ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2007年 01月 ( 52 )   > この月の画像一覧
あったかいタコ料理
f0056476_13405073.jpg

茹でたポルトガルのタコを今日は解凍して、寒い日にぴったりの2つのタコ料理を作ってみました。生を炊くのではなく、茹でたタコちゃんなんで、なんだかなぁ、皮がおおいに剥けてしまってるので、鮮やかさはでませんが、まぁ、家庭料理だと思って見てください。今度でかいタコを買った時はばっちりとキメてみたいと思います。

1つ目は、昆布をたっぷり入れて、大根と一緒に足丸ごと炊きました。優しい味で、柔らかくできてます。旦那さん、今日2本食べ、明日もっと味が染み込んだのを熱燗と共に、もう1本食べるそうです。雪が降る日にゃいいおかずです。

f0056476_13512523.jpg

もひとつのタコは、里芋と一緒にホクッと炊きました。味は甘めです。これはタコの弾力を残してます。最近、ブロードウェイの地下鉄の駅下のインドの八百屋の里芋、すごくきれいでホクホクのが売っていて、重宝してます。今日のもホクホクでした。
f0056476_13503518.jpg

しかし、なんでタコってこんなにおいしいのやろ。
f0056476_13525736.jpg

箸やすめに、パリッパリの白菜の中華酢漬けです。さっと茹でた白菜の芯を、ラー油をたらした甘酢に一晩漬け込んだお漬けもん風。一晩置かないとパリパリならないのよね。パリッパリがおいしいから昨日から待っていた一品です。
f0056476_13531555.jpg

最後はネギとモヤシのソース焼そば。いただきものの「つばめのおりソース」使わせてもらいました。辛いけど、おいしい。クセになる。
by machikogunji | 2007-01-31 13:58 | 和食 | Comments(3)
おでかけ
f0056476_15372520.jpg

連日、昔の仲間と会う機会があって、出歩いてます。久しぶりです。世の中変わってました。マンハッタンに住む仲間が「ここ、いいわよ」というところに行って見たら、素敵なところだったので、ちらっとご紹介します。

ハウストンストリートにあるバーです。ビルマがイギリス領だった頃に実在したバーを再現したという話題のバーです。とても大人っぽくて素敵です。なによりもカクテルがおいしい。こんな切れのいいカクテル出す店は、そうそうマンハッタンでもないです。今日は、シャンパンのカクテルいただきました、いけてます。まずいカクテルをうだうだ2杯飲むより、おいしいのを1杯飲んで、さっと引き上げる方が格好良し。
f0056476_15422045.jpg

ダウンタウンのベッドフォードストリートにあるフレンチの小さなレストランです。月曜日はBYOWの日です。BYOWの意味は知っていて損はありません。Bring Your Own Wineです。
2人で1本とのこと。もちろん持っていきました。コッポラの娘ソフィアのスパークリングワイン、なかなかキュートで味もいいです。ワイン通の知人が教えてくれた最近のヒットワインです。見た目もとてもかわいい。本日食べたものは、スネイル、フオアグラ、シュリンプを前菜に、メインは、ストライプバス、スキャロップです。その後、旦那と合流、ソーホーの知人の家でワインとBalthazarのデザートいただきました。おいし。いろいろ近況を語り合う。久々に昔の面々に会って、楽しかったなぁ。あの頃に戻ったなぁ。
by machikogunji | 2007-01-30 16:05 | 外ごはん | Comments(3)
異国巡り 「ポーランド」@Greenpoint
f0056476_122082.jpg

豚肉をハムやベーコン、ソーセージが死ぬ程旨い、今「NY日本人主婦の晩ご飯の総菜探しの隠れ家」とも言うべきグリーンポイントの町もあらためて探検隊でまとめました。すでに書いたブログのコピーを握りしめ、おいしいもんがあるならどこでも行っちゃうぞという、探検隊予備軍の元気な主婦達が日に日に出没しつつある「灯台もと暗し」的存在の町です。
出所後もいろいろ活躍中のアメリカを代表するカリスマ主婦「マーサ・スチュワートおばさん」も何を隠そう(隠してはないですが)ポーリッシュ系のミドルクラス出身。彼女の料理の根底に流れるのはやはりママから受け継いだこの国のお料理なんでしょね。マーサを語ってこの町を語らずでは、あなたの料理好きの名がすたれますよん、てなもんです。
地下鉄でも行けるので、ぜひ一度探検してみてください。
by machikogunji | 2007-01-29 01:17 | Comments(0)
NY異国巡り「韓国」@フラッシング
f0056476_10365030.jpg

