ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2006年 09月 ( 55 )   > この月の画像一覧
魚のつみれと中華ちくわぶのホンニャカお鍋
f0056476_11365145.jpg

今晩は、ちょっと肌寒い。これが日本だと、旦那さん、会社帰りの「ちょっと1杯」には絶好のお日より。でも、ここはアメリカ、アイリッシュパブしかないし、ビールじゃ寒い、しかも自動車通勤で飲めないし。ほんじゃぁ、おうちで1本お銚子、お燗をつけて、まったり鍋でもつつかしてあげるか。っていうか、私が熱燗に鍋が食べたい気分だったのでそうしたんだけど。料理教室の残りのひらめの昆布締めとシーバスの切れ端をつまみに、キュッと熱燗はやっぱり旨いよ。
鍋は、チャイナタウン勢揃いの具です。出汁は、だし醤油少しに、チャイナタウン徳昌でこの前見つけた「砂肝の塩漬け」を何個か半分に切って入れる。うーんモツ煮の味に変身だ。白菜、しらたき、このところお気に入りの中華ちくわぶ、それに、これまたうちの定番食品「徳昌産の魚のすり身」にボックィー産のラー油を垂らし、グワーッと泡立つほどかき混ぜて、スプーンですくって鍋におとしたもの。旦那さんが帰ってくるまで、弱火でゆっくりゆっくりグツグツ煮込むわけよ。すると、この魚のすり身がホンニャカフワリンといい感じになるわけだよ。そりゃぁ、疲れて残業して帰った旦那さん、機嫌いいわよー。料理はいたって簡単、夫喜ぶのいい関係。
by machikogunji | 2006-09-30 11:53 | 和食 | Comments(2)
最後のヒラメ。シーバス始まり。
f0056476_6291671.jpg

今月は第5週まで、金曜日があったので、今日も恒例の魚解体教室を実施しました。いつもコメントをくれている「おいしいんぼ・くいしんぼプクちゃん」とはるばる車で1時間以上かけて来てくれたキッコさんとのペアです。おもろい主婦はニューヨーク州のあちこちに散らばっているのだなということを実感しました。今日も面白かった。何がおもしろいって、料理食べながらの雑談です。今日は3人3様30、40、50代でしたが、年の差なんて関係ないことが証明されたわね。おもろいもんは、おもろいわけで。楽しかったです。
料理の方は、ヒラメも季節を終わり、これがたぶん今年最後のヒラメちゃんになるんではないでしょうか。その代わり、シーバスちゃんの登場です。昨日、うちで食べてみて脂も乗っておいしくなってますので、こいつをおろして、刺身、寿司、ヒラメも刺身、寿司(普通、昆布締め、ヅケ、シソ入り、エンガワの5種類)に、そして、ヒラメ茶漬けは、出汁がヒラメ、身がシーバスということになりました。プクちゃんは、夏に続いて2回目なので、ずいぶん魚に対しての抵抗もなくなり、スイスイとおろしてましたねぇ。教え甲斐あるなぁ。上手におろせるようになったねぇ。盛りつけも、けいこ姉御の差し入れのシソの花穂が大活躍でした。9月は、魚教室をスタートさせてたくさんの人と会えて、とっても有意義な時間を過ごさせていただきました。みんな、やっぱり変わっているしおもしろいよ、ニューヨークに住んでる人たちは。全員、10月にも来てくれるということで、私風邪引いてるヒマないですわ。
来月は、みんな楽しみの「鯛飯」と「シーバスの煮付け&刺身」でいこうと思っております。
by machikogunji | 2006-09-30 06:42 | 教室 | Comments(2)
アジとポーギーの刺身/シーバス煮付
f0056476_12103943.jpg

