ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2007年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧
チリソース
f0056476_2132224.jpg

9月のみんなで作る魚料理のテーマ「アメリカの魚で和風中華」。そのメインとなるのが「自宅で作る特製チリソース」。そのため、ずっとチリソースのレシピを思案していたんだけど、やっと方向性が決まり、今日はその試作。みんなには、これから冬までどんどん脂が乗っておいしくなる「シーバス」を1匹おろしてもらい、半身は中華風お刺身に、半身は独特のやり方でふんわりと揚げてチリソースにからめて料理してもらうつもりだ。そして、アメリカで売っている冷凍海老の使い方を伝授し、うちでいつも作る「海老チリ」も披露しようと思っている。今日は冷凍海老の種類の多いコストコで買ったもんを使ってみた。戻し方と下処理次第でかなりおいしく食べられる。冷凍食品の数が日本とは比べものにならないほど多いアメリカだが、普段の料理にこういうものを上手に使うのは、ぜひここに住む限り覚えといてほしいと思う。
さて、味見。ちょうど旦那の後輩かがわ君が仕事帰りに来たので、彼にも食べてもらうことにした。はははっ、ばっちりっす。3人一致で「いけてる、いけてる」という結果に。このチリソースは1ヶ月ぐらい冷蔵庫で保存できるので、今回はたんまり作った。明日はいよいよ、本番に備えてシーバスを使った「揚げ魚のチリソース」を作ってみるつもりだ。
by machikogunji | 2007-08-31 21:54 | 中華 | Comments(0)
ミル貝お刺身
f0056476_20581962.jpg

ミル貝のお刺身、甘いです。こんな感じでできましたん。10ドル分くらいの小振りのもので、夫婦2人けっこうたんまり食べられます。
f0056476_20583477.jpg

コストコで買った軽くスモークしたサーモン、アメリカきゅうりの塩揉み、そしてこちらのミル貝、「アメリカ産刺身盛り」の前菜、どうっすか。
by machikogunji | 2007-08-31 21:02 | 和食 | Comments(1)
活ジャイアント・クラム(みる貝)の刺身・下準備
f0056476_7335812.jpg

ちょっとグロテスクですが、これ、ミル貝です。ベロンと伸びて体長30センチぐらいはあります。こっちじゃ「ジャイアント・クラム」と言ってチャイナタウンでよく生きたまま貝の殻にゴムバンドして売ってます。今朝、フラッシングに行ってついでに、小振りなイキのニョロニョロよさそうなのがあったんで、夕飯に刺身で食べようと下ごしらえをした。
f0056476_7381448.jpg

このシェル見覚えあるでしょう。そう、この前、釣りの帰りに買って帰りパスタにした、あの「スティーマー」と呼ばれる貝とほぼ同じ。身も大きいか小さいかの違いだけで、非常に似ている。ミル貝の子供なのかしらん。
f0056476_74093.jpg

手順は上の写真の感じ。大きなポイントは熱過ぎないお湯に通し、流水で洗いながらあのグロテスクなごっつい象の足のような皮を剥き、中をゴシゴシとよく掃除することかな。すると美しい色に輝くおいしい身が出てきます。
f0056476_7432380.jpg

あと、冷蔵庫に入れる前に、思いっきりまな板にぶつけて身を〆ること。冷蔵庫に入れて冷やしてしまった後では、ぶつけても身がキュッとしまりません。上の写真が一度まな板に叩き付けて(何度もやらないこと)身がしまった様子です。
f0056476_7441999.jpg

身がしまったら、縦に包丁で筋を入れると、切れ目がパッときれいにはじけます。これを冷蔵庫で冷やし、夕飯の時に横にスライスすると、お寿司屋さん顔負けのおいしい臭みのないミル貝のお刺身ができますです。完成品は後程。
by machikogunji | 2007-08-31 07:46 | 和食 | Comments(1)
カナダ限定ベリーのコンフィチュール
f0056476_345833.jpg

