ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
arinco's kit...
もろてん。
Tangled with...
I HEART
なすがママ
..., and trips
徘徊する修道女
スイスで山登り
パリの法隆寺
カテゴリ:ペテルブルグ/2014冬( 52 )
新プルコヴォ空港がんばれ。
f0056476_20183013.jpg

笑かしてくれました。朝から2人でゲラゲラ、サンクトペテルブルグの新プルコヴォ空港。
新しいターミナルができるの、来る度に楽しみにしてましたんで、記録しておきます。
ソチオリンピックのための街をあげての事業の1つに、1950年代に建てられた「オンボロ空港を新しくしてロシア第二の都市の玄関にするけんね」という意気込みは、ソチのホテルとかと一緒で、私がこちらに来た時点ではまだ完成してなかった。そこで開き直るというか「できないものはできない」という国を挙げての開き直りはここにでも見せてくれました。「見積もり取れない国」をみんなに見せちゃったね、しかも悪気とか反省ぜんぜんないから。五輪の輪が1つ開かないのはうまいこと洒落にしたけどね。
とりあえず、空港で時間があったので旦那とウロウロしてみた。なんとなく草間弥生風に新空港から旧空港の写真をドット越しに撮ってみた。向こうに見えるサイロみたいのが、旧空港のターミナル。私はあの旧ソ連的な建物が好きだったな。機能的にはどうかと思うが、デザイン的には素敵だった。暖房の効かないことも、ターミナルまで行く寒々とした通路や動かない「動く歩道」も含めて。
f0056476_2041266.jpg

旧ターミナルの到着ロビーは、確かに「えっ、ここ20年前の高田馬場のビックボックスの前か」と思う感じではあった。モスクワのシェレメーチエヴォやドモエジェボ空港が奇麗になったのから、どんくらい引き離されちゃってるんだろうここの空港と誰もが思っていたと思う。そこが好きだったんだけど。なんせ裏悲しい感じの可愛さも同居した「哀愁の空港」だったのだ。
f0056476_2046786.jpg

その横にできたガラス張りの新ターミナルがこちら。
f0056476_2047915.jpg

ドロドロの空港へのバスも嬉しそうに2階の出発ロビーの坂をエンジンフル回転で登っていた。もちろん、中心街と空港を結ぶ素敵な電車やモノレールはない。できるといいね50年後ぐらいには。タクシーは黒皮ジャンにウォッシュジーンズのコーカサスのおじちゃん運転手のものが相変わらず主流。渋滞に巻き込まれること必須の中を一生懸命に運転して街まで連れてってくれますけん。お金を使いたくなかったら、うちらのように地下鉄とバスを使ってここまで来るの。ちなみに大きい荷物は人1人分のお金取られますバス。おばちゃん車掌の気分によるけど。
f0056476_20585621.jpg

f0056476_20591334.jpg

f0056476_20582791.jpg

新ターミナルの中はこんなに広々と。まずは、お約束の「金属探知器ゲート」で体を清め、さてフロアーへ。前に比べると金属探知器コーナーもたくさんできて人の流れがスムーズになるね……と思いきや、相変わらず2カ所しか使ってないんでまた列になってたけど、いっか、それでも。
建物はモダンね。前の方が俄然、味は出てましたけど。自然光がうまく入るデザインですね。ってーか、冬はだいたい曇ってるペテルブルグですけど。それでもちょっとは明るい感じね。アナスンスもロシア語ときっちりした英語も。国際空港ですから、ドメスティックとインターナショナルの搭乗ゲートは分かれてます。ドメスティックはなかなか余裕もありいい感じでしたが、インターナショナルはもっのすごい人の列で押し合いへし合いしてました。なんかロシアや旧ロシアの人達は「時間前にしっかり並んで待て」という染み付いた教育が今も引き継がれていてみんな「異常」に並ぶ。この国独特の習慣です、飛行機の座席は早く並ぼうが遅く並ぼうが事前に決まっていると思うんですが、それでも並ぶ、出発時間が遅れたとアナウンスがあっても定時の時間前から並ぶ。並ぶ、並ぶ、並ぶ。どうしても並ぶ。大声で「おつかれさま」と言いたい。