第2回のおばさん探検隊のNY異国巡りは、フラッシング・ノーザンブルバード界隈の「韓国」です。ここはまさに、韓国です。看板も何もかも。ハングル文字が読めるともっと楽しいだろうなとつくづく思いました。マンハッタンのコリアンタウンより、もう一段階、いや2段階かな、辛いだけでなく、洗練された数々の本当の韓国料理を発見できました。あと、雑貨屋で買った韓国の柄の長いスプーン「スッカラ」の使い良さは他のスプーンを寄せ付けません。長さと角度が決め手なのね。うちで料理する時、食べる時にフル活用してます。しっかし、寒い日に食べた「サムゲタン」は最高だったなぁ。
by machikogunji | 2007-01-28 10:40 | Comments(2)
あんこうのブラッドオレンジ真っ赤なソース
f0056476_9361572.jpg

レストランウイークですよね。ってんで、レストランに行けない子持ち、仕事、金なしと各パートに外食に支障のある主婦3人が集まり、ちょっとこんなん作ってみました。料理教室の一環としてのアピタイザーです。今月のテーマ魚は「モンクフィッシュ(あんこう)だったんで、それを使って、なんだかなぁ系のちょっとかわいい料理を作ってみました。和食のフュージョン系にはあまり興味のない私でありますが、このにんにく醤油で下味をつけたモンクフィッシュの揚げ焼きにかけた「タレ」いや、「ソース」ですね、これはけっこう気に入ってます。柑橘系のソースと白身魚ってとってもよく合うのよね。和食の合間に、「なんちゃって」で出す定番ソース、今日はブラッドオレンジでいってみました。真っ赤なソースは見た目もパンチが利いてて、横にちょっと緑のものでも載っけると、派手な感じになります。も少し、派手にするなら、オレンジのソースと2つ組み合わせると、もっとおちゃめなお皿になります。このシトラスソースは、魚を焼いて出たジュースに絞った果汁を入れ、酒、しょうゆ、みりん、砂糖(はちみつもあり)も加えて強火で煮詰めたもの。煮詰まるに連れてトロッとして色も鮮やかになってきます。これを、チョロッとかけて食べます。奥さん、お嬢さん、おばはんに受ける一品です。レストランウイークで消費した金額1人前でまちがいなく、4人家族全員がおうちで食べられるメニューです。
by machikogunji | 2007-01-28 10:04 | 教室 | Comments(0)
つまみ2品「甘海老のうに和え風」「たこ刺し」
f0056476_13552565.jpg

今日みたいな寒い日の夜は、バスタブにお湯をはって、ゆっくりとお風呂に入って寝るのが一番よろしいかと。うちみたいな長屋アパートでも、風呂場の窓を少し開けると、外の冷たい空気が入ってきて、お風呂に湯煙が上がり、日本製の入浴剤なんかを入れると、ちょっとは温泉気分に浸れるってもんです。風呂上がりの晩しゃくのつまみも、ちょっと粋なもん出そうかという気分になりました。

新鮮な甘海老が出回っています。お刺身もおいしいけど、こんなんもおいしいよ。剥いて、塩とグレープシードオイル、黒こしょう少々、醤油ちょっとでマリネして少し寝かしておくと、ググッと粘りと甘さが出て、ウニで和えたような味になります。不思議です。
f0056476_1445775.jpg

昨日、蛸料理を研究しようと、大きなポルトガルの蛸を丸ごと茹でました。うちの近所のギリシャレストランで食べるタコは、もう信じがたいほど柔らかです。あれを和風に作れないかなと思ってます。でも、やっぱりタコのあのチューインな食感が私は好きなので、とりあえず今日は、タコ刺しです。薄切りとブツ、おいしいです。
f0056476_14231716.jpg

このタコは生ダコではなく、冷凍ででポルトガルから来ているものなので、どうしても、茹でると赤い皮がボロボロ取れるのが難点と言えば難点なんですが、まっ、いいか。どんな状態で冷凍されてるかというと、もうゴシゴシ洗濯機で洗ったぐらいクリーンナップされ、頭の中身も全部取り除かれた状態でパッキングされてます。なので、ぬめりもあんまりありません。おでんに入れても、刺身にしても、炊いても、なかなかおいしいタコちゃんです。
by machikogunji | 2007-01-27 14:19 | 和食 | Comments(0)
チャイニーズ・ニューイヤー序曲
f0056476_10245598.jpg

