ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
<   2006年 07月 ( 64 )   > この月の画像一覧
焼肉屋に行く代わりに ニギリカルビ/ビビンバ
f0056476_022743.jpg

うちの旦那さんの夏の日曜日の楽しみは、風呂上がりにクーラーの効いた部屋で、まず冷え冷えに冷えたビール(グラスは冷凍庫で冷したやつ)を一気飲みし、日本語放送の「笑点」を見ながら、ダラダラとご飯を食べることです。焼肉屋に行きたいんですが、「笑点」を逃すわけにはいきません。なので、今日は気を利かせて、「笑点」を見ながら「焼肉」です。

アメリカの肉屋やマーケットで売っている骨付きの「ショートリブ」を骨からはずし、サイコロに切って、摺りおろしたガーリック、塩、こしょう、醤油、オイル(あえてゴマ油は使わない)に漬けておいて焼くだけですが、お肉も柔らかくかなりおいしいです。そうです、「ニギリカルビ」ってやつです。昔は、NYの焼肉屋へ行けばけっこうこのニギリカルビ、あったんですが、最近は見かけません。32丁目の「江西」にはまだあるかな? 長いこと行ってないのでどうでしょう。ここのはおいしかった。つけ合わせは、肉を焼いた後のフライパンでもやしを炒めたものです。これを酢醤油で食べます。

f0056476_1254946.jpg

私は肉よりビビンバか冷麺があったら幸せな方なので、今日はまさこちゃんにこのビビンバを教えついでに作りました。野菜のナムルだけのビビンバですが、これだけでもおいしいですよ。コチジャン効かせて、旦那のリクエストで、ミディアムの目玉焼きも載っけて。最近買った、韓国の柄の長いスプーン「スッカラ」で食べると一段とムードが出ました。今度は、韓国の焼酎「イプソウジュ」も買って、もひとつムード盛り上げようかいな。
by machikogunji | 2006-07-31 12:45 | アジア | Comments(1)
サワー・サワー・サワー トマトのファルシー&スナッパーのレモンマリネ
f0056476_11485855.jpg

魚続きのうちの食卓。ちょっと目新しいもんも食べたくなってきた。八百屋でおいしいそうな完熟トマトが安く出回り始めてるので、ちょっとそれで作ってみました。トマトの湯剥きなんて100年ぶりです。いつもは冷して塩マヨネーズ。あんまり凝ったトマト料理は嫌いなので(いや、知らないので)、簡単です。トマトを湯剥きして、上の方をフタになるようにスパッと切り、中身のグニュグニュ(種のこと)を小さいスプーンで実が割れないようにくり抜き、そこに、玉葱のみじん切り(細かければ細かい方が美味)に酢、塩、コショウ、オリーブオイルを加え、タタッと混ぜ合わせたソースを詰め込み、さっき切ったトマトの上の部分で蓋をして丸のまんまに戻します。その上から残った玉葱ソースをかけて冷蔵庫で冷すだけ。2、3日はもちますよ。味が滲みて美味しいです。てっぺんにトマトのヘタの変わりにつまようじで穴をあけてミントの葉っぱを差し込んで、食卓に出します。キュート、キュートの冷たい「真ん丸トマトのサラダ」のできあがり。

f0056476_11491885.jpg

おたまちゃんが作ったブルーフィッシュのお子さま「スナッパー」の南蛮漬けです。一度魚を小麦粉(もしくは片栗粉)を付けて揚げて、玉葱のスライスと、おたまちゃん特製の辛〜いとんがらしソースに漬けてあります。そのソースがうまかった。レモンの香りがすごーくしてました。上手に揚げてあるので、骨ごと食べれましたよ。なんかさわやか系の南蛮漬けであったよ。
by machikogunji | 2006-07-31 12:04 | 洋食 | Comments(0)
酢豚
f0056476_15181156.jpg

突然のトリガーフィッシュの差し入れで、ちょっと影が薄くなってしまったけど、酢豚です。今日は大人数の夕飯になるのがわかっていたので、お昼から準備。豚のショルダーを塊で買ってさばいてみました。デカい骨だわ、豚はやっぱり。でも、肉ってのは塊で買うとおいしいね。野菜は、にんじん、ピーマン、玉葱の3種類。切ってちゃんと油通しもしたよん。ソースは、栗原はるみさんのずいぶん昔の「ソース」の本のレシピを基本に作り、酢、しょうゆ、塩、鶏ガラの素、ごま油なんかを加えて自分なりの味にしていきました。酢はかなり足したなぁ。ちょっと甘過ぎる気がしたけど、まっ、いいだろう。
by machikogunji | 2006-07-30 15:16 | 中華 | Comments(1)
トリガーフィッシュがやって来た。
f0056476_1338376.jpg

