ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2007年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧
ヨシダ家の食卓
f0056476_646950.jpg

年老いた父が、母と弟と共に、高松空港(映画「世界の中心で愛を叫ぶ」でお涙大放流のあの空港です)まで私を迎えに来ていた。私の人生始まって以来の初めてのことだ。ただただうれしかった。空港にまた1つの思い出が増えた。

夕飯。
酒は、香川県の銘酒「凱陣」。冷やで。
おかずは、子ふぐの刺身、豆腐とほうれん草の煮浸し、ちりめんじゃこと大根おろし、空豆の炊いたん。そして、スライス新たまねぎ、これはかなりおいしかった。もう甘い、甘い。普通のたまねぎとはまったくの別物のあじわい。アメリカじゃぁ、ありえない味。
最後に高松の郷土料理「さわらの押し寿司」。酢で〆たさわら、海老、わらび、空豆、錦糸卵を乗せて型で押した寿司。春の食べ物だ。どこの何より旨い。
by machikogunji | 2007-05-27 07:08 | 行ってきたゾ! | Comments(5)
羽田
f0056476_631464.jpg

ニューヨーク、成田、羽田。やっと生ビールにありつけた。
f0056476_6315863.jpg

中華「赤坂離宮」で、季節もののおすすめ「焼き物と冷やし麺」。
さぁ、あと1時間、飛行機に乗って、
帰るよ、高松に。
by machikogunji | 2007-05-23 06:26 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
5月「フルーク」
f0056476_3293447.jpg

週刊NY生活5月26日号「NY釣り婆日記」で、NYの鮃釣りのことを書きました。
見てみてちょ。今週金曜日に配付されます。相変わらずへなちょこ文体で飛ばしてます。よろしゅう。

この新聞は、NY、NJ、コネチカット州の日系小売店、飲食店、学校などに置いてあるそうです。NY地区3州、オハイオ、ワシントンDCでは「日本経済新聞」と一緒に配達されていて、NJとウェストチェスターでは「朝日新聞」にも折込まれます。東京でも紀伊國屋書店大手町ビル店と日本駐車場開発運営の駐車場で無料配布されてるそうです。サイトに行けば、その週の新聞がデジタル版で全ページ見れます。NYの情報が真面目にきちんと書かれています。編集長の三浦さんはラジコン好きです。いつも、あちこち走り回っています。よく電池が切れないなぁ。どこで充電してるんでしょうねぇ。太陽電池なのかしらん。社長の久松君は昔ヘビメタとプロレスを語らすと止まらないという特技を持った方です。

前回に続き、今回もヒラメのイラストを書いてくれた画家・KAZUこと、にっちゃんが先月フランスに行ってきて、膨大なるスケッチをしてきました。これ見てると、もうフランス行った気になってしまったよ。ものすごく素敵です。彼の絵に対する情熱とやさしさをいつも自分への教訓にしているんですが、邪念が私にはありすぎで、うまくいかないのが現実。がんばらなくては。
by machikogunji | 2007-05-22 19:19 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(2)
バドとホットドッグ
f0056476_12424758.jpg

明日は日本へ、今日はブロンクスヘ、でした。
f0056476_12452538.jpg

夕飯はネイザンズのホットドッグとバドワイザー。ヤンキースタジアムで食べると美味しかった。
f0056476_13553610.jpg

NYに長いこと住んでると、こんないいこともなる。ヤンキースとレッドソックスの試合の、もももものすご〜くいい席をもらってしまった。キャッチャーのグローブにボールがバシッと入る音が丸聞こえだった。松井の顔も短い足も、ジータの尻も、デーモンのひげも、ユニフォームの皺も、何もかも肉眼で丸見えだった。バックネット裏の11番目。リンカーンセンターでオペラを見るより緊張したわね。まっ、ビールぐびぐび飲んでるうちに、廻りのおっさん達と同化してしまいましたが。
ホットドッグを売り子のおにいちゃんから受け取ってる、その時、
f0056476_1316252.jpg

このボールが、いきなり私の手許に飛んできたんです。一瞬何ごとが起きたか分からなかった。なんとレッドソックスの4番打者、ドレッドヘアーのマニー・ラミレスの打ったボールが、ホットドッグめがけて飛んできたんだわさ。ボールが足下にあるのに、私の手は左にバドワイザー、右にホットドッグ。すかさず隣のにいちゃんが、目の色変えてボールを奪い取った。
f0056476_1325199.jpg

にいちゃん、もう興奮してしまって顔まっかで頭から湯気湯気状態。「俺は8年間、シーズンチケットを買ってここに通い続けているけど、今日が一番幸せだぁ。夢みたいだぁ。」とボールが潰れるぐらい握りしめながら目をウルウルさせて言ってました。たぶん、にいちゃんはこのことを彼が死ぬまで自慢し続けることだろうな。若そうだから、まぁ1000人ぐらいには言いふらすだろうな。いや、死んでも、先祖代々、このボールのことは語り継がれていくだろうな。「よかったね」と肩を叩くと、もうデレデレの顔で「あんがとさん」と言って、「ほら、ラッキーポテトチップスだよ。これあげるよ」とポテトチップの袋を2つくれた。ポテトのどこがラッキーなのかよくわからんが、いただきました。
こんなことがあって、うちらの席一帯はかなり盛り上がって、ヤンキースも勝ってめでたしめでたしでしたん。
f0056476_13364055.jpg

