ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2008年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧
105年ものハンバーガーの品格(1)
f0056476_2250558.jpg

アメリカのハンバーガーの原型を今だにとどめる店に行って来た。
コネチカット州ニューヘブンのダウンタウンにある「LOUIS' LUNCH」。
f0056476_22274820.jpg

創業は1895年。オランダからやって来たKenneth Lassenさんは、工場で勤める労働者を相手にダイナーワゴンでステーキサンドイッチを売り始めた。それから5年、1900年、時間のかかるステーキサンドイッチをもっと迅速に作れる手はないかと、牛肉を挽いて丸めて焼いて、それを食パンに挟んで売り始めた。その日からここのハンバーガーは、同じ手法、同じ調理器具で作られ続けている。今年で105年目を迎えた。

この店のテレビ中継(FOOD NETWORK チャンネル)を見て私は興奮した。どうしても100年以上使い続けているという、パンのトースター、肉のグリル機が見てみたかった。そしてそれらで作り続けられているハンバーガーが食べたかった。
行くっきゃないでしょ、ローイーズ(こう発音するのが正しいらしい)ランチ。
f0056476_22482834.jpg

赤い小さな小屋のドアを開けるて、ド肝を抜かれたよ。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-05-31 23:48 | 行ってきたゾ! | Comments(2)
シーフードカレー
f0056476_0224940.jpg

ムール貝を2袋、60個ぐらいあったかな。それでスープを取り、海老やイカ、スキャロップを入れた赤ワイン仕立てのシーフードカレーを4世帯分8人前。リピリンソース、つばめのオリソース、八丁味噌、醤油入りってところが、うちの海鮮カレーの特徴かな。あと、ベースは断然SBゴールデンカレーの素。これをいろいろアレンジするんです。結局、大衆の味、日本の味が好みなんです、ワテ。
らっきょうの代わりに、ベトナム食料品店で買った「蓮の茎の酢漬け」を。細い茎なのにちゃーんと蓮根と同じ穴が開いているんだねぇ。
by machikogunji | 2008-05-31 23:43 | 洋食 | Comments(1)
スイート・ブラック・インク
f0056476_881286.jpg

皿の上に落書きをしてみた。
f0056476_89153.jpg

コクのある甘い味のするスクイード・ブラック・インクで。
f0056476_895081.jpg

黒い墨。でも、この黒は黒一色ではなくて、マゼンタ100%+サイアン100%+イエロー100%+ブラック100%、すなわち、色の原色の赤と青と黄色、それに黒を混ぜ合わせた深みのある黒色なんだね。合成着色料ではけっして出せない黒という色。
味も同じこと。化学調味料ではけっして作れない黒の味。
f0056476_820188.jpg

バターと塩と胡椒で丸ごとイカを炒めただけなのだけど、火を入れていくうちにイカの内側から墨がじわじわと表に出始め、なんとも言えない濃厚なソースとなる。フライパンを動かさず、じっくりとジワジワと焼き上げる。ちょっとだけ最後に醤油を垂らし、ソースが焦げる寸前で火を止める。
f0056476_827374.jpg

ガブリと噛み付くと、中からホクホクの卵が口の中ではじける。口の中真っ黒。でも最高の味。
釣りたてのイカじゃないと、この味は出ない。
これだからイカ釣りはやめられない、止まらないんだよな。
by machikogunji | 2008-05-31 08:36 | Comments(0)
グンジ家の小旅行@ニューイングランド方面
f0056476_7324261.jpg

旦那と1泊2日のちょっとした旅に行ってきた。私の小さな願いをおおいに叶えてくれた旅だった。とても楽しかった。
朝10時にうちを出発。ラガーディア空港あたりで忘れものに気づき、もう一回振り出しに戻ってしまったが、それから後は、お日柄もよく、とても有意義なうかれまくりの旅だった。
ニューヘブンにある100年続くハンバーガー屋でランチを食べ、グロトン(Groton)という町にあるUSネイビーの博物館で世界初の原子力潜水艦ノーチラス号(USS Nautilus)のキッチンを見学し、目的地ニューポートのゴートアイランドのホテルにチェックインし、ダウンタンで、サミュエルアダムスとシャドネーで乾杯し、とびきり新鮮でおいしいニューイングランド名産のクアホグ(Quahog/日本名ホンビノスガイ:「江戸前白ハマグリ」と言われ、日本へ輸出され、現在東京湾で養殖されている貝)を食べ、そして陽が暮れて…………。
*ハンバーガー屋、原子力潜水艦内のキッチンとメニューについては、ものすごーくおもろいので、後日詳しく紹介する。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-05-30 08:49 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(7)
なんだかアレが食べたくなった。
f0056476_1141167.jpg

