ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
<   2008年 02月 ( 50 )   > この月の画像一覧
広島風お好み焼き
f0056476_10362329.jpg

今日はどっぷりとお好み焼き。「焼そばを中に入れて作ってほしい」と旦那のリクエストがあったので、2つのフライパンで同時進行で作ってみた。広島風とかまではいかないが、とりあえず広島寄りのお好み焼きができた。ソースはとんかつソースに「つばめのおりソース」。この辛いソースを入れるのが定番になってきた。ひと味しまって断然旨くなる。豚肉、イカ入り。イカ焼そばを追加で作り、しこたま食べた。
f0056476_10361077.jpg

別皿で、大根ときゅうりの千切りサラダ。スライサーを使わず、手切りで太さをまちまちにしてみたら、その方がなんかおいしかったなぁ。切ってから冷たい水にしっかりつけて野菜をパリッパリにしとくとなおさらおいしく仕上がる。
昨日のイカ刺しの残りで「イカ納豆」。大好物です。これは焼酎のお湯割りのおつまみ。
by machikogunji | 2008-02-29 10:42 | 和食 | Comments(6)
朝定
f0056476_1383560.jpg

昨晩はすっかり旦那に料理を任せ、御苦労をかけたので、(しょうがなく)今日は朝ごはんを作った。焼き魚定食。焼き魚、煮物、東京葱の網焼き付目玉焼き、はま吸い。

焼き魚は、うちで作った一夜干し。オラータでやってみた。前日に魚をおろして塩をして冷蔵庫で一夜干しにする。今朝、魚にお酒を振りかけ、あわせ醤油にさっと漬けて焼いている。脂ののった魚なので、パサパサ感がなく、かなり日本の魚の一夜干しに近い味になる。
by machikogunji | 2008-02-29 01:49 | 和食 | Comments(1)
送別会
f0056476_1654815.jpg

西に熟年エディター、東に熟年デザイナー。相撲をとるわけではない。今晩はうちでエディターの友人の送別会をした。前菜のお刺身と炊き合わせ(海老、車麩、いんげん)は、私が担当。その後、私は客席に回り、旦那が寿司をたらふくにぎってくれた。食通の2人なので、旦那さん気合いが入っていた。最後の締めの「蕎麦寿司」、こういう洒落たものをサラリと出してくれる旦那である。ごちそうさん。
by machikogunji | 2008-02-28 16:18 | 和食 | Comments(0)
ちょっとだけヒラメのフライ
f0056476_12175754.jpg

ヒラメが魚屋に定着して売られるようになってきた。そういう季節になってきたってことか。ヒラメはいろんな料理法があり、うちの食卓を賑わしてくれる。今日はフライ。身が薄いのでさっと揚げるのがコツ。モソモソしているとすぐにパサパサになってしまう。横にフライパンで焼いたジャガイモとサラダ。ヒラメにはとんかつソース。フライ定食ってとこかな。贅沢なようだが、ニューヨークは日本にくらべ恐るべき安さでヒラメが手に入る。なので釣りにも行くし、普段のおかずにもバンバン食べている。
f0056476_12183588.jpg

1/2をフライにしたので、その半分は刺身。山葵と醤油で和えた身と、えんがわ。それとスパイシーサーモン。本日の焼酎のアテです。
by machikogunji | 2008-02-27 12:26 | 洋食 | Comments(0)
ペルー風スパイシーサーモン丼
f0056476_10205537.jpg

心地いい辛さのスパイシーサーモン丼に挑戦。というより、サーモンの刺身が残っていたので、これにちょっとあるものを入れてみたらおいしいんじゃないかと思いやってみた。グァハハッ、いけるよ。なんかサーモンがたらこみたいな味になるじゃんか。
f0056476_10211257.jpg

ペルーの国民的辛味調味料がこの「パンカペースト」である。パンカってのは、とんがらしの一種。とんがった味でないのが和食風にしても充分使える理由。中南米系の人たちが住むエリアではまず売っているのでお試しあれ。

★レシピ
by machikogunji | 2008-02-27 10:31 | 和食 | Comments(1)
フェンネル
f0056476_14373054.jpg

肉豆腐2日目。おでんと同じく、2日目が旨い食べ物だ。出汁が煮詰まってきたので、フェンネルの葉を少し落としてみた。フェンネルは日本語でういきよう。根の部分は昨日、ステーキのつけ合わせとしてきんぴら風にして食べた。独特の香りがけっこう肉に合う。しょうゆにも合う。ディルとフェンネルの葉はよーく似ているが、一年草と多年草の違いがあるそうだ。ディルに比べてフェンネルの葉の方が香りが柔らかな気がする。どちらもセリの仲間。

★2匹揃って…。
by machikogunji | 2008-02-26 14:51 | 風景 | Comments(3)
魚屋編・「鯛」の巻
f0056476_1453678.jpg

