ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
<   2006年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧
たまにはヨソの味「カツレツ」
f0056476_0195717.jpg

今日の夕飯は、料理上手の浅田家にイカを持ってったついでに、夕飯をもらって帰りました。ヤッホー!だから、うちでご飯作らなくていいのよねー。何にも献立考えなくていいのよねー。だから、ギリギリまで浅田家にいて、奥さんのひろこちゃんとシャンパンなんか飲みながら、世間話をしてゲラゲラ言ってました。とりあえず、持ってったイカはキッチンを借りて、刺身用に切って盛り付けてあげましたよーん。だから浅田家も前菜が1品増えたってことで喜んでました。気がついたら、あれっ、うちの旦那の帰ってくる時間だわ。いけねーっ、いけねーっ。ちょっと酔っぱらいつつ慌てて帰ったけど、夕飯あるもんねー。急いで作らなくていいんだもんねー、今日は。

もらって来たメニューは、「カツレツ」「そら豆の炊いたん」「アスパラガス」、おまけに彼女の手作りの「レモン・マカロン」と「マドレーヌ」まで付けてくれました。「カツレツ」はオーブンで少し温め直して、半分はそのままソースかけて、半分は葱、卵、出汁でとじて「カツ丼の頭」にしました。アスパラは、私は茹でただけで、旦那はトマトとイカを加えてマヨネーズ醤油で炒めてソテーに。「そら豆」は美味しすぎて私1人でビールのつまみで食べちゃったよ。
by machikogunji | 2006-04-30 00:15 | 洋食 | Comments(0)
手作りマドレーヌとレモン・マカロン
f0056476_21564620.jpgイカのお裾分けが、ひろこちゃん手作りのおいしいマドレーヌとレモン・マカロンに。マドレーヌは2種類、プレインと抹茶味の甘納豆入り。明日、息子の学校でバザーがあってそこで売るそうです。レモン・マカロンのかわいいことったら! さすが、プロのペーストリーシェフの作るお菓子は違うね。申し分なくおいしいです。夕飯までもらっちゃって、助かりました。いつも、ありがとう。
by machikogunji | 2006-04-30 00:01 | いただきもの | Comments(0)
つつじの花
f0056476_235444.jpg●加川夫婦から「つつじの花」と加川作「特製そばつゆ」
釣ったイカのお裾分けをしたら、こんな素敵なモンが返ってきちゃったよ。奥さんのつかさちゃんから「つつじの花」です。きれいですね〜。もうすぐ5月だし、いいよね〜、こういう旬のお花を家で飾れるなんて。つかさちゃんは熱心に生け花教室に通っていて、いつも加川家はつかさちゃんのいけたお花があります。とっても素敵です。もう1つ、今度は旦那の加川君が、彼の作った「特製そばつゆ」を持ってきてくれました。うちが毎日お蕎麦を食べるのをよく知っている「うちには超うれしく現実的なプレゼント」なんですよねー、コレ。どうもありがとう。
by machikogunji | 2006-04-29 02:10 | いただきもの | Comments(0)
釣りたてイカで「イカ墨パスタ」と「カラマリ・フライ」
f0056476_1283091.jpg

夕飯は妻が釣って来たイカで、旦那が料理をするという、よその家と反対のパターンでございます。妻がひと風呂浴びて出てきたら、食卓には今日のイカ達がイタリアンに姿を変えて並んでおります。旦那が「おつかれまさでした」とねぎらいの言葉と共にビールをコップに注いでくれます。「いやいや、悪いね〜」と私は調子に乗って、ビール一気飲み。

f0056476_134760.jpgさて、今日の旦那さんのお料理は、まず前菜に「カラマリ・フライ」です。釣りたてのイカを輪切りにして、塩、こしょうの味つけだけで衣を薄くつけて揚げ、たっぷりのレモン汁をかけて食べます。つけ合わせは別盛りの完熟トマト。新鮮なイカをこうやってフライにして食べる時は、もう塩こしょうだけで充分なのでトマトソースでごまかす必要なし。サイドのみずみずしいトマトがうまいっす。

