ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
<   2006年 05月 ( 58 )   > この月の画像一覧
ローストビーフ・にんにく辛子醤油/サマーロール
f0056476_124061.jpg

月曜日が休日の次の日火曜日は、何かと忙しい。その上この暑さとくる。こんな時に限って外出しまければいけないことが重なるのは私だけ? マンハッタンのストリートは灼熱であったよ。いつものごとく、いきなり夏だよ。朝から用意していたローストビーフをクーラーをぎんぎんにしてオーブンで焼いた。今日は、醤油ベースのタレをちょびちょびかけながら作った。って言っても、オーブンが作ってくれるようなもの。肉の具合と温度の具合がなぜかうまくいって、素敵に焼けたゎ。紫玉葱のスライスを敷いて包丁で薄く切ろうとしたけど、肉が動いて厚さがまちまちになってしまったわい。にんにくを摺りおろしたのと和辛子、醤油で食べました。暑い日の肉料理。
f0056476_1241516.jpg

f0056476_1252745.jpgローストビーフの端っこと表面を細切りにして、キュウリ、リーフレタス、チャイナタウンの30セント春雨をくるくるっと巻く。細巻きのお寿司は最近うまく巻けるようになったが、サマーロールの巻きはまだまだ甘い。ビシッと巻いてみたいなぁ、ビシッと。
タレは中国の甘い味噌「テンメンジャン」にタマリンドソースを少し入れて酸味を加え、インドの「ココナッツ・チャツネ」も入れて、少し水で薄めたのをこしらえました。サマーロールにするとなんでこんなに野菜がバクバク食べれるんだろうねぇ。

あとは、トマトに塩とマヨネーズ。トマトをしっかり冷しておくだけで、こんなにおいしい一品ができるとはトマト、偉い!近々、1箱トマトを買って瓶詰めに挑戦しようと思ってます。って毎年言っているんだけどね。なかなか実現しない。でも、今年はブログのおかげで料理仲間ができたので、必ず作ってみせるぞい。
しっかし、野菜がグーンとおいしくなってきましたよね。サラダの他に煮びたしとか作って冷蔵庫で冷して前菜で食べるってのも夏の定番メニュー。これに豆腐でもあったらじゅうぶん夕飯の前菜になるので、手間もかからずいいです。煮びたしにする時は、うちでは、必ず野菜を最初にごま油で炒めてから煮ます。するとコクが出ておいしくなりますよ。茄子、ズッキーニ、スクワッシュ、オクラ、いんげん豆、どれもおいしい。煮る時間は短くしてあとは、漬けて味を含ませるのがポイントです。甘めに作っておいた方が冷えてからおいしいような気がする。あと、ちょっと唐辛子を入れるとピリッとしてさわやかな味になりますよ。
f0056476_1254977.jpg

最後は「ネギ焼そば」です。なんでもない焼そばですが、今日は他のメニューが冷たいものばっかりだったので、おいしく感じるんだよなぁ。みなさん、がんばって料理して、暑さに負けず、もりもり食べましょ。
by machikogunji | 2006-05-31 12:19 | 和食 | Comments(0)
白ナスとベーコンのパスタ/ハムサラダ
f0056476_026247.jpg

なーんか、今年の夏はすっごく暑くなりそうだなぁ。今日も異常に蒸し暑いよ。お昼はさすが、素麺ツルツル。なので、けっこう夜はお腹がすいていて、買い物に行っても「今日はなんかおいしいもの作るよ」という気になる。お腹いっぱいでマーケットに行くと、何を作ろうかっていう想像力と判断力が欠けてしまう。その代り無駄使いはしないけどね。
さて、今日の特売は、「ベーコン($4.99→2.99)」「スライス・ハム($2.99→1.99)」であったので、購入。帰りに八百屋でまたオランダ産の白い茄子、その他の野菜を買い、スパゲティーに決定。この蒸し暑い季節は、モノがすぐ痛むので注意、注意!ハムとかもきちんと日付けを見て買わないとだめよん。なるべく食べ切るようにしてます。ガーリックを炒め、ベーコンを放り込み、茄子も入れてよーく炒めて、皮を取ったトマトのコマ切りと缶トマトソース、ケチャップ、コンソメちょっとを足して煮込む。パスタを茹でてそれを絡めてできあがり。旦那と世間話をしながらビール飲んでたら、パスタ茹でているの忘れてしまい、ちょっと伸び気味だったけど、濃厚なソースでからめたので、まっ、よいとしましょう。ビールを飲み始めると料理のことを忘れてしまう私、料理終わってから飲むべきだな。
f0056476_0263577.jpg

