ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2008年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧
娘自慢の魚
f0056476_11534839.jpg

一度食べてもらいたかったな。私の釣った魚。
父に連れられて初めて行った魚釣りは、男木島という瀬戸内海の島だった。
いきなり岩場だった。
ものすごく暑い8月だった。暑過ぎて泣きそうになった。
メバルとアイナメがたくさん釣れた。
そんなことを、刺身を切っていたら思い出し、また泣けてきた。

父、逝く。

瀬戸内の海に帰る。
by machikogunji | 2008-08-27 12:03 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(24)
マグロの中から。
f0056476_529242.jpg

知り合いのシェフがこんなの見せてくれました。
料理に使うマグロの中から、コレが出てきたそうです。
そのマグロはカナダ産。モリを打ち込んで捕獲したよう。
15センチくらいの長さで、真鍮でできていて、すごい重い。
まぁ、びっくりです。
パウンドで計ったらかなり損して買ったんじゃないかな。重いもん。

手作りなんじゃないかなぁ。実に美しい形をしてましたから。
by machikogunji | 2008-08-27 05:37 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
シービスケット
f0056476_14104279.jpg

釣り船プライムタイムに乗っている子犬です。
名前をシービスケットという。Seabiscuit という競走馬の伝説を描いた映画から採った名前なんだそうだ。
映画は心に傷を負った3人の男たちが、一頭の暴れ馬「シービスケット」に人生の再起を賭けるというもので、アメリカでは誰もが知っている映画なんだそうだ。
その主人公の馬の名前がシービスケット。
本来のシービスケットってのは、海の男達が食べる堅い焼きパンのことなんだそうだ。そのままかじると歯が折れてしまうぐらいの堅さなので、「歯が立たない」とか「手がつけられないじゃじゃ馬」という意味で使われるんだそうだ。(何でも知っているホソヤンからの注釈)
で、この犬もシービスケット。なのね。
コイツ、みんなと一緒に船に乗って釣りに行きます。
みんなのアイドル。
今日は、小さいサンドシャークのお腹に噛み付いて遊んでいました。
普通の犬が野原で遊ぶように、海の上の犬は魚や貝で遊ぶ。

モントークのバイキングっていう船にも、昔おもしろい犬が乗っていた。
どうも魚の種類が判るらしく、みんなの釣った上等の魚だけを取ってくわえて、船長のクーラーボックスの中に入れてしまうんです。
貝を投げると喜んで甲板を走って取りに行き、前足で蹴りながら持ってきて、みんなに誉めてもらっていた。
なんて名前だったかなぁ。
by machikogunji | 2008-08-25 14:22 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
晩夏
f0056476_1346145.jpg

今日は、ロングアイランドのフィッシャーズアイランド沖に、釣りの師匠の灰を撒きにみんなで行った。
生前から「俺が死んだら灰はロングアイランドの海に撒いてくれ」と言っていたことを叶えた。
良い天気。穏やかな海。
涙が出た。

魚は釣れた。ポーギーがたくさん釣れた。師匠の大好きだった魚だ。

最後のドリフトで、私のところにヒラメが来た。
狙い通りにヒラメは来た。
師匠に誉めてもらいたかった。

これが今年最後のヒラメになると思う。
来年のヒラメの規制は、今後5年間禁漁になるんじゃないかという話を耳にはさんだ。
なんてこっちゃい。

ヒラメが私の方を向いて
「ほな、また、いつか」と言ったような気がした。
by machikogunji | 2008-08-25 13:57 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
カツ丼の頭
f0056476_11252567.jpg

魚屋のヒラメは小さいのばっかりだった。
普通の刺身にするとペロンと薄くなってしまうので、
こううい時は、昆布〆にして身をしっかりさせて食べるとおいしい。
9月1日で、今年の鮃釣りは禁漁となる。あとちょっと。秋になるんだなぁ。
箱庭のバジルやシソの穂先にも花が付いた。夏も終わりを食べ物でも感じます。
f0056476_11303560.jpg