メインは、「イカ墨パスタ」です。今回釣ってきたイカは「槍イカ」なので墨袋がとっても小さいため、大きいめのイカを選んで6つの墨袋を取り出して作りました。新鮮なので、臭みはまったくありません。ガーリックをよーく炒めてイカの輪切りを少し入れ、パスタを加え、ここで、ちょっとスパイシーにするために中近東のとんがらしのペースト「ハリッサ」を少し加え、イカ墨を入れてからめてできあがり。超シンプルなパスタですが、墨の独特の風味がまろやかに口に広がり、格別においしかったです。フライパンいっぱいに作ったこのパスタ、旨すぎてほぼ私が全部食べてしまいました。半分はこのままで、半分は デパーロのとってもおいしいパルミジャーノ・レッジャーノをかけてバクバクでしたね。旦那のイタリアンは本当にいつもおいしいですが、このイカ料理2品は特別おいしかったです。だって私の釣ったイカだもん!
by machikogunji | 2006-04-29 01:59 | Comments(0)
ゴクゴクと醤油を飲むイカの沖漬け
f0056476_1236258.jpg

正真正銘のイカの沖漬けをイカ釣りの最中に仕込みました。作り方は醤油と味醂と日本酒で作ったタレに、釣れたばかりの生きたイカをポチョンと落とします。すると、イカが牛乳を一気飲みするような「ゴクンゴクン」という大きな音をたててタレを飲むんです。本当に「ゴクンゴクン」という飲む音が聞こえてくるんだよ。びっくりです。あんなに一気に醤油飲んだら人間様も死んじゃうだろうね。これでできあがり。体全体にタレが染み込み、それを1日ぐらい置いて輪切りにして食べます。うちの旦那さん、これが食べたいために、「イカ釣ってこい」と言ったんですよ。味は絶句するほど旨いです。酒の肴には、最高の珍味です。
by machikogunji | 2006-04-29 01:16 | Comments(0)
イカ釣り敢行
f0056476_045533.jpg

今日の私は朝帰りです。イカ釣り行ってきましたよ。しかも女2人で、車ぶっ飛ばして。ちょうど50パイの釣果でした。ロングアイランドのグリーンポートに到着したのは、深夜12時。案の定、フェリー乗り場のピアは人でいっぱい。世界3大イカ好き人種である韓国人、ギリシャ人、日本人で埋め尽くされています。私は人混みを避けて、いつもかなり遅く、しかもウイークデーに行くのですが、木曜の夜にもかかわらず思った通りいっぱい。この人達が引いていく夜中の3時過ぎが狙い目です。
f0056476_0463384.jpg

3時過ぎ、だいぶん人も減ったので、自分の好きな場所が確保でき、没頭します。今日は、明日が新月(イカを釣る大事なポイントは、仕掛けた灯にイカが集めるため、月明かりのない「新月」がいいとされてます)なので、日の狙い目として最高の夜と言えます。だいたい1時間ごとにイカ達が沖からここに回ってきて「入れ喰いタイム」がやってきます。岸壁のすぐ手前でボコボコ釣れます。早い時間には大きいサイズの群れが、明け方に近づくにつれ、小さいサイズの群れがきました。大きいのはオスで、私は小さいサイズのメスの卵がパンパンに入っているのが料理してもおいしいので、大好きです。朝の5時過ぎ、入れ喰いタイムの間隔がだんだん短くなり、一気に釣れ始めます。明け方がいいのは、長年の経験で知ってたので、それに遭遇できてうれしかったなあ。朝、6時半。あれだけいた釣り人も、残すところ私と、毎年この桟橋で会うコネチカットから来ている韓国人サラリーマンの人だけとなり、夜が明け、やっとお互いの顔が見えて初めて「おお〜、あんただったのねっ!」ってことになりました。「やっぱりあなたは、今年も最後までしつこくイカを追いかけてたんですね。お久しぶりです。」と誉め言葉か、嫌味かよくわからないあいさつをされたので、「あんたも一緒や」と言い返してあげ、2人で大笑いしました。結局、古い仕掛けを使っていたこと、竿が硬かったこと、糸がたびたびからんだことで(いつものことで道具の手入れ不足)、30パイぐらい釣れ損なったのが残念でしたが、とりあえず朝の6時半に納竿。久しぶりの徹夜釣りは、何事にも言い換えられないほど楽しかったのでした。
f0056476_048244.jpg

