ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2007年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧
ベシャメルソースと鱈の関係
f0056476_0195966.jpg

「ベシャメルソース」と呼ばれるホワイトソースがあることはみなさん御存じですよね。今日、「鱈」についての文献を調べていたら、このベシャメルソースと鱈は切っても切り離せない関係にあることが記されていた。17世紀の中ごろ、フランスのルイ14世の食膳を司っていたルイ・ドゥ・ベシャメル侯爵は、鱈の漁場であるニューファンドランドに莫大な投資をしたものの、フランス人が塩干し鱈(昔は鱈はほぼ塩干しにされていた)を好まないことがわかり、なんとかこの鱈をおいしくフランス人にも食べてもらえるようにと考え出したソースが、このベシャメルソースなのだ。このソースはたちまち人気を博し、今では魚以外にもさまざまな料理に使われいる。というわけ。
f0056476_16572094.jpg

今日はこのベシャメルソースを作って、「ハドックのクリームコロッケ」をこしらえた。具には、さっとポーチしてバターで炒めたハドックの身の他に、玉葱のみじんぎりとじゃがいもの代わりに昨日のあまりの里芋をマッシュしたものをつなぎに加えてます。

ハドックのイラストを描いてくれたのは、NY在住のプロの画家「KAZU」。長年の友人であり、私の一番好きな絵描きさんです。私の釣ってきた魚を彼が描いて、それで何か面白いことをしようぜと計画してます。来月中頃にはその第1弾の「お魚コラボレーション」をお目にかけることができると思います。お楽しみに。
f0056476_012945.jpg

by machikogunji | 2007-03-31 16:58 | Comments(3)
ハドックと里芋のグラタン
f0056476_11143386.jpg

ハドックでグラタン作りました。じっくり炒めて甘味を出した玉葱とソーセージが一番下。次にバターと塩、コショウでソテーにした薄切りのハドック、ベシャメルソースをしっかりかけて、その上に薄くスライスして茹でた里芋、その上にもう一度玉葱とソーセージとベシャメル、そして最後にチーズです。あぁ、重ねた、重ねた。きれいな黄金色に出来上がった。この魚はやはり脂分を加えた方がよろし。

里芋でもう一品。「金平(きんぺい)流里芋のポテサラ」
f0056476_11311253.jpg

このポテサラの作者「升田金平」さんは、知る人ぞ知る、60年代の日本のネオダダを代表する人物。全身に電球をつけて銀座を走り回っておられた方です。彼の作り出す料理はどれをとっても、ユニーク、ひとひねりあり、すごくおいしくやさしい味です。チャイナタウンの美味しい食材を知り尽くした大師匠です。初めてお会いしたその晩に、御自宅で奥さんのよしこさんと3人で飲めや歌えの大宴会となった日が懐かしいなぁ。このポテサラ、まったりとした食感が何とも言えないんですよ。久々に作りました。
ほうれんそうの代わりにアルグラのバター炒め。そして、細切りにして茹でて柔らかくしたアスパラガスの芯を入れた「切り干し大根」。
by machikogunji | 2007-03-30 11:48 | Comments(0)
プリプリいかとポキポキアスパラのパスタ
f0056476_2392859.jpg

いつも昼ごはんは余りもので済ましますが、旦那さんの休日だけはそうもいきません。と言いながら余り物で作ったパスタです。
イカがどんどん大きくなってます。春のイカです。4月の後半にはロングアイランドやロードアイランドで岸から釣れます。ロードアイランドの方が数週間遅く釣れ始めますが、今年はどうでしょ。そろそろ釣り仲間の「イカ軍団」が調査に乗り出します。狙い目は「大潮の新月」です。忙しくなります。
今日のお昼は、魚屋で買った「刺身クオリティー」のイカと、細アスパラガスでパスタを作りました。基本は塩とコショウで、ちょっとだけトマトペーストを入れてます。飲んじゃいますよね、白ワイン、昼間っから。
by machikogunji | 2007-03-30 02:47 | 洋食 | Comments(1)
ニューヨークのいかなご
f0056476_06083.jpg

地下鉄Nラインの「海の家」グンジ家の台所(兼居間)の窓際は、本日干物工場となりました。今日の魚屋の目新しいもんは「ベイビー・スメルト」。何を隠そう、何にも隠してませんが、この赤ちゃんスメルトは、あのアイスフィッシングで釣れた「きゅうり魚」たちのお子さん達です。1匹のサイズは3〜6センチで、このくらいのミニサイズだと骨もお腹も一緒に食べられます。日本でいう「いかなご」の大きめのものです。神戸名物くぎ煮には大きすぎる。ギリシャ系の人達は、このチビ魚が大好きです。空揚げにしてレモンたっぷり絞って食べるそうです。近所のレストランでも、この季節になるとメニューにこのチビちゃんたちが並びます。

