ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
はや田 -2-
f0056476_16521685.jpg

はや田さんでのお酒は、
高知の純米超辛口「船中八策」。
抜群のキレ、龍馬の酒。
旨い。
f0056476_17293821.jpg

お魚は、アコウ。キジハタの一種で、瀬戸内の宝と言ってもよい魚です。初ものの松茸はあらと一緒に。
f0056476_17642100.jpg

f0056476_17294699.jpg


f0056476_17114374.jpg

こりゃ、最高の味ですな。アメリカ人には言えません。くじら。
f0056476_1713419.jpg

雲丹。この店、何を食べても美味しい。困るぐらい美味しい。
f0056476_1717542.jpg

酒、すすむ。
f0056476_17411665.jpg

酒、すすんで、すすんで。どうしましょ、帰り自転車やし。
f0056476_17452818.jpg

いやぁ、絶妙のタイミングで、白菜のおつけもんのお寿司が出てきた。
f0056476_1745971.jpg

おごちそうさまでした。


高松からのブログはここで終わりにします。
ニューヨークに戻ったらまたお会いしましょう。


by machikogunji | 2008-09-27 17:51 | 高松・旨いもん | Comments(1)
はや田 -1-
f0056476_035328.jpg

f0056476_16262384.jpg


(左)今晩、とてもおいしいものを食べさせてくれた「はや田」の旦那さんと奥様です。ごちそうさまでした。

(中)今晩、おいしい店に連れて行ってくれた幼馴染のきんちゃんです。今日も非常に「素敵なおじさま系」です。本人は「最近、枯れてきた」と言ってましたが、話を聞いていると「ぜんぜん満開」だということがよ~く判りました。野球をやって熱を出さない程度に、飛ばしていただきたいもんです。掃除をし過ぎて倒れた私が言うのもなんですが。
小学校から一緒、中学校も一緒、高校では3年間バンドをやったのも一緒、東京も一緒、そして47歳になっても、ニューヨークでも、高松でも、まだまだ一緒にお酒を呑めるってのは、とてもうれしいことです。これからもずっと仲良しこよしでいたいもんです。

(右)ジータのヤンキースTシャツの男前はなお兄、横のべっぴんさんは、H&MとSEX and the CITY ファンのなお兄の奥方です。


何かあった時に、守ってくれる友達がいて私はとても幸せだと思った。

今回、父のことで、多くの方々から励ましをいただいたことに、本当に気持ちが救われました。改めて、みなさん、ありがとうございます。本当に。

明後日に父の三十五日をして、その後ニューヨークに戻ります。
その前にちょいと仲間同士でおいしい料理とおいしいお酒を。このメンバーで飲むと、私はかなり、かなり、かなり酔っ払います。案の定、今宵もしっかり呑んで、食べました。
by machikogunji | 2008-09-27 00:16 | | Comments(3)
針魚と無花果
f0056476_23553924.jpg

