ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
<   2009年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧
体調整のための飲茶
f0056476_20232035.jpg

たった2週間では、どうしても日本の夏の湿気と気温に体が馴染まないというのは、NYに住む人の多くがそうだと思う。今年のNYは決してからっとした日が多かったとは思わないが、日本の湿気に比べると過ごしやすいよなと思うのは、成田に降り立った瞬間から思う。そして、高松空港に着いた瞬間、もう一回り湿気を感じた。高松で再会した沖縄在住の友人に言わせると「沖縄はこんなもんじゃないさぁ」という。東南アジアにお住みの方はどうなんだろう。まぁ、そんなこんなで体調は飽食も加わり、非常にいつものバランスを失って帰ってくるのはいつものこと。こういう時、毎週通う「飲茶」が私たち夫婦の体調を元に戻してくれる。今日は木曜じゃなく日曜日の朝の飲茶ですが。いつもの煮物を頼みゆっくりとお茶をたくさん飲みながら食べると、胃腸が元のように働き始めるのが不思議だ。お茶、生姜、簡保系のスパイスがたぶん私たちにとってはデトックス作用を促すんだろうな。当分悩まさせてる時差ぼけにも少しは効果があるといいな。なんせひどい時差ぼけなんです私。つらい、非常につらい。どなたか時差ぼけの即効治し方、教えてください。ちなみにイタリア人に聞くと、太陽に当たりながらパスタを食べると一発で元に戻るというんだが、どうも私には効かないのよね。まぁ、時差ぼけのおかげで一気にブログの更新ができたのだが。
by machikogunji | 2009-08-31 20:40 | チャイナタウン | Comments(1)
瀬戸内膳
f0056476_19474043.jpg

というわけで、父の一周忌を兼ねた私の夏休みは終わり、再びNYでの生活が始まった。にもかかわらず、四国の蒸し暑さに翻弄されまくり、長時間の地獄のエコノミークラスフライトで、パンパンにむくんでしまった足を引きづりながら帰宅後の夕食は「まだ気分は瀬戸内」。メバルの蒲鉾3種にちりめんじゃこ、
f0056476_1947581.jpg

お昼高松を旅立つというのに、朝釣りに行き、一時間で釣って家にすっ飛んで帰ってすぐに煮付けたコイワシの煮付け、
f0056476_1948289.jpg

岡山県宇野の宇高国道フェリー乗り場前の閉まっていた魚屋の戸を叩いて無理やり売ってもらった「あなごの味噌漬け」を肴に、
f0056476_2022567.jpg

友がわざわざ土産にうちに届けてくれた地酒を飲み、ちょっとウルウルしながら今回の旅の余韻に浸ってみた。

今回は、ちょっといろいろ思いがあって、瀬戸の島を巡った。そのことについてはいつものグンジ家の普段のごはんネタと共に紹介します。楽しみにしといてください。
by machikogunji | 2009-08-31 20:04 | 和食 | Comments(2)
毎日アナゴ。
f0056476_19325884.jpg

今回の帰省で毎日毎日食べ続けたものが「アナゴ」。東京では「美しく粋な江戸前アナゴ」を、高松に帰ってからは瀬戸内での採りたてを毎朝「いただきさん」に裂いてもらったものをうちで焼いた。
f0056476_19331211.jpg

母の作るタレがこれまた格別で旨いのなんの。止められないとまらないの食べっぷり。
f0056476_1933225.jpg

酒のつまみに、ビールのつまみに、ご飯に載せてとどうやっても旨い。冷えても旨いんだから。
f0056476_1934366.jpg

NYで食べられない恨みが果たせた。夏に高松においでの際はぜひアナゴを、アナゴを食べてみてください。
by machikogunji | 2009-08-31 19:41 | 高松・旨いもん | Comments(0)
弟からの思いやり・宍喰から「紋甲烏賊」「飛び魚」編
f0056476_1931766.jpg

ぞうり海老に続いて、紋甲烏賊。うへ~~、身が厚いなぁ。アメリカの烏賊は釣りたてでも皮がツルリと剥けるんだが、日本の烏賊はそうはイカない。表面もひときわぬめぬめしてるのは何でなんでしょ。大西洋、太平洋の違いなのかしらん。手伝ってくれた妹と一緒に苦労して剥かせていただきました。で、飾り包丁を入れて刺身に。なんて透明感。この青白さ。旨い旨い。NYで留守番のお猫達に食べさせてやりたかったなぁ。今度生まれて来る時は高松の猫になれよ。
f0056476_1985222.jpg

内臓にくっついているイカの卵巣。うちの方じゃ「イカチチ」と呼ぶ。烏賊乳。乳です。私の大好物で、何十個でも、何百個でも、何千個でも、あるだけ全て食べてしまうであろう好物。甘辛くさっと煮付け。こりゃ母が煮るのが最高の味なのでお任せしたら、ものすごく張り切って煮てくれた。
f0056476_19144684.jpg

そしてオマケのこいつ。美しい羽だ。こいつと向き合うのはマイアミで暮らしていた時以来だわ。
f0056476_19165652.jpg

マイアミで魚釣りをしていたら、大群が来て、船の中にバンバン飛び込んできて大変だった。ヒッチコックの「バード」の「フライングフィッシュ版」だったわね。怖かったよ。
f0056476_19183823.jpg

