ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2008年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧
朝まぐろ
f0056476_22514480.jpg

まぐろの切り落としをおいしく食べるには、「ヅケ」かな。食べ易い大きさに切って軽く塩して、醤油、みりん、わさびを混ぜ合わせたヅケタレに漬けとくだけで、ずいぶんと美味しくなる。今朝は、それに海藻を少し入れて朝ごはん。
いただきやす。
by machikogunji | 2008-04-30 22:59 | 和食 | Comments(0)
肉にマスタード
f0056476_190518.jpg

ドッカ〜ンとフィレミニヨン。一枚6ドル20セントであった。すばらしいかな、アストリアのマーケット。ある人が「安い材料を使って料理すると安いものしかできない」と言い張った。価値観の違いである。おもろいやんけ、そういうの。安い材料で、手間とひま、知恵を使って、おいしいもんを作る。それも楽しいで。スーパーの得安セール品を買いに行くのも楽しいで。
さて、今日の肉だが、安いのにいい肉ときた。マンハッタンじゃこうはいかないだろうなぁ。得した気分になり、帰り道の足が弾んだ。
バカスカ肉を食べるっていうんじゃないので、旦那と2人で一枚のステーキで充分な我が家。焼く前に充分肉を空気に触れさせて、即席エイジングさせるのが美味しく食べるコツである。あと、フライパンも充分あっためておいて、そして焼くようにしている。塩と胡椒をして、丁寧に焼く。後からにんにく醤油とそれに漬かった数枚のスライスにんにくを足して色よく焼いた。お酒とかは加えないやり方だ。とにかく丁寧に丁寧に焼く。
今日は、いただきものの抜群の個性を放つ、湯布院・無量塔の粒マスタードを付けながら食べた。ひえぇ、世の中にはこういうマスタードがあったのかい。口の中で粒がはじけるような食感だ。面白いなぁ。残りをトマトにかけて食べたら、これまた旨かった。
f0056476_19241270.jpg

ストリングビーンズの胡麻和え。摺胡麻たっぷりと出汁醤油をふりかけている。ガーニッシュ代わりに山程食べた。
f0056476_1926156.jpg

ほうれん草とちりめんじゃこ、胡瓜の浅漬け、れんこんのきんぴら。ババ食というやつであるが、ステーキと一緒に食べるとホッとするんだよなぁ。
by machikogunji | 2008-04-30 19:28 | 洋食 | Comments(0)
4月・ストライプドバス
f0056476_2312247.jpg

ちょっと男前の3名様。何を隠そう、アメリカ版「釣りバカさん」の面々です。
今回の「週刊NY生活・NY釣り婆日記」は、この方々が夢中になっている魚・ストライパーのお話です。日系スーパー、レストランに新聞置いてあるかと思いますので、興味のある方、読んでみてください。
f0056476_233460.jpg

写真一枚目の二枚目フランクと電話で話したところ、今週末あたりからいよいよストライパーのシーズンが始まるそうです。彼の声が異常に上ずってましたで。
by machikogunji | 2008-04-29 23:09 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
パリパリポリッポリ。
f0056476_2241738.jpg

なぜか、レンコンをポリポリ食べたい衝動にかられた。どうしてなんだろうな。で、きんぴらを作った。ポリッポリといきたいので、いつもに比べて倍ぐらいの厚切りにした。ごま油を熱して、水で軽くさらしたレンコンを一気にフライパンへ。ここで、お約束のごとく、ソフィアーでくつろいでいたうちの猫が、ギャーッと宙に舞うほど驚いてくれる。あのフライパンでの最初のジャーッがものすごく苦手らしい。面白いぐらい飛び上がる。悪いね、今日も、こんなに朝っぱらから。
艶っつやのきんぴらができた。辛味は唐辛子は入れず、京都の山田屋のラー油で。ここのラー油、なんとニューヨークでも手に入るようになった。これはすごい画期的なことですぞ。
by machikogunji | 2008-04-29 22:47 | 和食 | Comments(0)
烏賊とターニップの炊いたん
f0056476_22252100.jpg

