ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2010年 02月 ( 51 )   > この月の画像一覧
アルゼンチン肉攻め
f0056476_13402239.jpg

肉のプロのこちらのブログで大変興味を持ち、即行ってみた濃厚レアなアルゼンチンのお肉の店。いやぁ、辺鄙なところにありますねぇ。これでこそニューヨークグルメ。行ってきたぜ。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2010-02-28 14:02 | 外ごはん | Comments(6)
ブルークロウクラブサラダと雲丹パスタ
f0056476_3502177.jpg

こちらのカニ缶はでかい。しかし、いろんな種類が出回っており、匂いが臭いものもある。軟骨がボロボロ入っているものもある。どのカニ缶が美味しく値段もお手頃なのかを今一生懸命リサーチしている。
そんな中、ヒットだったのがブルークロウクラブ(わたり蟹)の爪ばっかり入った缶。甘みがあってなかなか美味しい。形も原型をとどめている。ずわい蟹やタラバ蟹の赤い派手さはないが、味として美味しいのだ。
これを使ってフルーツケーキ風にサラダの一品。
蟹に合う食材を選んで、りんご、ブラックベリー、ブランドオレンジ、アプリコット、それにトビコ、イクラ、ディルをトッピング。野菜はマーシュを使用。軽やかな味と食感が春らしいです。昔はどこばれ売ってなかったんですが、最近ではキーフードなんにも置いてある。昔使えなかった反動であると買ってしまうってのが情けないんですがね。セルクルで抜く作業ってのは、なんかウキウキして楽しいですよね。みんなそれぞれの個性が出ますねぇ。

f0056476_8403226.jpg

昨日の料理教室終了後、気を入れ直して、地下鉄に乗って、雪の中「雲丹の買い出し」に出かけた。生ものを食材にすることが多いので、なるべくギリギリに魚介類を仕入れるようにしている。冷凍なぞはとんでもないと思っている。運良く、オレンジ色の美しい型くずれ一つないメイン産の雲丹が手に入った。いま旬なんで、きれいだよね。まったりと甘みも強い。今日のリクエストは雲丹パスタ。作り方はいたって簡単なんだが、パスタを茹でるタイミングとソースの雲丹とクリームを入れるタイミングさえ覚えれば、外食すると高価なこの一品、家庭でも作れます。山盛り食べれます。食べ過ぎると気持ち悪くなります。でも食べてしまうのです。ソースとは別に生雲丹をトッピングすることで、断然美味しくなるのをお忘れなく。今日は、生雲丹、針海苔とトビコをトッピング。
by machikogunji | 2010-02-28 08:48 | 教室 | Comments(2)
PIZZAまん
f0056476_8221794.jpg

ピザまんファンのために、作ってみました。チーズは溶ろけるヤツを手でちぎって入れてみた。具次第で、肉まん七変化ですねぇ。だいぶん、皮の方も安定して作れるようになった。日本製の薄・中・強力、最強力と、中国製では、高力麵粉、中力麵粉、小力麵粉、アメリカ製では、ブレッドフラワ−、オールパーパス、ケーキフラワーと、粉もいろいろ変えて挑戦する日が続いている。なんかいろいろ見えてきたぜ。
by machikogunji | 2010-02-28 08:28 | 中華 | Comments(0)
こまち食堂・A定食「おまたせぇ〜」。
f0056476_11412985.jpg

今日のアタシは、リクエストにお応えして「定食屋のおばちゃん」になりきりです。パートのおばちゃん(生徒さんか。失礼)引き連れて、「ハンバーグ」「エビフリャ〜」「ポテサラ」「ケチャップスパ」の美味しい、そしておばちゃんの味らしいレシピを教えた。『素材にこだわっちゃいけない。そのへんのマーケットで買えるものじゃなきゃ。じっくり時間をかけちゃ〜いけない。一気に作る。冷えちゃ〜いけない。同時進行で作る。そしてファンンシーじゃダメなのよ。商店街じゃなきゃ。』ってーのがこの料理のポリシーである。でも、一つだけ、この大雪でいいキャベツが手に入らなかった。キャベツの千切りは、その代わりにベイビー・ハーブ・ミックスになっちゃったわね。
先週の教室では、このハンバーグの肉をてっきりいつもの仔牛のひき肉だと「おばさん思い込み」して購入、豚ひき肉であることに料理中も気づかず、ハンバーグをこね始めて、「あれっ、なんかいつもと違う」とその場に及んで気がついたという大失敗をしてしまった。やさしい生徒さんに励まされつつ、結果は豚ハンバーグになってしまったというどうしよーもない大失敗をしでかしているので、今日は気合いを入れて、マーケットでひき肉を購入する時、ひき肉のパックに向かって「アンタ仔牛よね、豚ちゃうよね、仔牛よね」とブツブツ話しかけていた自分が怖い。周りにいた人はもっと不気味だったに違いない。
f0056476_11502921.jpg

カレーまんも作ったので、その余りで、割包(クワパオ)も作った。これがなかなか旨いじゃないの。豚ハンバーグを食べた方々、次回にはこの「仔牛のふわふわハンバーグ・クワパオ」をお出しいたしますので、あしからず。
by machikogunji | 2010-02-27 11:54 | 教室 | Comments(2)
あいちゃんのとーさんの高菜漬け
f0056476_1633990.jpg

