ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
<   2010年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧
シアトルコーヒー
f0056476_12452733.jpg

シアトルの美味しいコーヒーをいただき、大事に飲んでいる。ここぞと飲みたい気分になった時にグラインダーで豆を挽き、いい香りを嗅ぎながら煎れるコーヒーってのは、本当に旨いと思う。いただいたコーヒーは「Espresso Vivace Roasteria」、ビバーチェのコーヒーだ。なんでもここのオーナーのデビット・ショマーさんは、コーヒーのバリスタ界の巨匠なんだそうだ。丁寧に美味しいコーヒーをいろんなところで飲ませてくれる日本でも、彼はカリスマ的な人なんだそうだ。私の煎れ方なんてのはプロから言わすと邪道もいいところ……かもしれないが、それでもありがたく丁寧に煎れて、お気に入りの例の「ファーブル昆虫記孫カップ」で飲ませてもらってます。
by machikogunji | 2010-07-31 13:01 | いただきもの | Comments(2)
鮃のとろろ昆布〆
f0056476_14103730.jpg

鮃の昆布〆ですが、とろろ昆布でも立派にできるので、ぜひお試しください。鮃に塩をしてから昆布に貼付けてラップに巻き、空気を抜いて、そうですね、30分も締めれば、おかずになります。今日はすだち果汁とお醤油で和えてみた。
f0056476_14125738.jpg

いつのまにか、このタヒーニ豆腐、旦那の好物になっていた。
f0056476_14135618.jpg

茹で海老と野菜のサラダ。レモンとポン酢とグレープシードオイルで。
f0056476_14152990.jpg

鯖の八丁味噌煮。ノバスコシアあたりの鯖でしょうか。鯖はやっぱり冬だねぇ。新鮮ではあったが脂が乗ってない。缶詰の鯖煮みたいになっちゃったなぁ。付け合わせの野菜が美味しい。ローマビーンズ美味しいのでよく食べてます。
by machikogunji | 2010-07-30 14:19 | 和食 | Comments(0)
ブラックシーバスのフライ
f0056476_1213475.jpg

トマトが美味しい季節。完熟のジャージートマトとフレッシュモツァレラと、マーシュ、コリアンダー、ディルのサラダ。味付けは塩と胡椒と、スペイン土産の上等オリーブオイル。
f0056476_12154316.jpg

ししとうの塩ロースト。フライパンで煎り焼きにしちゃってます。フラッシングのユニオンストリートに昔からずっとあるコリアンマーケット(最近改装してきれいになった)があって、そこのししとうはいつもきれいなんです。セリもきれい。いいマーケットで、ずっと通ってます。ししとうはうちの旦那の好物。旦那のお父さんも大好物という親子2代の好物なんだってさ。
f0056476_12195978.jpg

土曜日の釣りの魚、これで食べ切り。最後はフライ。このフライは一流に美味しい。なんといってもニューヨークで釣れる白身魚の一番がこのブラックシーバスだからね。しっとりと肉厚に揚がったぞ。アメリカ人の釣り友達も、日本のパン粉を買ってこのフライをたくさん作ってパンに挟んで食べてるそうです。
うちは、とんかつソースと辛子で、ごはんと一緒に。
by machikogunji | 2010-07-28 12:23 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)
ロックフェラーのバインミー
f0056476_11134319.jpg

久しぶりの歩きマンハッタン。どんだけ遠くに住んでるのかって感じです。マンハッタンとアストリアは地下鉄で15分ぐらいなのに、最近は用がない限り行かなくなってしまったなぁ。で、今日は用があったので行ってきたついでに、2件ほどちょっと興味がある処へ歩いて行った。
1つはミッドタウンの真ん中においしいベトナムサンドイッチを出す店があるというので、テクテクと。その店の場所ってのがロックフェラープラザのこんなところかよ!!と驚く、マンハッタンの中枢なる場所。フツーの近所に働くサラリーマンがテイクアウトするよーな、ごくフツーのどこにでもある店構え。しかし、メニューが幅広い。いろいろあるのにちょっとびっくり。入り口にベトナムサンドイッチ「バインミー」コーナーがあり、そこに、はい、ありましたっ、友人お薦めの「ポークベリー入りバインミー」。ここのポークベリーは、とってもふわっとしており、トンポーローですな、こりゃ。それが、野菜の酢漬けと一緒にたっぷりと挟まれております。フランスパンはけっこうしっかり系のものですが、がっちりと挟んでいるので、こんくらいの方ががっつりいけますねぇ。
うまっ!!! けっこう脂っぽいかなという予想を裏切り、ポークの脂は余分な脂分は落ちており、酢漬けの野菜といい感じに馴染んでますな。たまに食べるバイミーですが、いつもはベトナムハムが入ってるのを食べるんだが、気に入ったぜこのポークベリー版。「1つランクアップのバインミー」ってとこですな。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2010-07-28 11:44 | 外ごはん | Comments(0)
お腹ドボドボ・スイカ焼酎
f0056476_123485.jpg