師匠が釣って来た魚と、私の作ったプリンを交換してくれて夕食代浮きました。釣りたてのアジ、ポーギーでお刺身。ポーギーは切ると身が反り返るほどのピチピチ、アジもこれが今年最後かな。大きくなってニューヨークを離れていってるようです。ツマに今日必死でお掃除したシソの花穂も大活躍。もらいもんばっかりの夕食だなぁ。
f0056476_12105620.jpg

これが師匠の釣ったアジです。黄色いきれいな色してましたねぇ。焼いてもよかったんだけど、ニューヨークで釣るアジの刺身はこのシーズンにしか食べられないので、全部刺身にしました。
f0056476_12112073.jpg

手前は、スナッパーのたたき、奥は刺身の切れっ端でアジのたたき。擦ったショウガとシソの実を入れて醤油でこねてあります。
f0056476_12114277.jpg
小ぶりのシーバスはごぼうと一緒に煮付けにしました。煮魚は私の好物。強火でさっと煮てあるのでけっこう淡白な味になってます。ちょっと皮がやぶれてしまったけど、まっいいか。

★かつお釣り情報
by machikogunji | 2006-09-29 12:39 | Comments(5)
シソの花穂と実の塩漬け・醤油漬けの準備大作戦
中華料理の鉄人主婦「けいこさん」が、今週の頭に、ポーンともんのすごーいシソの束を持って来てきれたんです。それから、時間を見てはコツコツと1本の余りもなく、全てお掃除完了したのが本日。ここからまだ作業は続くんですが、とりあえず中間報告でもしようかと。
f0056476_5255232.jpg

f0056476_5285763.jpg

「シソの花穂欲しい?」「欲しい、欲しい」という話からちょっとして絶対的に約束を叶えてくれるけいこアネゴが、コンストラクション用のでっでっでっか〜いビニール袋に赤と青のシソ、そして庭に満開になっているというピンクのお花を車(電車じゃ無理無理)で届けてくれました。うちの箱庭で毎年細々と栽培していたシソなんですが、一度徹底的に食べたい、使いたいっていう夢を現実にしてくれました。もらってすぐ、ガラージュに持って行き(部屋じゃ無理無理)、とりあえず水切りをバッサバッサして一晩浸けておきました。もう車庫の中がシソの香りでいーーーっぱい。いい香りだったわ。
f0056476_5264287.jpg

翌日、朝、旦那さんが車庫から車を出した後、さぁ、作業開始です。とりあえず枝ごとにいらない葉を落とし、長さを調整してバンバンきれいな水にまた浸けていきました。私の腰ぐらいある高さがあったので、切りそろえて、釣りで使っている業務用のキッコーマンの醤油バケツにまとめました。この醤油バケツかなり大きいんですよ。水たっぷり入れたら私、持ち上げることできない位入るサイズなんですよ。それに満杯のシソ。あまりにも元気でイキイキしてるんで、日向に持ってって記念撮影です。
f0056476_5274489.jpg

シソのお花が辺り一面にこぼれ落ちて駐車場素敵状態になったよ。ほうきで掃いて枝や花のクズを集めた写真です。なんか「茶の湯」のノリ。その辺の箱をひっくり返して腰掛けて、このシソの花吹雪を集めたのを見ながら、あったかいお茶すすってました。空はからっと晴れ上がり、あぁいい気候になったねニューヨークもなんて、とってもすがすがしい朝でしたわ。
f0056476_5303533.jpg

その後、シソの束をガラージュから我が家に移動して、2日目、本日、床に新聞紙を敷き、「赤シソの葉」「青シソの葉」「花穂と実」に分けるという作業をしました。「花穂と実」は、軸からパラパラとはずしていきます。あんだけあったシソですが、採れた「花穂と実」は小さいボウル1杯分。貴重なもんです。水を流しながらゴミを取り除き、水切りし、ザルに揚げて窓際で乾かします。本日はここまで。
パスタ用に少し取っといて、残りは塩漬けと醤油漬けにします。さてどんなのができるのか、楽しみです。
by machikogunji | 2006-09-29 05:38 | 旬・季節もの | Comments(2)
シーバスの刺身と焼き
f0056476_10463131.jpg