高松の商店街のアーケードは長いと前々から思っていたのだが、やっぱり日本一長いんだそうだ。全長2.7キロ。雨の日は便利だが、ここはあんまり雨が降らないので、夏の炎天下には便利だった。うちから自転車で5分の商店街のアーケードに突入すると、真夏日でも店の冷房がアーケード下にも効いて、かなり涼しい。でもその分だけ自転車をこいでいるんだが。結局汗は出るが。その長いアーケードは歩行者と自転車が入り混じる。ちゃりんこの運転が下手な人はチャリを押して歩いた方がいい。私は、高校時代、このアーケードの西から東までを毎日ぶっ飛ばしていたので、かなり自信はある。チャリを止めたまま、ペダルに力を入れて、静止することもできる。どーだ、まいったか。参らせてもしょーがないか。
で、今日のお昼は、母を囲んで母の友人たちと会食のお伴をした。とてもおいしいランチで、そのおばさま達の話が面白くて、とてもいい時間を過ごさせてもらった。
最初に出てきた一品が、とってもいいアイデアのお料理だった。
無花果(いちじく)と針魚(さより)の組み合わせ。つなぎのソースがいい感じで、それにお酢を利かせてあった。これはかなり美味だった。ついつい、熱燗を頼んだら、これがたっぷりあって、お昼からいい気分になった。60と70代のばあさま3人が「まっ一杯、一杯、おねえさま」とお互いのことを呼び合ってお酌し合っているのがほほえましかったなぁ。みんなビールも日本酒も飲んでいたわ。うちの母も、調子に乗って飲んでいた。かなり立ち直りが早いとみえた。母の周りには、こーゆー悪女のおねーさま方が多く、母をしっかりと支えてくれているので安心してNYに帰れそうだ。このところ私はどこへ行っても選挙の時のように「母を何卒よろしく、よろしく」と挨拶している。今日も何卒を言ってきた。「まかしとき~」と心強い返事が返ってきた。
f0056476_0281934.jpg

by machikogunji | 2008-09-26 00:39 | 高松・旨いもん | Comments(2)
海老味噌
f0056476_21161095.jpg

いただき(魚売り)のおばぁちゃんが、朝、どうしても買ってしまいそうな、芝海老と蛸を持ってきたので、思う壺、全部買ってしまった。「買ったからには海老剥きはあなたのお仕事」と、結局朝から鍋山盛りの芝海老を剥くことに。新鮮なので、なかなか殻が剥けなく、かなりの時間を裂いたわ。
f0056476_21205674.jpg

で、晩御飯に身はかきあげに。
それと、
f0056476_2122415.jpg

大量に出た、海老の頭と殻を酒と少しの砂糖とみりんと塩で、煮出して、漉して、時間をかけて煮詰めて作った「海老味噌」を作ってみた。
ものすご~~~~~く、美味しい酒の肴になったぞ~~~い。冷凍の輸入海老ではこーゆーの、できないだろうな。

奥に見えるのは、さっと茹でた地元のタコのお刺身。すだち絞って、ぶつ切りでパクパク食べた。
f0056476_21275823.jpg

「タコの頭に、飯(イイと呼ぶ。)がよっけはいっとるけに。」とおばあさんが言っていた通り、びっしりと飯が入っていた。この飯(イイ)ってのは蛸の卵のこと。炊くとちょうどごはんに似ているのでそう呼ばれるようになったのだろう。今日のタコのイイは、普通のイイダコのイイに比べると粒が小さかったけど、これっ、めちゃくちゃ美味しい。ニューヨークで買うポルトガルやスペインのタコは頭の中がきれいに掃除されたものを冷凍で売っているので、このイイを料理して食べることは不可能なのが残念。郷里に帰って必ず食べたいもんの五つにいつも入っている、このイイに大満足した。
by machikogunji | 2008-09-24 21:42 | 旬・季節もの | Comments(2)
ロースとんかつ
f0056476_1351678.jpg

とんかつを2回も食べに行った。
若い頃はとんかつは嫌いだったのに、アメリカに住んで、「日本のとんかつが食べたい、食べたい」と思うようになった。若い頃、嫌いだったので、どこがおいしいのかぜんぜんわからず、20年以上経ったわけで、もう私にとって「とんかつのおいしい店」なんてのは迷宮入りで、人に言われるままに、帰国の際はとんかつ屋を転々としてきた。
高松に帰って、母に「おいしいとんかつが食べたい」と言ったら、家の裏の肉屋で揚げてもらったのが一番美味しいと言い張るので、今度は弟に「おいしいとんかつが食べたい」と言うと、「あるよ」とうれしい応え。
870円で美味しいとんかつが食べれた。
なぜにおいしいか、日本のとんかつ、普通のとんかつ。
by machikogunji | 2008-09-24 13:11 | 外ごはん | Comments(1)
いが栗
f0056476_13141169.jpg

