ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
<   2007年 02月 ( 49 )   > この月の画像一覧
天然真あなごバッテラ
f0056476_1314850.jpg

日系スーパーで、すごいおいしいもん見つけました。パッケージに「生きた穴子を血抜きして1尾づつ丁寧に釜煮込みした職人づくりのこだりの絶品」「科学添加物のない天然調味料のみ」と書かれてました。ロゴやイラストに凝ったいわゆる一般消費者向けな商品ではなく、さも業務用的なサササッと必要事項だけを書いたようなパッケージデザインも気に入った。どう見ても無駄な脂が乗ったシロモノぽくなく、フワッとした身の感じが冷凍でもわかる。6匹分入って20ドルはかなり高価だけど、これを寿司屋で1匹分食べたら、とんでもない値段取られるだろうなと、卑しい気持ちになってしまい、えーいっと買ってしまいました。自然解凍でOKとは書いていたんだけど、温めて、我が家流のツメ(タレ)をこしらえ、バッテラにしてみたら。
うーんと唸るほどおいしかった。春の味だよ、こりゃ。
今週末、もう一度バスに乗って買いに行こっと、これだけのために。一粒4、5ドルするチョコレートも旨いが、今の私にはこの穴子かな。
by machikogunji | 2007-02-28 13:29 | 和食 | Comments(1)
ヒラメのフライ/白菜の春々おひたし
f0056476_10442771.jpg

今日は料理教室で1人1尾づつヒラメを使ったので、私も1尾、夕飯用におろしました。
ヒラメはニューヨークで魚をおろすなら必須の魚。これが夏までにきれいにおろせると、食卓のメニューが大きく変わります。ヒラメの刺身、にぎりに押し寿司、酢〆もおいしいし、ヌタ和えもいけます。めんたい和えやウニ和えは酒呑みに好評です。洋風ならバター焼き、中華なら酒蒸し、ヒラメだけで作ったクリームコロッケは絶品、忘れちゃいけないのがヒラメ茶漬け、挙げ句の果てがカレーってことにもなります。今日は一番簡単なフライです。平たい魚なんですぐに揚がります。揚げ過ぎは禁物、パサパサするので、さっと色良く揚げるのがコツ。このフライをサンドイッチすると、なんとも豪華なフィレオフィッシュができます。カツカレーのヒラメフライ版もいけますよん。淡白な身はアイデア次第でいろいろ料理できます。日本では考えられないことだろうな。今日は定食風に、ケチャップスパと昨日のとめさんの焼き芋でサラダ、レッドオニオンのスライスをサイドに載せました。ソースはウースターと辛いツバメのオリソース、とんかつソースをミックス。これがいけるんですよ。
f0056476_10444376.jpg

白菜が冷蔵庫に少し残っていたので、「おひたし」に。漬け物感覚でバンバン食べられていいです。さっと茹でて、絞って、切って。ブロッコリーレイブ(料理教室で使ってるんでこのところ冷蔵庫の定住者となっています)もさっと茹でて、出汁醤油と、柚子果汁で和えて、黒ごまパラパラ。これで白菜も食べ切りとなりました。爽やかな春らしい色合いのおひたしです。
by machikogunji | 2007-02-28 12:26 | 洋食 | Comments(0)
がんもどき/焼き芋サラダ
f0056476_10285114.jpg

「がんもどき」のリクエストがあったので、作ってみました。材料は、ありきたりのもの、豆腐、にんじん、椎茸、ブロッコリーレイブの茎(緑が綺麗なのでね)、たっぷりのごぼう、それと糸こんにゃく。糸こんは油が跳ねるので使わない方がよかったなぁ。でも入れるとおいしい。材料をみじん切り、牛蒡だけはささがきにして、薄味で甘辛くさっと煮て汁を切っておきます。ごぼうはさっと茹でます。水きりして電子レンジで2分ほど温めた豆腐をつぶした中に混ぜ込み、調味料と片栗粉ちょっとを入れて、さらに混ぜ込み、ちょっと寝かしとく。そして、手に油をつけてハンバーグみたいに丸めます。
f0056476_1035137.jpg

