ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
arinco's kit...
もろてん。
Tangled with...
I HEART
なすがママ
..., and trips
徘徊する修道女
スイスで山登り
パリの法隆寺
カテゴリ:家リノベ( 56 )
小さい庭で思う事。
f0056476_2013213.jpg

庭先にドカンと置いた、私的正月用の生け花。天気がいいので、1人で「生け花バトル」っぽく、ストーレッジと塀の間にジャングルのように生えていた「南天」の大枝をのこぎりで切り、ダークブルーに塗った漬物用の大瓶に活けた。赤い実なしの葉っぱだけ。緑だけじゃ寂しいので、これまた表に自生している「水仙」と「ヤツデの花」をアクセントに。ホースを引っ張ってきて水かけて終了。なんてワイルドな………。お金かけてなさ過ぎか。あるもので、やっつけちゃいました。
ってゆーのも、今年暖冬で、庭の植物が、まだ花が咲いたりして、元気でいるので、バランスを考えると「いかにも正月」ってのが似合わないかなと。もう年の瀬だというのに高松はまだまだ寒さゆるいです。
f0056476_20231634.jpg

ほーら、こんな感じで。
f0056476_2022106.jpg

f0056476_2023059.jpg

ほーらほら。

春に買った「勢いのいい多年草の鉢」は、だいたい鉢を取っ払って、地面に植えたら、いい感じで育った。うわ〜ってほど花も咲いた。植物はやっぱり鉢より地面が好きなんだなぁ。

で、「超オンボロ妖怪破れ傘」と読んでいた、甥っ子達が小さい頃にキャンプやビーチに行って使っていたビーチパラソルを新調した。っていうか、もう限界まで破れてて雨が降るとテーブルが水浸しになっていたので、マストアイテムとして新しいのを買ったわけ。うちは強風が吹く以外の日は、パラソル開けっぱなしなので、あんまりいいのを買っても1年も経ちゃボロボロになるだろうから、そんなに値のはるものにはしなかった。いつ買い替えてもいい程度のものを。

f0056476_20333827.jpg

パラソルの下で、旦那と夜、晩酌するのが楽しいっす。まだ、コート着て、フード被って、焼酎のお湯割りなんぞを飲んでます。天気のいい昼間は、1人ランチもパラソルの下。朝は猫をコートの中に入れて、1人と一匹、椅子に座って遊んでます。まだ室内で飼ってるので、一日一回は外の空気を吸わせてやらなきゃなと。

f0056476_2038247.jpg

f0056476_20382215.jpg

f0056476_20383463.jpg

テーブルの周りには、お気に入りの我楽多がぶらさがってます。
小さくとも、庭はいい。庭は楽しい。
by machikogunji | 2016-12-29 20:41 | 家リノベ | Comments(1)
トイレ照明完成。床張りも。
f0056476_23123821.jpg

もともとどうしようもないトイレだったんですが、直しに直してこれで完成ということにしよう。
去年の暮れから、仕切りを取り外し、扉もお手製の吊り戸にし、天井も張り、床も張り、コーキングし、すきま風ばっちしの木製の窓にプラダンをはめ込み、とりあえず白いペンキを塗りに塗って、基本の白い部屋を作成。その後、換気扇を天井裏に向けて付け、

f0056476_23504832.jpg

フックにチェーン付きの花器を吊るして、植物を。

f0056476_2325855.jpg

f0056476_23325860.jpg

どうしても、ミッドセンチュリーのインダストリアルデザイナーであったラッセル・ライトの自宅で見たバスルーム(ここでは風呂場です)の「蝶々のパネル」を置きたくて、コピー版を自作。これにはずいぶん時間がかかった。額は友達のテリーさんが廃材を利用して作ってくれた。

f0056476_23452550.jpg

春に子猫を飼うことになったので、「子猫のトイレ」を設置しなきゃいけなくなり、床を掃除しやすいフロアシートに変更。どんだけこのシート探したことか。思ったのがなかなかなかったわけよ。

