ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
<   2008年 11月 ( 51 )   > この月の画像一覧
海老と蓮根の白玉団子焼き
f0056476_13471173.jpg

昨日の「韓国でスジェビはどうやって食べるの」という疑問に、岡山とスウェーデンから詳しい解答をいただいた。鶏がらスープにごま油、薄口醤油・味醂・酒・塩などで味付けして、卵と葱を入れて食べる、また、大変あっさりした透明なスープに牛肉、じゃがいも、ねぎ、ズッキーニなどと一緒にスジェビがひらひらと入っており、最後にもみのりをどどっとかけて食べるという調理法を教えていただいた。今度やってみまーす。ありがとうございました。
それと、この前のチキンライスの上のカツのっけの料理名「トルコライス」っていうのも優しいコメンターの方のおかげで解決しました。またまたありがとうございました。

さて、本日のお野菜はロブスターのクラスをやると大量に余るチコリを再活用して、茹でて辛子酢味噌で和えたもの。茹でるとシュンと小さくなるので一気に片付きます。胡麻をたっぷり入れて、トッピングは黄色のみじん粉。やっとこの頃みじん粉の使い方が広がってきたわ。無味であるし、米の粉でできているので、何にでも合うし、色も白、黄色、ピンクと3色あるので、これからもいろいろ使っていきたいもんだわ。

f0056476_13594588.jpg

はい、今日も「ちょっとだけ余っている冷蔵庫の中の浮かばれないものたち」を使った料理です。今日の材料は、「冷凍れんこん」と「冷凍海老」。個別に使うにはとても中途半端な量で2人前には達しないので、合体させた。どちらも小さく切り、そこに白玉粉をつなぎにして団子を作り、多めの油で焼いてみた。残っていた太葱も一緒に揚げ焼きにして、これまた残りのすき焼きの割下をからめて、どーだ一品!
by machikogunji | 2008-11-30 14:04 | 和食 | Comments(1)
福岡からの紅白
f0056476_1340698.jpg

福岡へ帰省されていた方よりおいしいもんを届けていただいた。
まずは、紅白の紅で「めんたいこ」。立派だよなぁ、絵になるよなぁ。本場には本場のすごいのがあるんだよなぁ。
f0056476_13432188.jpg

紅白の白は「かまぼこ」。いやぁ、歯ごたえ抜群シコシコ。原料の魚が違うんだよなぁ。夫婦で酒と共に1本食いでございました。
いつもおいしもんありがとうございます。
by machikogunji | 2008-11-30 13:59 | いただきもの | Comments(0)
カレー・スジェビ
f0056476_13184658.jpg

シーバスがますます美味しくなってきてます。プリプリだわ。赤い大根「天安紅心」の柚子漬けをいただいていたので、クルクルッと巻いてボケの花っぽいのを作ったら、なんか正月近くなってきたなぁと思った今日この頃。ラジオはすっかりクリスマスソング一色だしね。なんか「あぁ………」とためいきが出ちまうのよね。
f0056476_138266.jpg

うどんの代わりに、韓国のすいとん「スジェビ」で、カレースジェビです。
このすいとん、なかなかの優れもので、冷凍のままカレースープ(チキンカレーの残りに出汁を足したもの)に入れてグツグツと煮ると、ネットリとしてそれでいてコシもあり、味噌仕立てのお鍋なんかにもいいかも。韓国ではどういう食べ方するんでしょうね。
by machikogunji | 2008-11-29 13:13 | アジア | Comments(4)
2つのオレンジサラダ
f0056476_1313631.jpg

夫婦揃っての「悪友」である良き友、マイコ・テイトはテレビ番組の情熱大陸にも出演した公立高校の熱血教師であり、料理上手でもある。
お互いバタバタしているので、電話だけでなかなか会えないのが残念。「年に3回は会おうね」といいつつ、今年も1回も会わないんではなかろうかと思っていたのだが、本日うちにご登場。旦那さんがオハイオの実家に帰っているのをいいことに、ターキーより、寿司とすき焼きを選んで我が家にやってきた。あいかわらずの元気120%のお姉様ぶりで、大いに笑わせてくれた。
手みやげに、2つのオレンジのサラダを持ってきてくれた。
彼女は簡単な材料で、チョチョチョッと料理を作る天才である。
一つは、オレンジとグリルしたビーツのサラダ。
f0056476_13131946.jpg

もう一つはグレープフルーツとアボカドの組み合わせ。
まぁ、彼女のドレッシングが決定的な美味しさの決め手なんだが。
近いうちに、今度は彼女の家で必殺料理を作ってもらうことになっている。
by machikogunji | 2008-11-28 13:28 | | Comments(1)
メインディッシュの前に。
f0056476_12553831.jpg

今晩のメインは、予告通り「すき焼き」となったわけだが、その前に前菜を2品。
リトルネックの蒸し焼き。黒いお皿にロングアイランドで拾ってきたまぁーるい白い石を置いて、その上からお塩をザザーッっと、そして白の「みじん粉」をパラパラッと。そこにポンポンと無造作に蒸し焼きにした貝を並べてみた。砂のようにも見えるし、雪のようにも見える。どちらかは食べてくれる人の判断にお任せ。
f0056476_12565396.jpg

白いお皿の次は、例の鮪をにぎって、赤いお皿を。
f0056476_12571958.jpg

そして、すき焼きに突入。
いただいたこの「すき焼きに合うワイン」、おいしかったなぁ。
by machikogunji | 2008-11-28 13:09 | 和食 | Comments(0)
な〜んでもないカレーは安心する
f0056476_10574936.jpg