カナダの中西部に位置し、アメリカのモンタナ州、ノースダコタ州と接するサスカチュワン州にある町「サスカトゥーン」で採れる原生のベリー「サスカトゥーンベリー」のジャムです。沖縄親子がカナダ横断中に立ち寄ったこの町で、買ってきてくれた。町の名前もこのベリーにちなんで付けられているほどの有名なベリーらしい。別名は6月に採れるので「ジューン(June Berry)」とも言う。アルニフォーリアという言い方は学術名。ヨーロッパではラマルクサービスベリーとも呼ばれ家の庭で作られるポピュラーなベリーらしい。とても小さな果実だけども甘くておいしく、生でも食べられるがジャムにするのが一般的。初夏に鈴なりの赤い実を付け、黒味がかってきた頃が食べごろだとか。カナダの郷土特産品っすね。いいっすねぇ、こういうの。
by machikogunji | 2007-08-31 07:23 | いただきもの | Comments(0)
沖縄ナイト
f0056476_12243058.jpg

沖縄からのおみやげを味わう。
沖縄限定のバヤリースから出ているシークワーサー入りジュース。といってもそのすっぱさは飛び上がるほど。そこがおいしいんだな。シークワーサー独特の酸味が旨い。
f0056476_12263928.jpg

焼酎に混ぜるともっとおいしいわけよ。あぁ、どーしよー、爽やかでおいしい、おいしい。
f0056476_12275870.jpg

おつまみは「ラフテー」。沖縄流豚の角煮。トロントロンでこっくりとした甘めな味。泡盛を入れて煮込んである。
その他にも「さんぴん茶(これは沖縄のジャスミン茶)」「黒砂糖」も持って来てくれた。ありがとう。どうやって使うか検討中。
by machikogunji | 2007-08-30 12:33 | いただきもの | Comments(0)
おにぎり
f0056476_5172155.jpg

私は、友がニューヨークを去る日に、おにぎりを持って行ってもらう。別にどこでも食べ物は売っているけど、おにぎりを握って送る。ひょっとして飛行機の時間が遅れたり、すっかり疲れて食欲がない時、おにぎりは役に立つ。と思っている。まるでばあさんです。今朝も朝からご飯を炊いて、日本へ帰る親子におにぎりを手渡してさよならをした。「サンドイッチの方がよかったのかしらねぇ。」と言うと、「いや、まっちゃん、ニューヨークでおにぎりが食べられるとは僕思ってなかったよ。そりゃパンよりおにぎりがいいさ。わざわざありがとっ。」と中学生が言ってくれた。素直にとっておこう。
by machikogunji | 2007-08-30 05:47 | 和食 | Comments(1)
ブラックアアンガスとマッセル
f0056476_21341437.jpg

嵐のように忙しい毎日だ。今、うちの家は民宿化してます。まぁ、料理教室も、こじゃれた教室ではなく「海の家」となってますんで、もともと民宿みたいなもんですが、8月は何かと来客が多く、観光に、釣りに、メシの仕度に毎日イソイソ励んでいます。
今日は、沖縄からの親子たち最後のNYの夜。恒例の「食べたいものを郡司家のおばちゃんとおっちゃんが作ったるでぇ」の日です。中学生のリクエストは御多分に漏れず「肉、肉、肉」でした。来た日に焼肉、そして巨大ハンバーガー、ステーキ、ついでにトンカツも。そして、最後にも一度ステーキってことで。育ち盛りは違うのー。若いってえぇのー。ガンガン食べる光景はあっぱれです。
グランドセントラル駅のデパ地下風マーケットの肉売り場に彼等を連れて行き、肉の種類を説明、「食べたいやつを言ってくれ」との私の言葉に、中学生が選んだのは「ポーターハウスステーキ」。まん中にドカンと骨がT字に入っていて外側はサーロイン、内側がフィレというゴージャスなやつです。さずが肉すき、お目が高い。一塊45ドルぐらいかな。ここの肉はちょっと高めですが、はずれがないので、お薦めです。
子供はこの肉に大満足してくれました。

お母さんの方は、肉派ではないので(そう言いながら、焼けたステーキをけっこうつまんでいた)、ちょこちょこおつまみ系と、マッセル(ムール貝)を出しました。彼女は沖縄で「蘭桂坊」という居酒屋をやっており、年に数回、ワインテイスティングの会を開いており、その時必ずステーキを出すそうで、主に石垣牛を使っているそうです。今回、旅先のカナダでは、アルバータ牛、ニューヨークでは、オージー(オーストラリア)のグラスフェッド肉、そしてブラックアンガスを食べたそうです。一番彼女がおいしかったのはブラックアンガスとのこと。本来の肉の味がするということです。この肉は日本ではなかなかどころか、まったく手に入らないそうです。なんせ、和牛崇拝の国ですから。中学生のベスト1肉は、ブラックアンガスのフィレでした。なるほどねぇ。