話は空港に戻って、ここが笑えました。ターミナルはできても周りはまだ工事中だらけ。ロシアの国家的航空会社「アエロフロート」の発着のためにこの新ターミナルはあるみたいなもんで、このSU(アエロフロートの航空会社コード/現在はもちろん民間空港会社だが、このコードは国営だった頃のソビエト連邦 (Soviet Union) の略が残っているんだそうだ)意外の航空会社の飛行機はけっこう待遇がよくないって感じだ。まっ、飛行機も小さいからかもしれないが、いやっ、はっきりアエロフロートが威張っているな。
f0056476_21105412.jpg

こちらウズベキスタン行きの飛行機なんてのは、何も工事中の赤土盛ってブルトーザーが働いてる、その真横から乗客入れなくてもいいでしょって感じ。もちろん、この空港は新しくなったとて、飛行機とゲートをつなぐボーディングブリッジは、よっぽど運が良くないとないですから。ほぼバスで移動して乗客自ら、ロシアの大地を踏みしめ、滑走路から飛行機の入り口へのタラップを上り、スッチーの歓迎を受けることができるのであります。……道路工事現場のぬかるみの赤土の上を歩いて飛行機に搭乗するウズベキスタン行きの乗客たち………、さぞ飛行機に乗ってお茶が出た時はほっとすることでしょう、お察しします。こういうところも、どーせ空港奇麗にしたんだから考えよーよ。
プルコヴォ新空港でした。
f0056476_2233895.jpg

さっ、帰ろっと。
by machikogunji | 2014-03-02 21:50 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
よく鶏肉、食べたな。
f0056476_3475685.jpg

いやぁ、今回は節約モードでごはんを作ってたので、鶏肉は大活躍だったなぁ。しかもアメリカより美味しい。火の通りが早い。しかしです、やはり腿を買って自分でちゃんとおろすっていうことはした。その方が断然美味しいので。卵も美味しかった。まず黄身がとっても黄色なのは、料理していてうれしいよね。1ケース10個ってのにも慣れたし。あと、こっちの胡瓜、パリッとしてて美味しい。短い胡瓜なんだけど、先に黄色い花をつけて売ってるのを買ってた。
今回は最後の晩ごはんも結局家で。こちらで定番になりつつあった「鶏皮の和え物」。作り方も定着した。けど、明日ニューヨークに戻らなくてはいけないのが残念だわ。
作り方は、皮を茹でた後、冷水できれいに掃除をして、適度な大きさ(細過ぎない方がいい)に切って、再度フライパンでから煎りして、そこに酢と醤油とおろしニンニクとラー油と辛子を少し入れて余熱で和える。野菜は冷めてから混ぜ合わせ、最後レモン果汁で酸っぱさを調整。ただし、美味しい鶏の皮じゃないとね。中華のクラゲ風になります。
f0056476_3494978.jpg

鶏腿肉の炙り焼き。焼き鳥にしようと思っていたら、串を使い切ったことに気づく。で、しょーがないので、金笊に、焼き鳥ぐらいの大きさに切り下味をつけた鶏肉を入れ、魚焼き器の金網を取った上で強火で炙り焼きにしてます。これ、高松の焼き鳥屋さんが教えてくれた方法だが、コンロでやると掃除が大変ですが、めちゃくちゃ美味しくできあがります。胡椒多めが私は好み。
f0056476_349855.jpg

旦那のリクエストにお応えした「揚げ出汁豆腐」。こちらではモリニューしかないんですが、この豆腐のいい所は、重しをして水切りしなくてもそんなに水が出ないこと。それより紙パックから出す時の方が大変、割れ易いんですこの豆腐。丁寧に出して今日は16等分に切って、うき粉(片栗粉でもOK)をしっかり付けて、油でゆっくり中火でキツネ色になるまで転がしながら揚げます。で、最後に強火にして表面をカリッと揚げてます。薬味に刻み葱とおろし生姜。揚げ出しって言ったけど、旦那は出汁より醤油が好きなので、グルっとかけて食べてます。豆腐一丁、ペロッと食べたよ。
昨晩、旦那、飲み過ぎのため。今日はお酒控えめで、酒のつまみとしてではなく「ごはん」と一緒に食べてましたけど、また当分離ればなれなのでくれぐれも飲み過ぎには注意しよう、お互い。
f0056476_350940.jpg

私の晩ごはん。久しぶりに旦那のにぎったお寿司です。キャー、まさかここで食べれるとは思わなかったな。ごちそうさん。
さぁ、ごはんの後、荷造りすっか。
by machikogunji | 2014-03-01 04:41 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(1)
氷上のロシア紳士。
f0056476_237101.jpg