パスタの前の前菜に「喫茶店風ハムサラダ」を作りました。旦那が、「昔、サラダのことをおじさんたちは『生野菜』と呼んでたよな」と言い出して大笑いした。そうだったっけ。ハムサラダには、塩・こしょう・マヨネーズです。最近のキューピーのマヨネーズの蓋部分が2段仕様になっていて、上のキャップを開けると細く出る穴、下が普通の太さで出る穴になってるんですよね。最近気がつきました。だから今日もこんな風に、とっても喫茶店のノリを再現できたよん。
f0056476_033849.jpg

昨日釣ったひらめの刺身、これで終わり。高いヒラメについたけど、楽しく釣りが出来て、今日の朝なんかは、もう筋肉痛ではあったけど、運動した後の爽快な目覚めをひさしぶりに味わえたし。次回の釣りはもとを取る釣りにしたいもんだ。
by machikogunji | 2006-05-31 00:33 | 洋食 | Comments(0)
魚屋で買ったヒラメでもできる「懐石風椀もの」
f0056476_22422510.jpg

この季節、釣りに行かずとも魚屋のヒラメでじゅうぶん「ヒラメ御馳走」が作れますよ。まず、魚屋で丸ごとのヒラメならフィレにしてもらって、もうおろしてるものならフィレを買います。1人フィレ半分か、それ以下でもじゅうぶんな量です。それを包丁をななめにして薄めの削ぎ切りにします。ちょうど「にぎり寿司」のネタっぽく切ってください。それに塩をしてお酒をちょっと振り掛けて、片栗粉をうすくかけておきます。ここで余分な粉は払っておいてください。あとで口に残ってしまうので。市販の味噌汁用の「ふえるワカメ(塩漬けワカメなら塩気を取っておく)」を水で戻して食べやすい大きさにして水をしっかり切っておきます。ボウルに卵2個分の卵白だけをメレンゲ状態に泡立て、ワカメとメレンゲ卵白を軽く混ぜ合わせて丸く団子状態にして、その周りにヒラメを張り付けるように丸くします。これを中火で蒸します。蒸す時、蒸し器の下に昆布を敷いて蒸すとより一層おいしくなります。彩りに私は、桜の花の塩漬け(あらかじめ塩は抜いておく)を上にのっけました。すぐ火が通り、固まればいいわけなので、時間は調整してください。椀に盛って、葛もしくは片栗粉でトロミを出したすまし汁(市販のものでもOK)を作ってそっとかけてできあがり。ややこしそうですが、作ってみるとそうでもないよ。1度作ると要領がわかって、2回目は楽にできます。ヒラメに限らず白身の魚だったらなんでもおいしいですよ。挑戦してみてください。
by machikogunji | 2006-05-30 23:00 | Comments(0)
釣りたてヒラメ「グンジ家」流
f0056476_171538.jpg

f0056476_023914.jpg


釣りの後ってのは大変です。朝かなり早く起きているのにもかかわらず、船に乗ると夢中になって、一日中陽射しの強い中、魚と格闘するわけです。帰りの車の中では、もうクタクタ。そしてうちへ戻り、涼しい部屋でカウチにでも横になってビールでも飲んでしまったら、もう最後、まちがえなく眠りこけてしまいます。だから、私はうちのドアを開けたら絶対に座りこまないで、そのままキッチンに直行。まず、魚を取り出し、刺身や干物なんかに処理し、キッチンを元のように綺麗にした後、釣り道具やクーラーを水洗いし片付け、そして竿とバケツ持参で風呂に入ります。シャワーを流しながらバケツや竿を洗い、そして自分も洗うという、なんかてんやわんやの状態ですよ。そこまでしないと、釣りに行った価値が薄れると思ってます。独身ならいいですが、旦那もいるんでしょうがない。

今日は、釣りの後、たまちゃん夫婦がうちに寄ったので、「おいしいヒラメの中で特に美味しい食べ方」を教えてあげました。たまちゃんがおろしたヒラメで、まず「ヒラメの肝のさっと煮付け」。これは釣りに行って仕留めたヒラメじゃないとできない一品です。そして、「刺身」をちょっとと「釣り立てのヒラメのにぎり寿司」を披露。最後の決めては、私がヒラメ料理の中で一番おいしいと思う「ヒラメ茶漬け」です。炊き立てのごはんを丼によそい、あらかじめ醤油とみりん、酒に軽く漬けたヒラメの刺身を並べ、わさびをたっぷりのっけます。食卓にこれを持っていき、食べる直前に、ヒラメの骨と昆布、塩だけでとったスープをかけて食べるんです。はっきり言って、旨いよこれは。新鮮ヒラメの醍醐味をとくと味わえる名品です。たまちゃんとジェイソン、丼にたっぷり作ったこのヒラメ茶漬けを実にみごとに、あっという間に食べ切り、帰宅。