来週、友人がテキサスに引っ越す。彼は中欧出身者なんだが、アジアの食べ物が大好きなヤツ。「NYで最後に食べておきたいもんは?」の問いの回答は「生の動くイイダコの刺身」。なんて奴だ!!!!、そんなもん食べなくたってもっと他にあるだろ、旨いもんがここには。でもどうしても食べてみたいというので、彼女と一緒に3人でノーザンブルバード沿いにあるコリアン居酒屋「シッケ」へ。ここはとっても活気ある居酒屋でいつも賑やかだ。味よりもコストパフォーマンスを楽しむって感じです。前菜の目の前での目玉焼き(なぜかいつも殻が入って必死で店員がとるってのもパフォーマンスのひとつかもしれない)に始まり、早速「いいだこ活造り」が登場するやいなや、友人バクバク一気に食べちゃった。満足げ。巨大な鍋物がウリのこの店だが、意外と焼き肉が美味しいんです。カルビいけてますよ、ここの。無料でくれるトッポッギは、これまた大きな鍋で登場、ゆで卵がゴロンと入ってます。卵、好きだねぇ、韓国人は。釣りに行くと必ず韓国系の人から「ゆで卵どう?」と薦められるもんな。
で、そんな面白メニュー満載の中、見つけましたよ、夏限定お飲物。隣のテーブルのグループがオーダーしてたのを見て、うちら3人だけだのに興味津々、「飲めるだけ飲んでみようぜ」と頼んだのがこのスイカ焼酎。スイカをぶった切って、その中にたっぷりの氷とスイカ果汁(100%!)と韓国焼酎が入っている。これを専用おたまですくいながら飲むんですが、なんせこのカクテルの量に対して3人ってのは無謀であった。私なんか食べるのやめて必死で飲んだが、いくら飲んでも減らない。3人のうち気がついた者がすかざすどんどんカップに入れて完飲を目指したが無理でした。でも、これ、けっこうおいしかった。3人お腹ドボドボに無料のデザートが登場。スイカの実ときゅうりのジュース。まいった。
by machikogunji | 2010-07-27 12:55 | 外ごはん | Comments(2)
やってみた!フォーの進化した食べ方。
f0056476_12153438.jpg

ビールトラック第2弾。この前はコロナでしたが、またこんなん見つけました、ハイネッケン。夏空にスカッと。
f0056476_12183223.jpg

ベトナミーズのアイスコーヒー飲み出したら、他のが飲めなくなるねぇ。
f0056476_12192968.jpg

自分でこうやって作るのがたまらんね。
f0056476_12215260.jpg

この前、旦那から教えてもらった、フォーの食べ方、やってみました。
肉とスープを別皿で頼み、熱々のスープに自分でさっと肉を通し、好みの柔らかさに。オォォォォ〜〜〜〜、こりゃいいやっ。断然肉がいい感じに煮えるわい。ほら、ご覧の通り。
by machikogunji | 2010-07-27 12:24 | 外ごはん | Comments(0)
プチ流行ってます、MJクーラーバッグ。
f0056476_1281086.jpg

料理教室をやっていると、生徒さんの中での「流行り」ってのがいろいろあるんだなと感じる。今、多くの人がさげてくるクーラーバッグがこれざんす。マーク・ジェイコブスの保冷バッグ。日本サイドから言わせると「海外の直営店限定販売」なんだそうです。色も4色ぐらいあるみたいで、なかなかかわゆい。ちょっと前までは、みんな持っていたのが、ディーンアンドデルーカの保冷バッグだったんだけど、今はこっち。日本へのおみやげにはいいんじゃないでしょうかねぇ。
by machikogunji | 2010-07-27 12:13 | おみやげ | Comments(1)
小龍包な朝メシ
f0056476_10341798.jpg

