主婦は。
昨日の晩ご飯の鴨せいろのスープが少し残っていたので、そこに麦ごはん(これも残りもの)と、以前ブログでも紹介したホワイトトリュフソース(もちろん残りもの)も少し入れて煮た。出汁は醤油とかつお節ベースで、焼いた鴨の旨味もたっぷり出てるので、まずいわけはない。少しチーズを削って入れたら、立派なリゾットになった。水を飲みながら、このリゾットはちと悲し過ぎた。ワインだよな、こういう味のもんは。夕飯に回せばよかったかな。
by machikogunji | 2010-10-29 05:54 | 洋食 | Comments(0)
タルトタタンな季節
f0056476_3373581.jpg

朝ご飯です。タルトタタンとコーヒー。葉っぱはリンゴじゃなくて月桂樹ですが、まぁ、雰囲気でね。
さぁ、今日もがんばるぞ。
by machikogunji | 2010-10-29 03:40 | デザート | Comments(1)
迫力のコシ・一方井そば
f0056476_1544715.jpg

晩ご飯、鴨せいろだったんですが、今日のお蕎麦はすごいです。岩手出身の方が持って帰ってくれた蕎麦なんです。いつもは私の好きなコシがしっかりしている「土川そば」なんですが、今回は、彼女のお父さんが絶対のイチ押しであるという「一方井(いっかたい)そば」。
f0056476_1548313.jpg

なんとこれが土川そば以上のコシの強さ。迫力がある蕎麦だ。乾麺ですが、香りもちゃーんとありましたねぇ。ちょっとクセになりそうな蕎麦。美味しい。
by machikogunji | 2010-10-28 15:53 | 和食 | Comments(1)
旨いもん便・アメリカ南部より
f0056476_14265555.jpg

最近結婚した友人カップルがニューヨークから新居のテキサス州ヒューストンまで車で移動中のひとコマ。ニューオリンズでの朝ご飯の写真朝ご飯にエッグ&トーストを頼んだら、トッピングにオイスターフライがドカンとのってきた……って、アンタ朝から牡蠣でっか。南部はパワフルだ、実に朝からパワフルだ。これにコーヒーって、牡蠣フライにコーヒーって……、アンタ。
彼女が他にもサウスの面白い味な話をメイルで送ってくれた。
ルイジアナやアラバマ州のガソリンスタンドには、「ホット・ピーナッツ」という殻付きのピーナッツをスープみたいな液体に入れてグツグツ煮たものがよくあったそうだ。食べてみたいですね。
また、ガススタも必ず5種類以上のポークスキンのスナックを販売していた。
ポテチにはガンボ味やタバスコ味がフツーに売られているんだそうだ。
ヘェ〜〜〜、違うもんなんだねぇ。アメリカには、日本ほどの郷土食ってのはないって思われてるけど、こうやって聞いてると結構ありそうですよねぇ。
by machikogunji | 2010-10-27 14:39 | | Comments(2)
旨いもん便・ニョキニョキッとシアトル
f0056476_1413113.jpg

シアトルの「いつもは釣りキチ、でもこのシーズンは茸ハンター」な人からこの激写が送られてきた。
いいなぁ、シアトルの秋は、海にサーモン、山に松茸ですもん。この写真のように山に生えてるらしい。
そこでだ、NYから忍びの者を送り、山に一緒に連れてってもらったら、
f0056476_14155538.jpg

こんだけ採れたと。絶句ざんす。こりゃNYにはないわ。降参。
by machikogunji | 2010-10-27 14:21 | | Comments(3)
坑道探検@Bradley mine
f0056476_1182944.jpg