マッセルの話に移ります。おいしい肉は日本にもありますが、生のイキのいいマッセルは日本では、都会ならまだしも地方では手に入らないそうです。ニューヨークならどこでも手に入るし、しかも一袋4ドルぐらい。今日食べたものカナダ産で粒は小さかったけど、鮮度がとてもよく、白ワインで蒸すとすべての貝がきれいなオレンジ色に開きました。大きなボウルに1杯分、実に日本からの人に喜ばれる一品です。ぜひ、日本からの方に自宅でご馳走してあげてください。こんなに安いのに、超喜ばれます。

そんな感じで、今回の「沖縄親子の夏休みカナダ横断の旅」はブラックアアンガスとマッセルを食べて終了です。明日、トロントに戻り、そこからバンクーバーへ飛び、そして台湾を経由して沖縄に戻ります。中学生のチカラ君、「またニューヨークに来るさ。この町は大好きさ。」と沖縄弁で言ってくれました。そう言われるのが、長年ニューヨークに住んでいる者にとってどれだけうれしいことか。
by machikogunji | 2007-08-29 22:09 | 洋食 | Comments(0)
スティーマー・クラムのパスタ
f0056476_2349166.jpg

スモークスキャロップを買ったブリュスターズに、もう一つ飛び切りおいしいもんがある。店の奥の生け簀にある貝類だ。その中でも、このスティーマーと呼ぶ貝がとびきりおいしい。これをガーリックのきいたワイン蒸しにして食べるパスタはいあかりイケます。この貝はミル貝を小さくしたような楕円の形のシェルに入った貝で、とても甘味がある。よーく洗って(ここのは砂を噛まない)ガーリックのみじん切り、トマトのみじん切りを炒めた中華鍋にドバッと入れて、白ワインをかけて蓋をする。シェルが開いたらできあがり。貝から出る塩分がちょうどいい味になるわけよ。塩をきつめに茹でたパスタを放りこんで、パセリのみじん切りを振ってできあがり。
f0056476_23562499.jpg

この貝には藻がついているので、料理する前にその藻をきれいに剥がさなければいけないんだけど、ボーッとして忘れました。あとからはずすはめに。はずすと写真上のようなきれいな身が出てくる。お気をつけあそばせ。
f0056476_23591886.jpg

情けない。今回の釣り、シーバス1匹しか釣れなかったんで、半分刺身に半分お刺身サラダにして食べた。少ない魚をこうして膨らませて食べるの知恵。塩、こしょう、ライム、醤油ちょと、グレープシードオイルのドレッシングで。
f0056476_013413.jpg

「釣れなかったコール」を旦那にしていたので、ちゃんと夕飯用の「なすび」と「シシトウ」を買ってきていてくれた。まぁ、それがとってもおいしいもので、茄子は焼きなすにして、シシトウは網で焼いて生姜醤油で食べた。

夕飯の用意をしていたら、マグロ釣りに行っていた仲間から朗報の電話が。キハダ、2本釣れたそうだ。来月私もいくマグロ釣りモードに火がついたよ。これから22日の当日まで、普段の生活を調整しつつ、マグロ釣りに備えて精神集中していく。
by machikogunji | 2007-08-29 00:06 | 洋食 | Comments(3)
釣り仲間の大ヒットおいしいもん「スモーク・スキャロップ」
f0056476_23281256.jpg

これ、新鮮な貝柱をさっと軽く燻した超おいしい「スモーク・スキャロップ」。釣り仲間のレオちゃんが、シネコックキャナルの近くの隠れウマウマシーフードレストラン兼魚屋「Brewsters Seafood Market(Hampton Bays)」で見つけたもんです。ものすごくしっとりとした柔らかな貝柱、口に入れるとジュワーッとスモーキーな味が広がります。いったいどうやってこういう風に作るんでしょうね。絶品です。最近ロングアイランドで釣りやった帰りに、家族へのお土産にみんなで必ず買って帰ってます。パウンド21ドル95セントと高いけど、ハーフパウンドも買うとたんまりあるので、私は10ドル分ぐらい買ってます。お酒のつまみに最高。
by machikogunji | 2007-08-28 23:48 | Comments(1)
モントーク撃沈
f0056476_836396.jpg