で、最後にパネルの後ろからあてる照明をやっとこさ今週旦那が付けてくれた。
ってゆーのも、猫が今までテンポラリーで付けてたライトを壊してしまったから。

f0056476_23351623.jpg

日が暮れて、電気付けるとこんな感じ。

f0056476_23484837.jpg

猫にいたずらされない対策も考えた。トイレットペーパーむちゃくちゃ事件がありましたんで。
小さな手提げは、猫用のもの。届かないところに吊るすのが大事。

まぁ、猫の成長と共に直していかなきゃいけないところが出てくるとは思うが、とりあえず、最初に計画していた感じには仕上がったかな。

キッチンに続き、ここはとても大変なリノベ箇所だった。とりあえず終了じゃ。あー、ちょっとづつ進めていったので1年もかかったなぁ。でもこうして少しずつ家が変わっていくのは楽しいことだ。お金をかけず、ない知恵を絞って。
by machikogunji | 2016-11-01 23:56 | 家リノベ | Comments(0)
リノベDIY再開。#台所
f0056476_8571317.jpg

涼しくなってきたので、中途半端だったところ、1年経ってマイナーチェンジが必要なところなんかを直し始めた。空いた時間にポツポツと。
台所、とりあえず、コーキングで隙間とか穴を埋め、塗りかけだった壁、天井等にペンキを塗った。……あと、いろいろ吊るしてた調理器具を一切取り払った。古い昭和の家。台所は土間だったわけで、床を張ったりいろいろ直したが、窓はサッシにあえてせず、昔のままの木窓。白くは塗ったもののガラスは昔のままで。………なんかこの「窓」がいいんだな。ってーことで、窓を全面的に生かそうと、モノを取っ払った次第。明るいっす。

f0056476_941688.jpg

コツコツと直した天井は、こういうふうにナナメッってます。とりあえずの照明を付けてるので、もう少し落ち着いたら、なんかこの台所に似合うやつを買おうと思う。なんせ天井に傾斜があるので、考えて買わないと失敗しますからぁ。

f0056476_17455542.jpg

棚は結局ダンナが作ってくれて、これに納まるだけの調味料とか小物を置こうということに。これ以上棚は増やさない……を目標に……若干不便ですが、まぁ2人暮らしだからな、こんなもんでいいかな。
壁自体が古いモルタルだったので、釘とかは打ち込めないわけで、柱とかの木の部分にあて木をして棚を取り付けるというのが、とっても厄介。とっても手間がかかるわけでして、やっとここまで。木は、去年ここの家を全面リノベした時に余ったものを使ってるので、これまたサイズに合わせて切ったり、補強したり、ヤスリかけたりで、たいへん。

f0056476_912363.jpg

キッチン兼洗面所なんですよね。昭和してますねぇ。で、反対の壁には、洗面道具とか置かなきゃいけない。ここも薄いベニヤ板に壁紙貼ってた状態だったので、白く上からペイントして、小棚を付けた。100円ショップのセリア大活躍。それとダイソーもね。

f0056476_9153149.jpg

だいたいできた後に、よーく考えたら鏡がない。で、それじゃぁやっぱ不便だってことで、丸鏡を500円ぐらいで買ってきて、レザーで巻いてベルトを付けた。……ちとお洒落じゃん……と1人だけで納得している。ちなみに口紅入れてるネットは、釣りの時のコマセの網。ぶらさっがてパチっとバネで開封できてけっこう便利。……猫が何でも引っ張り出してグジャグジャにするのでその対策です。何でもガラスにしたかったんだけど、猫が何でも落とすので、それは諦めた。すでにいくつか大切なガラス製品は割られてますからねぇ。もうこれ以上は、悲しいので。

f0056476_9194488.jpg

もう少し時間ができたら、この狭い台所に「額」をドカンと飾りたいんです。なんか「コレッ」っていう絵をいくつかピックアップしてるんですが、額自体の大きさとか色とかまでまだ考える余裕がない。なので、年末にでもゆっくりとね。この家には当分住むつもりなので、まぁゆっくりと楽しみながら考えたいじゃーないっすか。
で、とりあえず小さいのを2つ飾ってみた。
ピンクの豚は、今はなき伝説のダイナー、ニューヨークのミートパッキングエリアが超怪しい頃からポツンとあった「FLORENT」のポストカード。よく行ってたんですここのダイナー。まぁ、あの辺にはこの食堂しかなかったんです。店を閉じる前に行って、ポストカードをおじさんからもらってたのを大事に取っといた。あの頃のニューヨークの「味」や「雰囲気」を忘れないように、いつも自分たちの食事を作る場所で見えるところに「お守り」のように飾っておこうってことで。
もう一つは、今自分の中で一番好きであるグルジアの画家「ピロスマーニ」の絵を。
by machikogunji | 2016-10-20 09:27 | 家リノベ | Comments(2)
キッチン兼洗面所、直すのたいへんっ。
f0056476_139161.jpg

