ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
<   2007年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧
ヒラメカルパッチョ千秋楽・昆布で〆
f0056476_12314359.jpg

ヒラメのカルパッチョ・プロジェクト、今日が千秋楽だった。総勢40人の主婦たちが、計50ものカルパッチョを個性豊かに作ってくれた。本日のチーム、やってくれたよ。最後は、昆布で〆め、塩で味わう、潔い食べ方で締めたよ。かっちょいい。
f0056476_12315895.jpg

桜が咲く頃始めたこのプロジェクト、紫陽花の頃に完結。1ヶ月間のヒラメとの格闘、誠に楽しかったです。

続きはこちら…
by machikogunji | 2007-04-30 12:44 | 教室 | Comments(3)
ヒラカルパッ・プロジェクト(10)
f0056476_8414586.jpg

このプロジェクトもラストスパートあと直線の50メートルとなった。本日も4人の主婦たちが、あれよこれよと作ったが、未だに同じものはひとつとない。すごいもんだ。面白い。今日は、びっくりするほどヒラメとしっくりくるインド味を私が作り、あとはそれぞれの味に創作、悩むことなくバシバシ挑戦する主婦の姿は美しいぞ。そりゃ、この4人様、やる前に牛たん定食、ご飯3合をペロリと5分で食べ切ったエネルギッシュな軍団、悩みなどあるはずもない。

続きはこちら…
by machikogunji | 2007-04-29 08:43 | 教室 | Comments(1)
仔牛タン&麦とろ定食
f0056476_7525887.jpg

4月、うちに魚をおろしに来る方々に出しまくった「仔牛タン&麦とろ定食」、大変ウケましたん。生の仔牛のベロを見るのも、おろすのも、食べるのも初めてっていう人がかなりいた。当たり前かっ、こんなの普通の家庭でバンバン食べないよな。でも、みんなあれほどギョエーッとベロにびびっていたのに、食べてみたら旨さに感激、さっそく、うちからの帰りにマーケットに寄って、丸ごと買ってかえっていたよ。NYの主婦はなかなか食いしん坊ですね。
その牛タン定食、やっと最後に写真に納めることができた。いつもバタバタしてこのワンショットが撮れなかったのよん。こんなに定食がウケるのなら、これからも毎月出そうと計画中。なるべくオフィス街の定食屋にあるようなおやじメニューでいこうと思っている。みんなガッツンガッツン喰うてけろ。
by machikogunji | 2007-04-29 07:57 | 教室 | Comments(0)
生のようで生やないで。
f0056476_7464715.jpg

昨日、がっつり締めていたチャーを今日は、元のフンワリした刺身のように戻した。
これは、にぎり寿司にするともおすごぉぉぉくおいしい。けど、刺身で食べた。
生のようで、生ではない。
by machikogunji | 2007-04-29 07:50 | 和食 | Comments(0)
アークティックチャーArctic Charrのがっつり締め
f0056476_10511956.jpg

アークティックチャー(Arctic Charr)って魚は北極イワナっていうんだってね。私はギターを弾くチャーが好きでしたが、このチャーは、アメリカに来てから知った。私の想像するイワナとは違う。けど、色もきれいなオレンジで、普通のサーモンみたいに脂ギンギンではないので食べ易い。来週はお客さんが多いので、塩、砂糖、黒コショウでがっつり締めて、北欧のサーモン締め料理「グラブラックス」風にした。でも、香草のディルは使ってない。いろんな食べ方がしたいので、醤油にも合うようにと。ディルと醤油の組み合わせは、私は苦手だ。「シャネルにふんどし」みたいな関係だと思っている。
f0056476_10521091.jpg

小振りの魚だったら、フィレにして、一晩重しをしたわけではないが、かなりしっかり漬かる。ねっとりとしたらよし。皮の辺りが生臭くなかったらOKだ。これをいくつかに分けて、かたまりで冷凍する。
f0056476_10514270.jpg

ほれっ、この通り。ちょっとした日本酒の肴にもなるし、洋食のアペにもなる。香草なしなので、にぎり寿司にしてもオツな味だ。スモークサーモンのようにパンに挟んでサンドイッチもよし。買うと高いので、新鮮なサーモンやこの舌を噛みそうな名前の「アークティックチャー」があったら作って冷凍保存しとくと便利だよ。
この和製グラブラックス風、もうひとつ手を加えるやり方を、昔、某有名ステーキハススのシェフが教えてくれた。今晩ちょっと仕込んどこ。
by machikogunji | 2007-04-28 11:07 | 和食 | Comments(0)
ハドックのニューイングランド流お好み焼き
f0056476_1356176.jpg