夕方4時半、釣り先輩の細ヤンから電話があり、「トリガーフッッシュ(Triggerfish・カワハギの一種)とヒラメが釣れたので半分あげる」とのこと。わざわざ遠いのに届けてくれた。本当は立派な魚の自慢がしたかったんだとおっしゃる。そんなこと知ってましたよ。「自慢するんだからデカいんだろうな」という予想的中、こりゃいいサイズのトリガーちゃんじゃないっすか、先輩。「ほんじゃ、今うちに3人若者が来ているんで、みんなで御馳走になりましょう」ってことになり、急きょ宴会が始まる。

まずは、うすーく切ったトリガーのお刺身を肝醤油で。いやー、うまい。久しぶりだな、この味わい。この魚、見た目は「カワハギ」というより「ウマヅラハギ」に似ているが、味はぜんぜん臭みもなく、渋みもなかったよ。肝もうまかった。この肝をお酒と塩で洗って包丁で叩いてつぶしたのを醤油に混ぜて、お刺身に漬けて食べるという、渋い食べ方で5人とも盛り上がりました。

f0056476_13391660.jpg

頭というか、顔の部分は、さっと強火で甘辛く煮付けました。もう身がシコシコでこれまた旨いです。最初はお箸で上品に食べてましたが、最後の方は手でほじく返して、まるでカニを食べているような状態になってたねぇ。煮付けうまいっす。

ヒラメもばっちり身が締まってましたねぇ。刺身にしました。エンガワは梅たたきと一緒にパクパク。思わぬ御馳走に皆満足。細ヤン、ごっつぁんでした。
f0056476_13595483.jpg


★トリガーフィッシュについて
by machikogunji | 2006-07-30 14:03 | Comments(1)
西のおはぎ・東のおはぎ
f0056476_12562074.jpg

「おはぎ」でも作ってみるかと午前中制作。このおはぎってのは「もち米」で作るべきなのか、「うるち米」で作るべきなのか? この「もち米」「うるち米」の違いはデンプン質の違いらしい。もち米の方が粘りの出るデンプン質であるらしい。実は、3日前、ひろこちゃんが私の誕生日にオーダーしといてくれたパナソニックのパン焼き器が手元に届き、パン作りを飛び越えて、いきなりうるち米(もち米売ってなかったのでこれで代用)で「餅」を作ってみたのだ。すると粘りのない、翌日になっても固まりが悪い「餅」ができてしまった。「うるち米」では、ちゃんとした「餅」はできないのを悟り(こねる時間も短すぎた)、あまってしまった次第。それでおはぎとなったのだ。おはぎは「うるち米」で充分いい感じになった。あんこも中国産の小豆使用の割りにそこそこのができた。

私が「おはぎ」と聞いて連想するのは、「きなこ」や「青のり」や「ゴマ」を外側につけたものなんだけど、これを東京の人にいうとびっくりする。東京では、中が米、その回りにあんこのついたのが「おはぎ」だという。今日は、うちに来たおたまちゃんもまさこちゃんも東京出身なんで、びっくりさせようと、「ゴマ」と「青のり」のおはぎを作った。まさこちゃんは以前食べた時にびっくり経験済みだったけど、おたまちゃんはびっくりしてた。食べてみて「うーんおいしい」とは言ったものの、青のりおはぎは残った。私は好きなんだけどね。
by machikogunji | 2006-07-30 13:35 | デザート | Comments(0)
たまちゃんのタイ料理決定版
f0056476_1057837.jpg

魚解体1号のおたまちゃんが、旦那さんの誕生日に作った、気合いの入った「タイ料理」を持ってきてくれました。私は彼女の料理への好奇心、そして探究心に惚れております。知らない食材については、とことんどういうものか調べます。それも、その日のうちに調べあげます。日本語、英語、韓国語、中国語なんでも調べあげます。そしていろいろな方向から試します。「どうしたらもっとおいしいんだろう」「これとこれを足すともっとおいしくなるのでは」と試します。足します、引きます、かけます、割ります。挑戦します。えらいねっ、こういうのは。私なんか、けっこう今迄の経験での料理が多すぎだわ。未来への料理に欠けるわね。いかん、いかん。「明日に向かって作れ」だね。今日もなかなか凄いもん、持ってきたぞ。