コツコツやってるけど……、どんだけボロなんじゃこの家っ!どんだけ歪んどんじゃ台所っ!ってことで、建て替えた方が絶対楽な「台所兼洗面所」のリノベ。
昔の人が土間にダイレクトに床張るという「神業」をしてたのを直してフローリングにして平行をとるという作業は去年旦那にやってもらって、後は自分でちょっとずつやろうと思ってたんですが………歪みがひどいわけで、「もうこうなったら『目の錯覚』をうまく利用して直していくしかないかな」と、エッシャーみたいなこと考えながら、ちょびっとづつ直しつつ……ためいき………。
今年の正月からは、ちゃんとここで料理がしたかったんで、とりあえず最低限の料理ができるように、ガスコンロだけは入れましたけど、後は適当。
そのうち、作業台がないと、こりゃどうにもならないと、中古の業務用作業台を買い、そこからちょっとずつリノベを進めています、ごはん作りつつ。

使うところだけ、とりあえずコーキングしてペンキを塗った。で、また困った事が……。木の部分とモルタルの部分があるので、簡単に棚を付けられないわけです。で、だましだまし、木の部分を利用して、スチール棚を打ち込んだり、いろいろ試行錯誤で、4面ある壁の1、2面がやっとできあがり。

左の棚はスチールのジョイントを入れているのでしっかりしてるけど、正面は、こりゃ木が柔らか過ぎた(すべて他の部屋のリノベの残り板を使ってるのよね)ので、変えなきゃね、しなっちゃってるもんね。まぁ、重いものは置かないでだいたい調味料だけなので、このままでもいいかなと思ってたのだが、こうして写真撮ると……しなってしまってる……やり直そう、近いうち。
まっ、とりあえず野菜を切ったり、魚をさばくスペースはできたってことで。


f0056476_1385728.jpg

壁3面目。右にシンク、左にシャワールームのドアがあり、ここで歯磨きしたり、顔洗ったりしないといけないんですよ。で、とりあえず、最低限のものだけ置けるように、小さな棚の組み合わせ。100円ショップ「ダイソー」と「セリア」大活躍。鏡は、ディスカウントショップで丸い置き鏡買ってきて、レザーで掛けられるように作ったぞ。涙ぐましい努力をしてるぞ(笑)。

f0056476_139810.jpg

この夏中に、あと木のガラガラの古い窓のある面を、直す予定。3畳ぐらいしかない、このスペースの改装が一番たいへんで、これ終わるとあとは落ち着くかな。あっ、そうだ、裏庭にテラス作ろうぜってことになってるんだけど、これは冬場だね、いま野菜作ってるから。

全面写真は、この窓サイドができたら公開することにします。ぜんぜん楽しみにしないでください。
by machikogunji | 2016-07-07 13:41 | 家リノベ | Comments(0)
リノベ:玄関の床
f0056476_1527085.jpg

玄関の壁面。夏は帽子をかけることに。ほぼ父の形見の帽子を私が被ってるもんで。


f0056476_15272473.jpg

玄関・床のリノベ。
ガラガラ扉を開けたら、以前は3畳ぐらいのコンクリート土間だったんですね。ガラーンと広いのが気にいって、ここを借りたんですが、まず天井を高くして、カーテンをすこーんと上から垂らして、好きな感じにしてたんですが、床はずっと悩んでてそのまま放置状態だったため、コンクリートの土間に木のジョイントパネルを貼った。理由は、冬寒かった、梅雨にコンクリートじゃ湿気が気になる、最大の理由は、猫が来て土間で遊び回り、砂や埃まみれになってしまうこと。ホームセンターの園芸コーナーに特価のこのパネルを見つけたので、「ペンキ塗ろうか」とか「タイル貼ろうか」とかずーっと迷ってたんですが、とっととやらないと猫がドロドロになっちゃうので、まぁこれだと旦那の手も借りずに自分でできるしってことで。パネルの裏はプラスチックになっていて、砂や埃がたまったら外して掃除もできるし、表面は掃除機とモップで水拭きできるし。

