ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2009年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧
白菜と鶏肉のケチャップ煮
f0056476_13303833.jpg

白菜と鶏肉の煮物です。ケチャップ味。水は一切使ってません。白菜からたっぷり水分が出るので、それをうまく利用。野菜の甘味がしっかり出てます。
f0056476_13324533.jpg

賑やかですが、たいしたもんないのよね。
レッドスイスチャードの炊いたん、金時豆、サーモン刺身と酢蓮根、出汁巻き卵、おつけもん。
by machikogunji | 2009-11-30 13:35 | 和食 | Comments(2)
金時豆とレッドスイスチャードの炊いたん
f0056476_1312248.jpg

棚の整理をしていたら、いろいろ出てきますな、忘れていたもんが。実家に帰った時にわざわざ買ってきていた「金時豆」。忘れちょりました。さっそく炊いた。ごはんにも合うように甘さ控えめ。どうして金時豆っていうんやろと思い、調べてみたら面白かった。金太郎って昔話にありますよね。あの主人公金太郎は実際にいた人で、源頼光の家来となった人。正式な名前は坂田金時。子供の頃の名前が金太郎ちゃんだったわけです。赤い顔をしていたそうな。それで昔から、赤いものの例えにこの金時という言葉が使われたそうだ。このお豆も赤いので金時豆となったようだ。ちなみに坂田金時の息子は金平。「きんぴらごぼう」のきんぴらってのはこの息子の名前からきているんだってさ。父さん赤で、息子は茶色なのかな。
f0056476_13244537.jpg

もう一品は、今よく八百屋で売っている「赤い茎のスイスチャード」でおばんざいを作った。いつもは茎が白く葉が緑色のもので作るのだが、まっ、スイスチャードに変わりはないし、色も楽しそうだしってことで。お揚げ、豆腐を入れて炊いてた。濃い赤なのでアクが出る可能性があったため、下準備として、さっと茹でて灰汁抜きをしてます。
by machikogunji | 2009-11-30 13:28 | 和食 | Comments(3)
さんまの黄金焼き
f0056476_15585357.jpg

さんま。ニューヨークにはいないが、1匹2ドル弱で買える魚だ。今日は醤油とみりんと酒に漬けといて焼いた。おぉ、ゴールドに輝く焼き上がりだ。銀色が金色になったら、ちょっと得した感じだな。
f0056476_15594481.jpg

昨日のすき焼きに思いっきりしらたきを入れたにもかかわらず、れんこんのきんぴらと共にまた食べた。
f0056476_15595822.jpg

サーモンと大根のスパイシーサラダ。スパイシーソースがまだ残っているので、そのお片付け。
f0056476_1602283.jpg

お漬けもんが美味しい季節になってきた。ぬか漬けまた作ろうかなぁ。家で漬けたのが一番美味しいんだけどねぇ。
by machikogunji | 2009-11-28 16:00 | 和食 | Comments(2)
うちのターキー皿
f0056476_16295735.jpg

うちの場合、サンクスギビングデーにはターキーは食卓にないんです。でも、今年は遂にターキーがこんな形で初登場。サーモンのスパイシーソース添え+ターキー添え。
f0056476_16344881.jpg

そして、メインは……。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-11-27 16:49 | 和食 | Comments(2)
カレイの煮付け
f0056476_915214.jpg

野暮用でブログを2日間更新してなかった間に、なんかうちのブログのことで騒ぎになっていたようですんません。まぁ、「アタシはアタシ」ですので、今まで通り、いや今まではまだ遠慮がちだったんすよ。そういうのヤメ。バシっといきまっせ。ガンガン魚釣って、家飯作っていきます。「うちはうち、よそはよそ」。そんでいいんじゃないかと。応援してくれてる人、心よりありがとう。
さてと、朝昼のご飯のことですが、いろいろバラエティーに富んで考えていたんですが、旦那にほぼ却下されてしまったわん。結果「麺で良し。ときどき飲茶」ってことになりましたねぇ。ってことで。今日の晩ご飯は、カレイの煮付け。そろそろカレイ、旨くなってきたねぇ。ニューヨークじゃカレイもヒラメも」フラウンダー」で通るんだが、どうしてもカレイが欲しい時は「ウインター・フラウンダー」と指定した方がまちがいない。ヒラメはちなみに「サマーフラウンダー」。NYも昔は、12月頃からポンポン釣れてたんだけど、最近はパッとしない。いなくなっちゃったんですよ。今日の煮方は、築地にある通好みの魚料理屋の煮付けをヒントに「いかに濃い色だけど辛くならないか」「ツヤツヤの煮付けを」を考えてやってみた。成功。12月の料理教室でブリを使って伝授する。
f0056476_9143023.jpg