冷凍庫の掃除をしていたら、思わぬものが出てきた。去年の秋に釣った烏賊が1袋。もったいぶって食べなかったのを忘れていた。とっても貧乏性である。あの時、一晩中、一睡もしないで竿を振りまくった挙句、3週間ほどけんしょう炎になっちゃったんだよな。釣れたら釣れたで肉体的にやられるが、この前のように釣れないと精神的傷は深い。
10ぱいぐらいはあったかな。なんとなく烏賊の目が「あんた、釣れなかったんだって。」と、あざけ笑っているように見えたのは思い過ごしか。
大根がなかったので、ターニップ(かぶ)と一緒に一気に炊いた。うまかった。
f0056476_2231711.jpg

小ぶりな太ったヒラメを久しぶりに昆布締めにした。日本で山ほど刺身を食べていたので、なかなか買う気にならなかったが、ようやく「食べよかな」という気になった。売っているヒラメでも、漁師によっちゃぁ、ちゃんと血抜きしていることがある。今日のはしていたので、身が充血していなくきれいだったなぁ。
f0056476_1954614.jpg

こう寒いと冷奴ってわけにはいかず、温奴だ。湯豆腐のように丁寧には作らないが、ゆっくりと豆腐をお湯で温めて、鍋からすくい出して葱かけてお醤油かけて食べる。あったまる。
f0056476_19419.jpg

おにぎり食べて今日はおしまい。
by machikogunji | 2008-04-29 19:08 | 和食 | Comments(0)
ほうれん草とトマトのオムレツ
f0056476_2212813.jpg

冷蔵庫あまりもの大会の夕飯です。
まずは、ほうれん草とトマトが。はい、パルメジャーノチーズを足してオムレツ。ほうれん草は下茹でして、トマトは湯剥きして、そんくらいかな努力したことは。ソースはとんかつとウースターシャーとケチャップを混ぜたもの。卵の半熟次第でおいしくなる一品。
f0056476_21462172.jpg

トマトがまだ余っている。そして中途半端にパセリが。釣り用に作った味付け卵も2個ほど。はい、全部みじん切りにしてパスタを茹でて、塩ポン酢とマヨネーズで和えた、スパゲティーサラダです。トマトが多い方がおいしい。昔、このスパゲティーサラダってのを(もっと具はきちんとしていたが)水道橋の喫茶店で食べた時、ものすごーく感動して毎日真似してうちで作っていた。当時冷たいパスタなんてのは珍しかったからねぇ。あぁ、喫茶店の味がする。
f0056476_21505923.jpg

オランダ茄子が一個。はい、旦那の好物「焼きなす」にしてあげた。

これで冷蔵庫の掃除OKとなりました。
by machikogunji | 2008-04-28 21:53 | 洋食 | Comments(0)
グリークイースターとマゲリサスープ
f0056476_19275339.jpg

今日はギリシャ正教のイースターである。全米で屈指のギリシャ人コミュニティーであるこの街「アストリア」は当然ながら盛り上がっている。昨日も丸ごとのラムを肩に担いで家路を急ぐ一家の主人達とすれ違った。こんな光景を見られるのはニューヨークでもこの街ぐらいじゃないかな。
本日午前零時。今年も近所の教会に「お祝事」を見に行って来た。これで6年目かな。いつ見ても厳かで私にとってはミステリアスな「真夜中のできごと」である。
f0056476_19273742.jpg

雨予報にもかかわらず、雨も来ず、いつもよりもいっぱいの人々が集まっていた。零時を告げる鐘の音と共に、みんな抱き合って「復活」を祝う。風避けのついた赤いろうそくでいっぱいだ。
f0056476_224665.jpg

さて、イースターの夜中には、恒例の「ギリシャワイン」と「スープ」を近所の食堂でいただくことにしている。ワインは松ヤニの香りのする「レツィーナ」。世界で一番古いとされるワインである。ガラス瓶とコルク栓がない時代に、羊の皮をなめして作った袋に松ヤニで栓をしてワインを保存していたなごりの酒である。銅のカラフとグラスを持ってきてくれる。まるで、日本酒を飲む時とチロリと盃のようだ。この銅のカラフェ、充分日本酒の燗に使えるよな。
f0056476_2242177.jpg