さぁ、お次はうちの旦那さんの夕飯の用意です。今日は1匹しかヒラメちゃんがいないので、まずは、刺身。エンガワはかなり大きく切ってあります。わさび醤油もおいしいけど、塩とレモンってのも、かなりいけてる食べ方です。

もう一品は、「ヒラメのフライ(写真トップ)」です。この料理の醍醐味は、刺身で食べられるヒラメをあえてフライにしちゃうっていう「贅沢感」です。超フワフワで、臭みがかけらもないおいしいフライができます。うちの旦那はこれが大好きで、とんかつソースを思いっきりかけて、相変わらず定食屋系で食べてました。私は、とんかつソースとは別に、レモンを搾って何にもつけないで食べました。大変楽しい一日でした。

来週日曜日は、森師匠と一緒に、長年通ったロングアイランドのサフォーク郡で小舟に乗っての「ポーギー(小鯛)釣り」のレポートとお料理を紹介します。お楽しみに。
by machikogunji | 2006-05-30 00:26 | Comments(0)
ヒラメ釣り@ハイランド・NJ州
f0056476_1116294.jpg

たまちゃん夫婦が釣りデビューを果たしました。その上、でかいヒラメも釣りました!
日曜日、某日系保険会社の社長さん運転の新車ワゴンに乗って、社長の細ヤン、細ヤンの部下とその息子ちゃん、友達夫婦たま&ジェイソンと私でニュージャージー州のハイランドっていう所にヒラメ釣りに行った。乗り合い船は「アングラ−号」。うーん、ブルックリンの客層に比べてとっても品格がよろしかった。私がいるため、私達のグループが一番品が劣っていたわね。初めて乗る船なのに私の態度はでかいのよ、チビなのに。今日はたまちゃん夫婦にみっちり釣りのノウハウを教えたるでぇと、仕掛けを作り、針の結び方とか釣る時のコツとかを伝授。料理の伝授よりもこっちの方が性に合ってるなぁ、やっぱり。サングラスにくわえタバコで完全つきっきりで教えましたよ。そうしたら、たまちゃん、でかいのを獲得しましたぁ。しかも教えた私よりもはるかにデカイのを。いやー、素晴らしい弟子というか、初めて一緒に行った釣りでもう師匠を越えちゃったもんで、参ったよ。結局船で2番目に大きいヒラメを釣っちゃったんですわ。もう少しで、船のみんなで「賭け」をしてたお金が全部たまちゃんに入ることになりそうでしたが、最初からうちらのうるささと実力の凄さ?に睨みをきかせていたおばちゃんの息子のひらめが一番大きかったんですがね。釣果は社長が2枚、あとはみんな1枚づつ。最後にたまちゃんが制限サイズぎりぎりのを釣り上げたんだけど、船の人に「ねっ、ねっ、これキープだよね、だよね」としつこく詰め寄ったんですが、残念ながらリリース。くやしがってました。

このひらめ釣り、年々釣っていいサイズが大きくなって、今年はニューヨーク州で18インチ以上、ニュージャージ州は16.5インチ以上となっている。法律とは変なもんで、ニューヨーク州の港から出た船は、たとえニュージャージー州から出た船と同じ所で、ヒラメを釣り上げても、この規定を守らななければならないため18インチじゃなくちゃいけない。今日の釣り場は、ニューヨークの船とニュージャージーの船と同じところで釣りだったので、それならみんながキープ出来やすい船に乗ろうと、細ヤンが気をきかせてくれて、シープスヘッドよりも遥かに遠いニュージャージー州のハイランドまで私たちを連れて行ってくれたんです。ほんまに、もうやさしいおっちゃんですわ。もし、今日ニューヨーク州からの船に乗っていたら、ヒラメを持ち帰れていたのは、たまちゃんだけだったわけだったんです。
by machikogunji | 2006-05-29 23:13 | Comments(0)
下町居酒屋&中華屋メニューの夜
f0056476_13344857.jpg

