ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
<   2007年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧
炊きたてご飯が主役の日
f0056476_12435994.jpg

うちは、毎晩晩酌組なので、ご飯はどっちかというと最後の仕上げ。おかずをいろいろ食べて、そして…最後にお茶とご飯…がパターンであるが、たまーに、いきなり「ごはんとおかず」という日がある。疲れていて、とっとと寝てしまいたい日がソレ。温かいものはナシかいな、と思われるかもしれないが、この豆腐、チャイタウンのストリート豆腐なんですが、できたてであったかいのよん。中国の豆腐はどうも水に浮かべて冷やすってことしないみたいですね。この豆腐もさらしを敷いた木箱に入っていて、それをひっくり返して、注文の都度、切り分けて売っている。だから濃厚な大豆の味と風味がするのかねぇ。
刺身はこれからますます美味しくなるシーバス。脂がかなり乗ってきている。
「北海珍味」は炊きたてご飯に最高の友。
by machikogunji | 2007-09-30 12:53 | 和食 | Comments(1)
レーズンサンド 一考
f0056476_2554146.jpg

レーズンサンド・フリークとしてはたまらないねぇ、この六花亭の「マルセイバターサンド」。これを食べながら、私のレーズンサンド欲望が、久しぶりにフツフツと膨らんできた。頭の中をいろんなレーズンサンドが走馬灯のごとく回る、回る。
小川軒の「レーズンウィッチ」、代官山本店・小川軒、新橋・小川軒、鎌倉・小川軒と全部味が違うらしいけど、喰ってみたいね。
羽田空港限定とやらの、ヨックモックから出ている「レーズンサンド」ってーのも食べてみたい。
羽田と言えば、もういっちょ、東京ばな奈からの東京駅とここだけの、これまた限定レーズンサンド「黒べえ」って、どんな味なんだろねぇ、味見したいねぇ。
横浜の人、お薦めの関内「かをり」のレーズンサンドも一度試したいねぇ。
近江屋、風月堂さんのも、捨てがたいし。もっとどこかの町の隠れた名品にも出逢ってみたい。外国にはないのかね、こういう御菓子。ウィーンとか、フランスとかに。魚の話は山程あるが、御菓子のことにはとんとうといのよね。
そんなこと、考えながら六花亭のをちょっとづつ、お茶と一緒に食べてます。
野田さん、ありがとうございます。一日1つづつ食べて、確実にお腹の脂を増やしていってます。はい。
by machikogunji | 2007-09-30 03:04 | いただきもの | Comments(7)
海を渡って来た「北海道」
f0056476_23295023.jpg

マグロ釣り疲れ(今頃やってくるのがお歳ざんすね)で、夕飯作り放棄をして、よかった。こんなご馳走の差し入れがあったんだもん。うちから橋を二つほど渡ったところで、「北海道たべものフェア」をしている。このフェアは年に一度やってくる。ニューヨーク近郊に住む日本人は、皆さん楽しみにしている(最近はチャイニーズもコリアンも、アメリカンもこの催しを楽しみにしているそう)、「おいしいもん祭り」だ。海外と言えども、この週末3日間は、日本のデパートの「おいしい物産展」が楽しめます。うれしい話だ。
f0056476_23384380.jpg

しまホッケ。私はてっきりどっかの「島」で捕れるので、こう呼ぶのかと思ったら、表面に「縞」のあるホッケだったのね。あららっ。
ホッケには2種類あるらしい。一つは「真ホッケ」、もう一つが「縞ホッケ」。道内で捕れる「真ホッケ」に対して、「縞ホッケ」はベーリング海(ロシア)で捕れるらしい。「真ホッケ」は小振りだが、「縞ホッケ」はでかい。値段は断然「真ホッケ」の方が高い。しかし、ギットリとした脂の乗っている縞ホッケは独特の味わいがあって、私は好きだ。「真ホッケ」はちょっと普段は手の届かない「高嶺のお魚」になってしまっているが、「縞ホッケ」は庶民の味的でいいよ。私は四国出身なので、北の魚にはうといので、あんまり大グチは叩けませんがね。うちの旦那は、どっちのホッケにも関わらず、あの独特の身離れするホッケちゃんが大好きなのでありんす。うちにホッケがやって来たら、もちろん焼くのは旦那です。これがまた、旨そうに焼くわけよ。ほらっ。
f0056476_23534452.jpg