今日は2つかみ(1ドル50セントぐらい)ほど買って、5センチくらいのサイズとそれ以下に分けて、大きいのは串刺しにして塩水に漬けた後、窓辺で一晩干し、小さいのは鍋にたっぷりのお湯を沸かして釜あげにして夕飯の酒のつまみです。この細かい作業が意外と楽しい。辛子酢醤油で食べるんですが、お腹の苦味がたまらなく旨いです。たまらなく春の味です。
f0056476_042734.jpg

by machikogunji | 2007-03-30 00:06 | 旬・季節もの | Comments(1)
桜のお飾り
f0056476_1295312.jpg

最近魚屋の斜め前のキーフードの脇に花屋ができた。この町の花屋は今まで随分とイケてない花屋ばかりだったが、この道端花屋は季節の素敵な花を揃えている。今日は一番隅っこに八重桜が枝ごと並んでいた。立派な八重の花をボヨンボヨンと咲かせているんで、思わず買ってしまったわん。うちに持って帰って、出刃包丁でまるでロブスターの脚を落とすように枝を切った。「出刃で活ける生け花」、池ノ坊流には程遠い「でくのぼう」といった感じになっちまっただよ。でも部屋がぐっと春らしくなったので良しとします。

早く帰ってきた旦那さんの手には、白ワインの大瓶が。久しぶりの白ワインじゃんか。旦那は旦那で春らしい酒のチョイス。いいね、いいねぇ。
では、私も「春」を意識した手料理を。お皿に桜の花を添えちゃったりなんかして。「ひらめの昆布〆」「鮹ブツ」、そして「桜」。なんて春らしいお造りでございましょうか。ついでに春鯖もちょっくら締めてみやした。鯖の腹を裂いたら、卵が入っていました。これが春のしるしです。これから4月にニューヨーク近海に回遊してくる鯖ちゃんは冬のに比べてサイズが大きく、お腹に子を持ったお母さんたちが大勢泳いできます。なので味としちゃぁ、冬の鯖が美味しいんだけど、春は春でいいじゃござんせんか。荒れた冬の海での鯖釣りは辛いですが、優しい海で鯖釣りのできる春は、もうそれだけでありがたいってもんです。

春をもう一品。「いかなごの釜茹で」も手作りでっせ。こんなもんは、アメリカ中探しても売ってませんから。うちの田舎の食べ方です。辛子酢醤油で食べます。アストリアにいながら瀬戸内海の味だよ。

魚ばっかりなんで、ウインナーソーセージと、とーってもプイプリしていたピーマンを炒めて、ケチャップと辛子で。

里芋は、茹でて「粉ふき」にしてただけですが、素朴で旨いと評判です、旦那と猫たちに。旦那は醤油、私はお塩、猫はそのままで潰してやって、全員で食べました。

最後におにぎりで締め。
by machikogunji | 2007-03-29 12:44 | 和食 | Comments(1)
タラちゃん
f0056476_7224057.jpg

釣りファンの方々に贈ります。横で釣ってた大ちゃんがわかりやすい写真を撮っててくれたんで、コッドとハドックがどう違うのかのっけますね。
これが「COD」、日本でいう真鱈です。マサチューセッツやニューハンプシャーまで行くと普通の人にも釣れます。
鱈は、魚へんに雪と書きますが、東海岸のニューイングランド地方じゃぁ、年間通して釣れる魚であります。釣り船もいろいろ出ています。岸から1時間ぐらいのところで、タラが釣れるなんていうのは、日本じゃ珍しいことです。ましてや、夏場の短パン、半袖でタラ釣りができるなんてのは、考えられないことですが、それができるんですよね、ここじゃぁ。この辺では4月1日(日)が解禁日です。来週です。

その他の鱈釣り:
腕に自信のある方はモントークへどうぞ。そうポンポンここの鱈は釣れません。でも先々週は船で400匹の鱈があがったと大騒ぎがありました。どうなってるんでしょうーね。腕利きのキャプテンが見つけちゃったんでしょうねぇ、大きな群れを。モントーク在住の鱈名人「コビさん(本名は小林さんという紳士)」が、ここのバイキングという船でギャリーをやってらっしゃいますので、技を手取り脚取り教えてくれます。私も6年前ぐらいに小林さんの船に冬の間乗り続け、「タラ釣りの手ほどき」と「鱈の魅力」をみっちり教えていただきました。