はい、今日は日本語テレビ放送でうちの旦那のフェイバリット番組「菊次郎とサキ」があるので、夕飯は下町風です。このドラマ、足立区の梅島が舞台なんですが、うちの旦那の実家の近所で、昭和30年代の頃の事細かな光景が再現されていて、もう欠かさず見ているんですよ、懐かしくて。「喜劇は悲劇」っていうことを聞きますが、この番組を貧乏が産んだ悲劇と取るか、喜劇と取るかはその人次第ってとこあります。このドラマで必ず出てくるシーンで菊次郎が近所の焼き鳥屋で1杯ひっかけるってのがあるんだけど、それを見ながら、うちも焼き鳥です。あとは、茄子の煮付け、おひたし、茄子ときゅうりの糠漬け。それに今日は夏のように暑いんでビールです。プシュッと缶開けるいい音がします。
f0056476_1335240.jpg

最後は、炒飯、いや、今日は「ヤキメシ」と呼びましょうか。横に真っ赤な福神漬けです。こういうメニュー、癒されるみたいです、うちの旦那さんの場合。
by machikogunji | 2006-05-28 13:46 | 和食 | Comments(0)
「ちょっと1杯呑んでけセット」と「ロングアイランドダック」
f0056476_836839.jpg恒例「青春料理教室」の本日のネタは「ダック」。まやちゃんもまいちゃんもダックは料理したことないのでぜひやってみたいということで決行。グランドセントラルステーション・マーケットの肉屋のロングアイランドダックがこの前美味しかったので、それを購入。アプリコットとドライ・フィグ(いちじく)の2種類のソースでお試しの焼きもの、それと和風の「鴨煮」を作ってみました。盛り付けの前にソースの味見はしてもらっていたんだけど、実際2人ともソースかけ過ぎで、ジャムパンみたいに写真に写っちまいましたぜ。わっはっは。これあくまでもいい感じに焼けた、そして味もしっかりついたダックなんですがねぇ、お嬢さんたち。

前菜は、仕事帰りの「ちょっと1杯」を想定しての、「焼き鳥」「茄子煮びたし」「ほうれん草の海苔巻き胡麻まぶし」のセットです。焼き鳥は、今日のうちの旦那の夕飯に作ろうと思っていたのをちょっと拝借してですが。

そして「鯖のバッテラ」です。なんでこう鯖のバッテラは人気があるのでしょう。みんな口を合わせたように食べたいと言います。若い人も年寄りも。マヤちゃんは1回作っているので、手際もよくほぼ完璧に覚えてました。好きなものはさすが覚えるの超早いです。マイちゃんも大喜びでなかなかどっしりしっかりしたバッテラができました。昨日も今日もみんなお土産で持って帰ったため、写真が撮れなかったのが残念ですな。ダックはフライパンで焼いたのと、焼いて、蒸して、出し汁で煮たという手間をかけたのを作ったんだけど、フライパンで焼いた方がおいしかったですね。もっと時間があったらじっくりできるかもしれないけど、とりあえず手順だけを教えたってところです。今日もお腹いっぱいになって2人共おうちに帰りました。

しっかし、熱心な若者たちですよ、お2人は。料理の腕どんどん上がってますわ。なーんかこっちの方が四苦八苦してきてます。
by machikogunji | 2006-05-28 08:53 | 洋食 | Comments(0)
おたまちゃん作の「豚の漬けダレジュージュー」
f0056476_13433286.jpg

ブログを始めて約半年、いろんな人からメッセージをもらい、こういうのって本当うれしいねぇ。今日はその中で日々交流を深めていった「おたまちゃん」がうちにやって来たよ、たくさんのお土産を持って。ブルックリンの海側に住むおたまちゃんは、ボストンの大学を卒業して御主人さんとニューヨークに越してきたそうだ。来年にはこっちの料理学校で本格的に料理の勉強をすると張り切っている。それまでは、自分で歩いて調べて食べて料理修行。私のブログを見て旦那さんとシープスヘッドに釣りに行って、ひらめが3枚も釣れたそうな。持って帰りおろして自分たちの釣ったひらめのお刺身を食べ、釣りの楽しさ、そしておいしさに「これが人生だよね」と夫婦で感じたそうだ。そうなんだよ、それが人生さッ! そして、目下釣りにはまっている。電話やメイルで、NYの釣り情報、道具、料理の仕方などを質問されたが、これはちょっともう電話やメイルでは話し切れないので「うちに来てくれ」ということにあいなったのだ。初めて会ったおたまちゃんは想像以上にでかかった。いつも行儀の悪いうちの猫「たまちゃん」は、彼女と私の会話に何度も「たま」という言葉が出るので、すこぶる機嫌がよく行儀もよかった。「たまちゃん」と「おたまちゃん」、どちらもおもろい奴である。いろいろな話をして、2人で魚屋へ出向き、シーバスと鯖、イカを買って「魚のおろし方」「〆鯖」「バッテラ」「にぎり」「刺身」を一緒に作った。そしておたまちゃんの旦那さん用土産も作った。