今日は少し凝ってみて、カノーラオイルと胡麻油を2対1ぐらいにしてみました。若干かおりがいいかな。
f0056476_10352935.jpg

中火でゆっくりとキツネ色になるまで揚げて、お湯に通して油を抜いた後に、たっぷりの薄味のだしで煮るというのが、本に出ていたので、やってみたら、こいつぁ、いいや。仕上がりがさっぱりした感じになるねぇ。本当は海老や摺った山芋、百合根なんかも入れるともっとおいしくなるということですが、今日はごぼうをヒューチャーしてみた次第。

f0056476_1043355.jpg

もう一品は、「焼き芋サラダ」ってーやつです。ニュージャージーで焼き芋も焼かせると右に出る者はいない芋焼き職人さんの「とめさん」より、大きな立派な焼き芋を1本いただいたので、半分はそのまま私のお昼ごはんにかぶりつき、あとの半分を旦那の夕飯のおかずにしました。焼き芋をおおまかにフォークでつぶし、塩、こしょう、マヨネーズで和えただけなんだけど、これが甘〜くておいしいのよん。レーズンとうちに大量にあるクコの実も入れました。クコは目によいので、どんどん食べなきゃだわ。とめさん、ありがとう。
by machikogunji | 2007-02-27 10:49 | 和食 | Comments(2)
城・台所
f0056476_2411188.jpg

友人は、週の5日をマンハッタンの自宅兼オフィスのアパートに暮らし、せっせと働いて、週末をこの山荘で暮らす。そして、その大半はこのキッチンで過ごしているそうです。「陽が燦々と入る明るい台所で、好きなモノに囲まれて、好きな料理をやってみたかった」という思いがとうとう実現したのね。この彼女の城を作るまでに、五年間の月日を費やし、そのうちの2年間はいろいろなお宅に居候して、実際に家主のお手伝いをしながらそれぞれの台所を使わせてもらい、いいとこ悪いとこを研究しながら、工夫に工夫を重ねてできあがったという「台所」です。
そのキッチンを今回は好きに使わせてもらい、私もいつかこんな台所を作りたいもんだとしみじみと感じました。
なにしろ、明るいよ。森の木々、湖も見える。朝夕の風景の変化、四季の変化を見ながら、感じながら、料理を作る、こんな素晴らしいことってないよ。料理好きの主婦にとっては極楽クラスの台所だね。まずいもんができるはずがない。
f0056476_24049100.jpg

旅行で集めた骨董や、かわいいだけでは済ませられない洗練された小物たち。有吉の包丁に、表で拾ってきた落ち葉や小枝。どこかで捨てられかけていたという使い込んだクルーゼもあれば、うん十年前、ニューヨークに来て1人暮しを始めた頃に、「あんた、鍋ぐらいないと料理できないでしょ」と言われてお友達がプレゼントをしてくれたという「青春の青い鍋」まで、彼女のいろんな思い出の台所用具が、それはそれはきちんと整理整とんされて置かれていました。食器類のコレクションは、ちょっとすごかったよ。高価なもの、安価なものという次元ではなく、面白くいわく付きのものであったり、デザイン性の優れたものであったり、しかしそれらはどれも使い易く、どれと組み合わせてもしっくりと馴染み、お料理を引き立てるものであるという3つの大事な定義を守ったものってーのが、すごい。まいりました、降参です。
私が一番好きだった食器は、ドイツ在住の韓国系女性作家が焼いたという、四角い平皿でした。それに、持ってった牛刺しを盛らせてもらいました。淡いコバルトブルーのやさしい色のお皿が、燃えるような真っ赤な牛肉をやさしく吸い込むような、不思議な力を感じるお皿でした。
f0056476_3545229.jpg

できあがったお料理を、外の景色がぐるりと見渡せるリビングでいただけるのですから。このーっ、ぜ・い・た・く・も・んっ。食べる喜び全身で感じます。
by machikogunji | 2007-02-27 03:45 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
お宿のお部屋
f0056476_229441.jpg

