ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2009年 03月 ( 77 )   > この月の画像一覧
チキンライス
f0056476_11292695.jpg

CHICKEN なことを毎日やっているが、それでもたまにチキンなライスが食べたくなる。
今日思ったのだが、チキンライスはどうも玉葱をたくさん入れない方が美味しく旨く作れるんじゃないかと。今日は冷蔵庫の中で玉葱だと思っていた物体が青りんごだったので、残りの玉葱ちょっとだけ、チキンたくさんで作ったらいつもより美味しかったような気がした。玉葱が少ないと御飯もカラッと炒められるんだねぇ。食べ物の発明、発見ってやつは、失敗したりやり損ねたりした時に生まれたというもんが案外多い。そんなもんなんだよな。
by machikogunji | 2009-03-31 11:28 | 洋食 | Comments(1)
ジャム子さん、ディーン&デルーカ@JAPAN デビュー
f0056476_7124348.jpg

ジャム子さんのジャム、遂に日本デビューしたという「あっぱれ」な知らせが届いた。
日本のディーン&デルーカにもう並んでいるそうです。
うちの町内会には、各分野でがんばっている日本人の若者が住んでますが、その中でも一番がんばっていたのがジャム子さんこと加藤陽子ちゃんである。彼女の作り出すジャム(コンフィチュール」の味のセンスはずば抜けているんだが、そこを最良の仕上げでバランス良く商品として仕上げていっちゃうあたり、やはりプロの職人さんとしての才能もすごい人なんだなと改めて思った。
彼女のジャムを食べた人は、まず驚くにちがいない。うちの料理教室でも何回も使わせてもらっているんだが、実際みんな驚いた。あの甘美な味をこれから日本でも味わえます。
ジャム子さん、お次の展開、楽しみにしてまっせ。彼女のジャム食べた人、ぜひ今回の快挙を一緒に喜んでくださ〜い。

www.kocca-nyc.com/
by machikogunji | 2009-03-31 07:38 | デザート | Comments(8)
パスイ
f0056476_5571243.jpg

ニーノちゃんのねーちゃんとにーちゃんがモンテネグロからやって来ていた。ねーさん、NYに来て一番に買いに行ったのは資生堂の化粧品だったらしい。資生堂……すごいな。ぜひ、こういう人には試供品をたんまりあげてほしい。
おねーさんの手作りのモンテネグロ料理を、わざわざデリバリーしてくれた。
うちは、釣ってきた魚があったので、「じゃっ、今日はどっちも食べようか」とモンテネグリアン+トラウトってことに。
メインは、パスイ(pasulji)という一品。すねの部分のスモークポークとホワイトビーンズを長時間煮た料理だ。これは、モンテネグロでは定番の家庭料理だそうで、各おうちでいろいろ味が違うんだそうだ。日本の「肉じゃが」みたいなもんかな。コツは、ステンレスや鉄の鍋ではなくクレイポット(土鍋)でたくさん作ること。1日目よりも2日目、3日目と日が増すに連れて美味しくなるんだそうだ。それってカレーみたいだねぇ。骨付きスモークポークは骨から身がホロリとはずれるまで煮込まれていた。豆が実に美味しい。こういう優しい味っていうのはやっぱ家庭じゃなければ食べられない味よね。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2009-03-30 13:17 | 外ごはん | Comments(1)
ニジマス塩焼きと酢〆
f0056476_5322253.jpg

釣りから帰って、1人昼ごはん。一番に冷蔵庫開けてビールでしょ。寒かったんですが、熱い釣りだったんでビールが旨い。
レインボートラウトの塩焼き。あぁ、1人昼ごはんじゃないわ、1人+2匹昼ごはんだった。私1匹、猫半身づつ。魚については一人占めできない、うちの食事システムになってます。

★続きを見る………。
by machikogunji | 2009-03-30 06:10 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(2)
2日目
f0056476_415290.jpg

朝6時。今日も行ってきた。止められない。面白い。
今日はやっと3バカが揃って、なので、雨だろうがあんまり関係なく、朝5時集合し出発。 
「2時間で勝負をつける」と言っていたのだが、結局お昼まで水に浸かっていた。
f0056476_4193679.jpg

仲良く3人とも3匹づつ釣れたところでおしまい。グレッグのブラウントラウトは2パウンドもあった。
今日は、魚はネットに入れて生かしておいた。彼等はこのネットを「ホテル」と呼んでいる。「お魚さん、ホテルでご休憩」なわけよ。
by machikogunji | 2009-03-30 04:24 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
ヒラメ何インチ?
f0056476_4494492.jpg

今年のNY州のヒラメ釣りの規定が発表されたんだが、ウガ〜〜〜〜〜ッ、なんだと〜〜〜〜〜。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2009-03-30 03:37 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
レインボートラウトのムニエル ライムバターがけ
f0056476_11431778.jpg