うちの夕飯は、おたまちゃんが作ってきてくれた豚肉のマリネを、これまた重いのに「ぜひこれ使ってみて」と持ってきてくれたグリルパンで焼いた「豚肉の漬けダレ焼き」。びっくりするほどお肉がジューシーで柔らか。やるなー、おたまちゃん。こりゃ、かなり料理上手と見たぞぃ。ごちそうさまでした。
f0056476_1344721.jpg

あとは「しめ鯖」。チャイブとアルグラの花、うちのシソを一緒に盛り付けたら、あら、しめ鯖がかわいくなっちゃったよ。お花畑のしめ鯖ちゃんって、「ミッキーマウスのモンモン入りのやくざちゃん」って感じでキュート。
f0056476_13444238.jpg

イカ刺しはシンプルです。魚屋のイカちゃんですが、時期的に刺身にできるいいのが入っていたので、おたまちゃんにイカの解体作業の手順を伝授、あとは2人で握り寿司にして食べ、その残りを、いやちゃんと取っておいた分を旦那用の刺身にした次第ですわ。
f0056476_13442859.jpg

あと、この前見つけた白とまだら紫(これ英語名が、エッグプラント・グラフィティーってなってました。ホー。)のヌカ漬けができあがったので食べてみました。皮も薄く、実もつまっていて、こっちのナスの中で一番、煮てもよし、漬けてもよしの部類に入るな。悪くなかったです。

今日はおたまちゃんとの初対面でいきなり2人で寿司大会となったほど、意気投合で楽しかったなぁ。これから彼女と濃いつきあいが始まるかと思うと、すごく楽しみです。ブログのおかげです。
by machikogunji | 2006-05-27 22:31 | アジア | Comments(0)
自家製手作りキムチはやっぱり違うよ
f0056476_13152942.jpg

たまちゃんが、グンジ家のために、グンジ家のためにだよ!漬けてくれた白菜キムチとカクトゥギを持ってきれくれた。この中にはいろいろなものが入っているそうだ。味の決め手は、旦那さんのお母さんからもらったという秘蔵の粗挽き粉唐辛子「コチュカル」。今まで食べたキムチの中で一番おいしかったよ。自家製手作りはやっぱり味が違うよ。格別に旨い! 冬になったら教えてね、作り方。
f0056476_13154510.jpg

そして他にもお土産をいただきました。なんでこう、うちの好物知ってるのかね。知らぬ知らぬうちにブログに書いていたんだなぁ。

さてそれはなんざんしょ?
by machikogunji | 2006-05-27 13:33 | いただきもの | Comments(0)
インド系に「待った!」かかる
f0056476_664732.jpg

このところ、南アジア系の食べ物が食卓に上ることに旦那から「待った!」がかかった。冷蔵庫の中はインド、マレーシア、タイのスパイスやソースでぎゅうぎゅう、料理もやらたとレモングラス、ターメリック、コリアンダーなんかを確かに入れまくっていた。外食をしていない私としては、どうしてもいろんなものが、刺激のあるものが食べたくなる訳で、でも、旦那としては和食中心のおだやかな食事、そしてたまに洋食系というのが理想だと言う。漬け物、おひたし、焼き魚、煮物、刺身、ごはん、蕎麦、うどん、それにたまに焼そばとか、八宝菜とか、ハンバーグとか。なんだそうです。だから、今日のカレーはかなりゴリ押しの一撃だったようで。すまん、すまん。私はこの夏、どうしてもインド系のスパイスを自分のものにしたいという意欲が満々で、食べてみなきゃあわからんのでいろいろ食べ慣れないものを昼間喰いあさっており、カレーはその集結されたメニューと、まぁ、けっこうスパイスを入れ、ついでに中近東系のものも突っ込み作ったのがいけなかった。「カレーもたまにいいけど、SBにしてちょー。そしてご飯はジャスミンライスじゃなくて日本の米にしてね」と言われてしまったよ。
ってことで、当分南アジア系はよします。でも、いろいろ知りたいんだよねー。お昼にたべよっと。
by machikogunji | 2006-05-27 06:19 | アジア | Comments(0)