ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2009年 09月 ( 72 )   > この月の画像一覧
イワシのサワーチェリー煮と豆飯
f0056476_1021856.jpg

去年の夏に漬けたサワーチェリーの梅干風塩漬けでイワシを炊いた。お醤油とみりん、日本酒、生姜も入ってます。魚を炊いた後のつゆで、またうれしくなって買ってきてしまったきれいなしし唐をさっと煮て横に。
f0056476_10212348.jpg

しし唐、今回は友達と2人で分けたんですが、それでもいっぱいあるので、こちらはスキレットで焼いて、甘辛いタレをかけて焼き鳥屋風にしたら、ガンガン食べれたぞ。ホワイトスイートポテト、これってサツマイモの白いヤツ。電子レンジでラップ蒸しにしてから、これもスキレットで少し塩を振って焼いてます。あぁ、焼き芋がおいしい季節になてきたわけだ。
f0056476_10214037.jpg

今日は豆ごはん。大粒の色鮮やかなえんどう豆を見つけたので、たっぷり入れて炊いた。ついつい食べ過ぎてしまいますよね、こういうの。
by machikogunji | 2009-09-30 10:39 | 和食 | Comments(0)
イワシのグリルと数滴の醤油
f0056476_549299.jpg

先週のシーバスに比べて今週はちょっと小振りなものが魚屋の店頭に並んでいる。うーん、ちょっと小さいなぁ。待てよ、横のイワシが旨そうだ。プリプリ。ほんじゃ、シーバスの小さい分、イワシも付けようかしらん。手間をかけた料理は時間内には難しいので、スキレットに並べて水分がなくなるまでゆっくりとゆっくりと焼き上げていくことにした。味は、塩とフェンネル、レモンの輪切りも一緒に。ハワイのレッドソルトを使ってみた。焼くこと30分。仕上げに数滴のお醤油を落とした途端に、いい香りが。誰かのお腹が、ググーッと鳴ってこの香ばしい香に反応したわん。わははっ。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-09-30 07:00 | 教室 | Comments(2)
朝ごはんのはしご@flushing
f0056476_5514993.jpg

本日は野菜を買いに朝からフラッシングへ。朝から2件の店で「朝ごはん」をいただいてきた。いつもの飲茶の店は旦那と一緒の時に行くとして、今日は別の店に。
1件目は、ショウロンポーでお馴染みの南翔小籠包へ。私はどうもショウロンポーにあんまり興味が沸かないというか、猫舌なので。今日も友達と3人で1蒸篭たのんだんですが、気が付いたらもうなかった。みんな早いなぁ。熱くないのかなぁ。
f0056476_5533011.jpg

私はこっちの方に興味ありなんです。豆腐スープ。フラッシング図書館の辺りに北京の朝ごはんを出す「人人小館」っていうレストランがありますよね。そこでもこのお豆腐スープがありましたが、こちらの方がすっきりした味わいじゃないかなぁ。トッピングの雪菜の漬けもんと乾燥アミでいい出汁が出てます。お豆腐は文句なくフワフワだし。猫舌の割りにこれだけはアツアツがよいというのも勝手な話ですが。
f0056476_5243672.jpg

まぁ、この店で軽く食べた後、マーケットへ行く途中の店にまた1件レストランに入った。
どうしても食べてみたいもんがあったのよねぇ。
「ここならたぶんあるだろう」と勘を働かせて入ってみた。
さぁ、なんでしょ、食べたかったものってのは。
このとんがらし入り甘酢に醤油ちょっとと練り辛子を混ぜて食べるんですがね。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2009-09-29 05:58 | チャイナタウン | Comments(2)
生えてるんだね、NYの道端にも。
f0056476_5142186.jpg

NYの街なかにも生えてるんですね、スベリヒユ。
とても元気に生えてましたよ。
by machikogunji | 2009-09-29 05:15 | 風景 | Comments(0)
刺身3種盛り
f0056476_12452719.jpg

今晩の前菜は、刺身3種盛り。
まずは、煮蛤。この前ちょっとお鮨にしてみたら、えらいイケたので、ちょっとどうやったらおいしく貝を煮れるか試している。貝はチェリーストーン。ホンビノス貝ってやつです。桑名の蛤とはいかないが、なかなかこちら産にしちゃぁ味も濃くっておいしいです。今日のはつまみ用にしたので、あんまりツメは甘くしなかった。
f0056476_12294571.jpg

魚屋のブラックシーバスだが、今日のは身が締まっていて、とってもいい魚だったなぁ。包丁もいつもよかスパッと入った。
f0056476_12315544.jpg

立派な鯖だった。これどこから来ているのかなぁ。ノバスコシア辺りでしょうか。あちらに夏にバケーションに行った人がバンバン釣れてたって言ってたよな。今年は鯖年でありますように。
f0056476_12345889.jpg