やっと念願叶って釣れたレインボートラウト。いやぁ、釣った時、ほんまにきれいな七色なんだなぁ。
ブラウントラウトに比べるとまだまだ小さいけど、味はそれを上回るなぁ。
さて、今日は洋食系に。あるものでまとめた料理なので、ちゃんとしたムニエルではない。どちらかというとソテーに近いかな。
魚は頭を落として、内臓も出し、塩と胡椒のみして、小麦粉の代わりに最近気に入ってよく使っている「お好み焼き粉」を軽くはたいて、ガーリックオイルに少しバターを入れた多めの油で揚げ焼きに。このトラウトは臭みがぜんぜんないので、ハーブとかは使わず、残り物の刻みパセリを散りばめただけ。最後にバターを焼き汁に溶かし入れて魚の上に少しだけかけている。爽やかにいきたかったので、ライムを絞ってみた。何でもない料理だけど、鮮度はさすがに抜群なので、素材で勝負ってところかな。サイドは、チンゲン菜のガーリック炒め。これにはにんにく醤油も入っているので、魚と一緒に食べると落ち着く味になった。
by machikogunji | 2009-03-29 12:01 | Comments(0)
トラウト釣り
f0056476_749769.jpg

ッハハ、結局なんやかんやと言って、トラウト釣りに行ってきた。
前日夜の「マンハッタンの夜の誘惑」も振りきり、朝4時前に起床。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2009-03-29 08:27 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
水族館レストラン @ John Dory
f0056476_1326776.jpg

友達の送別会でマンハッタンはチェルシーの「モリモト」の向かいにある「 John Dory」に行ってきた。珍しく夫婦でだ。彼女は、うちの旦那と「ちくわぶ同盟」を結んでいた人。あぁ、なごり惜しいよ、帰国なんだね。「四谷で必ず、グンジ家夫妻が喜びそうな、しっぽりとしたお店を探しておきます」と言ってくれた。帰国の際はよろしくお願いしますね。
で、彼女が帰国前日の最後のNYのディナーに選んだのがこの店。そこに呼んでいただいたので、がんばってマンハッタンに出向いた次第。
f0056476_1338267.jpg

よくぞここまで魚に執着したわねとびっくりするくらい「魚モチーフ」のインテリア。これは足下、フロアです。 えびちゃんいかちゃん、甲殻類のシルエットをライトアップ。いいなぁ、こういうの。「うちもぜひこのようなフロアにしたい」と旦那に言ったら「アホか」。
f0056476_1343652.jpg

私達の座った側面には、大きな水槽。かなり大きいぞ。手入れが大変だろうな。中では、魚が気持ちよさそに泳いでいた。ウエイターに「何ていう魚なの」と聞いてみたが、的を得ない答えだった。オイスターの名前より水槽の中の魚の名前の方が私には興味があった。
f0056476_13453565.jpg

お店の名前がジョン.ドーリー(マトウ鯛)というだけあって、もう1つの壁面には、ジョン・ドーリーのイラストが。バックが海草かと思ってよーく見たら、ブロッコリーレイブにディル、セロリとなんてのは面白い。とってもいいイラストだ。

シーフードが中心のレストランで、店名に使われている「ジョン.ドーリー」をいただいた。美味しかったです。これ、なかなかニューヨークでは珍しい魚で、今までチラッとしか食べたことなかったんだけど、今日初めて丸ごと食べた。
今度ゆっくりブランチでも来てみたい。
by machikogunji | 2009-03-28 13:53 | 外ごはん | Comments(5)
山クラゲ
f0056476_13132031.jpg

春のお弁当続いています。今日は、空豆のいいのがなかったので、スイートピーを鏤めて。あと、チャイナタウンに行ったついでに手に入れた蓮根で「酢レンコン」、そしてカイランの蕾みを茹でて。少しづつ食材が変化するのも春の時の流れです。昨日の「お茄子」も入ってます。
f0056476_12593995.jpg

珍しいところで、「山クラゲ」です。これは、レタスの一種なんですが、茎を食べます。中華マーケットでフレッシュなものをこの季節売ってます。中国名では「貢菜(こうさい)」。日本では乾燥させたものが主ですが、こちらでは生がある。葉は取られて茎だけ売られている。生でも食べられるということですが、今日は短冊に切り、塩水でさっと茹でて、甘辛く煎った絵海老と一緒に、辛子酢味噌で食べてもらうことにした。茹でると、とても鮮やかなエメラルドグリーンになって、お弁当の一品にこりゃぁ、ぴったりだったよ。
by machikogunji | 2009-03-28 13:12 | 教室 | Comments(1)