まずは、マリネした手羽を「タコヤシ」の葉で巻いて揚げた一品でござい。おぉ、スタイリッシュじゃん。シソの葉しか使わないおばさんにとって「タコヤシ」はかなり新鮮でした。ちゃんと生の葉も持ってきてくれました。独特のいい香りがします。こんなのどこで手に入れるのでしょうかねぇ。これはチャイナタウンをかなり知ってないと捜し出せないよね。

f0056476_1057255.jpg

うちの旦那さん「これは旨い! 120点!」と思わず点数つけてました。何が120点かというと、レモングラス、ミント、ニョクマム、その他いろいろ入っているハーブやスパイスが絶妙に全部マッチしているんですよ。でしゃばらず、消えてないんです、いろんな味が。そして、ライムが全部をビシッとまとめてます。海老にその香りが滲みて、こりゃ旨い。キュウリにも滲みてこれも旨い。口の中に入れると、ホワーンとエキゾチックな香りが漂います。そして辛味がくるんですが、スーッと抜けていきます。後味はとてもさっぱりしている。やるなぁ。こりゃなかなかできる味じゃないよ。今度、これ、教えてください。エクセレント。

f0056476_10574781.jpg

牛肉の冷しシャブシャブでございます。これもなかなかパンチが効いてます。水っぽくないのがいい。もうパクパクいっちゃいましたねぇ。

今日も、刺激のある御馳走をありがとう。夫婦でゆっくり食べさせていただきました。また作ってねぇ〜。ごちそうさま。
by machikogunji | 2006-07-29 10:57 | アジア | Comments(2)
NYお魚解体主婦・3号、4号デビュ−作
f0056476_92665.jpg

この前、魚のおろし方&ちょっとした料理をゆかりさんに教えたことがスモール反響を得て、「私もやりたい」主婦が何人か出現。ではと、本日もお2様、うちにお越〜し〜となりました。初代魚解体主婦であり、今ではすっかり「魚釣りたい主婦」に変身したおたまちゃんも、助手として駆けつけてくれ、おもろい金曜日となりましたん。

ヒラメとシーバスを魚屋にまた一緒に買いに行き、タコも買い、うちで解体ショーです。今日はどっちの魚もずいぶんカニを食べてましたねぇ。おろして、にぎり寿司ごっこで、今日はちょっとお魚解体主婦3号のトモちゃんが持ってきてくれたチリワインも飲んじゃったりして、盛り上がり、食べ、お魚解体主婦4号となった陶芸家のヒーちゃんの作ったお皿に盛り付けて乾杯と昼間っから。お2人とも手先器用で、まぁ、ずいぶん立派に解体でき、皮もきれいに引けました。寿司も初にぎりです。ヒラメのバッテラも上等なのができました。刺身もいい感じに仕上がりました。バッテラと刺身はおみやげです。タコもおみやげ。おつかれさんでした。

f0056476_922068.jpg

これは、あまったヒラメのクズとちょっとギザギザになってしまったエンガワを梅干しで和えておつまみです。桜の葉っぱは、農業系主婦である英代ちゃんちの庭先の桜の木からです。器は、ヒーちゃん作。もうすごいです。みんなの作品であります。主婦はあなどれないよ。

f0056476_93660.jpg

左から第4号、1号、3号です。けっきょく、今日時間切れとなった、巻き物とヒラメ茶漬けはまた来週の金曜日ということになりました。

★3号ともちゃん、4号ひーちゃんの感想
by machikogunji | 2006-07-29 09:10 | 和食 | Comments(0)
おこげのキクラゲあんかけ
f0056476_11314782.jpg

白菜が残ってたので、キクラゲ、紀文のおでんセットで中華料理です。紀文のおでんセットは、5ドルもしないで、ちくわ等の練り物が5種類ぐらい入ってるんで、こういう八宝菜っぽい料理の時に使うと便利、安上がりです。ハンペン以外のすべての練り物を食べやすい大きさそれに切って、白菜、にんじん、筍、ネギと一緒に炒めます。キクラゲはどうしても入れたかったので、1袋水で戻して砂をかみそうなところはきれいに掃除して加えましたよん。ご飯の残りはフライパンで「おこげ」に。一番、今日の夕飯で手間がかかったのはこの「おこげ」だったわん。

f0056476_984136.jpg

昨日のヒラメ、ちょっとだけ残しておいて今日の前菜にしました。少ないので、お花盛り付け。単に丸めただけですけど。また夜釣り行きたいとチャンスすでに狙ってます。

f0056476_9204266.jpg

あとは、冷やッ奴。大根とナスの漬け物とショウガを一緒にみじん切りしたのをネギと一緒にかけてます。
f0056476_9205796.jpg

ぬか漬けです。これはほぼ毎日食べてるんですが、ブログにはあんまり載せてないので、今日は載せてあげました。本日は大根と白いナスです。少々漬かり過ぎ。早くたべなきゃ。
by machikogunji | 2006-07-28 09:23 | 中華 | Comments(3)
アムステルダム風しめスナッパー
f0056476_347276.jpg

師匠からいただいたブルーフィッシュの子供である通称「スナッパー」。鯛を一般的にスナッパーと言いますが、これは違います。あくまでもブルーフィッシュのお子さんですあります。この魚、あんまり美味しいとは言えない魚です。チャインタウンあたりで見かけたこともありますが、まず、私は買って食べたことはないです。フライや空揚げ、南蛮漬けにするといいと思いますが、手のひらサイズの小さい魚なんで、面倒臭いのが先に立ちます。

