ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2008年 07月 ( 54 )   > この月の画像一覧
山で肉を焼く
f0056476_23252270.jpg

ステーキが無性に食べたくなる時がある。
今日は山へ行って、肉を食べることにした。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-07-31 23:57 | ロードトリップ | Comments(1)
ハゲにぎり
f0056476_13204977.jpg

関西でカワハギはハゲですよね。
こういう時もこういう言い方するんでしょうか。
ハゲにぎりです。
めめちゃうまです、これはもう……。
by machikogunji | 2008-07-30 13:23 | Comments(1)
シーフードカレー
f0056476_615964.jpg

5世帯計10人前のシーフードカレー。玉葱切り&炒め係の人、御苦労さんでした。海老、イカ、ムール貝、ほたての出汁が効いてます。今日は有頭海老を使い、海老みその濃厚な味も加わり、なかなか深みのある味に仕上がったなぁ。このカレー、冷たいお水よりもワインに合いまっせ。
f0056476_610155.jpg

カレーのお共にらっきょうといきたいところだが、パリッとはつらつとしたらっきょうはこちらでは手に入らないので、スイートオニオンとセロリの1時間でばっちり漬かるはちみつ甘酢漬けを。らっきょうに負けないパリッだ。
by machikogunji | 2008-07-30 06:14 | 教室 | Comments(2)
逆出前の「イカ飯」
f0056476_5525144.jpg

魚屋とその隣の出前専門の中華料理屋に、彼らのお昼ご飯に間に合うように「イカ飯」の出前をした。「時間があったらまたあのスクイード・ライスを作って欲しい」と言われていて、ずっと作ってあげられなかったので、約束を果たすため、今日朝から糯米を炊いて、買い物ついでに。イカ好き家族には、このジャパニーズ味が大受けなんです。違う国の人がこういう日本らしい味をおいしいと言って食べてくれると、とってもうれしいもんだ。
f0056476_5594491.jpg

by machikogunji | 2008-07-30 05:59 | 和食 | Comments(0)
肝醤油
f0056476_233712.jpg

カワハギの刺身。なかなか食べるタイミングが合わず、まだ冷蔵庫で寝ている。今日は、「世界で一番カワハギの刺身を肝醤油で食べるのが好き」という人がうちに来たので、ちょっと日本のカワハギとどう違うか味比べしてもらった。
肝は、酒と塩に少し漬けておいて火は通さずに叩いて潰して、わさび醤油にたっぷり混ぜ合わせた。
カワハギ好きいわく「日本の寿司屋に行っても、なかなか食べることができないカワハギを、まさかニューヨークで肝醤油で食べられるとは夢にも思わなかった。日本で食べるよりもおいしく感じる」とのことだった。
カワハギかぁ。私が子供の頃はやっすい魚だったのに、今じゃぁ高級魚扱いなんだってなぁ。かなりびっくりだなぁ。
刺身の身の締まり方、歯ごたえは、こちらで釣っている魚の中でもトップクラスをいくと思う。肝のおいしいさは格別だ。フォアグラよりもこっちの方がおいしいかも。
「釣り立てのヒラメをこのカワハギの肝醤油をつけて食べるとかなりイケるんやで」と肝フリークの細ヤンが言っていたので、今度試してみようと思う。
釣って来なきゃなぁ、また。
魚釣りの後の魚料理遊び、う〜〜ん、奥が深いでござる。
by machikogunji | 2008-07-29 23:13 | Comments(0)
モンテネグロ漁師風カワハギのヘッドスープ
f0056476_22494754.jpg

友人の1人に「海の測量」をしているモンテネグロ人のおにいちゃんがいる。釣り友である。普段仕事でケープコッドやロングアイランドの海で働いているにもかかわらず、休みの日には釣りに行くという人だ。釣りへの行き帰りの車中で、モンテネグロでの魚の話や料理の話をそれはそれは熱く語ってくれる。どの話も興味深々だ。日本やアメリカにいない魚もいろいろあるようだ。
その中で、何が一番おいしいかと聞くと「カワハギのスープ」だと彼は言う。
おととい、そのカワハギを釣ったので、うろ覚えだが作ってみた。胴体の身は日本人らしく刺し身用に取っておきたかったので、その下ろした残り物と、頭を使ってスープを作った。
じゃがいももにんじんも皮付きのまま。これは、モントークの釣り名人であるコビさんのフィッシュスープを作る時のやり方を真似した。じゃがいもは断然皮付きの方がおいしいというのを今年の始めに食べさせてもらったタラのスープで感じた。断然です。