「北海道展って言ったら、蟹工船のタラバ蟹の押し寿司よっ」と、毎年熱心にこのフェアに通う主婦N子さんが力強く言い切るお寿司。「安いの買っちゃだめよ、高いの買ってね。身が違うから」と選び方も御指導いただき、ぜひ一度食べてみたいもんだと思っていたら、うわ〜〜〜〜っ、お寿司が橋2つ渡ってうちまで来ちゃいました。
ハレンも蟹型なのね。たっぷりのタラバの身、こりゃおいしいや。間に昆布が入って、寿司マニアとしてははずせない1品でした。アタクシ1人で独占喰い。わさび醤油、酢醤油、マヨネーズわさび醤油で攻めてみました。マヨわさ、うんめ〜〜ぞ〜〜ぃ!
f0056476_031163.jpg

北海・海の幸のお惣菜。日本の味がするよ、やっぱり。天ぷらにしろ、コロッケにしろ、旨いなぁ、やっぱり。思わず北島三郎の鼻唄がこぼれます。個人的には鳥羽一郎の鼻の穴の方が好きなんですが、北海道ならやっぱりサブちゃんっすよね。ハァ〜〜〜〜、ッアッアンアン。
f0056476_043584.jpg

超キッチュなデザインの包装でまずシビれてしまう、北海道茅部郡森町の「いかめし阿部商店」のいかめし。全国駅弁の中でもダントツ、函館本線森駅のキヨスクで売っている、人気の元祖いかめしが、海を渡ってニューヨークにもやって来ている。
f0056476_105641.jpg

このいかめしは1941年、森町沖でイカが大豊漁だった時に、その小イカをなんとかうまく利用できないかと考案されたもんだそうだ。
f0056476_114545.jpg

ムチッとしたアメ色に輝く小イカを割れば、モチモチのごはんがぴっちりと中から姿を現わす。これを作るには熟練の技が必要なんだろうなぁ。すごい技だなぁ。まこと鮮やかな「いかめし職人さん」の技です。滲みる味してます。
by machikogunji | 2007-09-30 01:05 | 旬・季節もの | Comments(3)
カレーなる挽き肉レタス巻
f0056476_1128155.jpg

生野菜をバリバリ食べたいこともある。いつものようにハンバーグかミートソースにするつもりの合挽き肉(豚と子牛)を、ちょっと違った風に食べることに。カレーパウダー、ケチャップ、八丁味噌で挽き肉を炒める。レンコンが残っていたので、ダイスに切って、歯ごたえを残して混ぜ込んでます。千切りにしたセロリとニンジンと一緒にレタスに巻き巻きしてかぶりつく。
味の決めてはミントの葉を一緒に巻き込むことかな。
f0056476_11393978.jpg

カレー味のパッタイをもう一度。今日の具にはシイタケが加わっている。ネギの切り方を変えてみた。立続けに2日に及んで作ったので、感覚はつかめたような気がします。
by machikogunji | 2007-09-28 11:43 | アジア | Comments(3)
塩と胡椒のごとく
f0056476_1110885.jpg

旦那への今年のお誕生日プレゼントは「ソルティンペッパー入れ」。
毎日の食卓で旦那が必ず使うものだ。
丈夫で、しっかりしたフォルムであるが、役目は脇役。塩だけでも困るし、胡椒だけでも困る。出過ぎてもだめだし、出が悪いのもいけない。2つでひとつ。
f0056476_127686.jpg

そういう妻でいてあげたい。そういう夫でいてちょーだい。
by machikogunji | 2007-09-27 13:33 | 食器 | Comments(5)
いい感じなパッタイ
f0056476_1223529.jpg

駅前に本格的なオーガニックショップができたと聞いて、ちょっと覗きに行った。とても体に良いのはわかるが、値段が高いので心臓には悪い。
アストリアと言えば「ラム肉なしでは成り立たない街」というのが私の中での長年のイメージであったが、こうして肉なし生活をめざす方々が増えつつあるのも時代の流れか。どちらかと言うと「ガンバレ!シシカバブ!」なんだけどなっ。
でも、このオーガニックショップには、この辺に意外とない「パッタイ」の乾麺が置いてあったので購入。