ニューヨークはシーバスのシーズンです。だいぶ脂が乗ってきたなぁ。魚屋にもきれいなのが出てます。今日はそれを1匹、半身を刺身、半身を塩焼きにして2人で食べました。シソの花穂をたくさんもらったので、横にたっぷり付けて、手でしごいて振りかけて一緒に食べます。葉とは違った優雅なツマです。バケツいっぱいあるこの花穂を、明日、朝から摘んで塩漬けを作る計画です。このいい香りをずっと食べようと企んでいます。
f0056476_10465338.jpg

半身を軽く塩をしてさっと焼きました。レモン汁を少し垂らして、これもシソの花穂を散らして食べましたよ。優雅な食卓です。
f0056476_10543029.jpg

野菜は昨日のすき焼きで残った油菜のにんにく炒め。ベースは塩と鶏ガラスープを少し、それと今日はオイスターソースもちょっと入れてみました。白菜も入ってます。団子は、チャイナタウンの徳昌に売っているビーフテンドン(牛筋)入りのつくねです。これ、おいしいよ。あそこの店の練り物はだいたいトライしたなぁ。コリコリとした歯応えを旦那さんが気に入っています。
f0056476_111643.jpg

今日はすこしづつだったんで、最後に旦那さんが焼きそばを作った。蒸し焼きそば風で、白菜入りってのがとてもおいしかったよ。
f0056476_11173431.jpg

デザートはお誕生日のいただきものの立派な葡萄です。いつも葡萄のお汁(ワイン)ばかり飲んでいる私達ですが、生はやっぱりおいしいなぁ。プチッと皮のはじける音が、そしてジュワ〜ンと果汁が口の中に広がるのよねん。おいしいわん。
by machikogunji | 2006-09-28 11:20 | 和食 | Comments(0)
ゲームバードの季節・クエールとポメグラネイトのいい関係
f0056476_0391158.jpg

昨日のことをもう一つ。実はお昼、ひろこちゃんと一緒に彼女の作る料理の2人試食ランチを食べてきました。上の写真は食べきった後の皿です。これが絵になってるんだよね。秋を感じるし、かっこいいと私は感じるんですよ。
Quail & pomegranate、鶉(うずら)とザクロ、旬の料理です。アメリカでも、この季節になると鶉のようなゲームバードの料理がいろんなレストランのメニューに加わります。ちょっとワイルド系です。これを彼女の今度の料理教室で取り上げて、おうちで作っちゃおうということらしいです。本当に凝ってるよね、ひろこ料理教室は。先生の料理研究もすこぶる熱心です。ちゃーんとこうして作り、時間配分、メニューの詳細、メモときちんとしてるのよね。
f0056476_0491453.jpg

レストランで食べるより、はっきり言ってここの方がもう断然おいしいわけですよ。レストランの人、がんばらないとダメあるよ。高いお金出して食べに行ったからには、この家庭料理のレベルを超えないとダメダメよ。最近の奥さん、口、肥えてまっせ。こういうの家で作っちゃうんだから、まぁ。すごいわっ、まいったねぇ。ここんちの息子は、このクエールが大好物で、「ママ、お願いだからワインのにおいをかぎながら、コレ食べさせて」とねだるのだよ。これには本当にまいった。笑かしてくれるは、ほんまにここのおチビちゃん。
f0056476_0555321.jpg

焼きたてのホカッチェです。この前の試作品より、もっとおいしくなっていたよ。
f0056476_0565925.jpg

昼間のワインは、このロゼに限るね。あれっ、さっき1本開けたところなのに、もう空かいな。
f0056476_171185.jpg

そしてデザート。このチョコタルトには仕掛けがあります。今は言えないよぅ。まだ、秘密。また今度。
by machikogunji | 2006-09-28 01:10 | 洋食 | Comments(1)
ハッピーすき焼きバースデーってことに。
f0056476_23421389.jpg