来ちゃったよ、イリメニ湖。北緯58度 東経 31度。(北緯58度はカムチャッカ半島とかアラスカ湾とかおんなじ)だから、寒いはずだのに、今年は超異常気象で温かい。ってもマイナス5度ぐらいかな。

面積982 平方キロメートル。琵琶湖よりか大きいっす。で、これまた何かすごいのが水位によって、 733平方キロメートルから、なんと2090平方キロメートルまで変動するらしい。ってのも、この湖には五つの川が流れ込んでいるわけ。で、湖から水が流れ出ていくのは、この5つの川以外のヴォルホフ川だけ。この川は、ヨーロッパで最大の湖「ラドガ湖(飛行機からよく見える)」に流れ込み、そこから今度はネバ川を通ってフィンランド湾に出て行くそうだ。

師匠の選んだ場所は、ここへ来る時に通った車がいっぱい停めてあった場所とは違い、「もっとどんどん奥に行け」って、運転手「え〜〜〜っ、こっから道って道がないんすけど……」と。師匠強気「日本車の四駆だろ。行ける行ける。文句言わずにどんどん行けっ」と。いやぁ、素敵な日本車ドロドロねっ。

おっ、車が数台停まってる。ここね、師匠のおすすめ場所は。完全に常連組だけのポイントって感じ。

f0056476_010833.jpg

あっ、人がいる、遠くの方に。さぁ、各自荷物持って、あの辺まで行くぞ〜〜。
f0056476_0202058.jpg

……氷ツルツル……、進まない。師匠と弟子、スタスタ行っちゃって、どんどん小さくなっていく。待って〜〜〜〜っ。ここで迷子になったら絶対家に帰れん。……誰も待ってくれずスタスタ行っちゃったぁ。
f0056476_0141072.jpg

なんかおじさんとすれ違い、何となく愛想笑いを振りまいてみたら、反応が。ニコッと笑ってくれた。普通のロシア人笑わないのに、釣り師は笑う〜〜〜ぅ。感激。そして素敵ないでたち。ロシア人的釣りのいでたち。すてき。惚れてまうやんか〜〜。本日のベストドレッサー賞はあなたに。
そんなこと言ってる間に、また遅れをとってしまった。みんな歩くの早過ぎ。
f0056476_0102439.jpg

あと、ちょっと。(つづく)
by machikogunji | 2014-02-28 20:23 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
羽根付き焼きペリメニなんぞを。
f0056476_1155010.jpg

ロシアの餃子「ペリメニ」。どこでも売ってるし、誰もが食べている。普通は茹でるんですけど、焼いちゃだめなこたーねーだろっと、羽根付きで焼いてみた。これっ、おいしっ。
f0056476_11584821.jpg

タコとマーシュのセビーチェ。
f0056476_15124171.jpg

もう帰るので、とっておきの「静岡の鰻」を。この鰻、日本からニューヨークへ、ニューヨークからロシアへって、長い旅をしてきた鰻様です。やっぱ美味しいね、日本の鰻。
by machikogunji | 2014-02-28 12:03 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
ピローグでも。
f0056476_11365825.jpg

ロシアのパイ「ピローグ」を食べに。今日のは、酸っぱいシリーズ第2弾「キウイ」を。甘酸っぱくて美味しかったなぁ。エスプレッソと一緒に。
f0056476_11502562.jpg

チョコ味もなかなかイケた。満足だわ。
by machikogunji | 2014-02-28 11:46 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
鶏皮茹でながら。
f0056476_15453041.jpg

今日の晩ごはん。腿肉買ったので、皮も使う。こちらの鶏の皮、旨過ぎ。これはアメリカじゃできない一品だ。茹でた時の弾力が違う。ブリッとしている。鶏皮の"くらげ"風甘酢和え。いらない皮の部分は取って、きれいなところだけを使い、熱湯で茹でて冷水で洗う。刻んで、醤油、酢、砂糖をほんの少し、ラー油、レモン果汁で和える。ちょっと置いとくと味が沁みて美味しい。冷蔵庫に入れると固くなるので常温で。野菜と一緒に。今日の野菜はマーシュ。
f0056476_15304521.jpg