お宿のお部屋は、畳敷きでした。フカフカのお布団を用意してくれてた。アメリカに住んでいながら、このようなおもてなしを受けることのありがたさは、住めば住むほど身に滲みます。ありがたい。何よりもありがたい。
真夜中にミシッという大きな音が聞こえました。鹿か熊か、はたまた怪物か。「あれはなんの音だったの」と翌朝聞くと、「木造りの新しい家なんで、素材に作った木が乾燥して、歪む音。家が動いた音だよ」とのこと。木の凄さにまたまた驚く。
f0056476_2345394.jpg

by machikogunji | 2007-02-27 02:38 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
湖畔の森の杉風呂
f0056476_13363250.jpg

昨晩はこの夢のような杉の木のお風呂にゆっくりつからせてもらいました。気持ち良過ぎてどんどん沈んでいってしまった私です。夜中のことなので、辺り一面は真っ暗。灯りを落とし、ろうそくを点し、窓を開けると、湯煙がホワーッと上がり、それはそれはもう「ゴキュラク、ゴキュラク」の世界だったです。何と言ってもこの山荘の超楽しみはお風呂です。日本のお風呂にこだわってこだわって、こだわって作ったお風呂。体の芯からぬくもらせていただいた。このこだわりのお風呂の完成までの苦労話はぜひ彼女のブログをお読みくださいまし。こんな話あんな話が記録されています。
使用中は気持ち良すぎて写真のことなぞ忘れ去っていたので、翌朝に撮らせてもらいました。四角く深い浴槽はちゃーんと肩までお湯がくるし、昼間の外の風景は絶景。まさに森の中でお風呂に入っている気分を満喫できる。お湯は150メートル地下のキャッツキルからの地下水を沸かしたものだそうです。
f0056476_14234140.jpg

by machikogunji | 2007-02-26 14:01 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
山の家の晩ごはん@ティンバーレイク庵
f0056476_955428.jpg

友人の「山の家」に女2人で行ってまいりました。そしてまいりました。そのこだわり、そのセンスの良さ、あぁ、もう、降参です。

その山荘はニューヨーク州のサリバン・カウンティー、うちから車で2時間のところにありました。ハイウェイを北上し、今度はローカルの道をどんどん西へ行く。そのうち、すれ違うのは野生の鹿たちだけ。ついにまだ雪深い森の中の1本道に入る。月明かりだけが頼り。そして湖のほとりへ。ありました、おうち。
f0056476_8521912.jpg

玄関を開けて私達を迎えてくれたのは、美しい障子。
f0056476_8501684.jpg

そしてその向こうに暖炉のやさしい温もり。
ここはどこ? ニューヨーク州の山奥、キャッツキルの梺。いや、日本の山里離れた隠れ宿か。ここの家を湖の名前にちなみ「ティンバーレイク庵」と呼びます。季節限定・完全予約制。杉の木の温泉付き。
f0056476_9133672.jpg

「久しぶりに一緒に酒でも呑もう」と約束していたので、私は海のものを、友人は山のものを、それと京都のものをお互い揃えて。
f0056476_9122532.jpg

山の家献立:シーバスとイカのお造り。牛刺とニンニク醤油。千切り野菜と胡桃・松の実のサラダ。京都産生おからとツナときゅうりのサラダ。ネギ饅頭。生麩の田楽。必殺蕪蒸し。シーバスのにぎり寿司。
f0056476_9291934.jpg

4人の宴を止める者はだーれもいません。呑んで喋って食べて、酔っぱらって。なんと幸せな夜だったことでしょう。(続く)
f0056476_9194077.jpg

by machikogunji | 2007-02-26 09:34 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
山の家
今晩から、友人の「山の家」に行ってきます。ものすごく楽しみです。
by machikogunji | 2007-02-25 05:52 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
たんぽぽ鍋
f0056476_8444925.jpg