きれいで柔らかそうな豚ヒレの塊が売っていたので、今日はカツ丼の頭を作った。
うちの旦那は、カツ丼よりも、ごはんとカツを別々に食べる派。
私はご飯に載せる派。
by machikogunji | 2008-08-24 11:32 | 和食 | Comments(2)
サーロインステーキ
f0056476_10234741.jpg

今日の料理教室は、美味しいお肉の焼き方でした。
f0056476_10243350.jpg

ハンバーガーも作って。
f0056476_1025058.jpg

サラダは、ひらめの昆布〆ブラックベリードレッシングがけ。
by machikogunji | 2008-08-24 10:25 | 洋食 | Comments(2)
キングフィッシュとリマビーンズのスープ
f0056476_23315342.jpg

おとといのキングフィッシュの塩焼きの残り、先日のチキンの残りとベーコンに、一晩水に漬けておいたペルー産のリマビーンズをたっぷり入れてスープを作った。
スープの白さはクリームではない。すべてリマビーンズだ。
煮込むと豆から甘味が出るので、あえて玉葱は使っていない。
魚も鶏もどちらも一度焼いているので臭みは出ず。
コトコト煮込む。豆が溶けるくらいまでコトコト、コトコト。
ベーコンを入れるのは、おいしいニューイングランドクラムチャウダーを作るのと同じ。ポルトガル系の人に教わったやり方。ぜんぜん味にコクが出る。
鍋たっぷりに作ったので、みんなにお裾分け。
大鍋からっぽ。
これでまた魚釣りに行けるなぁ。
by machikogunji | 2008-08-23 23:39 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
Northern Kingfish
f0056476_250911.jpg

ノーザンキングフィッシュ。
またの名をノーザンキングクローカー(Northern King Croaker)、ニベ(イシモチ)の種類の魚です。
日本では「サンカクニベ」って呼ぶみたいですが、こういうのはたぶん日本にはいない魚だと思います。今年、なかなか釣れなかったウィークフィッシュもこの仲間になるんだそうです。
f0056476_304370.jpg

東海岸の南部には、ノーザンキングフィッシュと良く似たサウザンキングフィッシュってのがいて、けっこう名前も知れているんですが、このノーザンの方は、釣り場でも、知る人ぞ知るって感じで、「この魚なんて言うの?」とよく聞かれます。こちらで言うと「ドラム」って魚の仲間です。ドラムを釣ってみたい方はニュージャージーのケイプメイで大きいのが、クルージングの船の袂とかで釣れると、師匠が元気な頃、クローカ−(イシモチ)釣りに行った時に言ってました。

★釣り情報を読む……。
by machikogunji | 2008-08-23 02:52 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
フライパンで1時間
f0056476_173821.jpg

旦那の料理。
フライパンで1時間ジリジリと立派な鶏の足を焼く。
スロークッキングだな、これも。
最後に皮をパリッとさせるために火を強めるのがコツ。
f0056476_17561.jpg

鶏から出たジュースで、レッドポテトといんげんをこれまたゆっくりと蒸し焼きにする。
f0056476_181085.jpg

できあがり。ちょっとだけ冷やした赤ワインに合いまっせ。
f0056476_183047.jpg

サラダは、手でちぎったレタスにセロリ、アボカド。レモンジュースをたっぷりと塩と胡椒とグレープシードオイルのドレッシングであっさり。
by machikogunji | 2008-08-23 01:13 | 洋食 | Comments(1)
mokuヤム
f0056476_0555454.jpg

釣りに行った翌日の寝起きはとても良い。体は日に焼けて疲れているんだが、心地よい気分で目覚められる。起きてすぐ飲む水がまたおいしく感じられる。
さぁ、今日も朝の木曜飲茶に。
今日は日焼けしたお肌の新陳代謝のために、食べたぞ「コラーゲン」。
いつものせんまいと蕪の煮物と、このテンドン(牛のアキレス腱)の煮物もガッツリいただきました。
by machikogunji | 2008-08-23 01:01 | チャイナタウン | Comments(0)