お昼は夫婦で台所の小さな机にマグロ置いて、宴会になってしまったので、
夜はさらりと旦那の作ったカレーです。なかなかホッとする味がよかった。
f0056476_1058176.jpg

サラダは冷蔵庫にあるもので。残った白菜は茹でてよく絞って。茹でたさやえんどうは、蒸し寿司の残り。カナディアンベーコンは適当の大きさに切って少し炒める。これらを全部混ぜ合わせて、塩だれ(塩ポン酢と同じメーカーから出ているドレッシング系のタレ。かなり美味しい)とポン酢で和え、最後に胡麻とレモンを絞ってみた。
明日は、うちはすき焼きと鮪です。今晩は、知人からの借り物「神の雫」っていうワインの漫画を読んで寝ます。
みなさん、美味しいサンクスギビングデーを!
by machikogunji | 2008-11-27 11:09 | 洋食 | Comments(0)
サンクス・マグロ・デー
f0056476_6192311.jpg

うちのサンクスギビングは、まず「海の幸」でお祝いだ。
ターキー買う代わりに、ドカンとマグロを5パウンドほど市場から買ってきた。
うひょうひょと今日の午前中は柵取りをした。
f0056476_6193718.jpg

お昼ごはんに味見。なかなか上等上等。ちゃーんとトロってるじゃないの。赤身もいける。
f0056476_6195044.jpg

ついでに牡蠣もちょっと。う〜ん、生で食べるつもりだったけど、やっぱり焼いた。
f0056476_620654.jpg

牡蠣の塩焼き、レモン汁ちょっとだけ落として。
by machikogunji | 2008-11-27 06:25 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
鶏鍋
f0056476_173644.jpg

旦那の大好物である「味の素のエビシューマイ」を、白菜を敷いたセイロにビシッと並べ、きちんと蒸し器で蒸して差し出したら、ものすご〜く喜んで食べていた。う〜ん、そっかっ〜、私は生涯、自家製しゅうまいというものは作らず、味の素一筋でいくであろう。
f0056476_1741192.jpg

私は私で、夕方うっかり大好きな「エースコックのワンタン麺・塩味」をツルツルッと食べてしまったので、あんまりお腹がすいていないのをいいことに、夕飯までの道のり最短距離の「鶏鍋」を作ることにしちゃった。でもあまりの手抜きに罪悪感を覚え、結局、せめて糸こんにゃくぐらいはと、寒空の下、走って買い物に行き、ポン酢もちょっと高価な「伊予のまじめなポン酢」を使う事にし、大根おろしをいっぱい摺って、葱もたくさん刻んで、いつもになく丁寧なタレを作ることになり、くたびれた。
by machikogunji | 2008-11-26 17:49 | 和食 | Comments(1)
肉ガバガバ喰いながらワインをガブッと飲んでとっとと寝たい日
f0056476_1475344.jpg

風邪があと一息で治りきりそうな、そんな日は、
ステーキ、ガバッとニンニク醤油で喰いながら赤ワインをガブガブ飲んで、とっとと寝たくなる。数日のうだるようなかったるさから開放されたい訳よ。
まぁ、肉でも食べようかって元気が出てきたわけだ。
f0056476_145235.jpg

前菜は、なぜか急に食べたくなった里芋の揚げ浸し。里芋は電子レンジで柔らかくして、片栗粉つけてフライパンで揚げ焼きに。熱々のうちに出汁をかけて、葱と糸がつおをかけてできあがり。あいにく今日は鰹節はなかったのですが、まっ、いいでしょ〜。
里芋さえいい芋だったら、どうやってもおいしいもんです。
by machikogunji | 2008-11-25 14:12 | 洋食 | Comments(2)
思い出せない名前の料理
f0056476_1242295.jpg

80年代始めの頃の青春なお話。
新宿の末広亭の近くに「いこい食堂」という店があり、高円寺から先輩達とピットインというジャズクラブに行く前によくご飯を食べに行った。音楽仲間の同郷の先輩達はみんな貧乏学生(現在、山弦というギターデュオの小倉「たんす屋」博和氏やアルトサックス奏者の糸井「呉服屋」氏なんかもいたわね)だった。西口に行けば、アカシアという店があって、そこのロールキャベツが異常なほど安くてうまいと評判で食べに行ったが、私の好きな味ではなかった。絶対に「いこい派」であった。この店には、何人もの(そう見えた)立派なシェフハットを被ったコックさんがいて、ウエイターだったかレジだったかのおじさんは、フランク永井似のいつもきちんと髪を七三に整えた人だった。店はカウンター席だけだったと思う。とてもよく流行っていた。普段は、デミグラのかかったハンバーグと白身の魚のフライにポテサラとごはんがきちんとステンレスの1枚のお皿に納まった「いこいランチ」を注文した。
でも、なんかいいことがあった日とかには、ケチャップライスの上にチキンかつの乗った一品を食べた。が、名前がどうしても思い出せない。あの頃から20数年という月日が経った。とっくに店もなくなっている。でもあの料理を私は何回自分で作ってきただろう。今だに名前が思い出せない。
今日もまたふと食べたくなってこの料理を作り、食べながら「なんて名前だったっけ?」と悩みながら食べている。誰か御存じの方、教えてほしい。すっきりしたい。
by machikogunji | 2008-11-24 13:11 | 洋食 | Comments(5)