ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2008年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧
ベルトフィッシュ塩焼き/鴨鍋卵焼き
f0056476_8511786.jpg

魚市場に行った時、生(冷凍じゃない)のタチウオ(ベルトフィッシュ)がギンギラに光りながら私のお買い上げを待っていたかのように見えたので、お望み通り買わせていただいた。焼いてみると、身が跳ね上がる。この魚は子供の頃に瀬戸内でさんざん食べた魚なので、どれが新鮮かそうじゃないかは口が覚えている。ニューヨークではチャイナタウンやコリアンタウンに売っているが、冷凍の上、塩がしてある。食べ方が違うのだ。みんな鍋にするんだろうな。私は断然塩焼き派。漬け焼きにするという方もいらっしゃるが、今だやったことはない。今日食べたタチウオがニューヨークに住んで以来食べたタチウオの中で一番おいしかったなぁ。ぜひ今度仕入れてもらおう。脂が非常に乗ってました。
f0056476_8575289.jpg

昨日の鴨鍋の具がちょっとだけ残ったので、温め直して、卵焼きで巻いてみた。うーん、再利用成功。すき焼きもこうして食べるとおいしいかと思われます。ぜひお試しを。
f0056476_9121438.jpg

野菜が何にもなかったので、玉葱とピーマンを蒸し焼きにした。塩・こしょうだけで食べる。甘くておいしいのよ、コレが。お昼にメキシカンのタマレス(とうもろこし粉に具を入れてとうもろこしの皮で包んで蒸したもの。うちの近所にこれが旨いメキシコデリがある。おやつにバッチリ。1個1ドル25セント)を買い物の途中に2つ買って立ち食い。1個残ったので、ついでに野菜と一緒にフライパンに入れて蒸し焼き。あっさりとチキンが中に入っていて、ビールのお伴によかった。
by machikogunji | 2008-01-31 09:05 | 和食 | Comments(0)
ウッハウハ鴨鍋
f0056476_5213913.jpg

今月はみんなに「地元のロングアイランドダックは旨いぜ!」ということを広めたわけですが、最後に1枚、この鴨が残ったので、うちは「鴨鍋」にした。この鴨の肉食べてると、牛肉や鶏肉がすいぶんと遠ざかった一ヶ月だったなぁ。自分が鴨好きだということを改めて知ったなぁ。
アストリアのいつもの八百屋に最近、チャイナタウンと同じ大根が並ぶようになったので、とてもうれしい。今日は普通水が出るから入れないんだけど、大根、それから豆腐も入れて、葱、糸こんにゃくでグツグツと鴨鍋〜っ。
f0056476_5263112.jpg

どんどん煮つめて、鴨から再度脂が出てきたら、卵をポチョンと落として、半熟になったところで絡めて食べるわけであります。ウッハウハ食べてしまうわけだな、これが。
by machikogunji | 2008-01-31 05:28 | 和食 | Comments(0)
ガールズ魚仕入れ隊
f0056476_22282724.jpg

午前2時半。魚屋の娘サンディーを隊長に、アタシ、日本からの友人ジュンコちゃんの無敵ガールズ(すんません、年齢は21歳〜46歳と幅がありますが)で、サウスブロンクス・ハンツポイント(hunts point)にある新しい魚市場にサンディーの店で売る魚を仕入れに行った。

この魚市場はマンハッタンのダウンタウンで180年間続いたアメリカ最大の魚市場「フルトン・フィッシュマーケット」が、2005年にここブロンクスの「HUNTS POINT FOOD DISTRIBUTION CENTER」内にまるまる移ったものだが、名前は長年親しまれてきた「フルトン・フィッシュマーケット」を受け継ぎ、それに「NEW」を付けて、「ニュー・フルトン・フィッシュマーケット」と呼ばれている。ブロンクスだけどフルトンなわけだ。まっ、この方が親しみも持てるし、魚の市場だと分かりやすいしなぁ。
f0056476_865329.jpg

場内に入ってびっくり。広い、きれい、明るい。なんと言っても、屋内のため寒くない。前は寒かったもんなぁ。駐車場の隅でたき火してたもんなぁ。白い建物の中には、各卸売りの店の看板が掲げられ、冷凍設備もばっちし。昔は、超恐そうに見えた仲買人におっさんたちの顔も、明るい照明のせいで、なんとなくやさしく見えたよ。
f0056476_91781.jpg

