ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
カテゴリ:風景( 235 )
アストリアのグリーク・イースター Vol.2 午前零時のイースター
f0056476_0504066.jpg

f0056476_0511590.jpgセント・デメトリオス教会の前は、大雨にもかかわらず、夜が深まるに連れてたくさんのギリシャ人達でいっぱいになりました。みんな手には傘とろうそくを持ち、時計が12時になるのを待っています。
24日午前零時。
キリスト復活を告げる鐘の音と共に、司教さんが出てきて、集まった人たちと一緒に経典を唱えます。その声が雨の音にも負けず、低く流れるように辺りに響き渡ります。いつもは、振りお香をバルコニーからみんなにふりかけるのですが、今年は雨なのでそれはありませんでした。隣の人からろうそくの灯をもらい、これを消さないように各家庭に持って帰り玄関に点すそうです。
これで、今年もアストリアの町に春がやってきたことになります。今日のイースター・サンデーは家族や親戚が集まり、お母さん達のとびっきりの御馳走を食べます。雨なので、バーベキューのことが、ちと心配です。
by machikogunji | 2006-04-24 00:51 | 風景 | Comments(4)
スイカ、冷えてます。
f0056476_749145.jpg

大雪にもかかわらず、この写真を撮りたく、八百屋にスイカを買いに行きました。
これがニューヨークです。これがアメリカです。季節感めちゃくちゃというか、国がデッカいというか、厳冬の雪の中、スイカが食べれます。とってもよく冷えてます。

さすがに、甘くなかったので、種を取り除き、適当に切って、コンデンス・ミルクと一緒にブレンダーにかけてガッ、ガッ、ガー。ベトナム式「ウォーターメロン・ジュース」のできあがり。
by machikogunji | 2006-02-12 07:46 | 風景 | Comments(1)
バーグドルフのディスプレー
f0056476_2475497.jpg

今日は朝から、MOMAで来週から開催される建築の展覧会のプレスプレビューに、藤森愛実さんと一緒に行ってきた。藤森さんは、日本の「美術手帖」や「ヴォーグ」等で最新のニューヨークのアートシーン情報を書いているベテラン・アートライターだ。常に美術館やギャラリーを駆け巡り、大物アーティストのインタビューもそつなくこなす、腕ききのライター。っていうと、ゴッつい人のように聞こえるが、小柄でとってもキュートな女性なんですよ。藤森さんの説明付きでぐるっと作品群を見て、世間話をちょっとして、私は帰ったんだけど、彼女は11時から行われるキューレターからの作品説明のため、また会場へ。つかの間の再会だったんだけど、とっても充実した時間が過ごせた。ありがとう。

このへんに出て来た時に、必ず見るのが57から58丁目のフィフス・アベニュー沿いにあるバーグドルフ・グッドマンのディスプレーだ。超かっこいいです。「ニューヨークにいないとコレは見れないな。住んでてよかった」といつも思ってしまう。1つのウインドーに必ず1つのドラマがあるのだ。ストーリーがあるのだよん。すご。すごーく完成度が高いっす。そして、とっかえひっかえ変わる。その上、タダで見れる!タイムズスクエアのロウ人形館の1万倍いい〜。去年の年末のも良かったよなー。一度「いったい誰がいつ、どうやって作ってるんだろう」と疑問になって、会社行かずに朝から見張ってたことあったなー。下働きのお兄ちゃんやねーちゃんに混じって、かっこいい女の人が登場してテキパキと指示してさっと消えて行ったけど、あの人がきっとディレクターなんだろうな。ある時は飲み屋でさんざん飲んだ後、ふとあのディスプレーが見たくなって、夜中の2時頃、ガラスにへばりついて、「すげー。うゎっ。げーっ。」とか言いながら、座り込んで見てたこともある。

って、思い出多いバーグドルフのディスプレー。本日のは、今、ブライアント・パークでやってる「ニューヨーク・コレクション」のデザイナーをフューチャーしたシリーズです。それと、見過ごしてはいけないのが、58丁目沿いの2つのウインドー。バレンタインデーにちなんで、チョコレートとロリポップキャンデーをテーマにひとひねりしたディスプレーで、とってもかわいいよ(写真上2枚)。ななめ前にある工事中の建物は、今話題のトルーマン・カポーティが世紀の大パーティーを催したという史実もすっかり廃れてしまい、どこかの金持ちに買われちまったプラザホテルだ。なんかとっても寂し気です。(*足元、馬のウンチに注意しながら見てね。)

f0056476_4104946.jpg

          オマケ:フィフス沿いの宝石店のディスプレー。
by machikogunji | 2006-02-07 02:45 | 風景 | Comments(2)
春節@へルズ・キッチン
f0056476_12501130.jpg

1/28 夜9時半。
ポート・オーソリティー裏、通称ヘルズ・キッチンの通りすがりの出前専門中華屋の店頭。大盛りの御飯と赤い蝋燭で、旧正月を待つ。
by machikogunji | 2006-01-29 12:30 | 風景 | Comments(0)
キュリアス・ジョージ(Curious George)
f0056476_5311847.jpg

●キュリアス・ジョージ(Curious George)
帰りに地下鉄待ってたらホームで黄色いかわいいポスターをみっけ。「Show me the monkey!」とキャッチコピーが書いてあったので、「おっ、猿まわし来るのかね」と思ったのは私ぐらいだろうな。ってのは、年末にロシアの猫のサーカスを私の最年少の親友ユイ君とクリスタルちゃんとで見に行って以来、何か動物のポスターや写真が載ってあると「犬まわし」とか「猫まわし」とかそっち方面に頭が作動してしまうのだ。実際はドイツの作家が書いた「お猿の絵本」が映画化するらしい。原画を見れば、「ああ、これね」とピンと来る人がけっこういると思うが、私もその1人でした。でも原作の絵とずいぶん違うな。2月10日から全米公開で、日本は秋ぐらいの公開らしいよ。

by machikogunji | 2006-01-27 01:00 | 風景 | Comments(0)