「何にします?」のウエイターの問いに「マゲリサ(Mayiritsa)をください」というと、必ずニタッとして、シェフのところに行って、も一度こちらを見ながらシェフと一緒にニヤリとする。そうだろうな。だって、このスープ、グリークの人特権のようなスープだものね。これ頼む東洋人見たことないんだろうな。
f0056476_2244066.jpg

このスープ「マゲリサ」は、グリークイースターの日にだけ食べる特別のスープだ。イースター前のレントと呼ばれる節食の日々明けに、空腹であった胃腸のウォーミングアップとして食べる。仔羊の臓物をたくさんのディルを入れて煮たレモン風味を効かせた具だくさんスープを、教会の帰りにみんな食べる。コトコトと長い時間をかけて煮込んだスープはとても体にやさしいし、何よりもあったまる。年に一回の私にとってのスペシャルスープだ。毎年家の近所の「アンクルジョージ」というギリシャのタベルナ(食堂)で、12時ちょっと過ぎに一番乗りでこのスープをいただくのが、この季節の私の恒例の楽しみになっている。
by machikogunji | 2008-04-28 00:09 | 風景 | Comments(0)
超貴重なイカ沖漬け
f0056476_021501.jpg

イカ釣行日の夜の「イカ祭り」の夕飯を楽しみにしていた旦那さん、かたじけない。でもね、沖漬け作ったから。「もう一度釣り行ってきたら」とやさしいお言葉。まっ、言われるもなく、リベンジには行く気でいたんだけどもね。またジップロックいっぱいの沖漬けができることを期待して。
f0056476_0251522.jpg

ピーマンのオイスターソース炒めに、釣り弁当の残りの煮卵をのっけて。
f0056476_026833.jpg

タンシチューは「イカ釣りまさかの時」のものであったんだけど、役に立ちましたん。2日目なのでホロホロとお口の中で溶けるようなタンになっていた。
by machikogunji | 2008-04-27 22:20 | 旬・季節もの | Comments(0)
おらん
f0056476_043896.jpg

あ〜あ、早とちりのイカキチどもが〜っ、橋のうえ〜〜。ポッツンポッツン。
f0056476_072997.jpg

思い思いのイカジグお宝ボックスさげて。
f0056476_0183715.jpg

ウ、ウ、ウソでしょ、2はい。2はいだけ。そのうち1ぱいは、隣のベトナミーズ君が、「オールナイトで1ぱいだけじゃ悲し過ぎるからあげる」と、もらいもの。
こっちから、あっちから、できる限りの方向から攻めてもイカはおらん。時折、ツツツーッとここで生まれたメダカサイズのイカ幼稚園組が、大人をバカにしたように水面を横切っていく。
f0056476_0285445.jpg

2はいのまま、夜は明けてしまった。寒い。釣れないともっと寒い。これじゃぁ水温も上がるわけないよな。潮も止まり、ため池状態。あぁ、何時間イカの姿を見てないのだろうと思うと、めまいがして気が遠くなってきたぜ。
f0056476_035237.jpg

美しい朝焼けをバックに横たわるイカちゃん、結局2はいだけ。
f0056476_0361247.jpg

ありがとう、イカさん。ありがとうニューポート。おばさん、完全に討ち死、撃沈。
また明日も、イカキチどもを朝まで振り回し、あざむいてください。
帰り道の3時間半の長かったことか、つらかったことか。
by machikogunji | 2008-04-27 00:12 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)
仔牛のタンシチュー
f0056476_7223343.jpg

あ〜あ。
f0056476_7224717.jpg

まだちょっと一週間早いのはわかっているのに、どうしても様子を見たいがために、ロードアイランドまで、また夜通し行っちゃうわけです。
どうしよーもねーなーと自分でも思う。
イカファンのみなさん、明日のブログをお楽しみに。
by machikogunji | 2008-04-26 07:25 | 洋食 | Comments(2)