車の中で30分だけ爆睡し、顔にイカスミを付けたまま(知らんかった。)、我が家へ帰路に就く。帰り道、ぶどう畑一面に朝もやがかかった風景がとっても幻想的でした。
by machikogunji | 2006-04-29 01:15 | Comments(10)
願掛け「イカめんたいスパ」
f0056476_2336152.jpg

午前中はサーカスに、今日の夜はグリーンポートに「イカ釣り」に出かける。おばさん、遊びに忙しいぞ。と言うことで、夕飯は、「イカが釣れますように」と願いを込めて「イカめんたいスパゲティ−」を自分用に作りました。
f0056476_072278.jpg

旦那さんには、「妻の徹夜釣り敢行を快く『いってきなよ』と承諾してくれたこと」に感謝して、これまたイカです。これで友達からもらったイカ、食べ切りです。そうすることによって「もう、うちにはイカはないよ。君が釣ってこないともう食べられないよ」と、自ら今夜のイカ釣りにプレッシャーをかけ、使命感を高める1つの手段なんですよ。自分ながらにあきれますが。ってなことで、「イカ刺し」「イカの肝&ゲソと葱のガーリック&オイスターソース炒め」「ほうれん草のソテー」と「酒」「お茶」「ご飯&漬けもの」をテーブルにセットし、旦那の帰りと入れ替えに妻はイカ釣りに旅立ったのでした。(明日に続く)
f0056476_2347133.jpg

by machikogunji | 2006-04-28 20:33 | Comments(0)
パワフル!黒人だけのサーカスチーム
f0056476_712811.jpg

●ユニバーソウル・サーカス(UniverSoul Circus)
ブルックリンのQトレインに乗って行ってきやした、黒人サーカス。今、ニューヨークの新聞やテレビで話題になってる「ユニバーソウル・サーカス」です。このサーカス団、本当に黒人ばっかりで、お客さんもアフリカ系アメリカンが圧倒的な数(ほぼ全部)で、まぁ、その盛り上がり様と言ったらすごかったよ。大人も子供も、もうノリノリ。こんなに盛り上がるサーカスはないね。前の座席の4歳ぐらいの子供が「一緒に踊ろう、おばちゃんも!」って、私の手を取るんで、もう踊るしかない。飛んだり跳ねたりしましたよ。

朝の10時半から始まって、まず、ピエロが登場、その後トリニダード・トバコからのカリビアンダンサー達の「火のバーのリンボーダンス」、アフリカはガボンからのチームの「空中綱渡り」、「象やライオンの曲芸」(今年私はリングリングの真夜中の象の行進も見てるんで、なんか象の当たり年って感じです)、エチオピアチームの「ボディー・ジャグリング」、「オートバイの曲芸」なんかが次から次へと出てくる。その合間、合間にコメディアンのトニー・トーンのMCが会場を盛り上げます。音楽は、ニューオリンズ出身の男の子によるラップやソウルで、もうクラブさながらの大音響。もちろんスクラッチ、キュキュキューもやっちゃいます。その他、独特なのは、教会音楽、ゴスペルがjかかり、大人も子供も「ジーザス、ジーザス」と大合唱になっちゃいました。今年から新しく、中国でも一番歴史があり、由緒ある上海曲芸学校の子供達(7才から12才)が、特別ゲストとして、すっごーい「空中ブランコ」を披露。さすが、英才教育を受けた子供達の曲芸は、オリンピックよりすごいよ。でも、さすがにオチビさんなので、アメリカに遠征に来た直後は、「家に帰りたい」と泣いてたそうですが、ツアーが始まると、気合いが入り廻りのプレーヤーの人達と楽しく毎日演技してるそうです。
昔からのクラシック派「リングリング」に始まり、「ビッグアップル」、美しさの「シルクドソレイユ」と、ニューヨークの春はサーカスがバンバンやって来ますが、このノリノリのパワフル新派「ユニバーソウル」、ぜひ一度みんなにも見てもらいたいなあ。