しかし、今回は、師匠から「このスナッパーを、この前グラセンで食べたあのニシンのように料理して僕に食べさせてくれ」と言うので、やってみました。そうしたらけっこうおいしく食べられることを発見。やってみるもんですな、なんでも。レシピは釣り仲間の英代ちゃんが、この前のニシンを食べた後、新鮮なバターフィッシュ(えぼ鯛)で試してみたら、美味しかったというので、そのやり方を参考にまずは試しにやってみた次第です。

レシピはいたってとっても簡単。しかし新鮮な魚でないとできません。釣ってすぐでないと鮮度はかなり落ちますので魚屋の魚ではどうでしょうかねぇ。自信ないです。なんでかっていうと、軽く塩でしめて、酢もさっと魚を洗う程度しか使わないからです。塩と酢でがっちりしめるならば、魚屋のでもOKですが。今回は、釣ってすぐのスナッパーを、3枚におろし(骨がかなりきついので、ニシンのように残すわけにいかず、きれいに取ります)、塩を全体に軽く振り、15分ぐらいペーパータオルの上に置いておきます。次に酢に魚をさっと通して、ベジタブルオイルに漬けます。これでできあがり。オイルはベジタブルオイルがなかったので、コーンオイルとオリーブオイルを半々にしたものを使ったのですが、オリーブオイルは香りがあり過ぎて魚本来の味がわからなくなります。これはやっぱりあの無色透明サラサラのベジタブルオイルにするべきです。これに、あのグラセンで食べた時のように玉葱のみじん切りとゆで卵のみじん切り、それにパセリ(あいにくなかったのでシソの葉の千切りで代用)をまぶしてどうぞ。うーん、近い、近いぞ、グラセンのアムステルダム・ヘリングに。もちろん脂のノリはぜんぜんアムステルダムにかないませんが、オイル漬けにすると、脂ののってないこういう魚も美味しく食べられるってことがわかりました。今度、森さんが釣ってきてくれたら、ちゃんとベジタブルオイルに漬けて、試食してもらうつもりです。食べにくい魚をおいしく食べるように料理する「心意気」、大事ですね。

f0056476_4332234.jpg

★スナッパーって魚について
これがいただいた時のスナッパー君の捌かれる前の最後の記念写真です。いい色に輝いてます。見た目、「鰺(アジ)」みたいですが、味は別物です。脂がのってません。今、NY近郊の海で釣れてます。こいつら、さすがブルーフィッシュの子、ものすごく元気で、釣りで糸を垂れたら、一気に群がって餌を取って行きます。非常に困ったやつらです。だって、目的の魚まで、餌が届かないうちに、取って喰っちまうんだから。強力なエサ取りチビ軍団です。昨日、ヒラメが釣れたのは、グリーンポートには未だ、このチビッコ軍団が登場してないからみたいなもんです。いたら釣りになりません。あぁ、これがみんな鰺だったらなぁ。もう食べ捲っているのに。今度生まれて来る時はぜひ「鰺」になってきてね、スナッピー君たち。

★このスナッパーの親「ブルーフィッシュ」について
by machikogunji | 2006-07-28 04:43 | Comments(2)
岸からヒラメ、ヒラメから薄造り
f0056476_13105678.jpg

快挙。岸からヒラメが釣れました。
昨晩10時半にうちを出て、ドライブ2時間。ロングアイランドのグリーンポートのフェリーのりばの桟橋に徹夜の夜釣りに女2人で行ってまいりました。今日のパートナーは、おたまちゃんです。旦那さんの許しが出た(無理矢理押しきり)ので、おたまちゃん岸からのヒラメ釣りデビューです。このところ、へそくりを叩いて釣り船に乗っているにもかかわらず、パッとした釣果が出ず、くやしい思いをしていた私達。今日は、桟橋からなので、もちろん船代フリーのただです。でも、この桟橋からヒラメ釣るのはそうそう簡単なあことではないのよね。まず、私が釣り上げて、そしておたまちゃんも、待ちに待って夜明けに1匹見事釣り上げました。夜通し、漁船の停まっている誰もいない桟橋で、フードかぶって、一晩中、竿を振り回す日本人の主婦は、たぶん世界で私たちだけでしょう。天然記念主婦であります。
お昼前には無事帰宅。仕事が休みだった旦那さんから「ようやった。ようやった」とお誉めの言葉をいただき、思いっきりビール飲みながら、旦那さんの作ってくれた「ヒラメの薄造り」に舌鼓。うまいのー、おたまよ。久々の快挙でございました。そして午後、爆睡。こんな日もあってよかろう。
by machikogunji | 2006-07-27 13:11 | Comments(5)