こては3枚におろして、母の手作り味噌と生姜と葱でたたいて、酒のつまみに。
酒はもちろんコレです。飲んだ、飲んだ~~。
f0056476_19254650.jpg

by machikogunji | 2009-08-31 19:21 | 高松・旨いもん | Comments(0)
弟からの思いやり・宍喰から「ぞうり海老」編
f0056476_18295744.jpg

私の弟から「ねーちゃんへの遊び道具」を渡された。魚だよん。私が魚を料理する趣味を持っているのをよーくご存知のようで、徳島の宍喰(ししくい)にドライブに行った際に、市場で競り落として面白い魚を買ってきてくれた。見ちゃったら最後、全ての予定をキャンセルして、一人実家の台所で思う存分遊ばせてもらった。
これ「ぞうり海老」ってやつです。「雪駄えび」とかとも言うらしい。英語では「スリッパーロブスター」、そのまんまの言い方なのね。
f0056476_18515483.jpg
メインロブスターは恨まれるほど捌いてきたが、この海老ちゃんは初めての試み。旦那の支持に従って、お造りと茹でて食べるってことにした。
f0056476_18371122.jpg

素直に塩茹で。シャコと同じ要領で腹側の輪郭をはさみでジョキジョキして殻をはずして、さぁ喰ってちょ。おっと、なんとやさしいお味の海老ちゃんなんでしょ。変に料理するよか、こりゃ塩茹でが旨いなぁ。
f0056476_18395026.jpg

頭の付け根にしっかりとオレンジの卵が入っていて、みんなで手どろどろになって食べましたよ。
f0056476_18525910.jpg

そして、得意のお造り、どっだ~~~、四国のみんな~~。メインロブスターと同じように、身をほんの少しお湯に通して氷水で急速冷やしてみた。「こうした方が断然甘味が出て美味しくなるね、ねーちゃん。」と弟。「ところでねーちゃん、NYでいったい何しよるん?」「あぁ、あたしっ、魚おろっしょるでぇ、こんな風に」「ふ~ん。楽しそうやねぇ。」 弟には分かるまい。ねーちゃんのNY生活、20年経っても。
by machikogunji | 2009-08-31 18:58 | 高松・旨いもん | Comments(0)
はや田@高松・百間町
f0056476_1232752.jpg

「まっちゃんが帰ってきとるけん」と、みんな忙しいのにぱっと集まってくれることのなんと幸せなことか。おいしいごはんに楽しい仲間……、べたな言い方だが、ほんまにそうやけん。
f0056476_128140.jpg


★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-08-31 12:15 | 高松・旨いもん | Comments(2)
生で鶏
f0056476_0172137.jpg

このおっちゃんが、美味しい鶏料理を作ってくれた。ライオン通りの地鶏屋の店主・斑さん。
f0056476_0205777.jpg

どーしても鶏の生が食べたかったわけよ。で、弟おすすめの焼き鳥屋へ。
この見事なプリプリの肝ったら。鶏の生のきわめやなぁ。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-08-31 00:33 | 高松・旨いもん | Comments(1)
喫茶店の名物うどん
f0056476_21272481.jpg

ここのうどんは昔からある高松では異色のうどん、でも昔から絶大なる人気があるんです。喫茶店「あずまや」のうどんです。40年以上前から出汁も具も同じです。普通、讃岐うどんの出汁はいりこがベースなんだけど、ここは昆布とかつおの一番だしで通してるんです。親戚のおばさんの話では「一時、ここのうどんの出汁が美味しいのはフグで出汁をとっているからだ」という噂があったらしい。えっ、ほんまっ。店を出る時、その謎を単刀直入にうちの叔母が聞いたら、「いえいえ、昔っから昆布とかつおなんですよ」とあっさり。それでも叔母は「いや、きっと秘伝の何かが入ってるに違いない」と疑っている。たぶん死ぬまで疑い続けてこのうどんを食べることだろう。
f0056476_2133243.jpg

名物のシューアイス「ローゼ」はやっぱりおいしかった。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-08-30 21:33 | 高松・旨いもん | Comments(2)
いいだこ駅弁@高松駅
f0056476_20512183.jpg

ちょっと母と一泊の旅行に行ってきます。
特急列車「いしづち」の車内にて朝ごはん「いいだこ弁当」。
by machikogunji | 2009-08-30 20:52 | 高松・旨いもん | Comments(0)
ふなや・川席@松山
f0056476_19591962.jpg

母とゆっくりお昼ごはんが食べたかった。なにしろ父の介抱で数年間これといって出かけることができなかった母である。川のせせらぎを見ながら2人での食事は楽しかった。母喜び過ぎ。しゃべるしゃべる。
松山の道後にある老舗旅館「ふなや」。ここのお庭「詠風庭(えいふうてい) 」には石手川の支流である御手洗川が流れており、その川辺に夏限定の川席が設けられそこでお昼と夜の食事ができる。最高です。正岡子規や夏目漱石もここの庭をこよなく愛していたということ。私、大好きでこれで3回目。JR四国に「マドンナ倶楽部」という女性どおしの旅のプランがあって、その一つにここの川席ってのがあるんです。往復のJRの切符、松山の路面電車の一日乗車券、お昼ごはん、お風呂券、お抹茶券、お土産券がセットになってます。いつもこれを使って、帰省した際にふらっと小旅行に行ったりしてます。

★続きを見る……
by machikogunji | 2009-08-30 20:49 | 日本 | Comments(1)