日本産の冷凍かつおのたたき。困った時の一品です。薬味は、ネギとしょうがとしょうゆ漬けのにんにく。
あとは、ごはんとつけもの。真夜中の魚定食でした。
by machikogunji | 2009-11-27 06:30 | 和食 | Comments(3)
定番「翌日カレーうどん」。
f0056476_563186.jpg

本日から、うちのごはんの時間帯が変わります。朝兼お昼をしっかりと、夜は軽く、となる予定。まっ、急にガラリとはいかないが、徐々にこのシフトに変えていくつもり。初日は、昨日のカレーでカレーうどん。完全に今日のカレーうどんを作るということが前提のカレーだったので、出汁を足して煮詰めておしまい。でも昨日のカレー作りより、こっちの方に手間と力を入れている。
さぁ、忙しかったのもちょっと一段落したし、朝飯のスケジュールを立てるとするか。一応考えているのは、ある奥さんが実際に実践している方法なんですが、1週間の曜日によってテーマを決めていくという献立の立て方。聞けば聞くほど、そりゃいいやっていうアイデアです。候補に上がっているものは、丼の日、炒飯の日、焼き魚の日、パンの日、麺の日、飲茶の日、自由な日。これを隔日に設定する。お惣菜1品、漬物1品は常時確保。こう考えると、朝迷わなくていいし、前日用意もできるし、一石二鳥。よーし、がんばってみるか。
by machikogunji | 2009-11-24 05:56 | 和食 | Comments(3)
喫茶店風カレーライス
f0056476_15415970.jpg

昨日の大釣りで足と手の動きがバラバラの歩行状態。うちが引き取ったブラックフィッシュの数は7匹。今日の料理教室に4匹が特別参加で、フィッシュチップと酢魚と刺身となった。あと2本は、美味しい料理を作ることまちがいなしのお宅へ丸投げ。さすがに夜ごはんで「この魚のお顔は当分見なくていいわ」って感じになり、「あぁ、美味しいビーフカレーが食べたい」と天井見上げて言っていたら、旦那が料理教室の余った野菜と牛肉で、食べたかった味120%のビーフカレーをこしらえてくれた。つぶやいてみるもんだ。炊きたてのごはんにソース味ちょっときつめに効かしたカレーなんですけど、旨かったなぁ。2杯おかわりしたねぇ。
短時間で美味しいビーフカレーを作る時は、肉の種類を考えて作るといいとのこと。今日は骨付きのスペアリブ用を使ってましたねぇ上手に。釣りの翌日、なぜかこういうカレーとか肉類が無性に食べたくなるのよね。酒は今年初の焼酎お湯割り梅干2個入りをギュンギュンにかき回して、グビ~ッと。最高。
by machikogunji | 2009-11-23 15:52 | 洋食 | Comments(1)
ブルックリン沖からの眺め
f0056476_9312818.jpg

釣りの帰り、少し遠回りして船で観光。この辺の釣り場は気をつけないとこんなタンカーが走ってます。何が怖いってタンカーの作る波。大波がザブンと寄せてきて、小さい船は飲み込まれそうになるんだなこれが。
f0056476_932382.jpg

今日の船長のスコッティーを始め、グレッグもヒロも3人共、子供の頃のコニーアイランドの思い出がたくさんあるんだそうだ。中央の赤い鉄塔は1960年代後半まで動いていた大人気の「パラシュートジャンプ」という乗り物の骨組みなんだそうだ。ワイヤーに繋がれたパラシュートの付いた2人乗りのシートボックスが頂上から地上に降下していくというものだったらしい。
f0056476_9325960.jpg

こんな感じで、テレビ撮影隊と地元釣りキチ達のボートは夕陽を背中に帰港。今日のクルー3人は、やはりダントツにブルックリン沖のことを知ってたなぁ。釣るべき魚をちゃんと釣らせるってことの難しさを見事にクリアしてくれた。地元釣りキチ、あっぱれ、あっぱれ。
by machikogunji | 2009-11-23 09:42 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
ブルックリン沖釣り
f0056476_041750.jpg

地元ニューヨークの釣り、久々です。最近は歳もとったせいか、こっちに長く住んでるせいか、ちょっとブログのせいか、裏方的釣行が増えてきてるのが現状です。今回も指南役の親友HIROのアシスタントとしての乗船。日本からの撮影隊を乗せて、そちらのご要望に沿った魚を揚げるというミッションのもと、
f0056476_0125779.jpg

3人のバリバリの下町ニューヨーカーに船を出してもらった。普段一緒に行くときちがいじみた釣りをやる連中がどこまで日本人ゲストに従えるのか見ものであったよ。めったにゲストを乗せない船だからねぇ。でも、みんなの「はるばる日本から来たのだからしっかり魚を釣らせてあげたい」というプロ根性ぶりには頭が下がる思いでした。
f0056476_0181053.jpg