数カ月前から、ちょっと旦那と「パッタイ料理論」を酒飲みながらいろいろ話していて、挙げ句の果て、旦那がお薦めする「チェルシーマーケット内のタイレストランのパッタイ」をわざわざアストリアから車で買いに行った上に、ガラス越しに見えるシェフのパッタイの調理を、わざわざ椅子の上によじ登って、顔をガラスにへばり付けて見学していたんです。なぜなら、「うちで作るパッタイがどうしてもベチョッとしてしまう」からなのよね。原因を追求していたんです。

で、シェフの作り方をしっかり見て、「あっ、なるほどねっ」って、私は私なりに何かを掴んだわけで、それを今日は形にしてみましょっということになった次第。

今日の具は、卵、海老、豚ひき肉、ネギ、豆腐(エキストラ・ファームの硬いヤツ)。欠かすことのできないモヤシが抜けているのは、近所でいいのが見つからなかったため。今日の目的は、ベチョッとせず、モッチリと仕上げるということなので、まぁ、いいではないか、今度入れりゃっ、てことに。

まず、私が作り始める。私のやり方は、「チャーハンを作る」行程で作ったわけだ。ポイントは、最初フライパンをギンギンに熱くしておいてから油を入れて調理するってこと。卵に充分油を吸わせるってこと。エビと卵の入れるタイミング。それと、入れる順番を水気が出ることをよーく考えて。麺は、ぬるま湯に浸しザルにあげて水気を切ってから使うこと。まぁ、こんなことを心して作ってみたら、ワッハッハッ、フライパンに麺がこびりつくこともなく、いい感じになった。

旦那が味見して、「おっ、悪くない、悪くない」ってことで皿に盛ったら、旦那さん、ここで出来上がったパッタイの状況を再チェック。麺を持ち上げた時に皿に油が多めに付いていることを指摘し、「最初のフライパンの温度がまだ低い」。海老を見て、「海老と卵を入れる順番が違っている」。炒めた色合いを見て「ずっと強火でフライパンの返しをもっとやるべき」と、あーら、うるさいわね。でもナールホドなのよね。パッタイを皿から再度熱したフライパンに戻し、見事に旦那がよくテレビで中華の職人さんがやるようにフライパンを手首で返してみせる。パッタイ宙を飛び、見事にフライパンに着地。お味OK、コゲ色OK、モッチリOK、なかなかいい感じなパッタイができた。
by machikogunji | 2007-09-27 13:29 | アジア | Comments(4)
ポークチョップの生姜焼き
f0056476_2252769.jpg

薄切り豚肉を求めて、駅前の日系スーパーに寄ったんだけど品切れ。ここの冷凍にしている豚薄切りが、いい感じに脂身も入っていてとってもおいしいことを最近発見したんだけど、やっぱり人気があってすぐに売れてしまうのよね。しょうがないので、同じ通りの肉屋さんで、ポークチョップを購入。3枚で5ドル、安いわね、よしよし。どうしても生姜焼きが食べたかったので、このポークチョップをなんとか工夫して近い感じに仕上げようと考えた挙げ句、ほんじゃぁ、火の通りをよくするために、肉に包丁で切り目を賽の目に深く両面入れちまえとやってみたら、けっこうよかったわよ。たいした工夫じゃないけどね。
新生姜があまりにもおいしいので、摺りまくって、作りおきしている「すき焼きの割下」にニンニク醤油を足して、生姜をたっぷり入れて、そのタレにポークチョップを漬け込んでおく。旦那の「帰るコール」と同時にフライパンに油を敷き、小麦粉を薄く、ごく薄くだよ、薄く付けたポークチョップを入れて、ジュージュー焼き、両面焦げ色が付いたたら、残っていたしょうが醤油のタレをジューッとかける。
別にクタクタに炒めておいた串切りの玉葱を一緒に入れて蓋をして蒸し焼き状態にするわけよ。なかなか柔らかくおいしくできたよ。
付け合わせは、チャイナタウンで買い過ぎたサヤエンドウを茹でて千切りにしてキャベツ風に。あとは、お約束のケチャップスパです。
魚が続いていたので、たまにこういうのもいいね。
f0056476_1219096.jpg