毎日魚屋に寄るので、ちょっとづつ魚の紹介をする。買い物の時の御参考にどうぞ。
今回は「鯛」。世の中にはいろいろな鯛がいる。うちの行きつけの魚屋ではいつも3種の鯛を売っている。
まずはNY近海で釣れる「ポーギー」。「ポギー」ではなく「ポーギー」と言った方が正しいかな。かなり新鮮なものじゃなきゃ刺身は難しい。うちらが釣りに行った時に、最もおいしく食べるために細心の注意を払う魚だ。釣ったらまず血抜きをし、身が割れ易いので決して刺身で食べようとしているものは重ねてクーラーバックに入れない。氷をしっかり詰めて丁寧に持って帰る。それでも、刺身で食べるのは2日、3日。ということは、よっぽど新しくないと刺身は難しいってこと。湯引きにするという手はある。焼くか蒸すってのがいいと思う。カリブ系アメリカ人はこの魚が異常に好きで、私の釣り仲間のオヤジは「ウロコもつけたまま、そのまま小麦粉つ’けてディープフライにして、皮むいて食べる」と言っていた。
f0056476_145577.jpg

これは、ヨーロッパで出回っている鯛「オラータ」。イタリアに長年住んでいた知人は、この魚を出したら妙に懐かしがっていた。養殖もの。だから脂がすごく乗っている。天然ものの脂の乗りとは違うのであしからず。塩焼きがおいしいよ。とってもおいしい。
f0056476_1461647.jpg

これは、熱帯とか亜熱帯の「南国」で釣れる鯛「レッドスナッパー」。赤くてとてもおめでたい身なりであるが、身は南国の魚特有のしまりのない柔らかさだ。まずくはないが、料理の仕方を考えた方がよい。味は淡白。うちではお祝ごとの時に見栄えがよいので使っている。赤ちゃん生まれた人へのお祝いの「鯛飯」とかに。焼く前に、きっちりと半日ぐらい水気を飛ばした方が型くずれしない。
f0056476_146346.jpg

おまけ。
こいつは鯛ではなく、うちでよく食べるシーバス。こういうツラしてます。
by machikogunji | 2008-02-26 02:02 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)
お刺身サラダと肉豆腐
f0056476_1258229.jpg

モリモリお刺身を食べる時は、サラダに限る。サーモンの締め、シーバスの昆布締めをいつもより厚く、でも半分のサイズに切って、たっぷりのカイワレ大根、メスクリム(いろんなベイビーリーフのミックス)でざっくりと混ぜ、ドレッシングは、レモン果汁と塩こしょう、それにオイル、出汁醤油。ドレッシングとは別に魚を野菜と混ぜ合わせる前に、軽く塩こしょうしてオイルでマリネしておくのがポイント。カラフルで春らしいサラダができた。モリモリ食べた。
f0056476_1333092.jpg

今日はお昼に5人の仲間とステーキ丼を作って食べた。肉は塊で買ったので、掃除をするとたくさんの「脂」と「すじ」が出てくる。このすじ肉の方をさっと湯通しして、木綿豆腐と玉葱と一緒にグツグツと出汁で煮ること3時間。すじ肉はトロリと溶け、玉葱もトロトロ、豆腐もフカフカ。
f0056476_1365136.jpg

あとはご飯とお漬けもん。先週からポリポリと食べ続けている胡瓜の漬物は、この小瓶(京都人からの贈り物)に入ったもろみで漬けたもの。塩辛くなくとことん上品な味だ。本当はこの上等なもろみで胡瓜を漬けるなんて贅沢きまりないのだが、あえて少しだけこういう贅沢なことをしてしまった。すごくおいしいです。
by machikogunji | 2008-02-25 13:11 | 和食 | Comments(0)
イカとさやえんどうの塩炒め。昆布〆再び
f0056476_138373.jpg

刺身にできそうなきれいなイカをザクザクッと切って、にんにく、内臓(ワタとゲソ)を白胡椒、醤油、サーチャー醤で炒めて出汁を出しメインの身を入れ、軽く茹でたさやえんどうとを最後に入れてガガガッと炒め、片栗粉でからめてごま油をぐるり。シンプルで旨い。うん、いいイカだったなぁ。イカが私を誘惑する。早くイカ釣りに行きたいなぁ。4月第2週以降の新月の大潮の夜が待ち遠しい。グリーンポートで試そうか、それとも足を延ばしてニューポートか。
f0056476_13173981.jpg

今日の料理教室の残りのかき集め。レストランで言えば「従食」ってやつだ。今日の伊達巻きはいい感じにできた。シーバス昆布〆、うん、締めて2日目はやはり美味しかった。
f0056476_142517.jpg

昨日は「おかかの雑炊」、今日は「卵の雑炊」。昨日はトロリと、今日はサラリと。旦那作。
by machikogunji | 2008-02-24 13:19 | 中華 | Comments(1)
シーバス昆布〆
f0056476_12141624.jpg

今朝、スーさんのお土産のヒラメの昆布〆を作りながら、「そういやシーバスを昆布で締めたっておいしいだろな」と、作っておいた。
あぁ、これは、これは…。ヒラメとはまたひと味違う上品さ漂うお味。いけます、いけます。最初は、そのまま食べて、そうして次は、特別のモロミで作った胡瓜の漬物に巻いて食べたら、あぁ、それはそれは…。もう一日締めておいたらもっと旨いにちがいない。
by machikogunji | 2008-02-23 12:15 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)