旦那さん47歳のお誕生日です。彼は47年前の伊勢湾台風に日本中大騒ぎの夕方、おぎゃあと東京の浅草の病院でこの世に生まれ出たそうです。人にはそれぞれ、みんな歴史ってーもんがあるもんですが、うちの旦那さんの場合は、とっても47歳にはこだわっていたようです。
f0056476_23474116.jpg

5歳の時にお父さんが亡くなった年が47歳だったそうです。父親の歴史がそこで終わってしまい、思い出はそれを遡るものばかりです。父親の分まで、47歳以降の歴史はこれから彼が作っていくそうです。そうだね、一緒にがんばりましょう。
f0056476_23432068.jpg


f0056476_23583523.jpg47歳の歴史の幕開けは、うちの旦那さんが主役のはずのお誕生日に、友人達にすき焼きを振る舞ったという出来事から始まりました。「あなたの誕生日に、あなたの作るすき焼きが食べたい」と言い出したのは私です。「あっ、そうですか。すき焼き、いいですね。じゃぁ、久しぶりに作りましょうか」と、材料も揃え、自家製の割り下も作り、盛りつけもしてくれて、仕事帰りにかけつけた面々は、旦那さんの本格的すき焼きが食べれるってことで、いつもより早く集まり、「おめでとう、おめでとう」を連発しながら心行くまですき焼きを腹一杯食べたのでした。一番忙しく、そして一番食べる暇のなかったのは、お誕生日の旦那さんでした。47歳、前途多難な幕開けですいませんね。おごちそうさま。おいしかったです。きりりと冷えたシャンパンを飲みながらの本日のすき焼き:薄切り牛肉(いいやつです)、白菜、筍、油菜、糸こんにゃく、焼き豆腐、たまねぎ、もち麩、えのき茸。ケーキ:フォションのココナッツキーライムに刺せるだけろうそく立てて。

f0056476_132584.jpg


*グンジ家のすき焼きについて:
by machikogunji | 2006-09-27 13:11 | 今日は何の日? | Comments(10)
仕出しの「仁ちゃん夫婦」登場
f0056476_1493723.jpg

旦那さんのバースデー前夜祭。と、かこつけて今晩は、裏の住人より、すばらしい夕飯の差し入れがありました。アストリアの料理の手品師マギー審司さん夫妻の登場です。彼らはお休みの日に必ずと言っていいほど、COSTCO(日本じゃコストコ、アメリカじゃコスコ。どっちだ?)に行き、あの膨大な商品の中からおいしいものを選びうちに帰って、まるで手品のような素晴らしいお料理を作ってはこっそり食べています。
今日もうちに来る前にCOSTCOでラムの肉を買い、あっと言う間に、超美味しいラム肉の料理をフライパン一つで作り、家宝の萩焼のそれはそれは素晴らしい器に盛って持って来てくれました。シャンパンと赤葡萄酒付きで。
写真の手前は、彼の実家の秋田の家から持って来た、大根の味噌漬けです。旨いっす。その向こうに見えるのがラムのにんにく焼きです。さすが玄人さんの料理です。お店では出さない身内だけに作るごちそうだということです。が、本当かどうかはわかりません。
f0056476_14222395.jpg