きんちゃん、ありがとう。では、高松で。
by machikogunji | 2007-05-22 13:39 | 行ってきたゾ! | Comments(7)
ニッポンちょっとおみやシリーズ4
f0056476_13252791.jpg

今日も夕方からおみやげショッピングにちょこっと行って来た。シャネルやヴィトンなどは、到底手がでないので、私は食べ物関係に徹することに。

まずは、甥っこの大好きなメープルシロップ。缶がかわいい上に、これならもれることもないだろう。ニューヨークのお隣、バーモント州のものは甘さもしつこくなくとても良質でおいしい。このかわいい缶に入ったものは、AM(ミディアムアンバー)と呼ばれるシロップで、採って数日から1週間の樹液で作られたもの。日本で買うとかなり高いのよん。ホットケーキを作ってやって、かけて甥っこと食べようと思ってます。
f0056476_13503933.jpg

ディーン&デルーカ。日本にもこの店はできたが、NYの方が少し安い気がする。それでも高い。でも何でもある。お金を出せばすごいものってーのは世の中にいくらでもあるが、安くて便利なもの、役に立つものを選ぶには、まず自分で普段使ってみて便利なものじゃぁなくてはね。うちの料理教室に来る奥さん方は生魚を扱うので、必ずアイスパックとクーラーバッグ自参で来てもらっている。その中で、一番人気であり機能的なのが、この「ディーン&デルーカ」のクーラーバッグ。グレーにすっきりしたロゴは品良し。持つヒモが縦ではなくぶらさげれるように1本付いているので、平行にモノを持ち運びできる工夫がしてある。汁ものがこぼれないのよね、こうなってると。大きいのと小さいのがあるが、大の方はチャイナタウンやコリアンタウンに肉や魚、冷凍食品とかを買いに行った時にちょうどいい大きさだ。便利です。これからの暑い季節の食材ショッピングには必要不可欠なアイテムだ。日本では、ちゃんとスーパーで氷をくれるけど、クーラーバッグにそれを入れるとかなりの時間冷たいままで保てるので、これも買って帰ることにした次第。NYに日本のものを持って帰る時にも便利。冷凍させたものをアイスパックと一緒このバッグにぴっちりと入れて、トランクに入れといたら、NYに帰った頃にちょうどいい感じになってるのは経験済み。

お次のバッグは、ダウンタウンのアスターワインのレジ後ろに置いてある「ワイン専用トートバッグ」。バッグの中が4つ(小さいサイズは2つ)にきっちり仕切られており、すっぽりそこにワイン(マグナムサイズもOKだった)が入るようになっている。取っ手は重さに耐えられて、手が食い込まないように、当て布が付いている。これは持つ人のことをよーく考えてくれている。外にはポケットもあり。以前、このバッグをフランスで買ってきたという人がいて、ぜひ私も欲しいと思っていたので、自分のものとお土産用を衝動買いしてしまった。

アスターワインまでわざわざ行ったのは、フランシス・コッポラ監督が娘のソフィアさんの結婚式のために彼女好みで作ったスパークリングワイン「ソフィア」の缶バージョンを買うため。これがかなりかわいい。素敵なデザインの6角形の光りモノ箱に入っていて、これならトランクに入れても割れる心配なしでしょ。日本ではいろんな発砲性飲料が出てるようだけど、カリフォルニア産のこのスパークリング、みんなどう評価してくれるんでしょうか、楽しみです。付いているストローで飲むと悪い酔いしそうだけどね。
by machikogunji | 2007-05-21 14:11 | おみやげ | Comments(1)
烏賊の子とフレンチビーンズの煮付け
f0056476_12385164.jpg

なんか冷えるので「熱燗つけといて」と旦那さん。あれっ、ミートソース作っといたのに。変更。こんな晩ご飯になってしまいました。

今の小イカは、かなりの確率で卵を抱えている。今日買った5はいの小イカにもパンパンに卵が入っていた。今日もさっと煮て、フレンチビーンズを柔らかく炊いたものと合わせて一皿こしらえた。熱燗と相性よし。
珍しく真っ赤なさくらんぼ。袋いっぱい入って2ドル。カリフォルニア産。酸っぱいけどおいしい。夫婦で食後に大量に食べた。
by machikogunji | 2007-05-20 12:48 | 和食 | Comments(1)
シーバスづくし
f0056476_1239359.jpg

中ぐらいと小振りのシーバス2匹で夕飯。
お腹を開いたら、おっと色白のおきれいなプリンプリンした白子ちゃんが出てきた。さっと湯に通して氷水で冷やし、ポン酢で、七味振って。旦那喜ぶ。
f0056476_1243599.jpg