普通、サウスブロンクスの倉庫が並ぶ埋め立て地に夜中に行くっていうのは、あり得ないわけで、その上、女同志ってのもあり得ないわけだが、今晩はそれがあり得てしまったわけだ。この魚の仕入れという仕事は、普段サンディーのとーちゃんがやっているんだが、今日はどうしても親戚の葬式で行けないので、代わりに娘が行くってことになったわけだ。「今度、仕入れに行く時、声をかけてくれ。あそこの市場に行ってみたい」とこの前言っておいたら、さっそくサンディーちゃんからお声がかかった次第。アタシにとっちゃ、魚市場は「世界で二番目に楽しい場所(一番は釣りの船上)」なわけよ。しかも、私の目利きで魚を仕入れてもいいよってことなので、盛り上がらないわけにはいかない。
f0056476_8361520.jpg

さぁ、サンディーちゃんの仕入れが始まった。見渡す限りおっさん。おっさん、おっさん、おっさん。どのおっさんもいかつい奴らばかりだ。その中に紅一点。
f0056476_8354359.jpg

真っ赤なジャンバーを着て、おっさん達の半分ぐらいの小柄なサンディーではあるが、実に堂々と、実に機敏に場内の隅から隅までをくまなく闊歩し、どう考えても、あんたソプラノズに出演してたやろ系親爺達とにらみ合いを効かせた値段交渉をやってのける。かっこいいーの一言だ。
仲買の1人の親爺が彼女の後ろを付いて歩いていた私を呼び止め一言いう。「この娘はたいしたもんだぜ。ちゃんと魚の目利きができる。俺らと対等に交渉もできる。スマートな子だ。たいしたもんだ。なっ、お母さん」。ん?アタシ、おかあちゃんと違うんですけど。友人なんですけど。でも、親爺の言葉に思わず頷き、「ありがとう」と言ってしまった。
f0056476_2228528.jpg

場内をあっちゃこっちゃ約2時間。そろそろ朝の4時半だ。目当ての魚をだいたい仕入れた。シーバス、ひらめ、ポーギー、えいひれ、ホワイティング、えぼ鯛、甘鯛、レッドミュレット(ひめじ)、鯖、たちうお(ベルトフィッシュ)、ほたて…。いつも彼女の店で並んでいる普段の魚だ。
魚はさすがにいろんな種類が並んでいた。ここでの魚を片っ端から知っていたら、まぁアメリカでの「お魚もの知り検定」には合格するだろうな。
f0056476_9161998.jpg

季節柄か、フロリダからの魚が多かったような気がする。たとえば
f0056476_8155390.jpg

グルーパー。大型サイズだ。
f0056476_8165186.jpg

これはイエローテイル・スナッパー。イエローテイルと言ってもハマチじゃないよ。尾が黄色く大きな南部で釣れるスナッパー。
f0056476_914239.jpg

今、ニューヨークではちょっと耳の痛い「マグロ」の専門店も数軒。
f0056476_22291622.jpg

横で解体して売っていた。その他、あっちこっちで「あん肝」が大袋で売られていたなぁ。これは欲しかったなぁ。

今回サンディーが一番力を入れて仕入れていたのが
f0056476_911297.jpg

「生きた鯉」だ。あらゆる店に「ライブ・カープを持っているか」と聞きまくっていた。
f0056476_9112378.jpg

さすが中国人、と思いきや、インド人が絶対買っていく魚だそうだ。今度、この生きた鯉をどうやって料理するのかぜひ聞いてみたい。
f0056476_9173973.jpg

ってなわけで、そろそろ朝5時。いくら屋内でも、冬の早朝。体が冷えてきたので、場内にある唯一のカフェで、コーヒーとチキンスープを食べ、一服。彼女はこの仕入れの後、お得意さんにデリバリーに行き、その後店に戻ってお昼まで働く。うちらは一足お先に帰ることにした。行きはサンディーの仕入れ用バンをフォローして行ったため、けっこううちから距離があるなと思ったら、帰りは15分で家に着いた。
f0056476_9155116.jpg

今日はサンディーちゃん、朝の2時から私にとっての「ディズニーランド」へ連れて行ってくれて本当にありがとうね。では、また後で店に寄るわね。
by machikogunji | 2008-01-30 09:31 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(6)
消えちゃぁいけないNYの店
f0056476_14391112.jpg