そして、お刺身盛り合わせです。これはCOSTCO産ではありません。COSTCOにもこんなおいしいお刺身がいつの日か売られることを祈ってます。そうしたらすごくうれしいよなぁ。
こんなごちそうをつつきながら迎えるお誕生日、うちの旦那さんは幸せもんです。それに便乗できる私も幸せもんであります。
仁ちゃん、つかさちゃん、ありがとう。
by machikogunji | 2006-09-26 14:32 | 今日は何の日? | Comments(0)
モンクフィッシュでチリソース
f0056476_11442627.jpg

f0056476_11494953.jpg

モンクフィッシュ(あんこう)のおいしい季節になってきたぞ。こっちの魚屋で売っているのは、肝心なキモはなし。でも、プリプリッとした身は日本と同じ。皮付きを買って鍋にする他、いろいろ料理できますよ。この魚は体の真ん中にごっつい骨がい1本通っているだけで横に向かっての骨がないので、普通の魚がおろせなくても、簡単におろせます。ぜひ一度トライするのにはいいよ。

f0056476_11586100.jpg簡単におろし方を説明すると、まず、この魚は裏のお腹からおろします。魚をひっくり返して、真ん中のところに包丁を骨に沿って両側から入れていきます。背中の皮は切らないで残しとくのがポイント。最後に背中にくっついた骨の部分にスーッと包丁を入れて骨をはずします。写真の左みたいな感じで包丁を入れていきます。骨をはずしたものが右の写真です。1枚につなかがっているでしょ。身もしっかりしているので、バラバラにならず、うまくいくはずです。これをブツ切りにして料理します。皮はけっこうヌルッとしていて切りにくいかもしれませんが、がんばってください。この皮がおいしいのだから。

うちは、今日はこのモンクフィッシュをチャイニーズ風にチリソースにしました。青ネギを買いに行くのをさぼったので、タマネギに油通しをしてパリッとさせたのを加えて、自家製チリソースで炒めました。魚は前もって、醤油、塩、胡椒、酒で下味をつけて、片栗粉をまぶして弱い火でゆっくり揚げてます。弱火で揚げているので、身がかたくならず柔らかいままです。食べる寸前にチリソースをフライパンで熱し、どちらもすでに火の通ったタマネギ、モンクフィッシュをさっとからめるだけです。モンクフィッシュを揚げるのに片栗粉を使っているので、チリソースは片栗粉なしで作ってます。余ったのは、瓶にでも入れといて、他の日の料理に使います。鍋だけに限らず、こんな風にして食べるのもいいですよ。

f0056476_12122460.jpg

お惣菜は、紫タマネギのスライス。塩、胡椒、マヨネーズで食べました。あとは、ちくわが残ってたので、水煮のタケノコと一緒に醤油とみりんで炒めた「ちくわのきんぴら風」です。七味効かせてワインのつまみです。
by machikogunji | 2006-09-25 12:10 | 中華 | Comments(2)
北海道のホッケはやっぱり美味しいわ。
f0056476_12554859.jpg

このところ、忙しい日が続いていたので、今日は息抜き。パンでも焼いてみっかということで、近所の雅子姫と一緒に、レーズン&ドライクランベリー(特価商品)を入れて食パンを焼いた。といってもマシーンが程よく焼いてくれたのだ。入れるだけ。この前から膨らみが悪かったので、お菓子の先生のひろこちゃんに相談したら「なんでいうた通りのイーストを使わないのよ」と叱られてしまった。彼女がさっそく用意してくれたイーストを使うと、やっぱりきちんと膨らんでおいしいパンが焼けました。言う事は聞くもんです。

夕飯は、雅子姫が、この前のミツワの北海道展で買ったという、ホッケを2枚くれたので、それを焼いていただきました。小降りのホッケは北海道出身のミナちゃんが言うには、「縦縞の入ったシマホッケではないもの」ということ。ホッケにもいろいろ種類があるんだね。いい塩梅のいい感じの干し具合で、家族4人(正式には2人と2匹)でニャーニャー言いながら食べましたわん。大根おろしと自家製しょうがの甘酢漬け、みょうがの千切りをサイドにレモン絞って、いいねえ、こういうの。素朴で美味しい。その他の諸々は、「茄子の胡麻油炒め・みょうがのせ」「白菜の漬け物」など。あっさりとしたお食事でした。最後にかけ蕎麦で締めです。
by machikogunji | 2006-09-24 13:08 | 和食 | Comments(0)