■ブルックリンでの開催は、プロスペクトパークにあるスケートリンク「 Wollman Rink」(@ Parkside & Ocean Ave. )で、4月30日までやってます。その後、ブロンクスのヤンキースタジアムの駐車場で5月2〜7日、クイーンズのロイ・ウィルキンズパーク(Roy Wilkins Park @ 177th Street & Baisley Blvd,)で5月9〜21日まで開催予定。
by machikogunji | 2006-04-28 07:27 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
春イカのごちそう
f0056476_610525.jpg

今日もイカです。まずは、新鮮じゃないとできない一品、「イカの卵まぶし」です。イカがグリーンポートの岸にこの時期集まってくる訳は、産卵のためです。なので、オスの大きいイカに混じって、小振りのメスのイカにはパンパンに卵が詰まってます。胴体を刺身にして、卵をワサビ醤油と一緒に混ぜて和えたものです。これはかなり美味しいですよ。
f0056476_6314822.jpg

手巻き寿司も作ってみました。材料はいたってシンプル。めんたい、しその葉、イカ、海苔、酢飯だけ。でもこれで充分。パリパリの海苔に酢飯を少し、しそを敷いて、めんたいをイカの甘さをそこねないように少し入れて、イカを載せる。ワサビをちょいと入れてから、ふんわり巻いて、お醤油をたらして、パクッ。欲張ってギューギューに巻くのは邪道だな。フワフワッと軽く巻いた方が断然おいしいですよ。何事にも変えられない、春のイカのごちそうでした。
by machikogunji | 2006-04-27 06:29 | Comments(1)
好きだなぁ。このパッケージ
f0056476_4343081.jpg

昨日、こんなモン、旦那が持って帰りました。
いいなぁ。パッケージが最高です! 東京・下町のロングセラー「都電もなか」です。包装紙もいいですねー。なんせ都電荒川線が主役ですから。旦那の子供の頃のチャリンコ・テリトリーが全部載っかってます。こーゆーの捨てられないから、うちのインテリアすごいことになってしまうんですよね。旦那、涙ぐんで最中食べながら、お茶すすってます。よかったねぇ。(泣くなよ、最中で。)
このパッケージを使って、週末に工作をしようかと思ってます。
f0056476_4364954.jpg

f0056476_4351052.jpgあとは、フワフワ系のお菓子も。とっても繊細なこのような日本の生菓子が、こうしてニューヨークでも食べられるようになったのは最近のことなんですよね。一口サイズで、甘味も控え目。源吉兆庵はこっちにお店がありますが、ほぼ全種類食べ切りましたし、虎屋はなくなったし。ちょっと前にビアード・パパのシュークリームが上陸して、盛り上がりましたが、種類が少ないので、ちょっと飽き気味。ニューヨークにも、もっと美味しい和菓子の店、増えてほしいもんです。
昨日の宴会メンバー6人が決めた、これらのお菓子の総合ナンバー1は、やっぱり「都電もなか」。パッケージがダントツにイカしてるってことで。味的には、私は「うまいもん」っていうスイートポテトが美味しかったな。
by machikogunji | 2006-04-26 04:37 | デザート | Comments(3)