本日は場所をアストリアの長屋から夫婦共々遠征、マンハッタンはセントラルパーク・サウスのマダムK宅で「チャイニーズ・ニューイヤー序曲うまいもの会」が開かれました。選抜メンバーは、お互い長屋住まいの5人(そのうち1人はカメラマンなので、彼から写真がメイルされたら、ばっちりいい写真に載せ変えます)。もちろん伺う時は、どんなに寒かろうと遠かろうと、全員電車で、世界で一番贅沢であろうおもちゃ屋「FAOシュワルツ」の1階エスカレーター横の1万ドルするでっかいマンモスのぬいぐるみの前で待ち合わせ。うちの旦那はこのマンモスを見て「欲しい。」と言い出し、ぐずってなかなかその場を動こうとしません。ちなみに年齢は50手前です。ぐずる旦那を「うちの部屋よりでかいぬいぐるみ、どこに置いとくの」となだめてひっぱり出し、それからみんなで完璧に観光気分でセントラルパークの横、ドヤドヤ歩いて伺いました。

天はうちらを見捨てませんでした。長年思いを寄せていた「ほんもんの中華鍋」、そうです、「台湾式火鍋」を、そして数々の目からウロコのごちそうを食べさせてくれるチャンスを与えてくれたのです。目の前でマダムKが説明をしながら、味見をさせてくれながら、オープンキッチンで料理を作ってくれ、それをカウンター越しに8年もんの紹興酒を飲みながら、できあがるのを、酒でできあがってしまった5人が待つという、それはそれは贅沢な贅沢な晩ご飯でした。
f0056476_10255413.jpg

メニューは、まず前菜7品。中華クラゲ/豚タン/メインチャイナの腸詰め/台湾の腸詰め/からすみ/ピータン/牛アキレス腱です。
からすみは、マダム家ならではの焙り方をほどこした後、うすくスライスして、これまた薄めにスライスした生の大根にはさんで食べます。この時の大根の微妙なスライスの厚さの善し悪しで、からすみの味が変わってくるということです。そしてこの大根2枚の間にからすみをサンドイッチ状態に挟んで食べると、からすみが歯にくっつかなくスムーズに食べられことを知りました。なーるほど。普段食べ慣れてないので、知らなかった全員。
中華クラゲも申し分のないプルプル感で、食べてるこっちが頭をプルプル震わせてしまいました。旦那は横で、からすみ、クラゲ、からすみ、クラゲをそっと繰り返していました。コラッ。
これらの前菜7品を一つのお皿に半分づつ左右対称に盛るのがちゃんとした中華料理の盛り方だそうです。そうやって盛ってあるのに、うちらは右のを取ったり、左のを取ったり、どっちも一緒だというのに、わかってない、はしたないぞ状態でした。情けない。舞い上がって食べているのでしょうがない。か。

本日の鍋は、台湾の家庭で古くから親しまれているという「水炊き風火鍋」です。日本で「火鍋」というと、あの真っ赤なマーラー醤の超辛い鍋を連想しますが、台湾では全部が全部あんなに真っ赤で辛いわけではないということです。あれは最近の流行であって、実際には、もっとすっきりと辛みも落ち着いたもの、もしくは、辛みのない「水炊き」タイプも健在だそうです。メディアが騒ぐとすっかりそうなのかと思ってしまうのは、事実を見逃すことになりかねないってことでしょうか。鶏ガラのスープに春雨、白菜、大根、カリフラワー、さいまき海老、フィッシュボール、肉ボール、そして絶対的にはずしてはいけないお約束もの「うずらの卵」が、鍋の中でうまーく絡み合い、やさしいお味になってました。これを生卵とマダム特製のサーチャー醤でいただきます。本当に柔らかいやさしい味がしました。

次に出てきたのは、北京ダック。目の前で皮をカリカリに焼いてくれました。甘辛い香ばしい皮でした。甘いミソをつけて食べてもよいのですが、すでに皮に味がしっかりついているので、みんなそのままいただきました。
f0056476_10265319.jpg

そして、トータル6時間以上煮込んでいる豚の胸肉を茹でた蓮根と一緒に蒸したてのパンにはさんだ、中華風バーガーです。肉は口の中でホロリと溶けるほど柔らかにできてました。長時間煮る時に鍋にくっつかない方法があうということです。柔らかいのにひとつも型くずれしていません。さすがです。
この時点で、5人とも、お腹がいっぱいで、マダムが考えていたあと2品の料理は次回の時に持ち越しってことに相成りました。

f0056476_15252938.jpg

デザートは、私がどうしても食べたかったものが2品出てきました。最初に出たのは、「白キクラゲのシロップ煮」です。中国名は氷糖銀耳(ピンタンインアル)と言います。白いキクラゲは「銀耳」と書くそうです。ゆっくりとシロップで戻したドライフルーツのアプリコット入りです。ちょっと大人の味にするために、シェリー酒をゼラチンでジュレにしたものも入ってました。白キクラゲの食感がとてもよかった。思った通りおいしいデザートでした。