知り合いに村上あいちゃんというジャズドラマーがいる。NYで女の子でプロのドラマーってんだからごっついなぁ。彼女の借りているスタジオがうちの近所なので、たまに2人でつるんでいるんだが、この前、大分の実家に帰った際、おとうさんに「料理教室に通っている」っていう話をしたら、大層喜んでくれ、「じゃぁ、これを町子さん渡しなさい」といただいたのが、おとーさんが畑で作った高菜のお漬けもん。もちろん漬けたのもおとうさん。それがさ、め〜〜〜ちゃくちゃ旨かったんです。あいちゃん、NYに持って帰る時、めちゃくちゃ重かったようですが、ありがとう。今度帰国の際は、おとうさんに逢いに行きたいです。そして高菜の漬け方教わりたいもんです。いやほんまに。
by machikogunji | 2010-02-26 16:14 | いただきもの | Comments(3)
春豆ごはんとチキンレッグ
f0056476_15295949.jpg

雪降る中、夕飯の買いものに出かけたら、愛用のブーツの隙間から氷水が入り、チャップンチャップン状態で荷物かかえて帰宅。あー冷たかった。八百屋にはグリンピースが山盛りにされて売られていた。アーティチョークも出始め、甘そうなアプリコットも並んでいたり、ブロッコリレイブも花をつけている。野菜や果物はちょっとずつ春の気配がしているにもかかわらず、天気はストームか。うちに帰って「豆ごはん」を炊いた。ご飯がどうやって炊けているかを見ようと、今日は炊飯器じゃなく、耐熱ガラスの蓋の鍋を使ってみた。見てるとお米が踊ったり、豆が張ってプチンプチンになってくるのが面白い。ガラスの蓋はなかなかいいです。炊けるまでずーっと見てた。
f0056476_15424364.jpg

おかずはお昼みんなで茹でたタコをちょっとと、
f0056476_15435540.jpg

スキレットで焼いたチキンレッグ。皮と身の間にしょうゆ漬けのスライスニンニクを詰めて、塩と胡椒して焼いている。ゆっくりと時間をかけて焼くので身も柔らかく、骨からさっと外れる。
by machikogunji | 2010-02-26 15:47 | 和食 | Comments(0)
ポルトガル蛸づくし
f0056476_691773.jpg

今年初の「丸ごとたこクラス」を開催。今年もお多幸でありますように。
前菜はタコの頭で「ちょいと韓国風・たこ頭のナムル」。しっかりと茹でて水気を取った蛸の頭を薄く切り、千切り大根と葱とほうれん草を加えて、ナムル風に味付けし、コチジャン、もしくは豆板醤を加えて和えた。リンゴか梨か柿(干し柿も良し)の千切りを加える時は、砂糖を控えめに。酢でキュッと味を締めるのがポイント。
f0056476_5445497.jpg

足の付け根の一番旨いところは刺身で。茹でたてを味見でパクッ。そしてぶつ切り、そしてスライス。レモンと塩が美味しいです。今日はろく助の「抹茶塩」と「七味塩」と気取ってみました。しっかし、この塩、おいしっ。
f0056476_5475649.jpg

土鍋で炊いた「たこ飯」。ご飯は薄味にして、ぐっとタコちゃんの旨味を生かす。炊飯器で炊くと、空気穴が詰まってしまうこと、タコの匂いが染み付くことっていう難点があるので、土鍋がいいんです。お好みで青海苔をかけて。
f0056476_5511622.jpg

メインはこの昆布と一緒に炊いた「タコの柔らか煮」。今日は、芋好きがいたので、大根ではなく、里芋の炊いたんを合わせた。残ったお芋は夕飯にどうぞ。タコの出汁にさと芋は抜群に「おばはんの味」がして人気がある。コトコト一時間以上ゆっくり煮ること。そして、出汁は甘めにが旨い。
捨てるとこなし、丸ごとタコ、完食。ってことでした。
by machikogunji | 2010-02-26 05:55 | 教室 | Comments(2)
ロングアイランド鴨蕎麦
f0056476_16262425.jpg

今日はロングアイランドダックです。冬のはなかなか味が深くて旨い。ローストは辛子で。自然と日本酒が呑みたくなるってもんだ。ブロッコリレイブの花をあしらって。それと、ローストして出汁で煮浸しにしたミニサイズのスイートレッドチリペッパー。
f0056476_16271116.jpg

お昼の料理教室では、冷たいお蕎麦にあったかい鴨汁バージョンを作ったんだが、夜はあったかいお蕎麦で。鴨、葱、卵焼き、ほうれん草で賑やかになったなぁ。鴨の油ってーのは、すんなりと滑らかだ。そして甘い。そのため出汁は、しょっぱいぐらいに作って丁度いい感じになるんです。
by MACHIKOGUNJI | 2010-02-25 16:33 | 和食 | Comments(0)
雪山弁当の味。
f0056476_754546.jpg

またキャッツキルの山の中へ行ってきた。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2010-02-24 18:19 | ロードトリップ | Comments(1)
おでん
f0056476_16372256.jpg

キャッツキルのロッジでの夕飯はおでん。旦那のリクエストにより、家から作って持参した。もちろん「やたらとチクワブが多い」うちのおでんです。極楽の法則「風呂→食う→寝る」の繰り返しの1日はおおいにリラックスできた。豪華そうであんまり美味しくないホテルの食事、人はいいけど味はまあまあの田舎のレストランよりは「おでん」は遥かに偉大であった。真夜中のカレーうどんも旨かったぜ。
by machikogunji | 2010-02-24 16:42 | 和食 | Comments(0)