茹でて身をほぐしたハドック(またはコッド)とベーコンを、バター少々で水気がなくなるまで一緒に炒め、缶詰のニューイングランド・クラムチャウダー(キャンベル・ブランドがベスト)に混ぜ合わせ、つなぎに小麦粉と卵を加えて、千切りじゃがいもを薄く敷いたフライパンに流しこんで焼いた、ニューイングランド風お好み焼き。ソースをかけて、マヨもかけて、青海苔にかつお節があれば言うことなし。グロスターの海の男の地ビール「Cape Ann Fishermans IPA」と一緒にグビグビ・バクバク!。

さぁて、これから1年間、季節の釣ったお魚の簡単料理を載せていく。日本には各県別にさまざまな郷土料理、名物料理があるが、アメリカも意外にあるのよね。最近は地ビールもいろいろ増えてきたし、そんなのも紹介しながらやっていこうと思っている。
f0056476_13563356.jpg

★ハドックのニューイングランド流お好み焼き・コツはココ!
材料:ハドック(コッド/真鱈でもよし)、じゃがいも、ベーコン(ソルト・ポークだとなおさらよし)、ニューイングランドクラムチャウダーの缶詰め、小麦粉、ネギ、卵、とんかつソース(必須)、マヨネーズ(好きなら)、マスタード(あれば)、しょうゆ(お好きに)、青海苔(常備してたらすごい)。かつお節(海外在住日本人の贅沢品)など。

■じゃがいもはベンリナー(海外にしかないかもしれないすごくよくできたステンレスの刃の種類が入れ替え可能な日本製スライサー。NYではプロのシェフ達も使っているすぐれもの。名前はふざけているが、ほんとに便利な〜道具。階段から転げ落ちないようにするためのストッパー「スベラーズ」とは何の関係もない)でできるだけ細く千切りにし、流水でさらすこと。余分なデンプン質はいらない。

■フライパンは充分熱して、多めの油を敷き、そこにさらして水気を切ったじゃがいもを敷くこと。また弱火過ぎないこと。あくまでも表面のイモがカリッとするように努力する。

■缶詰めクラムチャウダーは温めないで冷たいまま使うこと。そこに小麦粉をたし、固めにしとかないと、焼いた時に裏返し不可能となる。裏返しの技に自信のない人は、卵を入れるとよい。もっと固まる。

■ハドックは茹でると身がポロポロになるが、あまりいじり過ぎてボロボロの身にしてはいけない。茹でた魚は充分水気がなくなるまで、細切れのベーコンと一緒に炒める。バター炒めにしてもいいが、ちょっとくどくなるのでほどほどのバターの量にすること。

■クラムチャウダーは充分しょっぱいので、あまり塩こしょうをしないこと。そして、クラムチャウダーを買う時に、間違ってマンハッタンクラムチャウダーを買わないこと。これはニューイングランド地方をもじった料理なので、マンハッタンでは洒落にならなくなる。

■焼くのに自信のない人は大阪出身の友達にやってもらう。かならず、その中に「お好み焼き」のことになったら、しゃしゃり出てきて得意になるやつがいるはず。大阪出身の友人のいない人は、自分で努力してやってみる。ニューイングランド出身の友人はお好み焼き自体を知らないので、ここでは役に立たない。せいぜい地ビールを買ってこさせる程度にしておこう。たぶん、サミュエルアダムスを買ってくるに違いないが。あのビールもけっこう旨い。

まぁ、こんなとこでしょうか。他にも「ハドック料理」を載せてありますので、御参考までに。
ベシャメルソースと鱈の関係
ハドックと里芋のグラタン
ハドック料理

f0056476_1505647.jpg

by machikogunji | 2007-04-27 14:53 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(5)
アヒアヒ鮪
f0056476_122856100.jpg

午前中に隣人のシェフと共に、イサムノグチ美術館の斜前にあるコストコに行った。お目当てのものとはぜんぜん違うものをついついポンポン買ってしまうコストコショッピングは、私には敵だーーっ。今日もコストコ商戦に負けて、ぜんぜん関係ないものを買ってしまった。その一つがこの「マグロ」。あんまりきれいな身だったんで、水っぽいのはわかっていながら「これっ、刺身で食えるよね、よね、よね」と友達シェフに相づちをうながし、買っちまっただ。うちに持って帰り、「まぁ、生でもいけるのは間違いないけど、ちょっとだけ火を」と、直火で表面だけ炙って氷水に浸けて、そして醤油とみりんの同割りのタレに漬け込んで「ヅケ」にした。こうしとけばいつでも食べられるでしょ。日持ちもするし。そのままヅケ丼にしてもいいし、もっと焼いてステーキにしてもいいし、何でも来い!だ。
そして夕方。バイトの仕事が間に合わなくなり、ご飯の用意をしかねていたら、昼寝から起きた旦那が、「今日は僕が夕飯を作りましょう」っていうじゃーないの。「では、お願いします」と、私は引き続き仕事に没頭。仕事が仕上がった頃に、ご飯ができていた。
f0056476_12444090.jpg