地図をこよなく愛するオーナー。
f0056476_14392927.jpg

ここのオニオンスープを私はこよなく愛した。
f0056476_14394672.jpg

友人はフレンチフライ&マスタードを愛した。
f0056476_1440247.jpg

昔、やばかった頃のミートパッキングエリアに
f0056476_14401986.jpg

ポツンと1軒だけあったのがこの店。
f0056476_14403567.jpg

こういう店は、消えちゃぁいけないと思う。
by machikogunji | 2008-01-29 14:48 | 風景 | Comments(2)
1.2.サングリア
f0056476_129517.jpg

いつも夏の夕方に訪れる店だが、恋しくなってついつい…。
f0056476_1210211.jpg

f0056476_1214025.jpg

1杯目のサングリア。冬でも旨い。
f0056476_12134130.jpg

アンチョビにオリーブにサラミ。卵焼き…という言い方じゃダメかな。スパニッシュオムレツ。今日はマッシュールーム入り。
f0056476_12103288.jpg

2杯目。
f0056476_12124337.jpg

アンチョビをもう一つづつ。オヤジさんがまるで寿司をにぎるように作ってくれる。
by machikogunji | 2008-01-28 12:22 | 外ごはん | Comments(1)
お客さん
f0056476_14103822.jpg

10年前に近所に住んでいて、思い立てばイカ釣りばっかり一緒に行っていたひと回りほど年下の女友達が久しぶりにニューヨークにやってきた。あの頃はまだSUNY(ニューヨーク州立大学)の学生さんだったが、今では東京でテレビ番組のディレクターとして活躍中とのこと。とりあえず今晩はうちで晩ご飯をと。
今朝、魚屋のサンディーが「今、飛び跳ねている甘海老が入ったんで早く来い」との電話があり、さっそく、そのイキのいいのを分けてもらったので、まずはそれでお造り。生きている甘海老の色って、信じられない程の朱色。皮を剥くのに手こずった。頭はから揚げに。「こんなに甘海老が食べられるなんて。日本じゃどこどこ産のものはどーのこーのと尾びれや背びれがついて、ずいぶん高くてなかなか食べられない」とウハウハ食べてくれた。
学生の頃はあんまりお酒の飲めなかった彼女だが、「どうよ。最近お酒の方は」と尋ねると、「飲み過ぎでちょっと控えなきゃと今年は思っている」と言いながら、ビールにワインとかなりイケる口になっていた。いいことだ。
f0056476_14243063.jpg

「10年前なんて、昨日のことのようだ。」と感じるようになったのは、歳をとった証拠なのだろうな。彼女と私とこのブログの作者の3人で、いろいろおもろいことをしていた。毎日の生活が漫画のようであった。今では、東京、ニューヨーク、沖縄と暮らすところはバラバラだが、どちらさんも相変わらずの「人生喜劇場」で頑張っているってことだな。ブログが縁でまた再会できたことをうれしく思う。つのる話は尽きずに、また明晩もうちの手作り料理でその続きをってことになった次第。

★今日の晩ごはんメニュー
by machikogunji | 2008-01-26 14:37 | 和食 | Comments(3)
湯豆腐
f0056476_1104130.jpg

旦那の凝り性に、妻びっくり。
f0056476_1105813.jpg

さっそく中華街で豆腐を、炭火というわけにはいかないので、固形燃料を買ってきて、
f0056476_23324371.jpg

今晩のDVDは、「徳川風雲録・八代将軍吉宗」。天一の最期に号泣しながら、天一という名を聞いて、天麩羅の天一の丸十が食べたくなった私。
by machikogunji | 2008-01-25 11:02 | 食器 | Comments(1)
メモメモ飲茶
f0056476_2371759.jpg

今日の木曜飲茶は、早く行き過ぎ、お店の人にあきれられた。暖房がまだ効いておらず、コートを着たまま料理ができるのを待つ。「アンタら、早過ぎやで…」。し、しかし、先客がいた。いつも私達の隣のテーブルに座る中国人夫婦だ。うちの親戚のおじさんによく似ているので忘れることはない。この夫婦、一言もしゃべらず、やはり寒いのでコートを着たまま、各自黙々と新聞を読んでいる。その新聞の裏側を店の従業員が一緒に読んでいる。みんなで新聞を読み捲るひととき。
さて、今日は、ちゃーんとメモ用紙とペン持参で来た。朝一なので、カートで料理を運ぶおばちゃんも暇なので、ここは一つお願いしてみた。「オーダーしたものを漢字で書いて中国読みを教えてほしい」と。せめて自分が食しているものぐらい、中国語がしゃべれるしゃべれないにかかわらず、知っておきたいと常々から思っていた。おばちゃん、快くOKしてくれた。とりあえず、今日はいつもうちらが必ず頼むものの名称と言い方をきっちりと教えてもらうことに。
f0056476_237343.jpg