鱈がいると聞いたら、どこへでも行くプロ級の「鱈きち」連中と一緒に釣りをやりたい方は、マサチューセッツ州のハイアニスから出ている本格的タラ釣り船「ヘレンH」へどうぞ。しっかりしたキャスティングのできない人は話になりません。いつ乗っても惚れ惚れするキャスティングをされる方が乗ってます。すごいんだからヒュッと軽々200フィートぐらい飛ばすんだから。

あんまり北へ行き過ぎ、カナダに入ってしまうと、保護のため釣っちゃいけなくなるので、お気をつけください。

f0056476_72220100.jpg

こいつが、昨日料理をした「ハドック」です。コッドフィッシュと比べるとこんな感じで違います。だから味も違うのよね。
by machikogunji | 2007-03-28 07:24 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(7)
ハドック料理
f0056476_13205547.jpg

釣ってきた魚「ハドック」を料理しました。筋肉痛のため、あんまり手のかかることは今日はできないので、素朴で簡単な和食に。コッドフィッシュ(真鱈)でやるとおいしい3品をとりあえず作って味くらべといきました。
今まで、ハドックは。コッド(真鱈)釣りに行った時に、ついでに釣れた魚という印象の魚だったので、真面目に料理はせず、フィレにして冷凍しちゃったり、バター焼きにしたりする程度だったので、真剣に味わった記憶はない。やっぱり鱈の方を優先して食べてしまうのよね。今回は、とてもよい機会なので、真正面からハドックに向かい合おうと思ってます。この魚、たまにマンハッタンの魚売り場を設置したマーケットにも置いてる魚ですので、興味のある人は試してみてください。もちろん丸ごとは売ってなく、切り身ですが。

おなかを開けると1匹に「白子」が入っていました。うーん、コッドの白子に比べると貧粗です。小さい。でも白子は白子なので、さっとお酒で茹でて、冷水で冷やし、丁寧に拭いて、ポン酢を少し。あのコッドの白子のプチッ、モチッには欠けますが、新鮮なので臭みもまったくなく、日本酒の肴にはなりました。

頭は出刃包丁でかち割って、塩焼き。こういう素朴な食べ方をしたら、魚自体の旨味がこの魚にはあまりないと思いました。脂分もない。さっぱりし過ぎ。釣り立て過ぎるのかもしれない。少し寝かしとく必要があるのかな。

そして、鍋。思った通り、淡白過ぎて出汁が出てません。食感は、鮮度が良いので抜群、身も真っ白できれいなんですがね。出汁自体に多少の味つけをしとくべきだったな。

釣りはコッドと似た、なかなか面白い釣りですが、味は断然ハドックは落ちるな。今日の焼きと鍋は、旨味が足りません。これを補うにはどうしたらいいんでしょーかね。下処理が必要だと思いました。一日干して旨味を凝縮させると少しは味が変わるかな。
あと半身が残っているので、明日、もう一度、バターや油を使った料理に挑戦してみます。
f0056476_22375587.jpg

今日の料理はうちより、お裾分けした友人Hさん友人Kさんの方が、格段おいしそうだったです。御覧ください。
by machikogunji | 2007-03-27 13:38 | Comments(5)
ハドック釣り@マサチュセッツ・グロスター
f0056476_13352617.jpg

日曜午前零時。ウエザーリポートの予報は「グロスター、雪。朝方までに2インチの積雪。その後、快晴。午前中、海は天候の余韻でしけるが、午後から静かになる」。
「どうするって。行きましょう。行くしかないでしょ。」今回の遠征隊長であり、長年の鱈釣り経験を持つ鱈島氏(68)の一言で車のエンジンをON、出発。

道中待ち構えていたのは吹雪。春先のニューイングランド地方のわがままなマザーネイチャーに今回もしょっぱなから振り回される。明日は晴れるはず。
午前4時、マサチュセッツ・グロスターの鱈釣り船団「ヤンキー・フリート」の基地に到着。夜明けを待つ。

重くのしかかる雪雲の奥から陽が注しはじめる。見たことのない夜明けの色合い。哲学的に色だった。まだ港のは海面にうっすらと氷が張っていた。

f0056476_13334422.jpg

朝7時、20名のアメリカ釣りバカを乗せた船は、ステルワーゲンと呼ばれる漁場を目指して出発した。今日の船は「クリッパー」。4月1日の真鱈解禁の前なので、この船しか出ない。今回の釣りは、シーズンを控えた「真鱈釣り」のための序曲に過ぎない。4月に向けての「期待」への1ステップである。よって、釣った真鱈はすべてリリースとなる。それでもいい。一目自分で釣り上げた鱈の顔を拝みたい。そんなバカ4人このせつないまでの「鱈、求愛」の気持ち、読めないだろうな。