いつも、のどこかに弁当食べて昼寝したり、ちょいと湖で魚釣りしているハリマン・ステートパークなんだが、うちの隣人カップルがこの公園内には無数の「鉄の採掘のための坑道跡」が残っていて、それを点々と回るトレイルがあるということを発見してきた。「えぇ〜〜〜〜、ほんまかいなァ〜〜〜、なにソレ、めっさ興味あるぅ〜〜。カレー食べた後、行ってみよ〜〜」と言ったものの、旦那は焚き火にハマってしまって、ずっと枯れ木や落ち葉を採ってきて「いや〜〜、きれいだっ、実にきれいな炎だ」とBBQピットの前を動かず、私もその横でお腹いっぱいの体を動かすのが面倒で、しかも唯一の屋外読書の時間をほのぼのと燃える焚き火の横で過ごしたくなり、「今日のところは老夫婦はここで留守番してるからお2人で行ってきてちょーだい」ということになった。んだが、2時間ぐらいして2人が「坑道をここのすぐ近くで偶然発見!めっちゃ不気味でおもろいおもろい」って大興奮で帰ってきたので、居眠りこいてる旦那を捨てて、やっぱり私も見に行くことに。でも歩くと20分はかかりそうで、もう陽も暮れかかってたので、車なら3分で行けるってんで、案内された道を走り、脇に停めといて、そこから徒歩。ゲゲゲッ、なんや、こんな斜面登らなダメなの。超急な斜面を這いつくばりながら昇ったわよ。転ぶ前に心臓マヒに注意やったわ。久しぶりに流れる汗、青春。
f0056476_1127261.jpg

急斜面を登りきると、目の前に大きな岩が左右に。はい、地獄の門って感じです。その間に割れ目が。
f0056476_11301281.jpg

割れ目に入って行きます。あっ、カラスが2匹、頭上を旋回しながら何かわめいてる。入るなということか。いや、入ります。失礼します。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2010-10-26 11:50 | ロードトリップ | Comments(0)
焚き火でカレーライス
f0056476_10182892.jpg

紅葉の景色の中に入ってランチ。
卓上コンロのガス、忘れました。しかし、辺りは落ち葉と枯れ枝だらけ。4人で集めて火を付けたら、
f0056476_1021824.jpg

オォォッォ〜〜、燃える燃える、めちゃくちゃいい匂いの火。♪♪♪焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き♪♪♪
f0056476_10192547.jpg

無事、隣人の作った心のこもったビーフカレー、ばっちり温まりましたぜ。
f0056476_1025363.jpg

いざ、カレーライス! なんで野外で食べるカレーってこんなにおいしいんだろう。お替わり連発で完食。ごちそーさんでした。また作ってね〜〜っ。今日はうちら夫婦は、ご飯作りを放棄してましたんで、超らくちんでした。人が作ってくれるごはんはほんまにおいし〜。
by machikogunji | 2010-10-26 10:39 | ロードトリップ | Comments(1)
NY恋しや
f0056476_1225957.jpg

今日はカリフォルニアに引っ越した料理教室の仲間が、半年振りにNYに来られていたので、ほんじゃ、昔の仲間で集まって料理教室をやりましょうということで、ママロネックの豪邸に集合した。
どこかのお宅で料理をするのは、とってもいい経験になります。目指す「簡単にできて美味しくて」って料理の実力を試す事ができる良いチャンスなわけです。前菜のお刺身プレート。お皿ステキでした。
f0056476_1235583.jpg

暖かい前菜には、帆立とフェタチーズの一口パイ。
f0056476_12421572.jpg

今月の教室で超ウケた「インスタントラーメンと同じ時間でできるトリュフとポルチーニのパスタ」は、ここでもおおいに受けました。やっぱり「簡単・手間いらず」ってのが、毎日料理を作らなくてはいけない主婦にはウケるんですよねぇ、なんせ毎日ですからねぇ。ちょっと家庭でもトリュフ風味ってのがいいわけです。
f0056476_12475026.jpg

この前、嘉日さんでごはんを食べた時に、いま時期的に出回っている小さいいろんな形をした「かぼちゃ」を料理の器に見立てて使われてたんですが、「おっ、あのミニかぼちゃ、包丁で切れるもんなんだ」と驚き、早速買って包丁を入れてみると、思ったより固くなく切ることができました。今まで、「あんな固そうなのは、切れないだろうな」と思っており、手を出さずにいたんですが、何でもやってみるもんですね。知らなかったなぁ。で、今日グリルの野菜とタンの煮込みを6個のいろんな形のミニかぼちゃに盛りつけみたら、とっても楽しい大皿ができました。
と、まぁ、いつものメニューなんですが、いつもと違う器に盛ると、また感じが変わって楽しかったです。
最後にいくら丼を食べて、デザートに美味しいアイス最中をいただいて、あ〜楽しい料理教室同窓会でした。すっとこさん、再会できて、とってもうれしかったです。フランス語講座の10+10=20、最高に笑えましたぜ。
by machikogunji | 2010-10-25 12:57 | 教室 | Comments(4)