マグロのヅケで方向性の違うおかず2品。左に見えますのは、「ヅケ納豆」、夫用&日本酒用です。右に見えますのは、「マグロのタタキ風サラダ」、妻用&赤ワイン用。あんら、どっちもおいしいわん。
最近ニューヨークは、タタキのように表面を焼き、中は生の状態で止めたまぐろ料理が流行っている。英語では、「ツナ・タッタ〜キ〜」ではなく、「トゥナ・タタックィ」でもなく、「シアード・ツナ(seared tuna)」と言う。私はアメリカ人に「トゥワトゥワクィン」とフランス語のようないい加減「タタキ」の言い方を教えて、笑い転げてますが。はいっ、皆さんで「トゥワ・トゥワ・クィン」。なんかマグロをツナと呼ぶのも好きではない。イメージがどうしても「シーチキン」「猫の餌」に繋がってしまうのよね。釣り師はそんな言い方をしない。マグロの場合は「ブルーフィン」「ブラック・フィン」「イエロー・フィン」とヒレの色で分けて言う。今回買ったマグロは、なんとおふざけな名前ざんしょ。「アヒッ、アヒ〜」だ。まぁ、ハワイじゃこれが普通の「まぐろ」の呼び方だろうが、ちゃんと「イエローフィン(きはだ)」って書いてほしかったな。ってことで、今日作った「マグロのタタキ風サラダ」を高級レストランのメニューに一つ入れるならば、「seared yellow fin Ahi with five organic spring baby greens, red onion, fully ripened tomato and japanese pure rice vinaigrette sauce 」とかになっちゃって、20ドルぐらい取られるんじゃないべか。だまされるな、横文字に。


「ねェねェ、このきれいなサーモンも僕が料理しましょーか」ときたよ。「どうぞ、どうぞ、お願いします、おとーさん。猫用にも作ってあげてくださいな」と私。「じゃぁ、皮を驚くほどパリパリに、そして身はのけぞるほどジューシーにしてみてちょ」とリクエストを出したら「はい、はい、承知しました」というお答えが返ってきた。
f0056476_12491943.jpg

そして30分後、お願いした通りの薄塩レモン風味のサーモンがお皿に乗って出てきたきた。それはそれは、見事に私のお好みに焼いてくれたサーモンだった。ごちそうさん。
by machikogunji | 2007-04-27 12:51 | 洋食 | Comments(2)
「NY釣り婆日記」連載となりました
f0056476_342062.jpg

今月から、「週刊NY生活」という、NYの真面目な邦字日本語新聞で毎月1回、私のおふざけ釣り日記と料理が掲載されることになっちゃったわよん。
コラムのタイトルは「NY釣り婆(ばば)日記」。グワッハッハッ。本家本元の「釣りバカ日誌」をもじって、こういう名前にしただわさ。あの映画を見て、西田敏行扮する「はまちゃん」の行動・言動が、まるで笑えないほど似てること、顔も体系もよく西田似(帽子のかぶり方まで)と女だてらに言われているので、まっ、これでいこうかなと。
そして「婆」という字が気に入った。「波」に「女」とくるじゃぁないの。今年で46才になる身なので、若い子に「ババァ」と声をかけられても、もうすんなりと「えっ」と振り返れる年に至ってるので、問題ないでしょ。
ってことで、これも読者の皆さんのおかげです。いつも私のしがない行動や言動を綴るこのブログを見て応援してくださってる、そう、あなた様のおかげ様です。みんなに立派な鯛でも配りたい気持ちです。
できたら1年間を通して、このコラムでニューヨークのお魚達を紹介し、日本の人にも、「ニューヨークでこんな魚が釣れるか」とか、「こんな刺身が食えるのか」とか、「こんなオバハン、野放しにしといていいのか」とか、ちょっとでもこちらの現状が伝わっていけばいいなと思ってます。毎月最後の週発行の新聞に載りますので、どこかでこの新聞見かけたら、読んでみてください。
なお、掲載したお料理は、このブログでも紹介しようと思ってます。カテゴリーに「NY釣り婆日記・お魚レシピ」を追加しときました。
by machikogunji | 2007-04-26 03:08 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(21)
青椒肉絲/スライス茹でポテトの青サラダ
f0056476_12444812.jpg