昔、祖母に「戦争中は食べるものがなくて道に生えたタンポポの葉っぱも食べていた」という話を聞き、それから「あぁ、タンポポなんてのは食べるものじゃないのか」とずーっと思ってたんですが、アメリカじゃぁ、みんなガンガン食べます、タンポポの葉っぱ。貧しいからじゃなく、金持ちも食べます。もちろん道に生えているのをちぎって食べているわけではなく、ちゃんと生鮮食品の一つとしてタンポポの葉ってーのが必ずと言っていいほど季節になると八百屋に並びます。「ダンデライオン」がそれです。苦味の強いビター・ダンデライオンと、苦くないスイート・ダンデライオンの2種類があります。ゴッツゴツのもありますが、今日のはとても柔らかそうで、ちょっと摘んで葉をかじったら、苦味もなく柔らかい。こりゃ、水菜代わりに鍋にしちゃえとやってみました。
f0056476_912686.jpg

主役は、このタンポポの葉と鶏です。鶏は、足の部分を買ってうちできれいにおろして切り分けました。ハラルミートです。きれいでおいしい。あらかじめ骨と昆布で取ったスープに豆腐とターニップ(蕪です)を入れて弱火でゆっくり煮といて食卓に出し、卓上コンロにかけながら、この鶏とタンポポの葉を好きな分だけ入れて食べます。
f0056476_905364.jpg

この前、でっかいイエローターニップで手惑いましたが、上の写真のものが、アメリカで普通に売られている「ターニップ」、蕪です。真っ白のものは少なく、大振りのショッキングピンク色がかったものが一般的です。大根を手に入れにくい、もしくはわざわざ日系や中国系の店に買いに行くのが面倒臭い時には、これを大根代わりに使います。ヘタな大根よりもおいしいのよね。さすがに大根おろしはできないけど。煮る分にはぜんぜんOKです。今日はこのターニップをゆっくり煮て鍋に入れました。
食べてみて、タンポポの葉、なかなかシャキッとしていておいしかったですよ。苦味は少々ありますが、その苦さが私にはよかった。鶏とすごーく良く合いました。お試しあれ。
f0056476_14351665.jpg

f0056476_14381023.jpg最後に台湾の乾麺を入れて、御飯代わりに。だいぶん前に買っていた乾麺で、日本のきしめんより太く分厚かったけど、なかなかコシもあり、お鍋にはいい感じ。旦那さんが気に入って、まとめて買っとくようにとのことですが、どこで買ったか忘れたよ。私はポン酢にネギで食べました。鶏鍋にする時は、水炊きよりも、ちょっとスープに下味をつけとく方がうちでは気に入ってます。鶏も切られたものでなく、1羽買っておろすとか、鶏の足でも自分でおろした方がおいしいと思います。最初は大変と思うかもしれませんが、慣れるとそんなに時間もかからず、それよりも、なんといってもおいしいですよ。鶏のおろし方は魚より簡単なような気がします。捨てるところなしなので、ぜひトライしてみてください。
by machikogunji | 2007-02-24 14:41 | 和食 | Comments(1)
オランダの茄子で「ナスのオランダ煮」
f0056476_814561.jpg

これがうちでよく使うオランダの「おナス」さんです。外皮と中の実の間にちゃーんと緑の部分のある茄子です。外皮は堅そうだけど、煮ると柔らかいんです。でも、煮崩れもあんまりしない。種もすごく少ないし。
こういう茄子なんかを油で揚げてから煮る調理法を「オランダ煮」っていうらしい。懐石料理にもこういう言い方をするものがあるんだってさ。その代表が、茄子の揚げ煮ってことになるらしい。ほんじゃ、今日私が作ったのは、オランダの茄子の、茄子のオランダ煮なのね。茄子は室町時代にオランダからやって来たって文献も残っているらしい。そんなこんなで茄子にびっくりしてたら、煮焦がしてしまいました。ガハハッ。
f0056476_8354668.jpg

by machikogunji | 2007-02-24 08:39 | 旬・季節もの | Comments(0)