漁場までの2時間。3月の雪明けの海は甘くない。うねる。しかも船が小さい。甲板に出ることは不可能。船全体に波がかぶる。酔う。そうです、酔うんです。私は酔います。酔うけど行きます。釣りが始まると、止まるんです。竿を置くとまた船酔いが襲ってくる。冬の海はこんなもん。思っているほど甘くはないんです。だから冬の海には友達は連れて行けない。初めての人がこの船酔いにかかると、釣りが嫌いになります。それは私にとって非常にしのびないことです。今日の3人のメンバーは安心です。「釣りばか」ですから。船酔いは、「朝、歯を磨くようなもん」ということをよーく把握した人達ですから。酔う私をほっといてくれます。ありがたい。「まっちゃん、今日は一段と顔色悪いねぇ」とビール飲みながらうつぶせる私にやさしい声をかけてくれます。「決まってんだろ、45歳のおばさんが素っピンの上、一晩寝てない上、酔ってんだから。」とつっぷしたまま、言葉を返させていただきました。

f0056476_1339328.jpg

さぁ、忍耐の2時間とうねる波しぶきを乗り越えて、ポイントに着きました。戦闘服(どオレンジ色の塩化ビニールのつなぎ。こっちではスキンと呼ばれてます)を装備し、自分のポジションにつき、16オンスの錘をつけた糸を海底250フィートまで落とします。おっ、けっこう今日は深いところでやるんだっ。待つこと数分、初の「あたり」が来ました。おぉ、大きなあたりです。ここからは、魚と私だけの世界に入ります。親のことも夫のこともすべて忘れる時間です。頭の中「見えない魚」だけとなるお時間です。見えない相手に話しかけます。世間では「まっちゃんの恐怖の独り言」と言われてます。「おーし、おしおし。おいしいよ、この貝。おーっと、あれっ、一気に食べちゃってよ、一気に。あれっ、胃の調子悪いのかなぁ?ドーチタンデチョネー。お父さんやおかあさんやお友達も呼んで来てよ。ほーれ、ほれほれ、そろそろググッと飲み込んでみまちょーねぇ」。見えない魚に大きな声の日本語で話しかけます。横の地元のアメリカ人のおじさんが私のこの姿を見て、あんぐりお口を開けてます。目が合っちゃったんで、優しくおじさんに微笑むと、凍りついてます、おじさん。そりゃそうでしょねぇ。怖いでしょー、東洋人のおばさんの呪文を唱えるような独り言。ここ「魔女の町・セーラム」に近いしねぇ。うふふ。
お魚さん、私のやさしい誘いに気を許したようです。そこを、一気にひっかけます。オリャーッ!!!! 「オーレッ、ひっかかりやりあがったぁ、オーレッ、オレ。ほーれ、250フィートから顔見せてもらうよっ、おばさんに。おめぇ、よかったよなぁ、いい人に釣られてぇ。頭の先からしっぽの先まで、きれーぇにぜんぶーっ、跡形もなく食べてやっからなぁ。まかせとけっ。おー、おー、そうそうあばれんなよ。往生際悪いよ。まぁいっか。この大海原で動けんのもこれが最後だもんなぁ。いいよ、いいよ、動いて。でも、はずれないよっ、針は。ストライクゾーン入っちまってるからなぁ。悪いなぁ。でもおばさんも遠いところから来てるだよねぇ、あんたに会いに。そこんとこわかってもらえるよねぇ。

f0056476_13342076.jpg

そんな感じで釣行5時間。朝の船酔いもどこ吹く風。脳からハイパーなアドレナインがブシュブシュ出て、気分快適。「なんや、コイツ」とナメきっていた、地元の常連客や船のメイト(アシスタント)に「なめんなよ光線」を今日も浴びせることができた釣果となりました。船全体では非常によくない釣果ではあったもんの、私達4人は、コンスタンスに一日中なんやかんやで釣れました。残念だったのは、今回キープできるハドックを上回る数の「コッド(真鱈)」を大量に釣ったにもかかわらず、解禁日前ということで、すべてリリースしなければいけなかったことです。わかってはいたことですが、やっぱり非常に残念でした。