チンジャオロースーの一歩手前の中華風炒め。冷蔵庫の開け閉めが多すぎ、ピーマンが1個凍ってしまったてたので、1個だけで作った。豚肉はアメリカのどこでもあるポークチョップ用の肉。こちらの豚肉は脂身がないので、パサパサ気味。なので、普通に料理するとどうしても硬くぱさつく。私のやり方は、塩、コショウ、醤油を振りかけて、油を足してマリネしとく。その時、水少々を入れ、紹興酒もふりかけている。肉は薄切りでなくても、横に包丁を入れて、まず2枚にスライス、それから縦切りにしている。
薄切り肉は、アジア系の店に行かないので、普段はこのようにして豚肉を使っている。強火で炒めて、いい感じになってきたら、ピーマンを入れる。そしてオイスターソースを少々。できあがり寸前にゴマ油をたらりと垂らして。
お肉はやわやわにできてます。もうちょっと味が濃くてもよかったなぁ。
f0056476_1254584.jpg

今日のサラダは、またして余りもの。メスクランと茹でた千切りポテトを塩、コショウ、ライムで。これからほぼ毎日、いろんなサラダを作っていくつもりだ。野菜の種類は豊富なアメリカだから、いろんな面白サラダができるにちがいない。でも、あくまでもあっさりでいく。
今日使ったメスクラン(Mesclun )とは、フランスはプロバンス発のニューヨークではすっかりお馴染みのいろいろな種類の若葉をミックスしたサラダ菜のこと。 ほうれん草、レタス、アルグラ、スイスチャード、マスタードグリーン、エンダイブ(アメリカではエンダイブ、フランスではアンディーブ、日本じゃこれをラテン語圏の呼び方でチコリと言う)、赤いラディッキオ(トレビス)、オークリーフ、ミズナ、ソレル、マーシュなどのうちの5種類ぐらいがミックスされて売っている。昔はグルメスーパーにしかなかったけど、最近は韓国系のグロサリーでもバンバン売っている。色もきれいだし、柔らかいし、いろんなのが入ってるんで飽きないし、なかなかよい。マンハッタンではまだまだ高いけど、アストリアは安いんだよ、これが。ちょっと葉っぱがでかいけど。まっ、新鮮なので問題なし。私の行くいつもの八百屋は、店頭にこれを並べるのではなく、「○×パウンドくださいな」とお店のおっちゃんに言うと、奥の冷蔵保存室から袋に入れて持ってきてくれる。なので、ひからびることもなく、いつも新鮮だ。
f0056476_132565.jpg

私は炊きたてごはんに、チンジャオロースーをぶっかけ、ガツガツ食べたが、旦那は、おかずはワインと一緒に、最後におにぎりと新生姜のみそ漬を。おばはんはおっさんのような、おっさんはおばはんのような夕飯の食べ方になっただよ。ごちそうさん。
by machikogunji | 2007-04-25 13:06 | 中華 | Comments(1)
巴西・新生姜
f0056476_12404890.jpg

新生姜を漬けた。といっても即席です。うちは、この生姜が大好きなんで、バリバリ酒のつまみに食べてしまうので、今のところ長期保存用は必要なし。すぐ、食べられることが先決。
チャイナタウンで買うんですが、この前、八百屋のおやじと大笑いしました。
「おっちゃん、これ、この生姜どこから来てるの?」
「バジャ…。」
「はぁ、バジャ?」
「そう、バジャ。」
「それどこ?」
「あっち」と指差す。それじゃぁ、わからん。
「中国かいな?」
「ちゃうちゃう」
「ほな、どこ?」
「バジャ…。」
「だからどこ?」
「バジャや、バジャ」
「ちょっと、紙に漢字で書いてみてぇ」
「ええでぇ。巴…西…」
それでも、私はわからなかった。
そうしたら、買い物をしていたおばちゃんが、隣の店を指差して、「ここや、ここ」と教えてくれた。見ると、床屋の看板。「Brazilian Barber Shop」。
「バジャ、あ~~~~ぁ、ブラジル~~。巴西!な〜るほど!!!」 
八百屋のおじさんも私も客のおばさんも、みんなこの新生姜がどこから来たか通じて、すっきり、3人で「ブラジル、ブラジル」とお互いを指差しながら大笑い。
f0056476_8572424.jpg

チャイナタウンの新生姜、なんとブラジル産だったんですね。
by machikogunji | 2007-04-25 08:58 | 旬・季節もの | Comments(0)