今日は飲茶のいつもの店じゃなく、南翔小籠包で朝メシ。ここはNYのチャイナタウンでジョーンズ上海と二分する小龍包の人気店だ。私はあんまり小龍包にこだわりはないので、どっちがどっちと言えないが、友人が小龍包を食べたいと言えばこっちに来ることが多い。ジョーンズ上海よりも日本人には知られてなく地元っぽい、小龍包以外のものも美味しいってのもこちらにする理由の1つかもしれない。ただ、11時以降とか週末はやたら混んでいて並ぶってのは困りものなんですが、久しぶりに行ったら、店は拡張されてでっかくなっていた。小龍包を作る、私達の間で「暗山暗子(くらやまくらこ)さん」と呼ばれている、髪の長い、どこか寂しげな、地味な職人さんには、2人の明るいおばちゃんがアシスタントについて、彼女達ににこやかな表情で包み方を教えていた姿がなんか「よかったね、暗子さん、よかったね」って感じだった。
さて、朝10時過ぎ。店は大して混んでなくスムーズに入店。小龍包は2人で1つ頼むんだが、今日は他に私が美味しいな面白いなというメニューを頼んだ。
まずは、「飯糰(ファントァン)」と呼ばれる台湾風おにぎり。米が糯米で、海苔とかはなし、具は肉のそぼろと酸菜のみじん切りと油條(ヨウティオ/台湾風揚げパン)がぎっしり入っている。それらをラップで巻いて真ん中でバシッと切ってでてくる。でかいです。私は醤油を少しだけ垂らして食べてます。
f0056476_10571891.jpg

これは、鹹豆漿(シェントウチャン)と言うんだそうです。豆漿(トウチャン)という豆乳に似ているがちょっとそれより薄い感じのものに、にがりではなく、お酢を入れて固めるそうだ。具はさっきのおにぎりの具とほぼ似てました。それに干し海老とザーサイが入ってる。ゆるゆるのみそ汁風。甘いバージョンもあるみたいだが、まだそれは試してないが、今後も試さないと思います、はい。
f0056476_115780.jpg

もう1つ、これです。これはB級グルメ系友人がぜひ試してみろと言っていた一品なんですが、茹でた麺が丼でドンッ。こういう盛りつけ好きです。そんだけなんです、麺、ドンッです。丼の底にこがし葱油が仕掛けてあるんです。混ぜると
f0056476_1183743.jpg

こうなります。ウォ〜〜〜、いい感じ、いい香り。けっこう油っぽいんですが、後を引く味ですねぇ。麺が長いので切るのに大変でしたが、なかなか面白い一品でした。
f0056476_11104869.jpg

そしてお決まりの小龍包。皮薄、汁たっぷり系。今回も猫舌の私はこの小龍包と格闘しながらおいしくいただきました。しめてお会計は15ドル。やすっ。
by machikogunji | 2010-07-27 11:13 | チャイナタウン | Comments(0)
ブラックシーバス・スパニッシュ版
f0056476_1232570.jpg

刺身やフィレを取った後、山ほどの魚の頭が残るわけで、それを全部無駄なく美味しく食べるにはコレかな。でも大変な作業です。頭からエラをはずし、カマを外して塩をして、臭みを取る。そして一回熱湯をかけて、全てのウロコを水洗いしながらきれいに取っていく玉ねぎとにんにくをよーく炒めて一度焼いた頭とカマを加え、味を整えて、白ワインと水を加えてグツグツ煮る。そして2回ぐらい漉して、「濃厚なフィッシュストック」のできあがり。。ここまでできたらこの料理の半分は終わったようなもんです。
f0056476_1234687.jpg

魚の身を焼き、また玉ねぎとニンニクをしっかり炒めて、スパイスで味を整え、そこにフレッシュトマトと缶のトマトを手でクラッシュしたものを加え、フィッシュストックを足して、レモン果汁とバターを少し加えて、さぁ、そこに焼いた魚を加えて煮るんです。文章で書くと面倒くさそうですが、まぁ、これ15分ぐらいの作業。あんまり煮過ぎると魚がボソボソになるので、私はさっと煮るぐらいに止めてます。トマトですが、生と缶詰のと両方使うと美味しいです。缶詰の方はイタリア産サンマルツァーノにすると旨いよ。
f0056476_1241721.jpg

サイドには、フィッシュストックで炊いたライス。炊きあがるちょっと前にフレッシュのグリンピースを入れてます。
f0056476_1265545.jpg

あと、グリークレストランでお馴染みのレモンポテト。これは丸茹でして皮を剥いて、炒め煮にしたローマロングビーンズと一緒にレモンで和えたものです。
こういう感じの料理もたまにはいいな。
by machikogunji | 2010-07-26 12:13 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
続・釣ったシーバスで。
f0056476_1118779.jpg

シーバスのお腹を開けると子が入っていたので、生姜で煮付ける。セリのおひたしと一緒に。これは私の好物です。
f0056476_1120749.jpg

刺身ばっかじゃ飽きるので、こういうのもあり。セビーチェ。白身なのでかなり旨いですよ。塩、こしょう、ライムで締めて、後から少しオリーブシードオイルを入れて。野菜は、知人が届けてくれた朝取り胡瓜をコロに切ってあとはマーシェ。これを軽くポン酢で和えて、その上にセビーチェをのせてできあがり。
by machikogunji | 2010-07-26 11:23 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)