鶏つながりで、しいたけ入り・親子丼の頭。これをつまみに日本酒を飲む。最後はごはんと一緒に親子丼にしちゃいましたが。

この一ヶ月、節約のお食事であったので、外食は極力控え、もっぱらうちでごはんを食べた。主に肉は鶏と豚、たまに牛肉かラム肉という生活。安くあげるためには「鶏」と「豚」に向かい合うしか方法はない。「牛」はあんまり美味しくない。「ラム」は美味しいけど、そう毎日はねぇ。ニューヨークでのほほんと料理をしていた自分に気がついた。こちらは厳しい。決められた食材でいかに変化を与えられるかがんばってみたいが、力量不足をほとほと感じた。作っては反省。反省しては作るの一ヶ月であったが、大したことはできないかったな。少し「毎日の料理の哲学」ってものが見えてきたような気がした。
by machikogunji | 2014-02-27 16:03 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
氷上のごちそう。
f0056476_14312946.jpg

今回の釣行の企画を全てやってくれたワシリーさん。もう、どう言ったらいいのかな、最高の人っす。ほんまに良くしてくれました。あなたなしでは、この釣りは成り立たなかった。
f0056476_7565631.jpg

そして、師匠と私の2人の酔っぱらいの弾丸おしゃべりバトルの同時通訳を見事にこなしてくれたカオリちゃんっす。
f0056476_81019100.jpg

ワシリーさんが揃えてくれた「ウォッカ」と「ザクースカ」。みんなで寒さを吹き飛ばすために、いっちゃいます!
f0056476_893742.jpg

氷上のごちそう。パンにヘッドチーズと豚の薫製、ゆで卵。ウォッカを一気に煽り、間髪入れずにつまみを食べるってーのがこちら流のやり方。
f0056476_895472.jpg

出ましたっ!豚の上等の脂身の塩漬け「サーラ」っす!これっ、ベラボーに旨かったっす。
みんなで何回一気飲みしたか、覚えてまっせん。
by machikogunji | 2014-02-25 08:18 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(1)
ロシアの諺。
f0056476_7291958.jpg

ロシアのことわざ。
「釣り師に会ったら両手を縛れ」。
そうしないと、釣った魚が10センチであっても、人に話す時はこのようになりますから。
f0056476_7325869.jpg

釣った大きな魚はソテーに、小さな魚干して、全て食べるそうです。そうじゃなきゃ! 
師匠が上手にむしって、味見させてくれた。
美味しかったので、ポケットに2、3匹入れといて、これ、ウォッカのつまみに、しゃぶりながら釣りしてました。
まったく、とんでもない弟子であります。
by machikogunji | 2014-02-25 07:39 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(0)
ばぁちゃんからの土産。
f0056476_21381586.jpg

帰り際、ばぁちゃんが、でっかいピクルスの瓶を渡してくれた。でか〜〜っ。
f0056476_21384746.jpg

じいさんとばあさんが、自分たちの畑で夏穫れた野菜とハーブで作った「大地の恵み」であります。「宝物」であります。当分食べずに眺めていたいっす。
by machikogunji | 2014-02-25 07:24 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(1)
ボルシチが美味し過ぎた件。
f0056476_6571312.jpg

イリメニ湖の釣り師匠んちに、弟子達に紛れて乱入の巻。この時点で、師匠と私はウォッカを氷上で飲み過ぎて完全にできあがっており、あとの3人は呆れてたわけで。にも関わらず、おばあちゃんが手厚いおもてなしをしてくれた。優しい、実に優しいおばあちゃんであった。
f0056476_65810100.jpg

黒パン、甘い紅茶、胡瓜とトマトのサラダ、木の実のジュース……あぁロシアの食卓。
f0056476_6585143.jpg

ばあちゃん特製のボルシチ。この味は長年作ってきた人じゃないとできない味、美味し過ぎ。お好みでケチャップ、スメタナ、マヨネーズなんでも入れてってことで。では私はスメタナで。
f0056476_659354.jpg

皮から手作りのペリメニ。うめ〜〜〜〜っ。ケチャップ、スメタナ、マヨネーズなんでも付けてってことで。では私はも一度スメタナで。
f0056476_701628.jpg

酔っぱらって饒舌になった師匠に、ばあちゃんが「何をヘラヘラ言ってんだかこのじーさんは。とっととベット行って寝な!」と喝を入れる。師匠、固まるの図。
f0056476_70389.jpg

そして、猫に「オマエもじゃ」と目の前でシャーッと怒られた図。

釣りの後のみんなでのお食事でした。
by machikogunji | 2014-02-25 07:23 | ペテルブルグ/2014冬 | Comments(1)