今晩の夕飯は、思いっきりビールのつまみ系に走ってしまいやした。こうムシムシ暑いと。温玉、いろんな野菜とハムサラダ、お昼の残りの牛たん炙り焼き、……それと……。一番食べたかったのがコレ。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-05-28 11:47 | 和食 | Comments(1)
いい卵
f0056476_11235737.jpg

朝生まれた卵ってーのはやっぱり色も素晴らしい。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-05-28 11:37 | 和食 | Comments(0)
エアコン起動開始の日にゃあ。
f0056476_8313025.jpg

エアコン起動開始の日にゃあ、
麦トロと………。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-05-28 08:36 | 教室 | Comments(0)
アズテック・ランチ
f0056476_7513146.jpg

ニューヨークのスーパーマーケットならどこでも売っているメキシコから来た薄っぺらのパンのようなもの「トルティージャ」。「これってもともとアステカのものなんだ。」っていう話になった。ホセ君のママはアステカ人。メキシコ人なのであるが、生っ粋のアステカインディアンの血を継ぐ人で、スペイン語とは違うアステカ語を話すんだそうだ。前に彼と「ママの作るトルティージャ」の話をしたことがあった。めちゃくちゃ旨いらしい。「でも、そういうのはニューヨークでは食べられないし」と言っていたんだが、この前、粉から作ってとってもうまくでき、彼女にベタ誉めされ、ついにトルティージャ専用の調理器具を購入し、母親伝授の旨いトルティージャを作ることにしたらしい。
f0056476_7515155.jpg

そんな話をしながらキッチンでフリホール(煮豆)を温めたり、
f0056476_752562.jpg

豚のスペアリブのモレを作るホセ君。今日はスタテンアイランドに住む弟のフェルシアーノ君の誕生日なので、お昼のランチを一緒に食べて、それからサプライズのプレゼントを渡すんだそうだ。1時に来ることになっていたが、さすがアステカタイム、2時に来た。久しぶりに兄弟再会だ。どちらもニコニコ顔でうれしそうだった。
f0056476_8224852.jpg

弟のためにコトコトと煮込んだモレ。これもアステカを代表する料理である。おいしく作るコツは缶や瓶詰めのチリペッパーを使うことなく、フレッシュのを使うってことだそうだ。辛さを調整するのにフレッシュトマトを使う。材料をブレンダーに入れて潰し、一度茹でこぼした豚肉と一緒にコトコトと煮る。
味見をしたらかなり辛いと感じたが、これが一緒に作った煮豆と、アボカドのスライスと合わせて食べるとちょうどよくなる。私は彼の作るモレの大ファンで、今日のも最高においしい。こういう天気のいい初夏日和にこの料理は最高である。
f0056476_7523347.jpg

モレ、アボカド、豆を載せた皿を各自テーブルに運び、20枚ぐらい重ねたトルティージャの皿をまん中に置き、ではいただきます。ナイフもフォークもない。トルティージャを手でちぎりながら、それで包んだり、つまんだり、すくったりしながら食べる。案外慣れるまでむずかしい、この食べ方。でもこうして食べると一段と旨い。
f0056476_7532374.jpg

窓辺でチリペッパーが元気よく育っていた。このグリーンが赤くなった時に、また食べにくるからねと約束した。
by machikogunji | 2008-05-27 08:37 | 外ごはん | Comments(0)
焼き海老の和風セビーチェと冷やし中華
f0056476_1216119.jpg

皆さん、この連休に庭でバーベキューというおうちが多いかと思うが、うちの旦那さんは仕事だ。可哀想なので、ちょっと海老を網でグリルして、コリアンダーと紫たまねぎを入れたポン酢ベースのセビーチェと冷えたビールを用意した。
f0056476_12162910.jpg

冷やし中華の具は、茹で豚、卵、ハム、きゅうりとトラディショナルスタイル。さくらんぼを上に1個ポチョン。黒胡麻油のきいたタレで。
私は一日中読書の日だった。
by machikogunji | 2008-05-26 12:22 | 和食 | Comments(2)
駅弁の値うち
f0056476_6293623.jpg

f0056476_6295220.jpg

by machikogunji | 2008-05-26 06:29 | いただきもの | Comments(0)