朝6時、ブルックリンを出港。まずは、ストライプドバスを揚げるために、船長スコッティーのとっておきのポイントへ。
f0056476_0211476.jpg

港を出てすぐのブリージーポイントには、朝っぱらストライパー狙いのサーフフィッシャーマン達が砂浜にずずずずら~~~と並んでいる。こんな人出は久しぶり。このところの週末はずーっと天気が悪かったり、風が強かったりでぜんぜん釣り日和じゃなかったもんね。久々の快晴、風も大したことなしの今日、みんな狙ってるわけです、大物を。
どんどん船は進んで、写真のような鳥山を探しに行きます。
何にもない海に鳥(シーグル)が海面近くに来た魚の群れを狙って集まっている場所を船で探すんです。
魚の群の下の海中には小魚が群がっていて、その下に大物が潜んでいます。ここの場合、順番にいくと、鳥、小魚、ブルーフィッシュ、ストライパーの層になってるはずです。
f0056476_040666.jpg

鳥山の中に船を停め、釣り開始。予想通り、ブルーの大群に当たりで、大変なことになってしまいました。ブルー、ブルー、ブルーです。にほんから持参してきた小型の、でも機能性は抜群の竿とスピニングリールで、あの大暴れするブルーを吊り上げるってのは最高に面白かった。が、おばさん歳で腕がもう棒のようになってしまったわ。それを横目に焦るクルー。ストライプが揚がりません。このブルー軍団の下にストライプはきっといるはず。もしくは混ざって泳いでいるはず。みんなでストライプ探しです。で、2本ゲット。この魚が今日の一番の目的だったので、みんな一安心。日によって、時間によって、ブルーの濃い時、ストライプの濃い時があるわけで、今朝はブルーだったのね。そこからストライプを寄せるのは、まぁ、数釣ることと、運だなこりゃ。
f0056476_0404539.jpg

地元でのブルー、ストライパーはこういうダイアモンドの形をしたジグで釣ります。今日は日本製の素敵なジグでみんなで試みたんですが、なにしろブルーの歯はすごいのでつなぎ目が合成の強度の繊維性のものでもそのうち食いちぎられてしまうので、やはりそこは地元のワイアーが通してあるものがいいんじゃないかしらん。しっかし、ブルーの引きは豪快です。こっちじゃこれを「ブルファイト」と申します。おばさん、ブルファイト、当分いいです。
f0056476_141135.jpg

さぁ、ランチも食ったし、お次はブラックフィッシュ釣りです。風もなくなり天気はどんどん良くなり、みんなごきげん、日米釣り話に花が咲く。
さて、お次はブラックフィッシュです。キャプテンのスコッティー、メイトのグレッグはどちらもブラックフィッシュ釣りに関しては神がかりな奴らです。ブルックリン沖の海底のことは何でも知ってる連中です。どこに岩があるか、どこに船が沈んでいるか、全部知ってます。ブラックはそういうところに群れで潜んでます。船を停めた一発目のところで、もういいでしょってほど釣らせてくれました。
f0056476_135534.jpg

この魚の餌はグリーンクラブという蟹を割って、もしくは丸ごと使います。キャリコという白い蟹もいいです。一番いいのはやどかりですが高いです。自分で取りに行ってこれを使うという人もけっこういます。今日はグリーンクラブ。ハサミはこの釣りの必需品です。これで蟹を割るわけです。一度ハサミを忘れ、歯で割ったろかいと思ったらみんなに「それだけはやめない」と叱られました。
f0056476_173574.jpg

ブラックの歯です。ブラックバス釣りのように釣れて口に手を入れたら一発で噛み千切られます。すきっ歯の奴が多いですね、こいつら。矯正はしてないみたいです。
f0056476_0491092.jpg

f0056476_04852100.jpg

つづく。
by machikogunji | 2009-11-23 00:58 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(5)
それぞれいろいろスパイシーソース
f0056476_1155355.jpg

今日は、夜、うちの家風スパイシーソースの割りをちゃんと紙に書き出して決めてみた。
このスパイシーソースってのは、刺身の余りで一品作る時や、巻物の時に役に立つ。また、これはあんまり期待できないなと思った和食屋やすし屋に入ってしまった時や、アメリカのスーパーでお寿司を買う時に、どちらかというと「逃げの手段」でこのスパイシーロール系の寿司をオーダーしていた。すると、よほど寿司飯がダメじゃない限り、失敗率が低くなる。いや、「これ意外とおいしいかも」と納得することも多くあるんです。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2009-11-21 12:38 | 教室