ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2007年 11月 ( 48 )   > この月の画像一覧
初めての刺身
f0056476_12583016.jpg

by machikogunji | 2007-11-30 12:58 | 和食 | Comments(1)
食のドキュメント劇場・鶏鍋編
f0056476_1218599.jpg

ものすごくおいしい鶏鍋だった。
行程を逆に追う。
f0056476_12202282.jpg

f0056476_12204648.jpg

f0056476_1221420.jpg

f0056476_12295150.jpg

f0056476_12224974.jpg

f0056476_1223660.jpg

ここからは鶏屋の中に入ります。

★一緒に入りたい人だけクリックしてください。
by machikogunji | 2007-11-30 12:26 | 和食 | Comments(7)
アニハセヨー日没ツアー
f0056476_12552155.jpg

今日は旦那さんの早めの帰宅後、2人でインスパ・ワールドに行ってきた。「冬になったら行ってみたい」と夏に言ってたのだが、もう忘れてしまっているだろうなと思ったら。「さぁ、行こう」と突然の行動開始。この前、私は水着を持っていくのを忘れて露天風呂に入れなかったので、今日はしっかり水着を持って行き、夫婦水いらずで。屋外の檜風呂にどっぷり入ってきた。こんな近くで日本の温泉気分が味わえるのはありがたいありがたい。旦那は調子に乗り、あかすりも。その間私は低温のサウナで読書。あぁ、あったかいお風呂は最高だ。
f0056476_12554236.jpg

その後、149ストリートのマレーヒル駅界隈へ夕飯を食べに。夏にドラム缶炭火焼の駅前韓国居酒屋へ行き、ものすごーく感動したことをブログにも書いたが、今日はそのお隣の店に。
これがまた、超イケてました。この界隈の韓国の店はマンハッタンやフラッシング駅界隈の店とは一線を画している。たぶんソウルにはこんな店がちょっと路地を入るとあるんだろうなと思うようなところばかりだ。down to earth な気配がする。すごく気にいっている。うちら夫婦の最大の共通点は、ファンシーよりも居酒屋酒〜〜っなのだ。世界のどこに行っても居酒屋を探す、そしてそれがダメならうちで居酒屋だ〜〜〜っ。その国々の庶民の生活が、食文化がいっちばん見える。
f0056476_1312558.jpg

店の名前は「来客」。韓国語ではどう読むのかはうちらには謎。でも、名前のごとく、とても店のスタッフの愛想がよく、てきぱきと動いてくれる。そして食べましたよ、おもしろ〜い料理をドバッと。これがまたイイんだよなぁ。居酒屋チックですごくよーござんしたよ。旦那なんか気にいちゃって気にいっちゃって。おいおい、飲み過ぎ、飲み過ぎ。調子に乗んなよ。
f0056476_13212037.jpg

アニハセヨーと着席するなり、丸いテーブルのまん中に設えてあるガスに女の子が火を入れてくれ、フライパンで目玉焼きを作ってくれる。これがお通しなのね。卵がいい具合になったところで店長さんが出てきて「ようこそ」的な笑顔で挨拶してくれて、その卵を宙に投げて裏返してくれる。うわ〜〜っ、おもろい、このウエルカムのパフォーマンス。フライパンごとの熱々の目玉焼きはうまいっ。韓国ミソとにんじん&きゅうりの極太スティックと一緒にムシャムシャ。
f0056476_1326513.jpg

ビールはOBの大瓶。こんなんあるんだ、初めてみたなぁ。
f0056476_1327082.jpg

お次は金色(こんじきと読んでね。うやうやしく)に輝くアルミの洗面器風鍋にスープ。ボコボコへこんで年季の入った洗面器にペランペランの薄いさつま揚げにかまぼこが具ってーのがいい感じなのよね。
f0056476_13273277.jpg