読み方は日本語と中国語でかなり違うが、こうやって、書いてもらうとそのものズバリの漢字で、大したことはないと思われるかもしれないが、あの何十種類もある飲茶の品をちゃーんと中国語で指定できるようになるってのは、私にとってはこの上なくうれしいことなのだ。次回はぜひ、大きな声でこれらの料理を注文したいもんだ。
帰りがけに、お正月のメニューをくれた。「新春快楽和菜」。
錦繍前程、金玉満堂、海龍皇賀歳、黄金百斗、雙龍迎新春、年年有餘、龍馬精神、鴻運年年………。こりゃお手上げ。喰ってみるしかあるまい。
by machikogunji | 2008-01-25 03:13 | チャイナタウン | Comments(3)
海老とコリアンダーとフレンチビーンズのかきあげ/里芋オレンジ風味
f0056476_932339.jpg

コリアンダーを天麩羅にする。「なんと恐ろしいことを」とお思いでしょうが、これおいしいんです。あの独特の強い香りは高温の油で飛び、うっすらと良い香りだけが残る。何も異国の地で「紫蘇の葉」や「みつば」を探しまくらないでも。けっこうどこにでもあるコリアンダーで代用できるってことを知っていただきたい。フレンチビーンズ(小振りのさやえんどう)と海老を一緒に合わせて、かきあげです。油で揚げるというと台所が汚れて嫌がる人がいるが、高さのある小さめの鍋に油を入れてあげてみるといいよ。うちは1.5人前ぐらいしかいつもあげもんをしないから、気軽に小鍋で揚げている。深さのある鍋で一度挑戦してみてほしい。そんなに油は飛ばないよ。飛んだら、その場でさっと拭くこと。これを徹底すれば、狭いキッチンでの揚げ物、怖くない!春の予感のおかずとなったよ。たっぷりの大根おろしと醤油で食べた。旦那喜ぶ。
f0056476_9321151.jpg

いつものはずれのない店で里芋を少し買う。さぁて、今年の里芋運は。と切ってみたら、ぜーんぶきれいな里芋だったよ。よしよし。あのインドの八百屋、今年も贔屓にしようっと。オレンジの皮をすりおろしたのを最期に少し入れてみた。甘辛のお醤油の味と案外合うという発見あり。
f0056476_9421556.jpg

余った白菜はどんどん漬物に回している。ちょっとザルで干して、塩で軽くもんで、昆布入れて、たかの爪をパラッと。ラップでギューギューに包み込んで、逆さにして上から小さなお皿を1つ乗せて重しとし、きちんとパッキングできるプラスチック容器に漬けている。ラップでギューギューに包むことによって早く漬かる。白菜の芯の部分は小さめに切って、葉の部分は大きめに切って盛り付ける。
by machikogunji | 2008-01-24 09:46 | 和食 | Comments(3)
塩ダラと海老のじゃがいもゴロンカレー
f0056476_13382724.jpg

年末に買っていた鱈の塩干しを半日ほど水で戻し、フィンガーリングポテト、ほうれん草、海老でカレーを作った。ポテトは皮ごと丸茹でして、熱いうちに皮を包丁を使わず手で剥く。塩だけかけてつまみ喰い2個。玉葱とにんにくとほうれん草を炒め、トロントロンになったところに水切りしたタラとポテトを入れ、カレールー、赤ワイン、ブイヨンスープでコトコトと計2時間(間40分ぐらい火を止めて休ませ、2度煮している)ぐらい煮たかな。海老は、背開きにして別のフライパンで強火で焦げ目がつくように炒め、そこに食べる分だけのカレーソースを加えて数分煮る。すると海老のプリッが楽しめるカレーができる。今晩の味の決め手は「つばめのオリソース(京都産)」。これをカレーに入れると味が引き締まる。ない場合は、アメリカのスーパーどこでも売っている「リー&ペリン」でどうぞお試しを。日本製のウースターソースより甘くなく締まった味がする。

じゃがいもを皮付きで茹でるのと、包丁で皮を剥いてから茹でるってことが、こんなに味に差が出るのかと、ちょっとびっくりした。これからなるべく皮付きで茹でよっと。
by machikogunji | 2008-01-23 13:57 | 洋食 | Comments(0)