高松の海っぷちから車で40分ぐらいの山っぷちに塩江というところがある。むかしむかし、行基というお坊さんが開いたと言われ、弘法大師(空海のこと。香川県の話には何でもこの弘法大師が絡んでいる。この人物のことは、司馬遼太郎の空海を読むとよく判るし、かなり面白いよ)がこの地を開拓したとされている。いい温泉があって、その中でも、うちの母が大好きなのは、新樺川ホテルっていう地味~~~な、地元の人でもあんまり知りそうにない、宿泊施設の大浴場だ。観光客で人気のある「行基の湯」とかは人が多すぎて行きたくないとのたまわる。ってのは強がりで、父が家族を連れてよくここのお風呂に来た思い出が強いのである。で、弟を母とで行ってきた。
その行き道に道路の脇で、発見してしまった「栗の木」。栗の木には、わんさかイガができていて、道路にポトポト落ちていた。昨年、栗のイガがどうしてもニューヨークで欲しくって、さんざん探し回った挙句、アメリカの栗の木はほぼ全滅状態にあることを知ったり、それでも野生の栗の木がロードアイランドにあるよというやさしい方から連絡をいただいたりで、いろいろ栗の話題に一人盛りあがってたわけで、この栗の木を塩江で見つけた時は、弟に「ちょっと車止めてちょー。拾いたい」とすかさずお願いしたんだが、「ねーちゃん、車は急に止まらない」と通過されてしまったんだが、帰り道にきっちりと姉のために車を脇に一時停止してくれ、私は交通量がまあまあある道路を一人で走り、しっかりと手づかみで、イガ付栗を持って帰った。母は車で走行中に一瞬にして栗の木を見つけた私にえらく感心してくれた。

で、うちに持って帰って、甥っ子に「すごいもんを持って帰ったよ」と言うと、見せろとせがまれ、一般公開したのが写真のイガ栗です。さすが小4、どこで拾ったのかと興味深々だった。

採った時はまだイガが裂けてなかったのに、今朝、記念写真を採ろうと台所の棚を見ると、なんと、パカッとイガがはじけているのを見て、またまた感動しました。
中には、あまりにも綺麗な茶色の栗がぷっくりと鎮座してた。
by machikogunji | 2008-09-24 09:13 | 旬・季節もの | Comments(0)
さざえの刺身
f0056476_23281228.jpg

さざえの刺身。梅錦の冷や1杯で。
by machikogunji | 2008-09-23 23:31 | 高松・旨いもん | Comments(1)
喫茶 城の眼
f0056476_17182450.jpg

うちの近所。
1962年開店当時そのまんま。
建築:山本忠司
室内デザイン:空充秋
音楽デザイン:秋山邦晴
f0056476_1932373.jpg

この喫茶店は、1964年のニューヨーク万博の日本館設立の「実験」として建てられたそうです。建物を作った山本忠司(1998年没)さんは、直島の家プロジェクトの古~い「角屋」の修復、ぼんろぼろだったイサムノグチのアトリエの修復、美術館を作った人です。香川県には彼の手掛けた大物の建築物がいろいろとありますが、喫茶店ってーのはとても面白い。しかも、開店当時そのままの姿で、今でもおいしい珈琲が飲めるってのがすごくいいです。

室内デザインをされた空充秋(そらみつあき)さんは、今も現役の石の彫刻家(香川県庵治町在)で、知る人ぞ知る面白いアーティストの方です。最近、岡山の奥地の温泉の露天風呂なんかも手掛けたりしていて、機会があったら行ってみたいな「現代アート風呂」。

音楽デザインの秋山邦晴さん(1996年没)は、欧米の現代音楽を日本に紹介した草分け的存在の人で、いろんな意味でアバンギャルドな人だったみたいです。アートと音楽を一体化させた作品をたくさん発表してきた方。