そして、もう一つのデザートは、「印尼燕窩」でした。これが何であるかは、明日じっくりお話します。生まれて初めて食べました。あとの4人ももちろん生まれて初めてです。びっくり仰天のデザートです。
by machikogunji | 2007-01-26 15:38 | 外ごはん | Comments(0)
洒落て食べる「おいしいもん」
f0056476_444218.jpg

「笑う門には福来たる、笑いは大事。
美味しい物を口にした一瞬のホホエミ。

万歳、落語、狂言観劇のお供に、遠方からのお客様に、1人台所にて
ワハハハ・ウフフヒと一口楽しくお召し上がり下さい。
ほどよい蕎麦の香りとアッサリの甘みが、口中に解け合います。

至福・口福のひと時を洛北花背の楽顔(蕎麦粉落雁)にて、ご贈答にも大変喜ばれます。」

いつも摩耶ちゃんのお父さんのパッケージデザイン、コピーにあっぱれです。ああ、楽し、おいし。ごちそうさま。
f0056476_4345950.jpg


こちらの1枚は、料理教室の生徒さんが、置いて帰ってくれた小さな短冊。思わずニヤッとしてしまいます。いつも見える所に、大事に貼ってます。我が家のお守りだな。
f0056476_434934.jpg

by machikogunji | 2007-01-26 04:45 | いただきもの | Comments(0)
若筍の刺身/バジル酢味噌和え
f0056476_12533793.jpg

あの「あきらめていた筍」がこんな立派な、それも抜群のお味に仕上がりました。朝、あのきれいに茹だった筍を見て、どうしても「筍の刺身」が食べたくなり、そして根っこの部分は「木の芽和え」にしてもらいたく、旦那にお願いしたら、こんなんが食卓に登場した次第です。こりゃー、お見事。風流ですな、なんか物語を感じる盛りつけです。おぉ、筍が立って並んでいる。垣根になっている! では、いただきます。
f0056476_13592497.jpg

薄切りをわさび醤油でぺろり。こりゃいけます。文句なしです。とても甘い、信じがたい甘さです。そしてパリッと口の中で響く音。あくまでも薄いパリッです。

「木の芽」はさすがにないので、そこは工夫、夕方に八百屋へひとっ走り「フレッシュバジル」を買ってきたので、それで作ってくれとお願いしときました。これが大正解! バジルの香りと酢味噌の組み合わせは、思いのほか、すばらしいフレーバーを醸し出すんだね。ぜんぜんバジルでOKです。歯ごたえ、香りともに申し分ございません。

チャイナタウンのこの時期に出る「早掘り筍」をなめたらあかんぜよ。これ、4ドルぐらいで買ったんだけど、日本だととんでもない値段らしいね。おうちで、じゅうぶん「筍三昧」ができますよ。次回の筍料理はぜひ、焼き筍やりたいと思ってます。まぁ、それも旦那さんが腕をふるってくれるであろう。ごちそうさま。おいしゅうございました。
by machikogunji | 2007-01-25 10:14 | 和食 | Comments(1)
豆腐丸ごと一丁の「肉豆腐」
f0056476_13273729.jpg

この前、ユッケ用の肉を買いに行った時に、とてもきれいなしゃぶしゃぶ用の肉も買っておいたんですが、これがちょっと薄くスライスし過ぎ。薄けりゃいいってもんじゃあないと思うんですが。よほど肉の水気を吸い取るか軽凍らせないと、1枚にはがれそうにないので、大根と一緒に「肉豆腐」にした。豆腐は木アメリカ製の木綿豆腐を使用。鍋に入れる前に水気を切って煮崩れしないように表面を焼いてみた。土鍋に豆腐一丁をポーンと放り込んだら、なんだかものすごく存在感と迫力があってよかったなぁ。なので、あえて切らずに、食べる時にお箸で好きな大きさに取り分けて食べるということにした。
f0056476_13244440.jpg

日本酒と一緒にいただっきまーすでございます。京都の黒七味をちょこっとかけるとすごくおいしかったよ。
by machikogunji | 2007-01-25 06:55 | 和食 | Comments(0)