でもハドックの型がとてもよかった(でかい!)こと、細ヤンが、珍しい「ウルフフィッシュ(日本では狼魚)」(写真の怖い顔をしたやつ)を釣りあげたことが救いとなりました。このウルフフィッシュは顔のわりに、唐揚げにするとモチモチの食感でとても旨い魚なんですよ。めったに食べれない貴重な魚です。よかったね、細ヤン。釣りの前日、出張でグロスターの1歩手前まで来ていたにもかかわらず、私たちを車に乗せるために、深夜電車でニューヨークまで引き返し、改めて翌日運転手を勤めてくれた細ヤンです。ありがとうございます。彼はその上、船の中での抽選で「次回の釣りのタダ券」もゲットしましたぁ。よかったですねぇ。
f0056476_13504378.jpg


私は真鱈9本、ハドック5本が釣れ、そのうち2本のハドックを自宅に持って帰ることができました。
f0056476_1223824.jpg

他3名は、悔しいことに私を上回る釣果でした。しかし、4人ともこれでは気がすんでません。真鱈ほしかったぁ。くやしがっている私たちを見て隊長の鱈島さん、「あの美しい黄金に輝くタラの顔を見られただけでも私は来た甲斐がありましたよ。」と一言。さすが「鱈をこよなく愛す釣り侍」です。そうですよね、釣り上げたし、今年もたくさん鱈がいることわかったし、大事になでて海に戻してやったし。
もちろん、帰りの車中では、あの真鱈を仕留めに来週もう一度遠征に行くかどうかの、興奮覚めやらないミーティングでございました。さっきの優しい言葉で私達を説得した鱈島さん、本当は一番悔しかったにちがいない。「来週末と言わず、僕は普通の日でも行きますよ」と、もう隊長ったら。鱈キチ達のお尻に、誰も消すことのできない火がついちゃったよ。
f0056476_13372876.jpg

by machikogunji | 2007-03-27 02:16 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(9)
旅立ちのしなやか鮹
f0056476_4551975.jpg

魚屋に「おはようの挨拶(店の前を通り過ごすことのできない私)」に寄ったら、ちゃっきり娘のサンディーちゃんが、大きな篭にタコを抱えて並べていたので、「それうまいの?」と聞いたら「あんたの方がよくタコ食べてるから知ってるんじゃん」とのお答え。小振りな生ダコはフィリピン産。ポルトガルのよりは固いだろうけど、まぁ茹で方次第かしらんと一つ買って、うちに戻って丸茹でに。茹で時間は7分とみた。さあて茹で上がりの足の根元に包丁を入れて…。ピンポーン、正解7分で。今日のタコ茹での勘、冴えてたわね。
f0056476_851837.jpg

ほーら、この切り口。プリ〜ンプリンでございます。ちっちゃいタコちゃんなので、足の上の方は刺身で、クルルンの下半身と頭は昆布と大根、豆腐と一緒にたっぷりの出汁でゆーっくりゆっくり炊きました。おもしろいほど柔らかに炊けました。
f0056476_854499.jpg

「鮹刺し」あがりっ。うすーくいっぱい切って、生姜醤油、わさび醤油、わさびマヨネーズで。ドレッシングもいけます。
f0056476_882840.jpg

「柔らか炊き」もできました。辛子をつけて 食べます。

後はブランジーニという魚を焼いたら、早々と旦那さんに食べさせる夕飯のできあがりです。
さぁ、私はマサチューセッツへ釣りに今晩旅立ちます。車で6時間、明日の今頃は海の上。張り切って「春の一番釣り」に行ってまいります。
by machikogunji | 2007-03-25 05:47 | 旬・季節もの | Comments(4)
カレー丼
f0056476_121421.jpg

冷蔵庫の掃除ついでに、カレーです。まぁ、いらないものだらけの冷蔵庫の中はすっかりきれいになりました。
今日のカレーは子牛肉。タマネギをしつこく炒め、にんじんも入れ、インドのルーと日本のルーの合体作。一日中家にいると、なかなかいいカレーができるもんだね。途中でお肉だけ取り出して、ルーをざるで漉し、すりつぶして、もう一度お肉と一緒に煮込み直す。ボリュームをつけるために、里芋を茹でて好みだけ入れることに。サラダは大根ときゅうりの千切りのマヨ和え。
f0056476_12133341.jpg

私は、洋風の盛り付けに。旦那はドンブリで。丼の方がおいしそうだったな。
by machikogunji | 2007-03-24 12:32 | 洋食 | Comments(0)