沖縄少年、印刷会社のサラリーマン、リタイヤで今コスプレに夢中の変なおじさん、カメラマンで活躍中の現代娘しずか嬢、細ヤン、そして私という、ものすごく年齢もやってることもバラバラ、でもみんな「ヒラメが釣りたい」という意志を持った面々7人でモントークのヒラメ釣りでは抜群の腕を持つ船長の船「レイジーボーン」に乗船。
f0056476_8362511.jpg

この船は、モントークで私の一番好きな船である。船長は、昔、この辺で名前を知らぬ者はいない「名サーファー」であった人。その知識と才能が認められて「船長」に転身したという珍しい経歴の持ち主。
f0056476_8365089.jpg

その船長には2人の娘さんがいて、これがものすごい釣り好き。腕も確かだ。父が船長、そして娘達がそのアシストをするメイトとして、パーティーボート(乗り合い船をアメリカではこう呼ぶ)を運営してきた。普通メイトは腕っぷしのごっつい男が主だが、この船は、そんなとってもかわいい女の子2人がやっていること、女性なのでとっても細やかなことに気が付くということ、そして「絶対釣らせてくれる」という船長への信頼で、人気ナンバーワンの船となっている。
現在は、その娘さん達も独立し、2人でこのレイジーボーンとは別に「レディーボーン」というチャーターボートを出している。2人とも大学を卒業し、離れていたこのモントークに再び戻り、家業を継いだのね。女の子だけど、船長の免許を採り、父から伝授された技術と勘を取得して、今「釣らせる女船長の船」として、これまた人気が高い。一度、この船で私も、女同志で海に出てみたいとずっと思っている。参加者募集。7人集まったら予約とって行きまっせ。ただし女性に限ります。
f0056476_8371399.jpg

ニューヨークを朝4時に出発してモントークに7時過ぎに到着。8時出航の船に乗るにはかなりの早起きが必要なのよね。モントークの灯台を横目に見ながら出航。目指すは」サウスレース」と呼ばれるポイント。
f0056476_8373352.jpg

沖縄少年チカラ君。まず、沈没。船酔いです。彼はちょっと船酔いすると聞いていたが、あえて海に出てみたいと自ら志願したので、連れてきた。ものすごく張り切っていたんだけど、船酔いには負けちゃったわね。かわいそうに終止ゲロゲロ。でも船から降りた時、一言いったわよ。「こういう経験をしてよかった。船酔いしてしまった時、どうしたらちょっとでも楽になるか学べた。」と。やるなー、こいつ。まったくその通り。私も遠出する時はいつも気持ち悪くなって酔う。それでも行く。酔った時にいかに自分の体調をうまくコントロールして釣りをするかってことが、長年の私の課題である。だいぶん自分の体調のことがわかってきて、事前に体調を整えるためにあの手この手で準備をして船出をしてるわけです。来月に行く「マグロ釣り」もかなり心配。今からその準備に入っている。まぁ、チカラ君、苦しい釣りだったどろうけど、何かを学んだようで、よかったです。こんじゃなくちゃね。とてもポジティブな少年だと、改めて大人達、感心したよ。
f0056476_838211.jpg

釣果は、はい、撃沈です。数枚ヒラメはかかったものの、サイズ足らず(19.5インチ以上が必要)。今日の敗因は「潮がきつすぎ、魚はいるんだけど、アタリが判らない」ということだったように思います。この日は満月に近く、その時は重力の問題で潮の流れが大変強くなります。これはわかっていたんだけど、まぁ、7人でしかも今良く釣れているモントークなんで、誰かしら釣れると思って行ったんですが、だめだったわね。結局シーバスとポーギーを釣って12時過ぎに港へ戻ってきました。みんなで海辺のレストランで食事。チカラ君も陸に1歩揚がると、嘘のように船酔いはとまり、「お腹がすいた」となりました。船酔いってそういうものなんですよ。
f0056476_8391723.jpg

帰りに、細ヤンが、初めての釣りのシズカちゃんとチカラ君のために、モントーク灯台まで連れて行ってくれたり、おされなサウスハンプトンの街を見せてくれたり、シネコックの抜群においしいシーフード屋さんに寄ってくれたり、大サービスをしてくれ、2人とも「魚はつれなかった」けど、楽しい1日になったようです。こういう日もあります。行けば釣れるってわけじゃないのが釣り。まぁ、こういうこってす。自然相手ですから。それがおもしろいんだけどね、そして次の釣りに繋がるのよね、私にとっては。
by machikogunji | 2007-08-27 08:39 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)