ご飯は、一口サイズのミニミニおにぎりに。
具は、梅肉とうなぎの山椒煮。両方とも九州の安西さんにいただいたおみやげです。最高っす、このうなぎの山椒煮。フワッフワ。
by machikogunji | 2007-09-26 12:22 | 和食 | Comments(2)
キハダマグロ・千秋楽「ヅケ」「ヅケタタキ風」
f0056476_11542442.jpg

3日目のマグロは、もう薄い身の部分しか残ってないので(ほぼブツでもりもり食べてしまったのよねん)、表面にタレが滲みるように少し炙って、にんにく醤油とみりんちょっとに漬けた「ヅケ」を作った。これはストレートにブツ切りにしてペロッと食べた。
f0056476_1154474.jpg

もう一つは、さらし玉葱を敷き、ヅケを載せ、ポン酢をかけて、最後にネギを散らせた「タタキ風』に。やはりこれもペロリだったわ。

今回のキハダマグロ。さっぱりとしているのでいくらでも食べられる。ソースをいろいろ工夫して食べるのがおいしい食べ方だね。

以上、今年の釣りたてキハダマグロ料理おしまい。誰かが、また釣ってくれることを期待してます。
by machikogunji | 2007-09-26 12:04 | Comments(0)
キハダマグロ・2日目夜「炙り焼き」仁ちゃんバージョン
f0056476_11302154.jpg

うちの旦那の誕生日ということで、「リモコン・ヘリ」をプレゼントしてくれた、カガワ夫婦。ありがとさん。そして、超多忙のトモさんもかけつけ、「ハッピー・バースデー・酒ノメノメ大会」。旦那さんは仕事でぐったりしていたんだけど、外野達はいたって元気。いつものごとく、主役が不明になってしまううちでの宴会となった。カガワ仁ちゃんが「ほんじゃ、グンジさんの誕生日に心を込めて(またはしょうがなく)」とマグロで一品ささっと作ってくれた。
タイトルは「マグロの休日」。全員でずっこけた。意味不明なタイトルのマグロ料理ですが、これがおいしい。さすが、シェフ。
この料理でカノウ・マグロ(この意味はマグロ釣りのページを参照に)の味をグッと引き立たせるコツは、さっと、あくまでもさっと炙ることだそうです。さっとです。表面だけ。金串に刺して、さっと炙り、さらし玉葱(しっかりとさらし、しっかりと水を切る)の上に、串からはずして並べます。そして、タレ。このタレがやはりプロだね、美味しいね。バルサミコ、ポン酢(ちひろちゃん、旭ポンズをありがとう、最高です)、メープルシロップ(アドちゃん、旨いよ、料理でよく使ってます、ありがとう)、にんにく醤油を合わせたタレをたっっぷ〜〜りかけて、紫蘇の葉を散らせてできあがり。簡単だけど、ちょっと違ったとっても粋な味です。敷いた玉葱のスライスが、これまたおいしい。ぜひお試しあれ。
f0056476_11505848.jpg

この「マグロの休日」なるお料理には、トモさん愛飲のこのワインがぴったりでした。
おごちそうさま。
by machikogunji | 2007-09-26 11:52 | Comments(2)
キハダマグロ・2日目「鉄火丼」
f0056476_3583740.jpg

この食べ方は、文句なしで旨い。
昨日、生姜醤油が旨いと確信を持ったので、お昼にさっそく、2日目のマグロの味を試し(初日よりもやはり身が落ち着き、味も落ち着いてきていたよ)、新生姜をたっぷり摺って、醤油と混ぜ合わせ、スライスしたマグロを少し漬けておいて、炊き立てのご飯に隙間なくヅケマグロを並べて、金胡麻をパラリ、そして海苔をたっぷり載せて、ガバガバッと食べた。「ウヒョ〜〜〜〜ッ」な味だった。
by machikogunji | 2007-09-26 04:02 | Comments(1)