カワハギってこんなに出汁が出るのか。身もしっかりしているので溶けてバラバラにはならないし。最高のスープになった。旦那が鍋全部完食。これはすごいぞ。
by machikogunji | 2008-07-29 23:01 | Comments(2)
ポーギーの昆布〆とトリガーの煮付け
f0056476_1345812.jpg

リミットサイズぎりぎりのポーギーを昆布〆にしてみたら、いつもと違う味わい。これイケる。
f0056476_1371939.jpg

2匹のトリガーフィッシュ(ウマヅラとカワハギの中間ってとこか)は、細ヤンのために半身刺身にして肝をつぶして裏ごしした「キモ醤油」で、半身うちの旦那のために煮付けに。どちらも、それはそれはおいしゅうございました。子供の頃、うちの母が「カワハギの煮付け」ばかり作っていて、それが嫌で長い間自分では作らなかった(というか、この魚、ニューヨークの魚屋では売っていないしね)んだが、ふと恋しくなって作ってみたら、あれっ、すごくおいしかった。子供の頃と味覚が変わったってことでしょうか。旦那は今までカワハギの煮付けを食べたことがなかったらしく、えらい気に入ったようだった。魚の煮汁で五三竹も煮た。魚の煮付けに根のものはとてもよく合うなぁ。
明日はもう一匹を刺身かな。
f0056476_13195391.jpg


★カワハギの皮剥ぎ。
by machikogunji | 2008-07-28 13:27 | Comments(2)
トリガー・フィッシュ@ Silly Lily
f0056476_12362134.jpg

f0056476_12364979.jpg

f0056476_12354333.jpg

f0056476_12351765.jpg

なんて、トリガーフィッシュ釣りをしながら、おじさんおばさんで無邪気に海上で遊んでいたら、貸しボート屋のにーちゃんが、「今すぐ港に帰れ。ものすごく大きなサンダーストームがやってくるぜ。」と血相を変えて私達の舟の所にやってきた。
「ウッソ〜〜」と、向こうから迫って来る無気味な雲に追いつかれまいと、全力疾走でドックに着いたその直後、
f0056476_1250645.jpg

ものすごい風と叩き付ける雨、雷と稲光が一時間ほど続いた。車中3人で一瞬にして豹変した荒れ狂う海をボーッと見ていた。
f0056476_12532452.jpg

釣りは断念、ここまで。停電で信号さえも停まってしまい、木は折れまくり、送電線がぶち切れて火を吹くセンター・モリチェスの町を後に家路に。来週、出直し。
by machikogunji | 2008-07-28 13:11 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
一升瓶
f0056476_11565981.jpg

クッハ〜〜〜ッ、食卓にド〜ンと一升瓶。うれしいなぁ。いや、全部いっぺんに呑むわけじゃないですけど、なんか、ものすごーく豪快でいいです。好きなんです、こういうの。
青森の地酒をいただきました。
こんな立派なお酒がうちに来るとは知らずに、夕飯、いつものビールに合わせて作ったのがちょっとねぇ。
f0056476_1204174.jpg

ハンバーグを途中でつくね風に変更し、練り直して、甘辛醤油ダレをからめた。これでちょっとは日本酒に太刀打ちできたかな。
by machikogunji | 2008-07-27 12:02 | いただきもの | Comments(1)
一句
f0056476_595375.jpg

今日は月に2回ほど組んでいる「お母さん息抜き料理教室」の日。いつも家事・育児で走り回っているお母さんが集まって料理をする日。異常に盛り上がる。
たまにの子供抜きでの時間は、至福の時間だとみんな声を揃えて言う。子育てって大変なんですねぇ。
ミル貝といかの刺身を作り、冷やし茶碗蒸し、今日の前菜もう一品は、沖縄冷や奴(昨日のブログを御覧あそばせ)、ご飯はサーモン丼、わらび餅のデザートで〆。各お子さんにちょっとづつお土産にした。
イカはイカ素麺に。あれっ、ちょっと太くなってうどんになったかな。

来月は、子供も交えて「にぎり寿司大会」をやる予定。子供たちもお母さんが料理教室に行って何を食べて来たのか興味深々のようで、メニューによっちゃぁ、「お母さんだけ、おいしいものを食べてきてずるい」と怒るらしい。なので、その恩返しってとこです。さぞ賑やかになることだろう。
by machikogunji | 2008-07-27 05:17 | 和食 | Comments(0)