アイダホポテトのこふき。チャイブを混ぜてます。塩と黒胡椒だけで。
f0056476_12364516.jpg

白菜と姫筍とスナップエンドウのあんかけ旨煮。白菜をフライパンでよーく焼き付けるように炒めるとぐぐっと甘味が出ておいしくなる。私はフライパンに油を敷いて白菜を放り込み、焦げ目が付くまで放っといてます。ポイントは、この白菜をよーく炒めることと、最後に絡める片栗粉は水で濃く溶くことですかね。
さすがに昨日の今日、肉なしで充分な胃であった。
by machikogunji | 2009-09-28 12:40 | 和食 | Comments(0)
和食器じゃなくてもいいわけで。
f0056476_656830.jpg

今日は定番の9月のメニューを、ニューヨークで買える食器でカフェ飯風に盛り付けてみた。
お盆代わりに使った白丸の大皿は「クレイト&バレル」、小さな籠と合わせた小さなガラスの食器はIKEA、シーバスと白味噌バジルソースには、「クラッカーバレル」とアメリカのアウトドアキッチン用品のメーカー「ロッジ」のミニスキレット。その下敷きの木製の丸い皿は、「ブロードウェーパンハンドラー」で買ったタパス用の木皿。おにぎりを包んでいる笹の葉は、和食器調理器具専門店のダウンタウンの「KORIN 」や、ミッドタウンの「共同貿易」で売ってます。その他、フィッシュエディーとか、アンソロポロジーの食器なんかもけっこう使えるもんです。雰囲気ががらりと変わり、みんな喜んでくれた。こういうの、図に乗りそうだ。またやってみよう。
by machikogunji | 2009-09-28 07:09 | 教室 | Comments(1)
父からのワイン
f0056476_22145168.jpg

このワインは日本の山梨にある古いワイナリー「サドヤ醸造所」のワインだ。うちの父がこよなく愛したワインなんです。きちんとした味がします。きちんとしていた父でしたから、こういうワインが好きだったんだと思います。イタリアでもなくフランスでもなくナパでもなく、日本の味がする。そして「父」の味なんだよな。父は、私と弟が成人したと同時に、このワインを毎年赤と白各2本づつ買い、ワンセットは家族でのお祝い事の時に、そして残りの2本は、田舎を離れた弟と私に1本づつ持たせてくれた。それが30年ぐらい続いていたわけだ。私と旦那が結婚した時も、このワインでお祝いしてくれた。父へのお土産に奮発したマルゴーの高級ワインよりも、私にとってはおいしかったなぁ。昨年父が亡くなって、このワインの注文主がいなくなり、去年飲んだものが「父の形見のサドヤのワイン」となったのだが、この30年あまり続いたうちの風習にピリオドを打つのは偲びないということで、今年からうちの旦那さんがこのワインを注文し、実家の母の元に送り、いつものように、弟が1本、私が1本、それぞれのお祝い事の時に開けようということになった。夏、そのワインをニューヨークに持って帰った。この1本、旦那の誕生日の今日、開けた。父が横にいて一緒に誕生日を祝ってくれているような気がした。
by machikogunji | 2009-09-27 22:38 | モノ | Comments(3)
和州牛のステーキ・ミディアムレア
f0056476_1425478.jpg

今日は素直にいいお肉です。血管が切れそうなほど奮発してみました。半世紀に一度のお祝いなので、パッといくことにしました。
f0056476_14253255.jpg

焼いたのはお誕生日の人だったんですが。「どうしても自ら焼いてみたくなる肉」を買ったわけです。案の定、いても立ってもいられなくなり、焼いてくれたわけです。
f0056476_1437090.jpg

かぶりの部分の牛刺しあり、
f0056476_1426246.jpg

シュリンプカクテルあり、
f0056476_14324160.jpg

グリルドポテトあり、クリームドスピナッチありの、ゴージャスな晩飯でした。
by machikogunji | 2009-09-27 14:35 | 洋食 | Comments(0)
こっぽりと50才。
f0056476_14175132.jpg
f0056476_14182237.jpg
f0056476_14184576.jpg

うちのとーちゃん、お誕生日おめでとう。
これからも僕達がおいしい餌を食べれるように、一生懸命に働いてください。

愚猫のタマとミーより。
by machikogunji | 2009-09-27 14:22 | 今日は何の日? | Comments(5)
う巻き
f0056476_13465183.jpg

今日、安いレトルトパックの鰻をおいしく食べる「鰻改良料理」を披露した。あっ、披露って大したことはぜんぜんないんだが、あのブヨブヨの鰻をちょっとでもおいしく食べるコツを教えたわけだ。「べったりとからんだソースを落とす」「ゴム状の皮をしっかり焼き直す」ってのがポイント。この2点をクリアすればかなり変身させられる。で、どうしてもこの改良鰻で「う巻き」を食べたいっていう人がいたので、作ってみた。
f0056476_1471960.jpg

五三竹(ごさんちく)。姫筍とも言うよね。岩手県の竹やぶで友人のおっかさんが採って来たのを、缶詰加工工場に持ってって缶詰にしてもらったという「レア」もの。盛岡近辺には、こういう山菜を缶詰にしてくれる所が数ヶ所あるそうだ。いいなぁ。瀬戸内にもこういう所があったら、なんぼでも瀬戸の味をこちらに持って帰れるのになぁ。お酒と塩を加えてさっと湯通しすると、パリパリ度がよみがえるんです。
by machikogunji | 2009-09-27 14:14 | 教室 | Comments(0)