あと、うちの家、これという「鏡」がなかったんでございますのよ。鏡を見ながらどうこうって生活はしてないし、奥の部屋に叔母から譲り受けた小さな鏡台があるので、それで済ましていたんだけど、実家にだーれも使ってない大きな姿見が行き場を失って物置と化している2階の部屋に情けなそうに鎮座してたので、こりゃもったいない、うちの玄関で蘇らせようと持ってきた。でもね、なんか「ボタンの花の木彫り」みたいな柄で、なーんかピンと来なかったので、羊の皮をブルー系に染めて、1.5cm各にタイルのように切ってモザイク調に貼っていった。こういうチマチマ作業は大好きで、染めるのと切るのは、家事の合間にコツコツとやり、猫の妨害を避けつつ貼っていきましたよん。次の予定は、母には少し小上がりが高過ぎるので、ステップ台を作り、それも皮のブルー系の少し大きめのモザイクでDIYしようと企んでます。そろそろ準備にかかります。

f0056476_15564766.jpg

居間の壁に、ちょっとこんなん作ってみた。
ふだん使っているネックレスとかピアス掛け。先月徳島と高知にドライブに行った時に、泊まった民宿の前の海岸を散歩して拾った流木、これを乾かして、飾り釘を打って、天井から釣り糸でぶらさげてみた。

f0056476_1611151.jpg

この壁は、以前はよく古い日本家屋にある金紙みたいのが混ざってボロボロ落ちる「砂壁」だったのを、コツコツと剥がし(旦那がやったのだがめちゃ大変だったとのこと)、数日乾かして、定着液を塗って固めて、シーリングをして、白いペンキを3度塗りしたという、苦労の壁の上、ピンを刺したり穴を開けるのは適さない。ならば、ぶら下げようとこういう風にした次第。釣り糸ってこういうところでずいぶんと便利。見えないもんね、宙に浮いた感が気に入っている。うーん、ちょっとかわいい系なのがこっぱずかしい気もするんですがね。これなら猫の手が届かないってのがポイントです。あー、なんでも「やんちゃ猫」のいたずら除けを考えなくちゃいけないリノベになってきたのだわ。

f0056476_16175078.jpg

MOMOさん、がんばりますね、だからイタズラしないでね。
by machikogunji | 2016-06-24 16:11 | 家リノベ | Comments(1)
庭先のおともだち。
f0056476_1739279.jpg

f0056476_17393538.jpg

f0056476_17394350.jpg

ちょっとづつだが、なんもゴージャスなものもないが、エレガントっぽさもないが、どっちかっていうと「近所のおばちゃん達がくれた苗」「母が諦めかけていた鉢植えの再生」「買っても300円まで」の草花で揃えています(笑)。なので、種類がはちゃめちゃです。鉢とか棚とかも拾ってきたり、貰って来た廃棄もんです。まっ、それはそれで面白いんですが。
ちまちまと………こちょこちょと………、目標は「ガチャガチャの中のやすらぎ」ってところでしょうか。早朝、ベンチに座って、コーヒー飲むのが毎日の小さな楽しみ。お友達は「ナメクジーナちゃん」「ダンゴムソルスキーくん」「アリンコちゃん」達でやんす。みんながよってたかって花や葉っぱを食べに来てくれます。これからの季節、モスキート軍団もいらっしゃることでしょう。ゲラゲラ。
by machikogunji | 2016-04-25 17:53 | 家リノベ | Comments(0)
リノベの方向が変わりつつ。
f0056476_9394589.jpg

コツコツと毎日リノベーションの続きをしているのだけど、子猫が来たので、方向性を変えざる得ないわけで……すっきりいかなくなってきた。………そういうのって……。まぁ、大探検を毎日してますMOMOさん。……行って欲しくない処、入って欲しくない隙間……そういう処にばっか行って遊んでます。とりあえず、危なくないように、怪我をしないように、全体的な事じゃなくて、隅っこを確実に修復していくつもり当面。
f0056476_9381141.jpg

f0056476_9382051.jpg

風邪もだいぶん良くなって………こんなに暴れる奴だったとは……。昼夜関係ない「遊んで遊んで」コールに、人間ちょっと寝不足。なんだ、このエネルギーは。そして一回寝て起きたら、必ず何かがひとつできるようになっている。すごいなぁ。
by machikogunji | 2016-04-18 09:42 | 家リノベ | Comments(2)
カーテン替えたらまだ寒い。
f0056476_1385956.jpg