火にかけてアツアツのところをスッカラですくいながら食べる。
f0056476_1332534.jpg

「いいねぇ、この雰囲気」とかなんとか言ってムードに浸っていると、来たよ来たよ「ホルモン」。ふかしたニンニクがゴロンゴロン、栗のような味になってます。ホルモンを胡麻の葉と一緒に炒め焼きしながら、横に添えた塩胡麻油をちょっと浸けて食べる。おぉ、ソウルフルな味だわっ!
f0056476_13362754.jpg

お次、餃子のような皮の中は春雨。まん中にトッポッギ。ソースは甘ーくて辛ーい。鉄板でジュージュー出てくるのよね。
f0056476_13391886.jpg

今日のきわめつけがコレ。鯖の開きの韓国味噌焼き。韓国の人達も日本人に負けず劣らずサバ好きですよね。これが、焼き網に乗っかったままやってきて、テーブルにペーパータオルを敷いた上にドカンと置いてくれる。それをそのままむしりながら食べるというコストパフォーマンスにうちら大喜びっす。日本は鯖を味噌で煮込むけど、こちらは味噌つけて焼いちゃうのねぇ。脂が乗っておいしかったですよ〜。
はい、たんまり食べて夜の9時。6時からの3時間、なんか旅行に来た気分。また新しいコリアンタウンのご馳走にありつけて、今日はよい日だった。
by machikogunji | 2007-11-29 13:44 | 外ごはん
おやつやで〜。おはぎやで〜。
f0056476_1214872.jpg

来月、みんなと「おはぎ」を作る約束をしているので、試作中。私の唯一、得意とするデザートです。年末になると、なぜかあんこが炊きたくなるんですよ。たぶん、私の田舎のお雑煮にあんこの丸餅が入るから、どうしても年末になると、条件反射であんこが恋しくなるのだと思う。今回は誰でも簡単に作れる方法にして炊飯器を使ってあんこ炊いている。途中で買い物に行ってもOKってやつです。年の瀬の主婦は何かと忙しいのでね。サイズはチョコのトリュフと同じくらいの一口サイズ。あんこ、白胡麻、黒胡麻、青のり、きな粉の五色ミニミニおはぎ。種類を食べたいので小さい方がいいんじゃないかと。「この人に食べてもらおう」と、その人のことを思い浮かべながら、日頃のお礼の気持ちを込めて丸めると、なんでかとてもおいしいおはぎができる。「手のぬくもり」が如実に出る家庭のデザートのような気がする。
f0056476_122984.jpg

おいしい「KUSMI」の紅茶をいただいたので、一緒に。
by machikogunji | 2007-11-29 01:36 | デザート | Comments(9)
ロブスターの灯火
f0056476_12153430.jpg

今日は5人で5匹のロブスターを料理したんだけど、みんなの去ったキッチンであまりにも見事な殻がゴロンとしていたので、集めてロブスター・トーチを1人でビール飲みながら作って遊んだ。ロマンチックではないわね。今年はロブスター、いったい何匹おろしたんだろう。爪を包丁一発で割って身を出すという技は、おかげで百発百中になった。空手の寸止め状態で割るのだ。本場ニューイングランドの人達の前でもやった。みんなびっくりしてくれた。ちょっと照れましたが。
f0056476_23323986.jpg

ついでにこんなんも。これは冬の魚「ブラックフィッシュ」の歯。釣ってきた大きな魚の身は食べて、頭は茹でて身を削ぎ取り、こうやって歯だけにして遊んだりもしている。この歯がいろいろあって面白い。だいたいブラックの歯は、出っ歯でみそっ歯なのよね。乾かして採っている。たまに釣り好きの友達が来たら、自慢するのよ、歯をみせて。釣りする人にしかわからない趣味だわね。
f0056476_12252481.jpg