氷水が残っていたので、刺身は皮付きで霜降りに。こうすると魚の甘さを一段と味わえる。あじさいの葉っぱが盛り付けの役に立っている今日この頃。
f0056476_1245917.jpg

塩焼き定食風。横に菜っ葉とケチャップスパ。まず、スパゲティーから食べて、焼き立ての魚を後回しにするのがうちの旦那の食べ方。てめぇ。まっ、お好きにどうぞ。旦那がレモンを魚にかける前に、みぃちゃん猫にちょっとやる。一口だけって言ったのに。ミャー、ミャーミャー。ミャー、ミャー、ギャ〜。魚をうちらが食べている間、ずっとこの調子。
f0056476_12465790.jpg

でぶ猫のたまちゃんは魚よりこっちが好き。だから太るのよ。私もかぼちゃは大好きだから、仲間です、おデブの。
by machikogunji | 2007-05-19 12:53 | 和食 | Comments(1)
ニッポンちょっとおみやシリーズ3「讃岐うどん vs パスタ」
f0056476_3334419.jpg

この前、小豆島の素麺をどっさり持ってきてくれた友人の朝飯は、高松市内にある、某うどん屋で4玉のうどんをたいらげるというもの。毎日です。このうどん屋に今回私も連れて行ってもらう予定ですが、たぶん4玉私もいけると思います。「うどんはコシとシメや」とこの前、ニューヨークで話をしていたんですが、その友人に、このイタリアのパスタの麺のコシを味わって感想を聞いてみることにしました。このパスタは、日本でもそうは簡単に手に入らない「幻系」のパスタであると、以前ブルータスに出てました。「ほぅ、幻なんだぁ。」と思ってたら、あれっ、ニューヨークにはけっこう出回ってるパスタではありませんか。最初は幻覚かと思いましたが、あるじゃんか。でした。で、このコシはすごいです。まぁ、讃岐うどんのコシとは別もんですが、とりあえず味見してもらいたく持って帰ります。実家でも家族に食べさそうと思います。果たしてどうなるか。
by machikogunji | 2007-05-19 04:34 | いただきもの | Comments(1)
ニッポンちょっとおみやシリーズ2「薔薇の塩」
f0056476_322385.jpg

たぶん、たぶんですよ、これは日本でも珍しいのではないかと思った、「薔薇の花びらとピンクペッパーの入ったコーシャソルトの瓶詰め(AROMATIC SAVORY SALTS ・Tuscana Rose & Peppercorn」です。薔薇の蕾みのお茶は、もうかなり日本の奥様方の間で浸透してるみたいなので(お魚おろしに集まる奥さんたちのグルメ情報はとても貴重です。私、何にも日本の流行りわからないあるね)、甘いものではなく塩で勝負かけてみました。値段も手ごろ。ニューヨークにおいて、日本のデパ地下に最も近いであろうグランドセントラル駅のマーケットで購入。試食コーナーがあるので、何回も隣においてあるオレガノ入りとかと食べ比べてみましたが、まっ、そんなにバラの香りがするでもなく、色がだんとつに可愛いのでこれに決定。ラッピングも食料品店にしてはきちんとかわいくしてくれるのもよかよか。
by machikogunji | 2007-05-19 03:13 | おみやげ | Comments(0)
ニッポンちょっとおみやシリーズ1「ブリキのエッグポーチャー」
f0056476_2445437.jpg

あぁ、どうしよ。日本へ帰省の前の最大の悩みが「おみやげ」です。日本の人、なんだって持ってるもん。なんだって売ってるもん。あぁ、また「知ってる」とか「持ってる」と言われるとプチ・ショック。さて、今回はどうなることでしょう。そんな、私の選んだ「日本へのおみやげ」を荷造りの合間合間に紹介する。時間がないので写真が情けないですがご勘弁のほどを)

これ、ポーチドエッグを作る「エッグ・ポーチャー」と呼ばれるもんです。日本には、優れた電子レンジ対応のこの調理器具があるようですが、こっちの方が味があっていいのではと。
f0056476_2452327.jpg

形がどう考えてもキュート、そしてアルミってーのが、これまたキュート。
f0056476_2551288.jpg「ほんまにうまく使えるのかな」と1個自分用にも買って、(いつもこうなってしまい、家にどんどんモノが貯まっていく)試してみたら、オォ〜ッ、いいじゃん、いいじゃん、けっこううまくいきました。コーヒーメーカーで作る温泉卵派の私ですが、温泉卵とは白身黄身の固まり方がまた違うので、また作ってみよっと。何よりも温泉卵の半分の時間でできるのと、卵の殻を割って作るので、中身の具合がよく見えるのがいい。何か他にも使い道がある予感がしてるんですがね。(59st. のウィリアムソノマで購入。在庫が少なかったので他で買った方が確実かも)
by machikogunji | 2007-05-19 02:56 | おみやげ | Comments(1)