カーテン替えたらまだ寒い。厚めの麻から、風通しのいい薄いコットンへ。………天気がいいのに釣られて…………風通しよ過ぎ、まだ………。

f0056476_11345052.jpg

写真、とりあえず「コーナー」を作ってみたが、額がまだまだあって、ぜんぜん収拾がついてません。あと20個ぐらいあるのどーしよう。レイアウト模索中。

f0056476_11345548.jpg

ダンボール3箱分の本、箱開けました。たいへん。これから本棚作りをします。とりあえず、ゴロゴロ重なっています、棚に。こちらも収拾つかずで、これからの各部所のレイアウト、たいへん。じっくり考えながらゆっくりと進めていきましょうね自分。
by machikogunji | 2016-03-24 11:47 | 家リノベ | Comments(0)
本、開封。
f0056476_14184764.jpg

アメリカとロシアから持って帰った本。なんだかんだと手放した本は段ボールに10箱あった。アメリカを去る人から受け継いだ本がたくさんあった。特に日本語の本や雑誌は、海外ではまだまだ貴重品。もらった本は全て読んだ。日本語の活字に常に飢えていた25年間であった。英語の本は、料理本と美術書が主であった。結局長くアメリカにいたが、読み込んだ本は数冊だけだった。ニューヨークについての本が数少ない英語の本のだいたいだな。その代わり、雑誌は恐ろしく買って読んでたな。マガジンってやつです。読んでた頃は月に十数冊も買って読んでた。仕事柄ってのもあったけど、ニューヨークを取り上げたものがたくさんあったので、身近に体験できる事が多かったからなぁ。

山程の雑誌は、こちらに帰る数ヶ月前に、必要なページだけ破って、スクラップして持って帰った。雑誌に対するひとつの「執念」だな。
単行本、文庫本は、荷物がかさむので、なるべく持って帰らないようにと本の好きな人達にばらまいたが、どうしても手元に置いてもう一度改めて読んでみたいもの、今後の人生の参考になるもの、思い出の印象的なものを、2箱に納まるだけに限定して持って帰った。
その2箱を今頃開封した。1年以上、そのままにしていた。
開けると、思い出が詰まっていた。やばい。いろいろ思い出す。本当にいろいろとね。

f0056476_1419138.jpg

酒を飲みながら、1人、片付ける。
ちらちらページをめくりながら、ちびちびお酒を飲みながら。
この時間を実は楽しみにとっておいたのだ。
大切なひととき。
今だから、泣かないで片付けられるわけよ。
by machikogunji | 2016-02-20 15:15 | 家リノベ | Comments(0)
母のパネル。
f0056476_13132543.jpg

風と、また気温が落ちたので、外に置いてる鉢植えの花がダメになりそうだったので、その前にいくつか切って生けてみたら、いい気分になった。

今日は、旦那がだいぶん前に予約していた「親子ベッド(2段ベッドの背の低いみたいなやつで、スライドしたら下のベッドが出てくるというもの)」が届いたので、日曜大工ならぬ「月曜大工」ってことで組み立て開始。

私は、押し入れぶち抜いた空間に、母が作った「グリーンポートの風景」のパネルをどういう風にどうやって飾るかを考えることに。

f0056476_1241244.jpg

もう10年ぐらい前だったかな。私のアメリカでの釣りの基地、NY州ロングアイランドの東の先っちょ「Greenport」のいつもの桟橋で、徹夜釣りを1人してた時に、今まで見たことのない「朝の情景」に出逢った。潮がピタッと止まり、鏡のようになった水面に朝日が映り込み、空や島や桟橋もくっきりと海に映った情景は、もうこの世のものとは思えない情景だった。そこに泊まっている釣り船「ペコニックスター」の船長も「ここで何十年もいるけど、こんな情景は見た事ない」と2人で写真を撮りまくったことがあった。その時の写真が、この上のもの。いま思い出しただけでもなんか体がゾクッとする。
この海には数え切れない思い出がある。父、釣りの師匠、私のかわいがっていた2匹の猫の灰もこの海の中に眠っている。私がこの世を去ったら、誰かがここに来て、少しの灰をここに撒いて欲しいとも思っている。そういう場所だ。


あまりにも美しかったので、プリントして日本の母に送った。誰かとシェアしたかったんだなこの風景の美しさを。母も写真を見て感動したと電話で伝えてくれた。そして一年後、母がこの風景のパネルを作ってくれていた。
f0056476_12404345.jpg

さて、このパネルをどうやって、どこに飾ろうか。
by machikogunji | 2016-02-15 13:06 | 家リノベ | Comments(2)