大皿に5匹のロブちゃん。こんなにロブちゃんが勢ぞろいするのも結婚式以外にはないだろな。外食で食べたら何百ドルの世界を家庭でやっちゃえという企画は来月も続く。
by machikogunji | 2007-11-28 12:29 | 教室 | Comments(0)
ハードチーズ・グレーター
f0056476_149065.jpg

やっぱ、チーズはチーズおろし器、大根は大根おろし器なんだなぁ。改めてそう思った。
f0056476_1412678.jpg

こんなにスムーズにハードチーズがおろせるとは、いやはや極楽ゴクラク。
f0056476_1494163.jpg

f0056476_1410376.jpg

ということで、ワインを飲み過ぎた。
今日新しいブライアントパーク横の紀伊國屋書店で「向田邦子」の料理本を買った。山程あった料理本の中で、超地味ながら、さりげなくおいしそうな料理がたんまり仕組まれた本だった。
by machikogunji | 2007-11-27 14:12 | 洋食 | Comments(1)
スペインだこが和風になると…。
f0056476_11474278.jpg

スペインの鮹を丸ごとコトコトと3時間、丸々としたターニップ(蕪)を入れて、昆布出汁で煮た。塩は控えめ。鮹から出る塩味を外にうまーく引き出すのがポイント。今年はよく鮹を煮たな。今日はその集大成だったな。ホロホロと崩れる一歩手前で火を止め、少し置いといて味を滲ませて、もう一度火を入れる。

鮹味の滲みた出汁で、かき卵入り雑炊を作る。これがまたなんとも言えないいいお味。スペインで泳いでいた鮹、まさかこんな味にされるとは思ってなかっただろうな。
by machikogunji | 2007-11-26 11:47 | 和食 | Comments(2)
中華街発・冬のスペシャル晩ごはん
f0056476_134524.jpg

生きた海老の殻をはずすのはちょっとと思われるかもしれないが、旨いのだ。中国の人はこれに紹興酒をかけて酔っぱらわせたところを食べる。うちは山葵をたんまりきかせた醤油で食べる。背中を割って流水で洗い、しっかりと氷水で絞めるのがポイント。ただ剥いただけで食べるのではおいしくない。
f0056476_1351529.jpg

今日の牡蠣は、ワシントン州ホクイアム(Hoquiam)ってところの剥き牡蠣。丸々と太った身だ。昆布出汁をゆっくりとり、牡蠣、豆腐、葱だけ。ポン酢にさっとつけて食べる。おちゃけがおいちー。
by machikogunji | 2007-11-25 13:21 | 和食 | Comments(8)
栗のういろうとWエスプレッソ
f0056476_10432894.jpg

中華街の帰り、ソーホーを回る。
スペインの食材屋「DESPANA」で、まさか「栗のういろう」に遭遇するとは思わなかった。
スペインにはこういう「ウイロウ系」のデザートがあるのか。いや、ここのオリジナルかいな。マロンクリームたっぷりでおいしかったけど。
も一つは、グラッパ味のチーズケーキ。なかなかやるなっという程、かなりグラッパしていた。Wエスプレッソと一緒に。
この店、土曜日はテイスティングデー。ハムやチーズの味見したい人、どうぞ。
by machikogunji | 2007-11-25 09:06 | デザート | Comments(0)
イーストブロードウェー界隈(5)
f0056476_845888.jpg

食べました。「鍋辺(Guo bian)」。なんかなつかし〜味がした。
なんと寒い日の朝に似合う食べ物なんでしょうか。あったまります。
f0056476_8485920.jpg

スープと一緒に食べるといいと薦められたので、1個買う。
まったく甘くない葱入りドーナツ。
焦圏(チャオ・チュエン)と呼ばれるものだろうか、定かではない。
なんでもいいが、スープによく合う。
しめて1ドル50セント也。
生まれて初めてのものを食べると、ものすごく得した気分になるなぁ。
安くておいしいとことさら。
by machikogunji | 2007-11-25 08:59 | チャイナタウン | Comments(4)