まぁ、そういう人たちが作ったサロン的喫茶店が、うちの近所にあるわけで、なんだか、私がチビな頃は、もちろんこういう世界とは無縁で、今でも無縁だけど、この店に改めて行って珈琲を飲んでみたら、なんかいろいろなところにこだわりが非常にあって、こだわるってことはすごいチカラを感じるものなんだなっと思った。

すごいすごいと言われている直島のアートよりも、この喫茶「城の眼」の方が私にとって印象深いってのもなんですが、そういうことです。
by machikogunji | 2008-09-22 18:22 | 高松・旨いもん | Comments(2)
鯛の昆布締め
f0056476_14434255.jpg

やっと来週NYに帰れることになった。
なんとッ一ヶ月もの実家での滞在は、
まぁ、それはそれは母とず~~~っと一緒で、こんなことは高校生だった頃以来のことだ。
実家はいい。母はいい。
しかし、あと一週間家の掃除に明け暮れなくてはいけない。こんなに掃除をしたのも生まれて初めてだ。毎日、あくせく、あれこれやっていると、家族全員が「おやっ、お姉ちゃん、いい汗流してるね。ダイエットにはもってこいだね」と、笑いながら通り過ぎる。「がんばれ」とは励ましてくれるもんの、手伝わないのはなぜ?まっ、帰るぎりぎりまで掃除婦に徹しようではないか(でも痩せない。どうやら私の場合、悲しみと体重は反比例しないのが明らかになったわい)。

母との今日の昼ごはん。昨日は家族6人で、私のお奨めの築地の林屋さんの海苔を使った手巻き寿司だったので、その残りの鯛の腹身を昆布締めにしといたもの。晩ごはんはやはり刺身が多いので、お昼はその残りというふうになる。外食するよりおいしいので、外食したいけど「家」となってしまうのだ。今、すだちがびっくりするくらい安くなってきているので、もうレモン代わりに「何でもすだちかけまくり大会」になっている。贅沢とはこのことか。茗荷もしかり。
f0056476_14575925.jpg

父が亡くなって、お赤飯はないだろうと世間は思われるかと思うが、父は「エビスヤ」というところの赤飯が好きだったので、「父を偲んでお赤飯」なのだ。ここの赤飯はめちゃくちゃ美味しい。逆立ちしてもおいしいんだから。
f0056476_1511370.jpg

その赤飯よりももっとこの「エビスヤ」さんで美味しいのは、このお団子。米粉と砂糖と少しのニッキで作られた三色団子。子供の頃からお店の前を通ると、どうしても素通りできないで買ってしまっていたが、今回も素通りは無理だった。買ってもーた。昔と変わらない味で、食後に2本も食べてしまった。太るわけだ。
by machikogunji | 2008-09-22 15:03 | 高松・旨いもん | Comments(3)
コノシロのてっぱい
f0056476_1403586.jpg

近所の魚屋兼惣菜屋「魚忠」のすぐに売切れてしまう人気惣菜、
「コノシロのてっぱい」。

またややこしい名前ですが、意味を説明しますと、
コノシロは、関東でいうシンコ、コハダが15センチ以上になったものをいう。関西ではツナシ。
ちなみに4cm-5cmまでをシンコ、7cm-10cmまでをコハダ、13cm程度をナカズミというらしい。自称寿司通か、公認寿司通かが分かれるような出世魚の呼び方なんですね。
で、高松の場合、たぶんそんなにサイズで区別していないような気がする。全部コノシロと言っているような気がするが、どんなもんか。

さぁ「てっぱい」ですが、これは鉄砲和えが訛ったもの。鉄砲和えとは、葱やわけぎを辛子酢味噌で和えもの。高松の場合、それに大根とにんじんが入るのが普通。わけぎってのは、小型の葉ねぎ。普通の青葱よりちと細いやつです。
by machikogunji | 2008-09-21 01:58 | 高松・旨いもん | Comments(1)